モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:高校

ムンフバット
【写真】岩手山に見守られながら羊を世話するムンフバットさん

 岩手大学を卒業したモンゴル人のL・ムンフバットさんは、岩手県滝沢市の岩手山ろくで羊の多頭飼育に挑戦中だ。主にラム肉を生産し、モンゴル伝統のゆで肉料理「チャナスンマッハ」や肉と野菜の蒸し焼き料理「ホロホグ」を日本人に知ってもらおうと計画している。
 
 羊の飼育は、2018年4月、酪農をやめた滝沢市内の牧場を借り、岩手県岩泉町から8頭を導入して始めた。少しずつ飼育数を増やし、今年は60頭になったが、2月、3月は出産期なので、3月11日現在で子羊16頭が生まれ、計76頭だ。近く100頭に増える見込み。
 
 ムンフバットさんは34歳、モンゴル西部のザブハン県生まれ。父親はトラックの運転手をしており、13歳のときウランバートルに引っ越した。祖父母は遊牧民で、子どものころは、夏休みのときなど、馬に乗ったり、羊など家畜の世話を手伝ってきた。
 
 ムンフバットさんは、2009年春、岩手大人文社会科学部に入学し、安田財団の奨学金を得て卒業した。在学中からモンゴル文化を日本人に紹介する活動を続け、卒業直後の2013年5月、滝沢市(当時は滝沢村)の日帰り温泉施設の敷地内に、移動式住居ゲル5棟を設置して宿泊可能な「滝沢モンゴル村」を開業した。
 
 新事業は、株式会社モンゴル未来(資本金600万円)を設立するなど意欲的な展開だったが、温泉の井戸が壊れ、市が復旧を断念したことで、モンゴル村の事業も行き詰まった。ムンフバットさんは、モンゴルの羊毛製品やカシミア製品の輸入販売などを行い、起業精神を維持してきた。
 
 2019年、北海道士別市で1カ月間、羊飼育の研修を受けるなどして、本格的に羊牧場の計画が始まった。士別市は「サフォークランド士別」をキャッチフレーズに、肉質を重視したサフォーク種の羊飼養マニュアルを作るなど、市を挙げて力を入れている。
 
 ムンフバットさんの目標は、100頭規模の牧場を10カ所経営すること。羊は全部で1000頭規模になる。滝沢市は、岩手山ろくの気候風土に合わせて、牧場が発展した歴史があるものの、最近は廃業する農家が多いそうだ。周辺には、独立行政法人の家畜改良センター岩手牧場、岩手大学の農場、盛岡農高、小岩井農場などがあり、農業や牧畜を行う環境は整っている。しかし、最近は、どこも酪農が中心で、羊の飼育はパッとしない。

  ムンフバットさんは、滝沢市商工会の青年部に所属し、会員同士で地域おこしについて話し合っているという。そんな中、牧畜業を立て直し、羊を利用した観光と特産品づくりを進める案が浮上、岩手県立大が取り組む地域協働研究に応募するまでになった。課題名は「持続可能なめん羊牧場経営のための滝沢モデルの構築」だ。
 
 地域おこしの一方、モンゴル人としては、羊肉を使ったモンゴル料理の普及も狙いだ。モンゴル人は肉食民族なので、焼き肉ジンギスカンをふるまわれると喜ぶ。しかし、ジンギスカンは日本料理であり、モンゴル建国の英雄の名称が付けられていることに違和感を示す人もいる。私は、留学生から「おかしいと思いませんか」と不満をぶつけられたことがある。
 
 私は、モンゴル料理のチャナスンマッハやホロホグを何度も食べた。両方とも、ジンギスカンに負けないぐらいに、日本人の口に合うと思う。ムンフバットさんは「日本で出回っている羊肉は、ほとんど輸入品。日本産の羊肉を、もっと日本人に食べてもらいたい」と言う。
 
