IMG_2310
【写真説明】山形大学で研修中の日馬富士学校の美術教員、ガルバドラッハさん茵モンゴル人留学生のデルゲルツェツェグさん罅▲離爛螢鵑気鶚蕕醗貊錣法△海譴らお昼ご飯を食べに行くところ=山形市の山形大小白川キャンパス

 新モンゴル日馬富士学校(ウランバートル市)で美術を教えるガルバドラッハさんは、夏休みを利用して、山形大学で短期研修中だ。同校は昨年9月に開校して間もなく1年になる。ガルバドラッハさんは「自由で豊かな感性を持ち、考えながら表現する生徒を育てたい」と明るく抱負を語った。
 ガルバドラッハさんは、ウランバートル出身の24歳。モンゴル国立教育大で美術・デザインを専攻して卒業、2017年に日馬富士学校の教員になった。同校は開校前だったので、提携する新モンゴル小中高で2年間、美術を教えた後、日馬富士学校に移った。
 日馬富士学校は、モンゴルで一般的な小中高一貫教育を行っている。小学校が5年、中学校4年、高校は3年だ。美術や図工の授業は、8年生(モンゴルの中3、日本の中2に相当)までの生徒が学ぶという。
 日馬富士学校の小学校教員、ウルジーさんも昨年、山形大で短期研修を行っている。
 ガルバドラッハさんは、6月22日に来日した。成田空港に到着後は、東京に住む理事長の日馬富士さん夫妻に夕食の焼き肉をごちそうになり、夜行バスで山形に向かった。
 山形では、山形大学の付属小学校で2週間、中学校で1週間、美術(図工)、技術(家庭)などの授業を見学した。7月20日に帰国する。
 モンゴルと日本では、授業のやり方に、違いがあった。例えばスポーツ行事の場合、モンゴルでは、クラス対抗戦であり、運動が得意な生徒が選手となり、そうでない生徒は応援にまわって、メダルを争う。
 一方、日本では、学年を横断したグループ分けが行われ、運動が得意であるかに関係なく、全員が参加し、それぞれが頑張ったことを評価する。「どちらがいいというわけでなく、いろいろなやり方があり、興味深かった」とガルバドラッハさん。
 私は、美術教育に関して「技術と感性のバランスをどう考えるか」と質問してみた。彼は「デッサンとか基礎的な技術は不可欠です。でも、やっぱり自由で豊かな感性の方が重要かなあ」と答えた。
 最近は、コンピューターグラフィックス(CG)が大きく進歩している。私は「アナログのデッサン力は要らなくなるのではないか。コンピューターを使えば、何でもできそうだ」と聞いてみた。
 「いや。デッサンがうまい人ほどCGも使いこなすと思う」とガルバドラッハさん。
 感性を養うのには、どうすればいいか。ガルバドラツハさんは「家族、健康、教養、文化、スポーツとか、いろいろ関係してくる」と言う。
 日馬富士学校では、部活として、体操、ヨガ、美術、馬頭琴、ピアノ、柔道、テコンドーなどが誕生している。
 校舎の建設も進んでいる。8月中旬には、体育館、図書館、食堂などが入る区画(Cブロック)が完成する。これとは別に、相撲場(土俵)も近く完成する。部活の相撲部、剣道部が準備中という。
 日馬富士学校の校長は、新モンゴル小中高などを経営する新モンゴル学園のガルバドラッハ理事長が務めている。
 新モンゴル小中高を卒業して、日本の大学に進学した若者たちは、毎年3月、東京に集まって勉強会を開いている。今年の卒業論文発表会には、日馬富士さんも訪れ、若者たちを激励し交流した。
 新モンゴル小中高で長く地理を教えてきたバトドルジさんは、9月から日馬富士学校に移る。両校の教員、生徒の交流は活発化しそうだ。
 
 
▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

全身全霊 第70代横綱、18年間のけじめ 日馬富士公平
日馬富士 公平
ベースボール・マガジン社
2018-09-27


このエントリーをはてなブックマークに追加