モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: ウランバートルの情報

7

まいど、編集長のタケシです。

コロナ禍、モンゴルで年に一度の最大のイベントであるナーダム祭が予定とおり開催されました。

2

今年は大モンゴル建国814周年、人民革命99周年記念の年であります。



知らない人が多いかもしれませんが、モンゴルは2月の時点でコロナ防止のため中国と国境閉鎖をし、その後も順次拡大、今も続いています。

その為、モンゴルは国内感染ほぼなく、感染者はいるけどほとんど外国から来た人達とその関係者です。



だから、ナーダムを予定とおり開催に踏み切ったと言えるかもしれません。

1

ここはやっぱり元スポースマン、経営者でもあるハルトマー・バトトルガ大統領の鋭い判断力と決断力のすごいところだと思います。

モンゴルにこう強いリーダーシップは近年はいなかった。
誇りに思います。



今年のナーダムは例年と違って、競技参加者、ナーダム運営関係者、メディア関係者以外はほとんど人がいないということです。
3

普通は全国から遊牧民がウランバートに集まって来て
  • ナーダムを見る
  • 買い物する
  • 食べる飲む
  • 泊まる
消費が半端ないくらい大盛り上げるのですが、ネットでは今年のナーダムなんだか寂しい・物足りないという人も多くいました。

私から言わせば、今年のツァガンサル(モンゴルの正月)の行事を中止させて、ナーダムが無事に開催できたの本当に奇跡です。コロナ対策としてはモンゴルは世界の見本だと言えるでしょう。



まだモンゴル行ったことがないあなた、
ナーダムに時期に合わせていくことをおすすめします。

写真提供: https://ikon.mn/ 

草原の制覇: 大モンゴルまで (岩波新書)
崇志, 古松
岩波書店
2020-03-21


medic-563423_1280
毎度、編集長のタケシです。
今、世界中で新型コロナウイルスが非常に注目され、各国がウィルスに負けないように様々な努力をしていますが、我々の通常生活から社会全体に影響を与えています。




あっちこっちからモンゴルのコロナウイルスに関する問い合わせがあるので、しばらくこのページで追記して行きたいと思います。

お気に入りに保存して、1日1回チェックすることをおすすめします。

(2月14日追記)
モンゴル郵便事業体からは「新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、1月27日から3月2日までの間、国内の全ての教育機関の閉鎖および公的活動の禁止に伴い、モンゴルでの郵便物の処理が一時中断される可能性がある」。

(2月20日追記)
新型コロナウイルス 感染防止策としてモンゴル政府から新な発表があった。2/14~3/30「中国〜モンゴル」間の航空機と鉄道 の旅客輸送の完全停止; 物品の輸出入は変更なし;モンゴル人, 外国人を問わず,中国への出国を全面禁止。中国渡航者の入国規制措置を3/30まで延期。

(2月22日追記)
新型コロナウイルス防止のため姪の学校24日から正式にしばらく完全オンライン授業をやると通達してきた。スマホかタブレットでね。これは非常によい事だが、うちは草原にあるから電波が悪くてビデオところかただの電話の通話すら切られたりするからどうしようか悩んでいる。通信会社も動かない状態。

(2月23日追記)
今でもそうだが、モンゴルで殺菌アルコールなどない時に怪我したり、注射したりする時に強いウォッカで消毒するよ。
ご参考までに。


(2月26日追記)
日本は観光業にしろう、デパートにしろ中国に依存過ぎたからこれから大きな不況、倒産がやってくるだろうね。モンゴルは10年ほど前から脱中国、脱ロシア対策として日本やヨーロッパの貿易を広めてきた経緯がある。EPA協定はその成果の一つである。

(2月26日追記)
新型コロナウイルス感染拡大に関連し、モンゴルのMIAT航空会社は東京とバンコク行きの飛行を3月28日までに中止すると発表。モンゴルへ訪れる予定の方はMIATの公式サイトまたはチケット取り扱いのある各社に直接連絡して下さい。