 ムンフバットさんの妻ミシェルさんは、新モンゴル高の後輩で岩手大工学部を卒業し、北海道の建設会社を経て、現在は岩手県庁で土木行政に携わっている。夫婦で日本永住権を取得した。昨年8月、盛岡市内にマイホームを新築した。長男は4月から小学校の1年生だ。5月には3人目の子が生まれる。
 
 羊牧場は、間もなく出産期が終わり、5月は毛刈りが始まる。その後は牧草の刈り取りだ。ムンフバットさんは、これから公私ともに忙しい日々が続く。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

世界の食文化 (3) モンゴル
小長谷 有紀
農山漁村文化協会
2005-06-01


3月11日夜
【写真 2011年3月11日夜、停電のためロウソクの明かりの下で夕食をとるモンゴル人受験生ら。余震が続き、不安は消えなかった。この後、近くの西多賀小学校の避難所へ行く


 2011年3月の東日本大震災から10年がたった。わが家の隣に空き家となった両親宅があり、当時はモンゴル人20人が合宿していた。日本の大学を受験するため来日した新モンゴル高校の卒業生、指導役の先輩留学生、付き添いの教員らだ。受験生たちは、4月からの新生活に備えるため、3月1日から約3週間の日程で、毎年、仙台で合宿していた。

 大地震のとき、受験生たちは、仙台市の八木山動物公園にいた。東北大を見学し、動物公園を見て、近くの谷口和也・東北大准教授宅で夕食をごちそうになる予定だった。想定外の事態でパーティーは中止となり、受験生らは、谷口先生の妻あゆみさん手作りの料理を持って、仙台・西多賀の合宿所に戻った。

 合宿所は、電気とガスは止まったが、水道は使えた。合宿所の暖房は、古い反射式の石油ストーブ1台のみ。みんな毛布や布団にくるまり、ローソクの明かりの下、夕食となった。余震が続き、不安だった。しかし、谷口さん手作りのひき肉ジャガイモ入りパン、チーズケーキ、チョコレートケーキなどのごちそうを食べ、一息ついた。

 夕食後、20人は、近くの西多賀小学校の体育館に設けられた避難所に行った。その夜、ウランバートルのガルバドラッハ新モンゴル高校長から電話があった。モンゴルでは、津波が、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)海岸に押し寄せる自衛隊撮影の生々しい映像が衛星放送とケーブルテレビを通じて各家庭に流れ、大きなニュースになっていた。

 ガルバドラッハ校長は「そちらは、テレビが見れますか。私は、NHKをずっと見てます。もし津波が迫っているのがわかったら、知らせるから、すぐに逃げてください」と言った。私は一瞬、ん何?と思ったけれど、「おう、それはありがたい」と返事した。

 午前零時すぎ、東京のモンゴル大使館から電話があった。モンゴル人たちは近くの小学校に避難していて無事だと伝える。全員の名前を知りたいというので、折り返し調べて返事すると伝えた。その後、こちらから電話したが、つながらない。午前4時ごろだったか、やっと20人全員の名前を伝えることができた。

 3月12日午前6時、私は西多賀小学校に行った。受験生らは、炊き出しのワカメ入りご飯を食べ、水洗トイレに使う水をプールから運ぶ手伝いをした後、合宿所に戻った。

 受験生らは、3月12日夜も西多賀小学校の避難所で夜を明かした。合宿所と避難所の往復のとき、彼らは布団、毛布、懐中電灯、石油ストーブ、ラジオなどを手分けして持ち、パッ、パッと運んでしまう。手際の良さは遊牧民の伝統を思わせた。

 3月13日午後、20人は山形県村山市に移動した。村山市国際クラブの皆さんとの2泊3日の交流会が予定されていた。しかし、翌日、受験生らは、JR山形駅前からバスで新潟経由で成田空港へ向かった。モンゴル政府は、自国民を帰国させるためのバス、飛行機を手配しており、仙台と山形の場合は、山形駅前に集合するように言われた。

3月12日朝
【写真◆2011年3月12日朝、避難所から合宿所に戻り、津波の惨状を伝える河北新報を見て沈黙が続く。紙面ではマグニチュード(M)8・8となっているが、その後、気象庁は「M9」と訂正した

