モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: ウランバートルの情報

  こんにちは! ウランバートル留学中、軟弱大学生の多摩川です。担当2回目の記事にも関わらず、ちょっとぶっとんだテーマを選んでみました。

 上の写真はスフバートル広場。ウランバートル市の中心、政府宮殿の前に位置しています。中心には社会主義革命の英雄スフバートルの像が立っており、その名を冠した広場です。この広場の南側半分ではマーケットやイベントがよく開催されます。先日9月22日には古本市が開かれていたので欣喜雀躍し行ってまいりました! 会場にはモンゴルの大手国内書店であるInternom(インテルノム)をはじめ、ウランバートルの古本屋さんが一堂に会し、社会主義時代の古本から最近の本まで、理系文系、学術書一般書問わずたくさんの本あふれるマーケットとなっていました。

 私が買ったのは上の写真の本です。タイトルを日本語訳するなら「我らの歌-我らの歴史」でしょうか。1921年の革命から60周年の1981年出版で、社会主義時代モンゴルの革命歌や党歌、労働歌、軍歌などの楽譜と歌詞が大量に収められています。なかなかコアな本ですよね。社会主義時代のモンゴルで出版された本は、紙質は微妙ですが、装丁に味があって好きです。

 日本で旧社会主義圏の歌というと、ソ連や東欧が有名で、モンゴルはあまり知られていないように思います。個人的には残念です。

    社会主義時代以前のモンゴルには、Уртын дуу(オルティン ドー「長唄」)やМорин хуур(モリン ホール「馬頭琴」)といった音曲、楽器の伝統がありました。社会主義時代以降、ソ連などから近代的音楽の手法を取り入れ、たくさんの歌やオペラ、オーケストラ音楽が作られたそうです。伝統的な民族音楽を、ヨーロッパの楽典を参考にアレンジし、国家代表の音楽とした状況は、他の旧社会主義諸国(中央アジア諸国など)と似ており、大変興味深いと思います。

 せっかくなので、留学前からよく聞いていた軍歌Дайчин нөхрийн тухай дууの歌詞を本から引用してご紹介します。ネット上にフリーの音源があると思うので、ぜひ以下の歌詞を参考に聞いてみてくださいな!(日本語訳は私がつけたので、間違っている部分が多いと思います。参考程度にご覧ください。)

 

Дайчин нөхрийн тухай дуу

戦友の歌

1

Саарал шинелээ тайлаагүй

白き外套をまとった

(注:тайлаагүйの直訳は「脱がなかった」、шинелээは軍服のコート)

Буурал найз минь хаахa байна

白き我が友はどこにいる

Дархан хотын барилга дээр үү

ダルハン市街か

Торгон хилийн зааг дээр үү

国境地帯か

(注:Торгон хилийнの直訳は「絹の国境」つまりモンゴルの南側国境)

 

Дууны ая хангинасан

歌の旋律響く

Найрын дунд танилцаагүй юм

宴では出会わなかった

Бууны дуу тачигнасан

銃声響く

Дайны галд танилцсан юм

戦火の中 出会った

 

Нэгэн эхээс цуван төрж

同じ母からつづいて生まれ

Нэхий өлгий дамжаагүй юм

(同じ)揺籃に抱かれたわけではないが

(注:Нэхий өлгийの直訳は「毛皮のゆりかご」)

Цэргийн хуaрaнд ихэр болоод

兵舎で兄弟になり

Цэгц журмын нөхөр болсон юм

精鋭の友となった

 

Саарал шинелээ тайлаагүй

白き外套をまとった

Буурал найз минь хаахa байна

白き我が友はどこにいる

 

2

Саарал шинелээ тайлаагүй

白き外套をまとった

Буурал найз минь хаахa байна

白き我が友はどこにいる

Дархан хотын барилга дээр үү

ダルハン市街か

Торгон хилийн зааг дээр үү

国境地帯か

 

Дараа би цэргээс халагдаж

のちに私は軍籍を解かれ

Дайчин нөхөр минь үлдсэн юм              

我が戦友は(私を)追いかけた

Манаа хүртэл үдэж өгөөд

哨戒所まで見送ってもらい

Санаа алдан гар барьсан юм

ため息をついて握手した

 

Хорин жил зам салсангүй

二十年 道を分かれたが

Хоёр биеэ бид мартсангүй

お互いの存在を我らは忘れなかった

Энгийн цэргийн хоёул хамт

退役軍人のふたりは共に

Эх орны төлөө манаандаа

母国のための哨兵であった

 

Саарал шинелээ тайлаагүй

白き外套をまとった

Буурал найз минь хаахa байна

白き我が友はどこにいる

 

3

Саарал шинелээ тайлаагүй

白き外套をまとった

Буурал найз минь хаахa байна

白き我が友はどこにいる

Дархан хотын барилга дээр үү

ダルハン市街か

Торгон хилийн зааг дээр үү

国境地帯か

 

Дарийн утаа цуг үнэрлэж

火薬の煙を共に嗅ぎ

Харийн манхан хамт тууллаа

砂の丘を共に乗り越えた

Халуун цус маань ижил урсаж

我らの熱き血を共に流し

Залуу нас минь адил өнгөрлөө

我が若き日を共に過ごした

 

