モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:高専

ムンフバット
【写真】岩手山に見守られながら羊を世話するムンフバットさん

 岩手大学を卒業したモンゴル人のL・ムンフバットさんは、岩手県滝沢市の岩手山ろくで羊の多頭飼育に挑戦中だ。主にラム肉を生産し、モンゴル伝統のゆで肉料理「チャナスンマッハ」や肉と野菜の蒸し焼き料理「ホロホグ」を日本人に知ってもらおうと計画している。
 
 羊の飼育は、2018年4月、酪農をやめた滝沢市内の牧場を借り、岩手県岩泉町から8頭を導入して始めた。少しずつ飼育数を増やし、今年は60頭になったが、2月、3月は出産期なので、3月11日現在で子羊16頭が生まれ、計76頭だ。近く100頭に増える見込み。
 
 ムンフバットさんは34歳、モンゴル西部のザブハン県生まれ。父親はトラックの運転手をしており、13歳のときウランバートルに引っ越した。祖父母は遊牧民で、子どものころは、夏休みのときなど、馬に乗ったり、羊など家畜の世話を手伝ってきた。
 
 ムンフバットさんは、2009年春、岩手大人文社会科学部に入学し、安田財団の奨学金を得て卒業した。在学中からモンゴル文化を日本人に紹介する活動を続け、卒業直後の2013年5月、滝沢市(当時は滝沢村)の日帰り温泉施設の敷地内に、移動式住居ゲル5棟を設置して宿泊可能な「滝沢モンゴル村」を開業した。
 
 新事業は、株式会社モンゴル未来(資本金600万円)を設立するなど意欲的な展開だったが、温泉の井戸が壊れ、市が復旧を断念したことで、モンゴル村の事業も行き詰まった。ムンフバットさんは、モンゴルの羊毛製品やカシミア製品の輸入販売などを行い、起業精神を維持してきた。
 
 2019年、北海道士別市で1カ月間、羊飼育の研修を受けるなどして、本格的に羊牧場の計画が始まった。士別市は「サフォークランド士別」をキャッチフレーズに、肉質を重視したサフォーク種の羊飼養マニュアルを作るなど、市を挙げて力を入れている。
 
 ムンフバットさんの目標は、100頭規模の牧場を10カ所経営すること。羊は全部で1000頭規模になる。滝沢市は、岩手山ろくの気候風土に合わせて、牧場が発展した歴史があるものの、最近は廃業する農家が多いそうだ。周辺には、独立行政法人の家畜改良センター岩手牧場、岩手大学の農場、盛岡農高、小岩井農場などがあり、農業や牧畜を行う環境は整っている。しかし、最近は、どこも酪農が中心で、羊の飼育はパッとしない。

  ムンフバットさんは、滝沢市商工会の青年部に所属し、会員同士で地域おこしについて話し合っているという。そんな中、牧畜業を立て直し、羊を利用した観光と特産品づくりを進める案が浮上、岩手県立大が取り組む地域協働研究に応募するまでになった。課題名は「持続可能なめん羊牧場経営のための滝沢モデルの構築」だ。
 
 地域おこしの一方、モンゴル人としては、羊肉を使ったモンゴル料理の普及も狙いだ。モンゴル人は肉食民族なので、焼き肉ジンギスカンをふるまわれると喜ぶ。しかし、ジンギスカンは日本料理であり、モンゴル建国の英雄の名称が付けられていることに違和感を示す人もいる。私は、留学生から「おかしいと思いませんか」と不満をぶつけられたことがある。
 
 私は、モンゴル料理のチャナスンマッハやホロホグを何度も食べた。両方とも、ジンギスカンに負けないぐらいに、日本人の口に合うと思う。ムンフバットさんは「日本で出回っている羊肉は、ほとんど輸入品。日本産の羊肉を、もっと日本人に食べてもらいたい」と言う。
 
 ムンフバットさんの妻ミシェルさんは、新モンゴル高の後輩で岩手大工学部を卒業し、北海道の建設会社を経て、現在は岩手県庁で土木行政に携わっている。夫婦で日本永住権を取得した。昨年8月、盛岡市内にマイホームを新築した。長男は4月から小学校の1年生だ。5月には3人目の子が生まれる。
 
 羊牧場は、間もなく出産期が終わり、5月は毛刈りが始まる。その後は牧草の刈り取りだ。ムンフバットさんは、これから公私ともに忙しい日々が続く。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