 
 3月12日朝の写真に写っている左端の男性は、新モンゴル日馬富士学校で地理を教えるバトドルジさんだ。彼は当時、新モンゴル高校の教員で、大阪教育大に1年半の予定で研修留学中だった。たまたま教え子たちの様子を見に仙台に来て、大震災に遭遇した。

 左から2人目のエンフバートルさんは、3月7日に弘前大合格を決めたばかりだった。彼は弘前大を卒業後、モンゴル外務省の職員になった。

 バトドルジさんは、教え子たちと一緒に山形からバスで成田空港に移動し、帰国する彼らを見送った後、大阪に戻った。「東日本大震災は、私にとっても生まれて初めての忘れられない経験でした。授業ではよく生徒たちに話します」と彼は言う。

 以上は、私が見たり聞いたりしたことのごく一部です。東日本大震災のとき、日本にいたモンゴル人や支援する日本人がどう行動したかについて、詳しくは、拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」の第3章「閖上の海」を見ていただきたい。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道
橋本 委久子
藤原書店
2018-09-25


IMG_0618

【写真 曠乾咼▲襯織じバヤントーロイのトーロイの木


 IMG_0619

【写真◆曠泪供璽薀い肇函璽蹈い寮攫

 

IMG_0620

【写真】シャルフス山ろくは保護区内で最も植物に勢いがある。トーロイの木も多い

 

 モンゴル人の多くは、ゴビ砂漠のクマ「マザーライを知っている。しかし、トーロイの木を知っている人は少ない。マザーライはトーロイの木がある所にいる。両者は密接な関係にある。マザーライに関心を持つならば、トーロイの木にも注目してほしいと私は思う。

 トーロイ(学名populus diversifolia)は、マザーライ(学名ursus arctos gobiensis)とともにモンゴルの切手になっている。マザーライが生息する大ゴビ特別自然保護区の管理事務所はゴビアルタイ県のバヤントーロイにある。町の名前は「豊富なトーロイ」という意味だ。実際、トーロイの大木がある。

バヤントーロイは、「エイジハイルハン(お母さん山)」という山の近くにある。モンゴル人の多くは、このエイジハイルハンを知っている。それならば、なおのこと、バヤントーロイの地名の由来となるトーロイについても関心を持ってほしい。

 トーロイの学名でネット検索すると、日本語では「コトカケヤナギ」、漢字では胡楊書く植物のようだ。ただしコトカケヤナギの学名はpopuluseuphraticaとなっている。

 コトカケヤナギまたは胡楊の説明文を読むと「シルクロードを代表する樹木」とある。中国から中央アジアにかけて見られることが書いてある。しかし、モンゴルのことは、ほとんど出てこない。日本の学者は、モンゴルのトーロイの木を知らないのではないかと思ってしまう。それとも、トーロイの木は、コトカケヤナギや胡楊とは別物なのか。

 ウランバートルの自然史博物館には、マザーライのはく製が展示してある。世界でここしかないはく製だ。はく製のそばに、灌木ザグと薬草バチューンの模型も展示している。しかし、トーロイの木がない。高さ十数メートルにもなる樹木なので模型の展示は無理かもしれない。それならば、せめて写真ぐらいは飾ってほしい。

 私は、2011年と2012年の2回、自然史博物館に行き、トーロイのことを調べようと思ったが、資料がなくてがっかりした思い出がある。今はどうなっているか

 トーロイの木はとても珍しいと思う。マザーライ調査のため、ウランバートルを車で出発し、バヤントーロイの町まで2日がかりだった道中、樹木らしい樹木は目にしなかった。ウブルハンガイの県都アルバイヘールに立ち寄ったら、市内に街路樹はあったが、接続する国道わきに木はなかった。

 それだけに、バヤントーロイに着いてトーロイの大木を見たのは、ちょっとした驚きだった。バヤントーロイを出発し、車で特別自然保護区を廻、トーロイの木に出会ったのは感動ものだった一見何もない砂漠の中を走り、岩山を周ると突然、大木が現れたりした。うわあ、なんで、こんなところにるんだろう。そう思った。

