モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: ウランバートルの情報

モンゴルの夏は、アイラグの夏です!!

アイラグとは馬乳酒のことで、内モンゴルではチゲー、ツェゲーと呼びます。モンゴルの夏の「白いごちそう」(乳製品)の代表格です。馬乳酒といってもアルコール度数は非常に弱く、1%〜3%程度です。

ところがこのアイラグ、モンゴル観光業界では悲しいかな、下痢を起こすキワモノ的な飲み物として、敬遠される場合が多々あります。これではいけない!ということで、正しいアイラグの選びの極意をお伝えします。

極意その1 都会や町でアイラグを買わないこと!
ウランバートル市内などの都会や町では、アイラグを売っている露天や店舗が見られます。しかし、町で販売されているアイラグは発酵がすすみすぎているために不味く、下痢もしやすいという落とし穴があります。
アイラグは発酵を止めていませんので、どんどん発酵し、炭酸ガスが出ているのが目で見ても分かります。ちなみに、ミネラルウォーターのペットボトルにアイラグを入れたまま常温放置しておくと、爆発します。


極意その2 モンゴル人に教えてもらう!
美味しいアイラグを売っている場所を、添乗員さんやお友達のモンゴル人に教えてもらうのがベストです。アイラグは味見をしてから買うことができますから、彼らが「これはいいアイラグだよ!」とすすめてくれるアイラグを買うのがベストです。


極意その3 美味しいアイラグはここにある!
私が美味しいアイラグにありつけた場所は、2箇所あります。
一箇所目は、アイラグをウランバートルで売るために近郊にやってきた遊牧民の皆さんです。

airag01
何家族かでウマの群れを連れてやってきていますので、ペットボトルなどの容器をもって、いざ出陣!

airag02
ウマのミルクを搾乳しています。仔馬さんちょっと待っててね。
搾乳したミルクに乳酸菌を加え、数千回丁寧に攪拌することで、アイラグはできます。
アイラグは朝ができたての場合もありますが、昼や夕方にあわせて作っている家庭もいます。
遊牧民の皆さんとの交流も楽しめて、とっても素敵な思い出になりますよ。

もう一箇所は、ナーダムの会場の屋台です。
ナーダムの会場最大の名物はホーショールという、小麦粉の皮で羊肉を薄く平たく包んで揚げた料理ですが、何店かはアイラグを扱っています。味の良いアイラグを、モンゴル人の協力者に探してもらいましょう。

airag03
夫婦仲むつまじく、まさにできたてのアイラグを販売していました!ここに決定!


極意その4 アイラグの味わい方
airag04
良いアイラグはかすかに透明感のある美しい純白で、いやな匂いはまったくありません。爽やかな酸味とえもいわれぬ甘みが口いっぱいに広がり、ウマのミルクの優しい香りがします。(発酵がすすむと、炭酸ガスの微発泡がすすみ、強烈な酸味や臭気を有するようになります。)

美味しいアイラグを飲むと、「ああ、夏のモンゴルに来た!」という幸せな気持ちでいっぱいになります。しかし、はじめての方は、お椀一杯すべて飲み干さないことを、おすすめします。

アイラグは乳糖発酵の飲み物のため、乳糖が腸内で活発に分解します。その時に生じる炭酸ガスによって健康な腸内洗浄がおこり、腸内の老廃物をガスと一緒に体外に排出してくれます。つまりアイラグは、モンゴルが世界に誇るデトックス飲料なのです。
しかし健康に良いとは言え、次の日にトイレから出られなくなるほど腸に大活躍してもらうのは困り者ですし、何より、日本人が普段飲み慣れないウマの乳が原料なため、女性は一口か二口、男性は三口か四口を目安に楽しまれることをおすすめします。


極意その4 シミン・アリヒに出会えたら最高!
airag05
シミン・アリヒは、一言でいえばアイラグを蒸留して作る、度数20度程度のお酒です。ウマの乳の他に、サルラグ(ヤク)の乳で作るときもあります。地方によって異なりますが、写真のような蒸留・冷却器がある遊牧民の家庭で作っています。
シミン・アリヒは透明で、華やぐような香りと端麗な甘みが特徴です。日本酒や焼酎が好きな方にはたまらない逸品。こちらも時間が経過すると味が変化するので、ぜひ出来立てをいただいちゃいましょう。

モンゴルの夏の美味しいアイラグの味を知ったら、モンゴルを100倍好きになりますよ!!