Эргүүлж явсан сэлэмнээс маань

翻る我らのサーベルから

Энхийн салхи сэнгэнэсэн юм

平和の風が吹いたのだ

Энхийн салхины тэр аясаар

平和の風によって

Мөнхийн тэнгэр цэлмэсэн юм

無窮の天は晴れた

 

Саарал шинелээ тайлаагүй

白き外套をまとった

Буурал найз минь хаахa байна

白き我が友はどこにいる

Дархан хотын барилга дээр үү

ダルハン市街か

Торгон хилийн зааг дээр үү

国境地帯か

 はじめまして、多摩川と申します。モンゴル国の首都、ウランバートルに留学している学生です。モンゴルといえば遊牧と草原の国というイメージが強いですが、都市生活も日本などの他国とは違った魅力に溢れています。イフ・フレーと呼ばれた清代、その後の社会主義時代の面影を残しつつ、文字通り日々変化する(留学に来て三日で近所の公園が無くなって舗装道路の一部になりました)ウランバートル生活の一面を切り取ってお届けしていきたいと思います。初回の今日は冷たくて甘いもののお話です。


   モンゴルのアイスクリーム


 寒さで有名なモンゴルですが(冬は-30〜40℃まで下がります)首都ウランバートルの夏はやっぱり暑いです。標高が高いので直射日光が強いせいでしょうか? そんなウランバートルで夏の冷たい食べ物といえばアイスクリーム! モンゴル語ではзайрмаг(ザイルムグ)と言います。現在ウランバートルはすっかり秋で、初雪が降るほど寒くなってしまいましたが、その美味しさは変わりません。とくにミルク系が濃厚で美味しいと思います。
 ウランバートルでアイスが買えるところは、大きく分けて二つあります。
]上の屋台
▲后璽僉次▲競蓮併埔譟砲覆豹料品店
以下それぞれについて紹介していきましょう。



IMG_4058

 ウランバートルの街中を歩いていると、上写真のような、四角いプレハブのアイスクリーム屋台をたくさん目にします。おそらく不定休で、天気の悪い日は閉まっていたり、また冬になると完全休業してしまうそうです。ちなみに現在9月は、昼間ならだいたい開店しています。
 アイスの種類は6〜7種類くらいで、ミルク、チョコ、りんごなど果物系の味があります。バナナ味アイスにグミが入っている変わり種も見かけました。それぞれの味のアイスクリームは四角い容器に入っていて、注文するとディッシャーでコーンに丸く盛ってくれます。日本のアイスクリーム店と同じシステムですが、アイスクリームひとたまは割と小さく、味は普通です。
 気になるお値段ですが、安い屋台ではひとたま500トゥグリク(25円くらい)、ふたたま1000トゥグリク(50円くらい)、さんたま1500トゥグリク(75円くらい)になります。
 一般的に海外旅行の心得として、屋台で買ったものを食べるとお腹を壊すことがあるので食べてはいけないと言われます。ただ、ウランバートルのアイスクリーム屋台に関しては、私が食べた限り、お腹を壊すことはありませんでした。



IMG_4049

 スーパーマーケットや食料品店では、上の写真のとおり、日本で見るような保冷ケースに入った、たくさんの種類のアイスが売られています。値段は200〜5000トゥグリク(10〜250円)ほどでしょうか。値段が書いてなかったり、書いてあっても合ってないことがあるので、不安な時はレジに持って行って値段を聞きます。
IMG_4111

 上写真のアイスは確か850トゥグリク(43円くらい)だったと思います。コーンは柔らかいですが、バニラが濃厚で美味しいです。グレープなど色の付いている味を食べると、舌がその色に染まるそうなので注意してくださいね。
IMG_4112

 上写真のような紙に包まれたアイスは、包装されていると石鹸みたい、包装を開けると消しゴムみたいな見た目ですが、味は濃厚なバニラで美味しかったです!この紙包装バニラアイスはウズベキスタンでも見かけたので(下写真)、旧ソ連と周辺諸国ではポピュラーなタイプのアイスクリームなのかもしれません。
IMG_9342




 ]上の屋台▲后璽僉次▲競蓮併埔譟砲覆豹料品店のほかにアイスクリームが食べられるところとして、レストランやカフェがあります。私がカフェで食べたときは、チョコソフトクリーム1つ3000トゥグリクでしたが、コーンがかりっとしていてとても美味しかったです。

 ウランバートルにいらした際はぜひ、安くて美味しいアイスクリームを食べてみてくださいね!

2017-09-05-19-00-39
▲朝日放送 『世界の村で発見!こんなところに日本人』この番組大好きです。

2017-09-05-19-08-58
アルタンブラグ村、ウランバートルから270Kmだけど列車で8時間かけて着く。俺の実家と同じくらい遠いわ。

2017-09-05-19-26-05
取材に行ったらいたはずの日本人がいなくなってた。よくあることだ。私もこれまで実家に行ったらどこかに引っ越しに行ってて、探すのはたいへんでしたからね。今は携帯あるから本当に助かるわ。

2017-09-05-19-52-58
▲やっと見つけた。

2017-09-05-19-58-40
▲あれ?智子さんじゃん。私の知り合いだった。びっくり。


↑このページのトップヘ