(2月27日追記)
1)モンゴルでは、コロナウイルスが発見されてないが、ウランバートル市内の全種の飲食店、スパ、サウナ、スポーツジム、ホステル、ビリヤード、体育館などスポーツ・娯楽場の営業を3月30日まで一時中止するという対策を取られた。

2)ウランバートル市内と地方間の道路を3月3日まで引き続き封鎖。ウランバートル市内の路線バスも通勤時間帯以外に3月3日まで運休。レストラン・パブ等の外食産業の営業時間を22時までと3月30日まで制限された。

3)在モンゴル日本国大使館の発信によると、明日28日から「当面の間」。過去14日以内に日本、韓国、中国、イタリアに滞在歴のある外国人および無国籍者はモンゴルへの入国禁止。なお、中国以外の3ヵ国をトランジットで通過した者は入国可能。

4)トランジットを含めて中国や台湾に14日間以内の滞在歴がある外国人は3月29日まで入国禁止となっている。





(2月28日追記)
モンゴルの政府系報道によると、中国を訪問したモンゴル大統領帰ってきたもの、今は予防的措置として14日間隔離されることになったそうだ。
そう、モンゴルはほうち(放置・法治)国家であるw

(3月1日追記)
新型コロナウイルスの防止の観点から、2月27日〜3月30日まで、モンゴルの公務員による海外渡航を全て禁止することが決まった。

(3月4日追記)
日本郵便、3月3日よりモンゴル宛て国際郵便の一時引受停止を発表。
原因は、日本⇔モンゴル間で発着する航空便が運休となるためモンゴル宛て郵便物が輸送できないとのこと。



(3月9日追記)
モンゴル政府は、モンゴル国内の空港に離発着している日本、韓国、ロシア、中国への国際定期便の一時運航停止措置を3月28日(土)まで延長決定。

(3月10日追記)
今月2日、モスクワから飛行機でモンゴルに入国したフランス人をコロナウイルス感染者と特定。政府は本日からウランバートルと地方都市を結ぶ交通を16日まで遮断することを発表。

(3月12日追記)
昨日、モンゴル国家緊急委員会は、3月11日から3月28日まで、モスクワ、イスタンブール、ヌルスルタンとの間のすべての定期便を一時停止することを発表しました。

(3月27日追記)
27日現在,モンゴルでは全ての外国人の入国が禁止されていますが,モンゴル人の外国人配偶者家族の入国が認められており,モンゴル人と婚姻関係にある日本人やそのご家族の中には,4月3日(金)に運航される予定の日本間チャーター第2便でのモンゴル入国を検討されている方がおられるかもしれません。(ソース:日本領事館)

(3月29日追記)
モンゴル政府経済支援として、社会保険料を4月1日から10月1日まで解除を発表。この期間中、給与から所得税が天引きれない。

(4月1日追記)
モンゴル保健省、本日現時点で新型コロナウイルス感染症患者14名が確認されたと発表。

(4月2日追記)
全然ニュースになってないが、今年3月で卒業したモンゴルの留学生たち、就職できず一部の人がモンゴルに帰ざるをえないが、飛行機が飛んでないため帰ることもできず、仕事もない、そしてもう少したらビザも切れる状態になっている。たぶんこういう留学生がたくさんいるんじゃないかなと思う。



(4月14日追記)
4月14日現在、モンゴル保健省は定例記者会見を開催し,モンゴルにおいて新たに13名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表しました。これにより国内の累計症例数は30名となりました。

