モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:NGO

セーブ・ザ・チルドレンは、昨年に続くモンゴル特有の寒雪害「ゾド」により「モンゴルの遊牧民は、今後予想される家畜の大量死に備えながら、食料を購入するためにさらに借金をし、家畜を低価格で売り、食事を抜いている」と、警告します。
モンゴル大雪

夏の干ばつによる牧草の欠乏に始まり、冬の大雪とマイナス40度以下の極寒が続くモンゴル特有の寒雪害「ゾド」により、すでに4万頭以上の家畜が死んでいます。                                   

セーブ・ザ・チルドレンのモンゴル事務所代表豊田光明は、この状況に警鐘を鳴らします。
「気温がマイナス50度近くにまで下がり、極めて厳しい冬を迎えています。国土の四分の三以上が雪に覆われています。

こうした人道危機においては、貧しい人々が最も苦しい思いをするものですが、今モンゴルでは、昨年の「ゾド」で多くの家畜を失った家族が、厳しい状況に直面しています。昨年、家畜の半数以上を失った家族が、今回のゾドでさらに大量の家畜を失えば、もはや遊牧で生計を立てることはできなくなるでしょう。

「ゾド」の影響を受けたコミュニティへの支援を通じて、私たちは、遊牧民が食料を購入するためにさらに借金をしたり、親族から食料をもらったりしていることを把握しています。十分な食事をせずに何日も暮らしている人々がいる一方で、何とか収入を得るために、市場価格よりも安く家畜を売っている人もいます。

越冬用の飼料が底を尽き、家畜が体力を消耗している春先には、1日で数万頭の家畜が死ぬこともありますが、春を迎える前にすでに大量の家畜が死んでいます。これは憂慮すべき事態です。何千世帯もの遊牧民が、ギリギリの生活をしています」

昨年は、100万頭以上が死にましたが、2010年のゾドでは、800万頭もの家畜が犠牲になりました。

気候変動の影響と頻発するゾドのため、過去30年間で50万人を超える遊牧民が首都ウランバートルに移住しています。特に、わずかな家畜しか飼育していない最も脆弱な立場の遊牧民が、伝統的な遊牧生活をあきらめ、職とより良い暮らしを求めて都市に移住してきますが、都市で職を得るための技能などがないため、職に就けずに終わってしまいます。

セーブ・ザ・チルドレンは昨年に引き続き、ゾドで深刻な被害を受けた多くの地域で活動をおこない、緊急支援として、家畜を守るための干し草や栄養剤などを含む家畜パッケージの提供、家畜の世話のために学校を休みがちな遊牧民の子どもたちへの補習授業の実施、さらには防寒着や生活必需品購入のための現金支給などを行います。

<セーブ・ザ・チルドレン概要>
セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる、育つ、守られる、参加する、「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際NGOです。1919年に英国で設立され、現在、日本を含む29の国と地域の独立したメンバーが連携し、約120ヶ国で子ども支援活動を展開しています。
 

福島モンゴル
福島 モンゴル
毎度、編集長のタケシです。
モンゴルの孤児によるチャリティーコンサートが11月7日に会津若松市の會津風雅堂で開催されます。

開催日時
2016年11月7日(月曜日) 
15:00 〜 モンゴル物産展
18:30 〜 チャリティーコンサート

開催場所
会津若松市 会津風雅堂

入場料
一般2000円、高校生以下1000円

問い合わせ
詳しくは主催者の日本モンゴル友好ハッピー協会または、一般社団法人ベルナ・チャイルドサポートへご連絡ください。電話0242(32)0311へ。

街道をゆく 5 モンゴル紀行 (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞出版
2008-09-05

社会に貢献している優良会社&団体を紹介しています。
この会社や団体を取り上げてほしい等、ご要望がございましたら、ご連絡下さい。

hsp

ハートセービングプロジェクト(略称「HSP」)とは?

日本の医療ではすぐにできる手術でもモンゴルの厳しい経済状況下ではそれが難しい
こどもたちが大勢います。こうしたこどもたちを一人でも多く救いたいと、
日本とモンゴル国の医師団が協力しあいながら2001年からモンゴルで
医療支援活動を行っています。2008年までに合計9回実施しました。
今後も継続して活動をすすめるために2008年9月、正式にNPO法人となりました。


支援する方法

1.モンゴルでの医療活動に参加を希望の日本国の医師免許をもった医師
2.モンゴルでの日本語モンゴル語通訳(医療用語を中心とした上級通訳)
3.モンゴルでの医療活動に従事する日本の医師をサポートする現地スタッフ
     (日常的な部分をサポートする通訳を含む)
4.不定期に行われるチャリティーコンサート、チャリティーバザーなどで受付その他をしていただくスタッフ
5.HSPへのチャリティーを目的としたバザー、コンサートなどの企画・運営 スタッフ


これらに参加をご希望の方はHSP事務局までお気軽にお問い合わせください。



個人的にはこちらの団体をなんかの形で支援して行きいところです。
ちなみに日馬富士関及び朝赤龍関もハートセービングプロジェクト支援のために、
イベント出演、オークション出展などの形でボランティアに参加しているそうです。

※『ハートセービングプロジェクトの定義及び支援する方法』については
HSPのホームページから引用しております。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ


↑このページのトップヘ