モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:NHK

セレンゲ写真
【写真】バッグのデザインについて型紙担当のゾルタイさんと打ち合わせをするセレンゲさん

 東京・渋谷のバッグ製造販売会社「ジェノバ・ジヤパン」で新商品の企画開発を担当するモンゴル人、ルブサンチメド・セレンゲさんは、とても意欲的な女性だ。先日、NHKの海外向け番組「ワールド・ジャパン」で、日本で働く外国人の一人として紹介されたので、ご覧になった方も多いと思う。

彼女は、ウランバートルの新モンゴル高校から富山大学芸術文化学部に入学、卒業している。大学入学前の2008年3月、弘前大、岩手大、山形大、東北大、千葉大、信州大などに合格した受験生仲間と一緒に、仙台で3週間合宿していて旧知なので、あらためて近況を聞いた。

セレンゲさんの会社で販売しているバッグのブランド名は「OSAM」(オサム)。会社は1978年に創業しているが、ブランド名は梶谷修社長の名前による。「遊ぶ、働く、旅をする」のキャチフレーズで、そのときどきに使う個性的なバッグを提供することを基本方針にしている。
 
セレンゲさんは、2013年に入社して、バッグのデザイン、商品企画、販売戦略、工場での生産管理などを担当している。最近はオンラインショップにも力を入れており、自らバッグの写真を撮って、ウエブサイトに載せたりもしているという。
 
ブランドを維持するためのデザインは生命線だ。ということで、電車に乗ったときなど、人々の持ち物の形や色使いを常に観察している。「世の中の流行は、いち早く感じないといけない」と説明する。
 
彼女の会社では、アルバイトも含めて外国人がいっぱい働いている。昨年7月、モンゴル人女性、プンツァグ・ゾルタイさんを型紙職人として雇った。ゾルタイさんは、もともと服飾関係の仕事をしていたが、日本にいる娘さんが出産するので来日した際、たまたま梶谷社長の目にとまり、採用が決まったそうだ。センスが良く、仕事もはやいということだが、日本語ができないので、セレンゲさんが通訳しなければならないのが悩みだという。 

セレンゲさんは、富山大の芸術文化学部で初めての外国人留学生だった。マブチ国際育英財団の奨学金を受けて卒業したが、3年生のとき1年間、フィンランドの大学に留学し、北欧のデザインを勉強した。
 
セレンゲさんは、これまで学生時代に手掛けた作品の写真集を見せてくれた。木製おもちゃ、年配者向け杖の取って、銅鍋など、いろいろな写真が載っている。自分で製本し、革製の表紙を付けてある。ちょっとおしゃれな手作り商品カタログだ。これを梶谷社長の面接試験のときに見せて自分を売り込んだそうだ。
 
モンゴルの若者で日本留学を希望する人は多い。大体は東京や大阪など大都市の有名大学を目指す。そんな中、セレンゲさんは、富山県高岡市にある、モンゴルではあまり知られていない大学を選んだ。富山大芸術文化学部には、プロダクトデザイン専攻があり、生産実習の機械設備が整っていたことが第一の理由だという。

「面接のとき遠くに立山連峰が見え、ウランバートルの風景を思い出し、親しみを感じたこともあります」と言う。「モンゴル人はもちろん、ほかの留学生がいなくて孤独でしたが、交換留学でフィンランドに行けたし、富山でなければ今の私はなかったと思います」とも。
 
自分は将来、何をしたいのか。日本留学で何を勉強するか。セレンゲさんの話を聞いていて、しっかりとした目標を持つことが大切であると、あらためて思った。
 
セレンゲさんには、高校同期で東京の外資系コンサルタント会社で働く夫のオリギルバヤルさんとの間に、5歳と3歳の子がいる。子どもの教育を考えると「そろそろモンゴルに帰らなければ」とセレンゲさん。
 
帰国後、自分のブランド「LUUGAR」(ルーガル)で勝負すべく準備中だそうだ。ブランド名はセレンゲさんの苗字(一族名)から取った。モンゴルでは通常、名前に苗字は使わないが、戸籍には記載されるということで、これをブランド名にした。
 
「LUUGAR」は将来、カシミヤ製品の「GOBI」(ゴビ)のようなモンゴルを代表するブランドになるか。そのとき、現在の「OSAM」はライバルになるのだろうか。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

震災を乗り越え、国際交流で活躍する福島のモンゴル人(仙台市・森修)

岩手県でモンゴル人が羊の多頭飼育に挑戦(仙台市・森修)


IMG_0725

【写真 曠丱筌鵐曠鵐乾觚の大ゴビ特別自然保護区の近くで家畜に水を飲ませる遊牧民の男の子

IMG_0726

【写真◆枡段娘然保護区にあるシャルフスの避難小屋付近から見た風景。何もないような大平原動物が躍動する世界だ。保護区の外では遊牧民も生活している

IMG_0727

【写真】バヤンホンゴル県の大ゴビ特別自然保護区を示す看板。車止めや柵などはな

 

 

 ゴビ砂漠のクマ「マザーライ」の調査は、ゴビアルタイ県とバヤンホンゴル県にまたがる大ゴビ特別自然保護区(A地区)の避難小屋に4泊して終わった。

ウランバートルに戻るため、シャルフス山ろくの小屋を出発し、2時間ぐらい車を走らせると、保護区であることを示す看板が立っていた。車止めや柵などはない。その気になれば、勝手に出入りできそうだ。しかし、保護区に立ち入るには許可が必要だ道なき道を進むため、現地の事情に詳しい管理事務所の職員に案内してもらわなければ危険だからだ