(5月4日追記)
4月30日(木),モンゴル外務省から,現在,モンゴル国内に発令されている高度警戒準備態勢の期限を5月31日(日)まで延長すると通達されました。

  • 高度警戒準備態勢を,5月31日(日)まで延長する。
  • モンゴル発着の全航空便の運航停止措置を,5月31日(日)まで延長する。
  • モンゴルにおける全ての国境検問所からの外国人の入国を,5月31日(日)まで一時休止する。
草原の制覇: 大モンゴルまで (岩波新書)
崇志, 古松
岩波書店
2020-03-21


sign-731314_1280

毎度、編集長のタケシです。
ついに、モンゴルではコロナ感染者が確定されました。

時系列で、新型コロナウイルスに関するモンゴル最新情報は下記のページで随時更新しています。




なお、国際線定期便の運航停止が3月28までも延長されたため、日本からモンゴルの入国はもちろん、逆にモンゴルから日本に帰国できない人もいるかと思います。

在モンゴル日本国大使館では、帰国支援の可能性を検討するため現在情報を求めています。
帰国困難な邦人は下記まで問い合わせして下さい。

【問い合わせ窓口】
在モンゴル日本国大使館
EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA  
C.P.O.Box 1011  
Elchingiin gudamj 10,Ulaanbaatar 14210,Mongolia  
電 話:(976)11-320777 開館時間:9:00-13:00,14:00-17:45  
FAX:(976)11-313332 メール:consul-section1@ul.mofa.go.jp



毎度、編集長のタケシです。
既にピークが過ぎたかもしれませんが、海外セレブの間大流行しているコンブチャを飲んでみました。コンブチャは元々モンゴル由来だと知り、私は友人に頼んでモンゴルから持ってきてもらいました。



そもそもコンブチャ(KOMBUCHA)とは?

コンブチャという昆布茶?と勘違いする人もいますが、そうじゃないです。

紅茶キノコ(こうちゃキノコ、露: Чайный гриб)は東モンゴル原産で、後にシベリアでよく飲まれるようになった発酵飲料[1]。紅茶、もしくは緑茶に砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコにも見えるゲル状の塊を12日から14日ほど漬け込む事で発酵させる。(wikipediaより)

日本では戦後一時期ブームになったようです。一昨年あたりだったかな、米国のセレブの間でめちゃ人気があって、インスタにも投稿されています。

コンブチャの効果とは?

コンブチャの中には「酢酸菌」「乳酸菌」「酵母」など豊富に含まれます。そのため、腸内環境を整えて、消化機能をスムーズにし、便秘の改善や、体内の毒素を体外に排出してくれるデトックス効果があると言われてます。

その他にも、コレステロール値の低下、血圧低下、糖尿病予防、抗菌効果、そしてアンチエイジングなど様々な効果があると言われています。

コンブチャの味、感想とは?

今回私は初めてコンブチャを飲みましたが、味はというと紅茶+お酢を混ぜたような感じで、若干酸っぱい感もありました。
炭酸わりにすると飲みやすいかなと思います。


最後に、モンゴル産のコンブチャを仕入れたい方、販売してみたい方ぜひコメント下さい。今回は味、効果などをテストして日本で販売も考えています。



ウズベキスタン
【写真】嶌信彦著「伝説となった日本兵捕虜」(角川新書)と胡口靖夫著「ウズベキスタン『ナボイ劇場』建設の真実」(同時代社)の表紙

 嶌信彦著「伝説となった日本兵捕虜―ソ連四大劇場を建てた男たち」(角川新書)を読んだ。いわゆるシベリア抑留の日本人の中に、中央アジアのウズベキスタンまで強制連行された人たちがいて、「ナボイ劇場」という豪華な施設を建設したことが地元で評価され、伝説になっているという話だ。

 これを読んで、私は、モンゴルにも似た話があるのになあ―と思った。ソ連は対日戦で60万人の日本軍捕虜を獲得した。これがシベリア抑留だ。このうち1万2318人がソ連からモンゴルに引き渡され、ウランバートルなど16カ所に分けられ、都市建設やトーラ川沿いの樹木伐採などに駆り立てた。

 現在のウランバートル・スフバートル広場周辺の建物や道路は、この「モンゴル抑留」の日本人が建設に当たった。中央政庁舎、国立大学、オペラ劇場、中央図書館など中心部の景観を構成する主な建物は皆、日本人が工事に当たったと言われる。