2011年7月30日
みずばしょう

◎モンゴルで美術館に行ってみた。

週末、普段動かない体に鞭打ち、20kmほどジョギングしたら、
みごとに体調を崩し、数日の間、発熱と筋肉痛に悩まされたMitchです。

なぜ20kmものジョギングをしたのかは、追々書かせて頂くとして
今週は、初めて行ったモンゴルの美術館についてです。

行ったのは『ザナバザル・ミュージアム』の企画展。どんな企画かは知りません(汗)
http://www.zanabazarfam.mn

    

Webサイトの写真はとても綺麗ですが、あんな展示スペースには入りませんでした。
私も後でWebを見て、こんな部屋があったのかと驚いたほどw



私が見た展示スペースはこんな感じ。広めのギャラリーくらいです。
容赦なく作品を素手で触っている人がいるのは、モンゴル人のご愛嬌。

作品は平面から立体まで、すべて近代の作家さんのものと聞きました。
やっぱりモチーフは馬が多かったです。期待通りのモンゴルぽさに感謝!!



モンゴルで最も有名なアーティストの1人の作品だそうです。
車があることから、結構最近と思われます。30年とか40年前かな。



この衣装(前の絵の女性も同じ)は、モンゴルでも東の方の民族だとか。
モンゴル美女ですね〜。



やはり馬です!実は他にもたくさんありました、馬モチーフ!そうこなくっちゃ。



つい最近まで社会主義だった事を感じさせない色鮮やかさ。なんて。


  
モンゴルの歴史か何かを手書きで小さく書いたもの。細かい作業が苦手そうなモンゴル人、
こういう作品があるのは驚きですが、、、いかんせん、やっぱり雑(汗)



モンゴルの有名人だそうです。みんなに触られまくってました。存じませんすいません。



こちらは、モンゴルでも日本でも有名な、朝青龍ダグワドルジさん^^
もう作品になっちゃうクラスの人物なんですねー。



これはモンゴルのシャーマンか何かが儀式で使う笛のような楽器だそうです。
女性の大腿骨からできているそうな。



日本刀までありました。モンゴルと日本の歴史の関係を感じます。
『昭和十三年 板垣征四郎』と銘があります。。。えっ!!
満州事変の勃発に関わった、あの板垣征四郎の刀!?どういう経緯で。。。

----

とまあ、短い時間でしたがいろいろ楽しめました。
説明が理解できればもっと楽しいんでしょうが、、、まだまだモンゴル語は難しく、、、
今回は無料展示スペースのみの閲覧でしたが、
機会を作って、有料展示スペースにも行ってみたいと思います。

観光では、あまりミュージアムなんてイメージは無いモンゴルですが
ヨーロッパなどとは違う、珍しいものを目にする事もあるかもしれません。
興味のある方はぜひ!!

Mitch.K / 笠波倫年 

※個人ブログとも連動中。より映像制作に注視した記事掲載中です!
『腹黒映画日記inモンゴル』 http://blackstomacks.blog50.fc2.com/ 

◎モンゴルの物価は安いのか?

今回は、モンゴルの首都ウランバートルの物価についてです。
先日、モンゴル最大のスーパー「SKY」(ジャスコみたいなとこ)で買い物をして来ました。
せっかくなので、その買い物内容を晒そうと思います。

値段は「MongolianTugrik (MNT)」「日本円(円)」を併記。

レートは「1JPY=15MNT」で計算しています。
(2011/03/28現在、モンゴルのハーン銀行にて日本円購入、1円=14.46MNT)