 保護区の外に出ると、間もなくラクダの群れに出会った。冬毛を刈り取ったばかりのようで、ラクダ色というよりは、グレーとピンクの混じったような色をしていた。モンゴル語でラクダは、家畜の場合は「テーメー」、野生のものは「ハブトガイ」と区別している。裸にされたラクダは家畜の方だ。

 さらに車を走らせると、ヒツジとヤギの群れに出会った。丘の上の方から群れが現れ、道をふさぐように横断し、やがて動きが止まった。何をしているのかと思い、車を降りて近づいてみると、10歳ぐらいの男の子が二人、家畜に水を飲ませていた。深さ2メートルもないぐらいの井戸があり、男の子は、棒の先に細長い袋状の容器を付けた道具で水をくみ上げる。重労働に見える。しかし元気だ。家畜の群れは、水を飲むと、また丘の上に戻って行った。

 井戸からさらに車を走らせると、ゲルを撤去したような跡が現れた。円形の石積みの囲いがあり、足跡がいっぱい付いていた。遊牧民は季節ごとに移動するが、放浪の旅をするわけでなく、季節ごとにゲルを組み立てる場所は決まっているという。ここは冬季で、先ほどの家畜の群れが戻って行った方向にゲルてる場所があるのかもしれない。

 東京・光が丘公園で開かれるハワリンバヤル(春祭り)は今年、「モンゴルの宝物マザーライ」をテーマにしている。チラシには「守ろうモンゴルにしかいない動物たち」と書いてある。マザーライは確かに貴重な動物だ。守らなければならない。しかし、モンゴルの宝物は、ほかにもあるのではないか

 野生のラクダ・ハブトガイだって宝物だと思う。家畜のラクダ・テーメーは珍しくはない。世界中の動物園にラクダはいる。しかし、ハブトガイを飼育している動物園はあるのだろうか。ハブトガイはテーメーが野生化したのではない。もともとの野生種だと言われる。犬と狼の違いに似ているのかもしれないしかし、モンゴル人でも、ハブトガイを知らない人は結構いる。ハブトガイについて、もっと理解を深めたい。

 昨年11月、NHKBS「ワイルドライフ」はスフバートル県のマヌルネコを特集した。この野生ネコは、昨年4月の総合テレビ「ターウィンが来た」でも取り上げられた猫は珍しくはないが、野生となると話は別なのではないか

 モンゴルには大型猫ユキヒョウ(イルベス)もいる。NHKは2015年8月、ホブド県のユキヒョウを特集していた。ユキヒョウやマヌルネコを取り上げるなら、マザーライやハブトガイも取材してほしい。

 私は、ハリネズミ「ザラー」に興味があり、ウランバートルのペットショップで売られているのを見たこともある。ガンダン寺の参道にある土産物店でザラーの毛皮が売られている。モンゴルでは厄除けとしてゲルの入口に飾ったりするそうだわが家では、ガラス容器に入れ、本棚に飾っている。ザラーの毛皮を土産物として販売することについては議論があるかもしれない。それを一つ置いて、野生のザラーについて、もっと知りたい

植物も珍しいものある。マザーライが生息するゴビには、トーロイという木ある。トーロイもモンゴルの宝物ではないのかもちろん私が知らない宝物もあると思う。

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

 

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


モンゴル大草原800年 (福音館の単行本)
イチンノロブ・ガンバートル
福音館書店
2018-07-04


mongol tal

毎度、編集長のタケシです。
熊本の地震まだ続いているようなので、被災者の方も、そうではない方も引き続き注意してくださいね。一日も早く通常の生活に戻れるように願います。

来週末から10ヵ間ほど内モンゴルに行ってきます。今回の主な目的は、現地でモンゴル音楽と映像を配信しているメディア会社と弊社モンゴル商事がライセンス契約をすることです。

モンゴル音楽と映像を日本の放送局に売り込みます。これからテレビみてたらバッグにモンゴル音楽が流れる日がくると思います。私のモンゴル思いは誰にも負けないぞ!なお、モンゴル音楽配信に興味ある方、持ち込み企画大歓迎です。

余談ですが、今度モンゴル(UB)には8月と9月にいく予定です。
8月のモンゴル乗馬ツアー既に5人集まりました、あと2人くらい席を用意できるので興味ある方は連絡ください。以前の実績も載せてありますのでよかったらご参考に。

それでは、地震に負けず、今日も頑張って行きましょう。


 


▲モンゴルのウランバートルの渋滞の様子

毎度、編集長のタケシです。
モンゴル特集ではないが今夜22:55からNHKでモンゴルが放送されます。

司会
所ジョージ,久保田祐佳

放送日時
1月21午(木曜) 午後10時55分〜11時20分


日本で1万円で買える中古車、モンゴルではぼろもうけか?

実は、中古車ビジネスモンゴルで既に30年近い歴史があります。
今は車ビジネスよりも道を作る、車の修理、車の改造、美容をやった方が儲かります。
このネタを見て行動する人は成功するのに間違いない。新興国を注目しているならモンゴルはおすすめです。だけど、今は不動産に手を出さない方が賢いと思っています。とにかく、次の選挙までは大きなを行動をしない方が損はしないと言えるでしょう。

では、冬のモンゴルぜひみてください。



 

image

毎度、編集長のタケシです。
テレビ番組の宣伝です、私一切出演していません。
NHKさん早く呼んでくれないかなぁ。w


NHK BS1 グレートレース「大草原を疾走せよ〜モンゴル900km〜」
放送日時:1月17日(日)午後7時00分〜午後8時50分
番組ホームページ http://www4.nhk.or.jp/greatrace/


バイクで疾走する私。


馬で疾走する私。

今年もモンゴル乗馬ツアー開催します、ただ今隊員募集中!
http://mongol.blog.jp/tabi 

 

↑このページのトップヘ