IMG_1282

【写真説明】モンゴルの春祭り「ハワリンバヤル」でゲルの中に飾られたマザーライの写真を見る来訪=5月4日、東京・光が丘公園

 

 

 5月4日5日、東京の光が丘公園で開かれたモンゴルの春祭り「ハワリンバヤル」の今年のテーマは、ゴビ砂漠のクマ「マザーライ」。「モンゴルの宝物」「守ろうモンゴルにしかいない動物たち」の掛け声の下、チラシや冊子を作り、展示専用のゲル設けてマザーライの写真を飾貴重な動物の保護を訴えた。

 マザーライは、生息が確認できたのは22頭だけだという。絶滅の危機に瀕している。冊子や展示を見ると、「そんな現状をなんとかしたい」という熱意は伝わってきた。しかし、それだけで終わっている―と私には思えた。中身が薄い。物足りなさが残った。

 例えば、マザーライは、モンゴルのどこに生息しているのか。地図を展示していたが、これを見ただけでは、全くわからない。係の人に聞いたら「ゴビ砂漠の西の方、バヤンホンゴル県の辺り」と言う。冊子には「ゴビアルタイ県の一部にのみ生息」と書いてある。どっちなんだ。両方なのか。

 私が理解しているのは、マザーライは、ゴビアルタイ県とバヤンホンゴル県にまたがる中国との国境付近に生息している。モンゴル政府は、一帯を「大ゴビ特別自然保護区(A地区)」に指定し、遊牧禁止などの保護策を講じているこの特別保護区の地図を示してくれれば、一発でわかるのにと思った。ついでながら、大ゴビ特別自然保護区には、ゴビアルタイ県とホブド県にまたがるB地区もある。

 ゲルの中には、マザーライの写真が飾ってあった。特別自然保護区は、立ち入るだけでも困難な地域なので、マザーライの写真は、とても珍しいと思う。この写真は、どこのどなたが撮影したものなのか。写真は著作権がからむ。個人名を出さなくても、最低限どこから提供してもらったのか説明する必要があるのではないか

冊子には「#SAVETHEMAZAALAI」の文字が印刷してある。これは何なのか。マザーライ研究している団体なのか。保護活動団体なのか。この団体から写真を提供しもらったのか。このことを説明してほしい。

 マザーライの写真と一緒に、赤い実を付けた植物の写真もあった。係の人に聞いたら「ゴビベリー」と答えた。ゴビベリーなら、そのように表示すればいいのにと思った。ついでに、どんな植物なのか、なぜこの写真を展示したのか理由を説明してほしい。

 私は、これは「ハルマグ」(学名nitraria sibirica)ではないかと思う。ゴビに多い灌木で、果実マザーライなど野生動物の重要な食べ物になっている。ネットで調べると、ハルマグは、健康食品として注目されているようだ。ハルマグについて説明した方が、来訪者には理解しやすいのにと思った。

 ウランバートルの自然史博物館には、世界に一つだけというマザーライのはく製展示してある。はく製のそばには、灌木「ザグ」と薬草「バチューン」(学名rheum nanum)の模型を展示している。どちらもゴビでは一般的な植物だ。特にバチューンは、根にデンプンが含まれてい、マザーライがよく食べるという。模型の展示は難しそうだが、関連したものを一緒に展示するという自然史博物館手法にならって、バチューンの写真があればと思った

 私は、モンゴルについて、よく日本人と話す。そのとき、「コビ砂漠にクマがいる」と言うと、皆「へぇー」と驚く。同時に、「砂漠って何もないんでしょ。何食べて生きてるんだろう」と言われる。素朴な疑問だ。もっともだと思う。今回の展示は、だれでも抱くそんな疑問に答えているとは言い難い。

 マザーライが生息する地域には、トーロイ(学名populus diversifolia)という珍しい木がある。大ゴビ特別自然保護区を管理する環境観光省の出先事務所はゴビアルタイ県のバヤントーロイにある。この地名の由来となっている樹木だ。何もないような砂漠の中で見られる珍しい木なので、このトーロイだって、マザーライと全く同じ「モンゴルの宝物」と私は考える。

 マザーライを守るには、貴重な動物が生息できる環境そのものを守る必要があるのではないか。そう考えると、ハルマグ、バチューン、トーロイなどマザーライと関係が深い珍しい植物にも目を向けてほしかった

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


白鵬伝
朝田 武藏
文藝春秋
2018-01-25


このエントリーをはてなブックマークに追加