写真つきです。ご覧あれ〜。

-------------------------
◎ミネラルウォーター1.5L 【330MNT = 22円】

最安品。値段差が激しく、メジャーブランドなら3倍。
外国産、ペリエなどは10倍以上の値段と高い!
Mongolia Water


ミルク1L【1,670MNT = 112円】
水と違いさほど値段さはない。
しかし一度、買った時からすっぱかった事が・・・。
Mongolia Milk


◎ベリージュース2L【3,120MNT = 210円】
愛飲中の、ちょっとすっぱいベリージュース。
甘ったるい飲料が多いモンゴルで、珍しく喉越しさわやか。
Mongolia Juce


◎赤ワイン【7,250MNT = 488円】
イタリア産。ワインも砂糖が入ったように甘いものが多いモンゴル。
こだわりはないけど、甘いワインだけは勘弁と祈りつつ買います。
残念ながら、今回もちょっと甘いワインでした。
Wine


◎パスタの乾麺500g【1,650MNT = 111円】
イタリア産。モンゴル産や中国産なら1000MNTくらい。
でも、おいしくないんだもん。
Pasta


◎うどんの乾麺300g【750MNT = 50円】
モンゴル産うどん。これは、なかなかうまい。
日本の乾麺もあったけど、1500MNTくらいしたから断念。
以前、中国産の生面を買いましたが、うどんが枝毛だし、
プラスチックみたいな味だし、食べれたものじゃなかった。
Mongolia Udon


◎たまねぎ5個パック【1,990MNT = 134円】
モンゴル産たまねぎ。中国産野菜はもうちょっと安いけど
病気になるから絶対に買っちゃだめと、モンゴル人から言われています。
Mongolian Onion


◎冷凍ベジタブル【3,600MNT = 242円】
お手軽料理に欠かせない冷凍ベジタブル。
当然ながら、生の野菜よりはるかに高い。
Mongolian Frozen Vegetable


◎野菜いろいろ瓶詰【1,640MNT = 110円】
とりあえず、野菜不足解消に。
モンゴルは、このようなビン詰め野菜が多いです。
Vegetable


◎黒オリーブ瓶詰【2,250MNT = 151円】
お酒のお供に好きなのです。
Olive


◎ベビーコーン瓶詰【3,490 = 235円】
初挑戦。サラダにしたらおいしそうだったので。
corn


◎パン1斤【770MNT = 52円】
平均的なもの。モンゴルのパンは買った時から
カビていたりするので要チェック!
買った後にも、すぐカビるので要注意!
Mongolian bread


◎ベリー系ヨーグルト100g【590MNT = 40円】
4つパックなんだけど、ばらで値段ついてます。
ヨーグルトに限らず、モンゴルはばら売りが多い。
街頭でタバコを一本ずつ売ってるのも見かけます。
逆にまとめ買いで安くなるというものは少ない。
Yoghurt


◎鯖みたいな缶【1,940MNT = 130円】
魚が食べたくなる事があるのです。パスタの具にするとうまい。
Canned Fish


◎ピーナッツ缶185g【1,080MNT = 73円】
あやしげなラップとかにくるまれたものを買うと、泣くほど不味いので注意!
Nats


◎ヘアワックス【7,590MNT = 510円】
日本から持ってきたのがなくなったので。
おそらく女性用。店中探してワックスはこれしかなかった。
Mongolia Hair Wax


◎柔軟剤【5,880MNT = 395円】
洗剤も似たような値段です。
Fabric Softener

-------------------------
結局この日支払った値段の合計は
52,030MNT = 3,499円(複数購入したものもあります)

柔軟剤やヘアワックスと、イレギュラーなものもありましたが
それを除いても、普段の買い物にかかるのは40,000MNTくらい。
月に5回買い物に行くとして、200,000MNT=13,450円

これが大体の日用品にかかる値段です。

もちろん他にも家賃だとか、光熱費だとか、いろいろかかりますが
今回は日用品に関してだけ。

今、勢いよく開発を進めている、モンゴル国の物価。
みなさんは高いと感じますか?安いと感じますか? 

Mitch.K / 笠波倫年

※個人ブログとも連動中。より映像制作に注視した記事掲載中です!
『腹黒映画日記inモンゴル』 http://blackstomacks.blog50.fc2.com/ 

↑このページのトップヘ