316e8fbc

毎度、編集長のタケシです。
アジア欧州会合(ASEM:Asia-Europe Meeting)が先日モンゴルで開催され無事終わったようです。エルベグドルジ大統領はASEMのおかげでモンゴルを再び世界へPRすることができたのは非常に嬉しいことです。

今回は注目点がいろいろあったと思いますが、個人的には韓国のパク・クネ大統領が一番評価されるのではと思います。とは言え、彼女が政権を持ってから、韓国は問題だらけでした。一つくらい成果あるのは責任でもあると思います。

朴大統領、モンゴルでASEM出席首脳ら差し置きトップ待遇受ける=韓国ネットは皮肉「誇らしくて涙が出る」「韓国でもてなしてもらえないから…」
http://www.recordchina.co.jp/a145198.html

では、本題に入ります。
今から5年前、ソフトバンクグループの送電網「スーパーグリッド構想」について私がTwitterでsoftbankの孫正義社長に直接確認したらところ「現時点では、未だ夢の段階。」と言ってたが、それがついに実現することになったようです。モンゴルのNewcomと韓国KEPCOとソフトバンクが共同開発するようです。

ソフトバンクグループ、韓国電力公社らとモンゴル国で自然エネルギー事業
http://news.biglobe.ne.jp/it/0719/mnn_160719_3286489881.html

ソフトバンクと全く関係ないと思いますが、シャープもモンゴルで大規模太陽光発電事業に参加すると発表されました。

シャープと重光商事、モンゴル国にメガソーラー発電所を建設
http://news.mynavi.jp/news/2016/07/19/266/

ゴビ砂漠だったらメガソーラーも風力発電も設置するのに最適だと思いますが、逆に、日本と韓国の電気料金を基準にモンゴル国民の電気代の負担が増えないか心配もあります。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加