モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 観光

men-1233544_1920
毎度、編集長のタケシです。
日本にも本格的な冬がやってきましたね。お正月ということもあった、最近モンゴル行く人が結構いるようです。そしてよく聞かれるのは冬のモンゴル、どんな服を着ていけばよいのでしょうかと。
FullSizeRender
それもそうだよね。ほとんど零度すら行かない東京の人たちにはマイナス30度を超えるモンゴルを想像するには無理でしょう。

今までも冬の服装について紹介したことがありますが、今回は安く暖かくて、さらにお洒落を追求したAmazonだけで完全防寒しようというコンセプトでコーディネートしたいと思っています。

上半身の防寒対策インナー





下半身の防寒対策インナー







上半身の防寒対策アウター






下半身の防寒対策アウター






防寒対策ベスト




防寒対策その他(帽子・手袋・靴・靴下)









本来はワークマンで全て揃えようとコンセプトだったのですが、残念ワークマンはAmazonで出店してないようです。

モンゴル鉄道

ウランバートル鉄道でモンゴル縦断。これを見たら日本の鉄道ファンも乗りたくなるんじゃないかな。今度乗馬の旅ではなく、モンゴル鉄道の旅を企画しよう。(笑)














Сайн байна уу? God dag.

デンマークのコペンハーゲンに行った時、たまたま泊まったホテルの横のビルに、見慣れたシンボルマークを見ました。
IMG_20190814_183534138_HDR
調べると、何とモンゴル総領事(Consultate of Mongolia)でした。

このビルの一階部分にあるレストランを、モンゴル料理店と期待したのですが、残念ながら"Calfornia Kitchen"というお店でした。

あと、モンゴルのお寺っぽいモニュメント(チベット仏教的なもの)を、「クリスチャニア」というコペンハーゲンにある「自称」自治区で発見しました。色とりどりの布のことを「カター(хадаг/ハダグ)」といいます。
DSC00359
この「クリスチャニア」は独自の国旗まであって、Wikipediaによると「デンマークの首都コペンハーゲンにある、850人の住人と34ヘクタールの土地をもつ地区である。自治を自称する。1971年に軍の所有地に建国されて以来、たびたび論争の中心となってきた。」とのことです。ちなみに、警察が常駐していて、写真撮影禁止の区域があります・・・。



以下、さらに詳しい紹介があります。


以下は、その自治区「クリスチャニア」の様子で、黄色と赤の提灯があるエリアは、写真撮影が禁止です。DSC00358
DSC00354

ちなみに、デンマークではセブンイレブンがありますが、LGTBのカラーのロゴマークで、このあたり非常に意識高い感じでした。
DSC00337


コペンハーゲンはeスクーターがすごく盛んで、街のあちこちに、どこにでもあります。デンマークでは環境に配慮して、自動車を使わないような動きが強いです。

モンゴルでも、大気汚染対策でeスクーターを普及させることが検討できると思いますが、如何せん、マイナス30度・40度の世界でどうメンテナンスするか、など色々課題があるかと思われます。

DSC00175


DSC00226

今回はここまで。

Сайхан амраарай, God nat.

73322872_10157838418702652_1904171994039975936_n

毎度、編集長のタケシです。
台湾の高雄で旅行している友人から衝撃の写真が送られてきました。

なんと、モンゴルのゲルです。
色やデザインから見れば内モンゴル製のゲルです。

しかし、なんで台湾の仏教の聖地である佛光山にゲルがあるのか謎です。

余談ですが、台湾にはモンゴル語が話せないがモンゴル人という人も結構いるようです。どの時代に海を渡って台湾に行ったのか興味深いです。


73041101_10157838418742652_381761277661282304_n

74533107_10157838418602652_8375470992121659392_n

72919609_10157838418882652_8062389978144964608_n



72742888_10157838418827652_341694202066763776_n

ゲルはいつまでおいてあるか分かりませんが、ゲルがなくてもココは行ってみたいですね。



72554298_10157809597237652_8389798053833342976_n
【写真 枦傾鎚轍爾皇太子時代に訪れた写真が飾ってある祈念館の内部。窓ガラスが抜け落ち、窓枠の木材が露出して無残な姿をさらしている。外壁にもひびが入っている=2019年10月2日
72775260_10157809597207652_7828324044448464896_n
【写真◆枡本人慰霊碑(左手奥)のある一帯は、公園にする計画があるが、進んでいるようには見えない=2019年10月6日