 ウズベキスタンの抑留者については、胡口靖夫著「ウズベキスタン『ナボイ劇場』建設の真実―続・シルクロード<青の都>に暮らす」(同時代社)も読んだ。

 嶌さんの著書では、ナボイ劇場は、1966年の大地震に遭っても、さほどの被害を受けず、それが地元では「日本人は捕虜でも、いいかげんな仕事はしない」との評価につながっていることを紹介している。

 一方、胡口さんによると、ナボイ劇場は、旧ソ連が設計・着工し、戦争で中断したものを、戦後、日本人が最後の仕上げを行っただけなのだという。日本人が特に立派な仕事をしたわけではない―として、胡口さんは、嶌さんを「時流に迎合した日本人礼賛論」と痛烈に批判している。

 しかし、嶌さんの著書にも、最後の仕上げを行ったことは書かれている。この本では、たとえ仕上げ工事であっても、地元の人々に評価され、それが一つの伝説になっていることに力点が置かれている。強制連行、強制労働という負の遺産を、ウズベキスタンと日本との友好関係に結び付け、前向きにとらえて描いている。

 一方、モンゴルでも、日本人がスフバートル広場周辺の建設工事に当たった。強制労働の期間は、モンゴルもウズベキスタンも1945年から47年までの2年程度だ。しかし、モンゴルでは、建物の土台や道路造りに従事しただけなのに対して、ウズベキスタンでは最後の仕上げ工事を担当した。基礎工事だけなのと、建物の完成とでは、大きな違いがある。

 また、嶌さんの著書では、捕虜という苦難の生活の中にあっても、日本人が一致団結して工事に当たったことが紹介されているし、地元民との交流の様子も描かれている。

 一方、モンゴル抑留を描いた本では、胡桃沢耕史の小説「黒パン俘虜記」(文春文庫)がある。飢えと寒さの極限状態の人間模様を、すさまじいタッチで描いた小説だ。小説とノンフィクションの違いかもしれないが、嶌さんの著書とは、読んだときの印象が大きく異なる。

 確かに、強制連行、強制労働の中で、多くの死者を出した苦難の歴史は、しっかりと記憶にとどめなければならないと思う。しかし、抑留から70年以上が経過している。

 モンゴル人の中には、スフバートル広場周辺の街づくりに、日本人が関係したことを知っている人は結構多い。中には、「捕虜の日本人が、しっかりと仕事をしたことで、現在のウランバートルの街の景観が出来上がった」との評価もあるのではないか。

 私は、昨年10月に訪モした際、ゲル地区の住民ウルジートクトフさんが、採石場の跡地を「ノゴーンノール(緑湖)」という公園にしたことを取材した。ここでは、日本人捕虜が、銃の監視の下、石を切り出し、スフバートル広場周辺の道路建設などに当たったという。

 ウルジートクトフさんは、採石場の跡地に雨水がたまり、ごみ捨て場となっている現状を憂え、個人の力で公園に変えた。そのことが市民の間で評判となり、周辺の植樹に協力する人も出てきたという。

 それだけではない。ウルジートクトフさんは、「日本人がウランバートルの中心街をつくったことを、もっと多くの人に知ってもらいたい」と資料館の計画を進めている。彼は、日本人が、建設工事を行っている当時の記録映像や写真をパソコンに収録中だ。私は、その一部を見せてもらった。

 ウランバートルでは今、自然史博物館など古い建物の取り壊しが進行中だ。市民の間には「せっかくの建物を壊すのは惜しい」との声が出ているようだ。中心部の街づくりが、どのように行われたのか、もう一度振り返ってみることが必要なのではないか。日本人も街づくりに関係している。モンゴル抑留は、日本人にとっては悲しい歴史である。しかし、それだけで終わらせては、ならないと考える。モンゴルと日本との友好関係のきっかけにもなっていることを、もっと多くの日本人に知ってもらいたい。



▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

↑このページのトップヘ