absz01
absz02
安倍晋三内閣総理大臣が、2013年3月末にモンゴル国を訪問し、エルベグドルジ大統領と面会する予定であることが、3月15日から報道されています。
中でも秀逸な記事は、zakzakさんが16日に報じたものです。下記引用です。
----------
安倍首相、モンゴル訪問のウラ 中国牽制&鉱物資源開発での協力
 安倍晋三首相が今月末、モンゴルを訪問する。エルベグドルジ大統領と会談し、レアメタルなどの鉱物資源開発で協力を確認する考え。モンゴルは中国の隣国のため、沖縄県・尖閣諸島をめぐって対立する中国を牽制する狙いもあるが、実は、同国は北朝鮮とも深い関係を築いている。

 「今月初旬、安倍首相に近い自民党の塩崎恭久政調会長代理がモンゴル訪問から帰国して、わずか数日で『首相訪問』は内定した」

 官邸周辺はこう語る。

 安倍首相は今月30、31両日にモンゴルの首都ウランバートルを訪問する。エルベグドルジ大統領との会談では、両国間のEPA(経済連携協定)締結に向けた協議を加速させ、石炭やレアアースなどの資源開発に日本が協力することなどを確認する予定だ。

 モンゴルは親日国として知られる。大相撲には横綱・白鵬や日馬富士をはじめ、30人弱の出身力士が所属。数年前、同国内で世論調査を行ったところ、日本に「国として親しみを感じる」との回答は7割を超えた。

 「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加表明を15日夕に終えると、安倍首相には月内に大きな外交日程がない。オーストラリアやニューカレドニア、パプアニューギニアなどの訪問も検討されたが、安倍首相が『モンゴルしかない』と判断した」(外務省関係者)

 今週、中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)で、習近平国家主席と、李克強首相が選出された。尖閣問題では一歩も引く気がない安倍首相は「今後、(外交ターゲットを)中国に絞る」と周囲に語っており、モンゴル訪問は対中外交を優位に進める意図もあるようだ。

 加えて、モンゴルはかつて社会主義国だったため、北朝鮮とも関係が深い。民主党政権時代にはウランバートルで、日本と北朝鮮との政府間(局長級)協議が行われたうえ、昨年末の衆院選前には、当時の野田佳彦首相の了解のもと、拉致問題解決に向けた秘密交渉も行われた。

 このため、安倍首相のモンゴル訪問の裏に、北朝鮮をめぐる新展開を勘ぐる向きもあったが、官邸周辺は「まったくない。民主党時代とは違う」といい、続けた。

 「民主党政権時代の秘密交渉には、朝鮮総連関係者が関与していた。どうも金銭の要求が相当あったようだ。政権交代後、北朝鮮側は別のルートから官邸に接触してきたが、安倍首相は『二元外交はしない』と突っぱねた。拉致問題を金もうけに利用する輩を排除する決意だ」

 安倍首相は、中国や北朝鮮と正々堂々と対峙する構えのようだ。
----------
引用終わり。

非常に重要なポイントをおさえています。

1.モンゴルとの経済関係の強化
EPA締結は、日モ間の経済関係を力強く促進するものです。同時に、モンゴル国の地下資源に関しては、採掘・精製・輸出にいたるまで、モンゴル国も日本国とのパートナーシップ強化を望んでいます。
というのも、現在、モンゴル国は地下資源ビジネスで好景気にわく一方で、主な取引先は中国であり、地下資源の乱掘や買いたたきといった問題も発生しています。
中国による地下資源の乱開発のひどさは、南モンゴルの写真を見れば一目瞭然です。
649a1b7c-s
89d92926-s
fb40661c-s
(南モンゴル、シリンゴル盟のウジュムチン草原における、中国の石炭の乱採掘の現場)

モンゴルの地下資源開発や取引に中国でなく日本が参加することは、非常に重要です。
また、日本は初めての二国間オフセット・クレジットの相手国をモンゴル国に決定し、首都ウランバートルの大気汚染問題の根本的な解決への貢献が、強く期待されています。
日本とモンゴルが、環境立国として共に協力し合い、高めあっていくことを、願わずにはいられません。

2.中国への毅然とした外交関係づくり
安倍晋三政権による中国への毅然とした外交関係づくりは、日本の領土の保全にとどまりません。
155930_376034769151344_1380279962_n
チベット仏教(正確にはチベット仏教からのモンゴル仏教)を信仰するモンゴル人にとって、ダライ・ラマ14世は崇敬の対象でもありますが、日本はこれまで中国に配慮するばかりで、政治家がダライ・ラマ14世と面会することは、なかばタブーに近いものがありました。
しかし、安倍総理はチベットはもちろん、南モンゴルにも理解の深い人物です。
日本の安倍総理とモンゴルのエルベグドルジ大統領との会談によって、日モ関係をさらに強固なものにしていくことが、強く期待されます。

.北朝鮮関連の癒着との決別
d0178541_1253308
いちおう確認すべきは、北朝鮮は150カ国以上の国々と外交関係にあり、モンゴル国はその1国にすぎず、決してモンゴル国が特異な例ではないことです。

しかし、日本では民主党政権期において、日本国とモンゴル国との関係にはどういう訳か、北朝鮮がつねに介入していました。東日本大震災の際、朝青龍さんが被災地の児童生徒を招待したのは、なぜか「朝鮮大学校創立55周年記念祝祭」でしたし、招待された児童生徒も在日朝鮮人でした。

2011年は、まだ議論の前段階であったCFS構想が、東日本大震災の混乱の際になかば流出した形で日本で報道され、モンゴルなう!でも記事を掲載しました。

しかし、一方で、南モンゴルにも膨大な量のウラン鉱床が発見され、中国が今後、ウラン鉱の採掘や原発をさらに増設することは、「脱原発」の間でほとんど議論になることはありません。

なぜ、「核のゴミをモンゴルに捨てるな」ばかりが、日本で報じられたのでしょうか?

実際、日本における「脱原発」や「核のゴミをモンゴルに捨てるな」といった社会的な運動にも、朝鮮人は関与しており、かなり根の深い問題なのです。(無論、モンゴル国のウラン鉱を採掘するか否か、原発を建設するか否か、使用済み核燃料最終処分場をどこに建設・管理するかなどは、モンゴル国が主体的に判断するものであり、議論に国境はありませんが。)

また、「日本・モンゴル関係は朝鮮人を通してから」という側面は、現在、報道から民間交流の各分野にいたるまで散見することができるので、一般の人々も注意が必要です。

日本とモンゴルとの関係。
日本と中国との関係。
日本と北朝鮮との関係。
総合的な見地から見えてくるものがあるのです。

「モンゴルしかない。」
その通りなのです。安倍総理。
日本の友国、モンゴルとの間にかける橋を、是非とも強固なものにしてください。

参照Web:
安倍首相、モンゴル訪問のウラ 中国牽制&鉱物資源開発での協力
zakzak(2013.03.16)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130316/plt1303161435002-n1.htm

安倍首相、3月末にモンゴルを訪問し首脳会談の方向で検討
FNN(2013.03.15)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242227.html

朝青龍さんが朝大の行事に参加、招待された被災地の生徒を激励
朝鮮新報(2011.11.07)
http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=52471

快挙!日本とモンゴル国、「2国間オフセット・クレジット」合意!
http://blog.livedoor.jp/morinhoor/archives/51735420.html
このエントリーをはてなブックマークに追加