世界の食文化 (3) モンゴル
小長谷 有紀
農山漁村文化協会
2005-06-01


電気回路
【写真 枩昌殻隻Г気(左から2人目)が見守る中、自分で作った電気回路の実験=2019年10月2日、モンゴル高専

溶接
【写真◆曠ス溶接の実習。モンゴル高専には、学生17人が同時に実習できる設備がそろっている

 「ものづくり重視の教育を行っています」。モンゴル高専で技術移転センター長を務めるガンオドさんは、力強く語り説明した。
 モンゴルには、日本の高専(工業高等専門学校)にならった学校が3校ある。私立のモンゴル高専と新モンゴル高専、国立科学技術大学の付属高専の3校。いずれも2014年9月に開校し、今年、初めての卒業生を送り出した。日本の高専を卒業したモンゴル人が、日本と同じ学校をつくりたいと奔走し、日本の高専関係者も支援して誕生した経緯がある。
 モンゴル高専は、もともと建設関係の専門学校だったが、モンゴル技術工科大となり、さらに高専を併設した。高専は、建設、機械、電気電子、生物の4工学科があり、学生数は270人。教職員は60人。このうち日本人の常勤教員は4人。ほかに日本人の短期間の講師は多数に及ぶ。
 モンゴル高専の設備は、日本から移設したものが多いそうだ。東京都立高専で使われた製図用具や旋盤、閉鎖された三井化学鹿島工場から譲られたガス・水質分析機器、三菱電機名古屋工場のインバータなど。モンゴルでは、山形市などの学校で使われた中古の机や椅子が多数、再利用されているが、ものづくりのための道具もいっぱい活躍している。
 ガンオドさんは、日本式の高校「新モンゴル高」(現在は小中高)と宇都宮大工学部の建築学科を卒業している。彼が担当する技術移転センターには、旋盤12台、溶接機17セット、フライス盤などがそろっており、ちょっとした町工場のよう。
 「日本には、専門技術を持った中小企業がいっぱいあり、技術大国を支えている。モンゴルも日本を見習って、何でも自分で造れる職人を育て、中小企業を育成しなければならない」とガンオドさんは言う。
 実際に取り組んでいる事例として、ガンオドさんは、気球の実験を挙げた。3万メートルの成層圏に気球を上げ、ちりを集めて微生物を探しているという。モンゴルは海がなく、森林も少ないので、日本と違ってサンプルを集めやすい。
 ウランバートルは、冬の大気汚染が深刻な社会問題になっている。気球の実験は、その現状把握にも役立つ。気球で汚染データを集めるのだが、リアルタイムで調べるには、情報をやり取りする空中の中継通信基地が必要なのだという。そこで、情報を中継するためのドローンを自前で製作しているそうだ。
 生物工学科では農業の研究も行っている。黒ニンニクをモンゴルの気候風土の中で効率良く栽培する方法、トマトやレタスの水耕栽培、家畜の排せつ物からメタンガスを取り出し利用する方法などなど。
 モンゴルは学歴社会である。私は、留学生と話す機会が多いが、大体は「大学院に進学したい」と言う。しかし、ガンオドさんは「頭で考えるだけでなく、実際に、ものづくりをしないと駄目だと思う。ものづくりを通して、チャレンジ精神や達成感を醸成したい」と言う。
 モンゴル高専では、入学試験にも、「ものづくり」があるそうだ。ゴムひも、紙、粘土、わりばしなどを用意し、受験生に何かを作らせる。「いろいろな作品が出てきます。面白いですよ」とガンオドさんは言う。
 日本人教員の話も聞いた。西山明彦さん、78歳は、2013年秋、モンゴル高専が正式に開校する1年前、試行的に開校したときから電気工学を教えている。「モンゴルの若者を見ていると、日本の昭和30年代の若者と似ているように感じる。ものごとに敏感で、何でも関心を持ち、努力している」と西山さん。
 モンゴル高専は、「ディレクトフォース」の遠隔授業も取り入れている。日本の経済成長を支えた企業戦士のOBたちが、ボランティアで、長年培った所見を、光ファイバーの高速ネットワークを使って行う授業だ。西山さんは「実際に、ものづくりを行った技術者が、実験をしながら進めるところがすばらしい」と説明する。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

チンギス・ハンとモンゴル帝国の歩み (フェニックスシリーズ)
ジャック・ウェザーフォード
パンローリング 株式会社
2019-10-12


↑このページのトップヘ