バロントーロイ、シャルフス、ツァガーンボルスなどの水場にトーロイの木があった。堂々とした大木に見えた。いずれもマザーライが出没する場所ということで、管理事務所が給餌場を設けていた。マザーライとトーロイは、ワンセットでとらえる必要があると思う。

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。




IMG_9844

【写真説明】新モンゴル高専の機械工学研究室でロボットの実験について説明する鈴木新一さん=新モンゴル高専提供

 

 

 モンゴルには日本式の高専(工業高等専門学校)が3校ある。私立のモンゴル高専と新モンゴル高専、そして国立科学技術大の付属高専だ。いずれも2014年に開校した。今年、初めての卒業生を送り出す。

 モンゴルの高専は、日本の高専を卒業したモンゴル人が創設を呼び掛けてできた。日本の高専関係者が「モンゴルに日本式高専を創る支援の会」を組織して協力した。当時の教育相ガントゥムルさんは仙台電波高専(現在の仙台高専)と長岡技科大を卒業しており、日本の教育制度に理解があって計画が進んだ経緯がある。

 新モンゴル高専のボヤンジャルガル校長は、佐世保高専、千葉大工学部と大学院を卒業し東芝の府中事業所に勤務していたとき、新モンゴル学園のガルバドラッハ理事長にスカウトされた。モンゴル高専をつくったガンバヤルさん(故人)も東京高専を卒業している。

 新モンゴル高専に、昨年5月、豊橋技科大の機械工学科教授を定年退職した鈴木新一さんが赴任した。鈴木さんは新モンゴル工科大教授と兼任で学生の教育に当たっている。

ウランバートルで今年8月、アジア太平洋ロボットコンテスト(ロボコン)が開かれる。鈴木さんは、特にこのロボコンに向けた指導者として、ガルバドラッハ理事長に招かれた。

 ロボコンの今年のテーマは「四つ足で歩くロボット」だという。鈴木さんに、ロボコンへの抱負を聞いたら、「ものすごいプレッシャーです」と苦笑した。モンゴルはモノづくりの伝統がない。ロボコンは、設計はもちろん、部品を探し組み合わせる総合力が試される。ほとんどゼロからの出発だ。時間がない。ベトナムなど新興国の追い上げもある。入賞を目指すには、大きなプレッシャーに違いない。

 新モンゴル高専には、鈴木さんのほかに、もう一人、土木建築工学の日本人教員、綿貫久さんがいる。近く、さらに日本人一人が化学工学科に増員予定という。

 一方、モンゴル高専には、電気電子工学の西山明彦さんら日本人教員が6人いる。このうち2人は日本語の教員だ。日本語教員は近く4人に増やす予定だとう。日本語教育に力を入れているのは、卒業研究と並行して日本の高専や大学に入学する準備をさせるためだという。もちろん、日本企業への就職も視野に入れている。

 モンゴル高専の技術移転センター長を務めるガンオドさんは新モンゴル高宇都宮大工学部を卒業した。ガンオドさんによると、モンゴル高専は「モノづくり重視」を掲げている。技術移転センターは、その中核であり、溶接、旋盤、プレス加工などの基礎技術をたたき込む。また野菜の水耕栽培や家畜の排せつ物からメタンガスをつくって利用する技術開発も行っている。

 国立科技大の付属高専で化学を教えるエルデネボロルさんは、新モンゴル高千葉大工学部・大学院を卒業している彼女は、化学の授業は日本語で行っている。付属高専には日本留学準備教育プログラムがあり、その一環だという同校では、日本留学を目指す学生、モンゴルの自然や風俗を日本語の壁新聞に仕立て発表したりもしている

 今年はモンゴルの高専初めての卒業生を送り出すことから、提携・交流先の仙台高専など日本の幾つかの高専は、日本企業にモンゴルの高専卒業生の採用・受け入れを働きかけている


▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。



↑このページのトップヘ