 かなり深刻な状況に思えてならなかった。ウランバートル郊外、ダンバダルジャーの日本人慰霊碑。広い敷地の一角にある祈念館は、明り取りの窓ガラスがなく、窓枠の木材が飛び出している。外壁にひびも入っていた。
 管理人のガントクトフさんの話では、今年夏、強風が吹き荒れ、壊れたという。祈念館は慰霊碑とともに2001年に完成した。酷寒の地であり、老朽化が進んでいたところに、強風が追い打ちをかけたようだ。
 ガントクトフさんによると、被害後、日本大使館の職員が調査に訪れ、修復すると話したという。慰霊碑周辺のコンクリート路面も劣化が激しいので、これも直すという。しかし、いつ着工し、どのように修復するか「詳しいことは知らされていない」ということだった。
 祈念館には、天皇陛下が皇太子時代の2007年に訪れた写真が飾ってあった。秋篠宮さまも2002年に訪問された写真があった。安倍首相が2013年に訪問した写真もあった。その他、日本の政治家や県知事、市長ら要人が大勢訪れたことがわかる。そんな祈念館の惨状は異様に思えた。
 私が祈念館の惨状を知ったのは10月2日。4回目の慰霊碑訪問だった。昨年9月に訪れたときは、私の「モンゴル仲間」が般若心経を唱え、皆で線香をあげて手を合わせた。今回は10月6日に再び訪れた。
 ちょうど日本人観光客がバスで来ていた。私は感想を聞いた。「政治家の写真、あんなの要らん」「それよりも早く直すべきだ。日本政府は何をやってるんだ」…。予想した通りの答えが返ってきた。あの惨状を見て、何も思わない日本人は、いないのではないか。
 建物は修復されるだろう。問題は、どのように修復するかだと私は思う。VIPの写真や花輪を飾るだけの祈念館なら要らないのではないか。それよりも「モンゴル抑留」の歴史を、わかりやすく解説した展示がほしい。
 多くの日本人が強制連行され、亡くなった人は、この場所に埋められた。遺骨は後に掘り返され、祖国に戻った。悲しい不幸な歴史を忘れないようにすることは必要だ。しかし、同時に、前向きに、モンゴルと日本の友好親善を祈念する場所ととらえることはできないものか。
例えば、日本人捕虜は、スフバートル広場周辺の街並みを造ったと言われる。モンゴル人に広く知られたことだが、それは具体的に、どの建物なのか道路なのか。それも、全部なのか一部だけなのか。留学生と話すと、モンゴルに木がないのは、「日本人の捕虜がまじめに切ったから」と説明する人もいる。こんな話は本当なのか。整理して解説してもらいたい。
 歴史の事実を伝えることは、モンゴル人に理解してもらえるのではないか。むしろ、そのことは、モンゴルと日本の友好親善に寄与するものと私は考える。
 慰霊碑周辺の公園化も進めてほしい。祈念館には、公園計画を示すパネルが展示されている。しかし、私には、計画が進んでいるようには見えない。関係者の努力で、少しずつ植樹されていることには敬意を表するけれど。
 周辺は、宅地化の波が押し寄せている。乱開発を防ぐためにも、市民に親しまれる公園にしてほしい。子どもたちが遠足やピクニックで訪れる場所になってほしい。
 ノゴーンノールでは、住民のウルジートクトフさんが、個人で公園化を進めている。彼は、日本人の足跡がわかる資料館をつくりたいと話している。
 ダンバダルジャーの慰霊碑は、日本政府とモンゴル赤十字が管理する場所だ。それ相応の施設、展示内容にしないと、ノゴーンノールとのバランスが取れないのではないか。





▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

↑このページのトップヘ