モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:食事

IMG_0054

【写真説明】山奥のぽつんと一軒家のようなゲル。清浄、静寂

 

 

 冬のテレルジはいい。昼の気温はマイナス18度ぐらいか。顔が痛くなるほど寒い。しかし、空気は澄んで、すがすがしい。日差しる。空が青い。観光客はほとんどいない。汚れのない静寂さがある。

 UB2ホテル、テレルジホテルを過ぎ、奥の方に車を進めると、広葉樹林の中、ぽつんと一軒家のようなゲルがあった。煙突から煙が出ている。

 これは絵になる。そう思った私は、車を降り、写真を撮った。すると、ゲルの中から男性が出てきて、何か叫んでいる。「こら、何してる。写真撮るなら、金払え」とでも言っているのかと思い、一瞬、緊張した。

 しかし、違っていた。ガイドのツェルムーンによると「中に入れって言ってますよ」という。あら、まあ。では、お言葉に甘えてみますか。

 ゲルの中に入ると、ヤギの解体中だった。といっても、内臓や毛皮は既に冬の前に取り除かれ、自然冷凍した枝肉を小屋から出してきて、切り分けているところだった。生臭い感じはない。

 「ちょうど一服したいと思っていた。温まっていってください」。そう主は言うと、お茶(ミルクなし)とボールツォグ(揚げ菓子)を出してくれた。しばし歓談。

 主の男性は、ゴビアルタイ出身の元軍人だった。「ウランバートルは住みたくないね」と言う。それで、テレルジの奥にゲルを建て、家畜を世話しながら暮らしているということだった。

 30分ほど話した。時計を見ると、間もなく12時これ以上いたら、仕事の邪魔になる帰ることにした。ゲル出るとき、主は「サヨウナラ」と言った(ように聞こえた)。

 車に向かって歩きながらサヨウナラだって。あの人、日本語わかるんだね」とつぶやいたら、ツェルムーンは「違いますよ。サインヤワーライです。道中、気をつけてという意味です」と言う。ははは。なんだサインヤワーライか。一つモンゴル語を覚えた。

 後日、日本に帰るため空港に行ったら、モンゴル国立大のバトフー教授に会った。教授は東北大で博士号を取得した薬草の研究者。旧知なので、出発前、待合室で世間話。私は奥テレルジの出来事話した

 教授は「それは、いい体験でしたね。ところで、そのヤギ肉食べました」と言う。「いえ、長居しては悪いと思ったので…。お昼ご飯はUB2ホテルで食べました」と私。

 「それは、もったいないことをした。お昼の時間だったんでしょ。そのまま粘っていれば、ヤギ肉のスープぐらいは、出してくれたと思いますよ」と教授。

 なるほど。私は遠慮しすぎか。いや、お昼どきに居座り続けるなんて、思ってもみなかった。

バトフー教授はオブス県の出身。日ごろ「ウランバートルはモンゴルではありません」と言っている。モンゴルを知るには、田舎に行かないと駄目だという意味だ。それは、わかる。でも、なあ。「お茶をもう一杯」ぐらいは言えても、「スープを食べたい」なんて、言えないなあ。


▽森修 もり・しゅう 


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

41619229_1519873511447734_7215602910489477120_n

【日常のモンゴルにみる変化 

盛夏8月、ひさびさのモンゴル・ウランバートル。

着いてからの2日間は、観光名所を巡るでもなく、イベントを楽しむでもなく、街中をぶらついていた。

あらためて近々とながめると、ウランバートルはどんどん変化している。


おどろくことに、ベジタリアンやビーガン向けのメニューを用意したレストランが増えつつある。

これは、外国人向けだろう。


しかし、街中のレストランで食べる生野菜サラダも、特に葉物が新鮮で美味しくなってきている。

ゴテゴテとマヨネーズでかき回したりしなくても、すっごく美味しいのだ。

これらは、一定量の野菜を新鮮なうちに消費できる需要がウランバートルにあり、そのための供給ルートが保たれていることの証だ。


ちなみに、モンゴルのキュウリはうまくフォークを刺さないと、はるか遠くまでぶっ飛んでいってしまう。

日本のものより、香りがうすく皮が硬く、太くたくましくて水気が少ないけれども、そのままが美味い。

日本、モンゴル、どちらのキュウリもそれぞれ良さがあり、わたしはともに大好きだ。


ナライハに縁者を訪ねた時にも、わたしが言いだすまでもなく、生のキュウリとトマトのサラダを振る舞ってもらった。

訊けば、やはり食生活の変化を実感しているという。


モンゴル人が生野菜を気軽に食べられる、いや食べたいと思うようになってきた。

こりゃ、びっくりすることだ。

モンゴル旅行体験談

モンゴル ゲストハウス

【静かなひと時】

夏のモンゴルは高緯度というのと大陸の奥深くにあって、夜の10時ごろまで明るい。

いま、現地は8時半を回ろうとしているが、街には昼の残光が立ちこめている。

わたしの滞在しているゴールデンゴビ(金の沙漠の意)というゲストハウスは、いわゆる団地の一角に位置していて、ひろくとった中庭に公園がある。

今日は土曜日だから、団地の子たちなのだろう、日がな歓声をあげながら遊びまわっている。

いまもそんな歓声が聞こえるが、不思議なことに、子供たちの言葉が日本語に聞こえる。

38403353_1468148556620230_2878560680338784256_n

わたしは窓外にそれらを聞きながら、1日の整理をし、夕食を食べる。

今日は中央デパートでみつけた、プラムとチーズ。

もともと1日1食か、軽い昼食をいれて2食なので、これくらいでちょうどいい。

そういえば、狩猟民族にはじまる肉食を主としているひとびとは、肉と果物をよく組みあわせて食べる。

いまでこそ馴染んだけれど、鴨のイチジクソースなんて、かつては聞いただけで驚きだった。

けれどもすこし薄暗い自然光のなかで、静かに食べていると、なんだか中世のひとにでもなったような気がして、気持ちが落ちついてくる。

モンゴル旅行体験談


IMG_3780

毎度、編集長のタケシです。


内モンゴルのフフホトに来て19日目です。

今日は私のココでの生活様子を伝えたいと思います。


IMG_3781


フフホトでの滞在は2-3ヵ月の予定なので、ホテル暮らしするか、短期でアパート借りるか悩んでましたが、最終的にはこちらの“单身公寓”という独身者向けのマンションにしました。洗濯機、冷蔵庫、シャワー付きで家賃月1400元(25000円)、割安です。


IMG_3782


独身者向けと言っても、ほとんど部屋は夫婦やカップル、学生同士が住んでいる感じです。ホテル暮らしも検討しましたが月4000元(69000円)で、割高です。シェアハウスも検討しましたが、日本と違って共同トイレだからクソ汚い。即拒否しました。


内モンゴルでに来て特に困るのはやはり食事です。おまえは日本人かと突っ込まれるかもしれないが、本当です。餃子や揚げ物に注意しないといけないです。なんの肉を使っているか分からないです。


わたしの場合、自分で食事一切しないです。毎日友人の家や、友人がやっているモンゴル レストランで食べてます。漢人の店は行かないようにしてます。


ココでの滞在期間、空いている時間に英会話スクールに通う予定です。昨日見学しに行ったところは、マンツーマンで外国人教師は1時あたり400元(7000円)になるそうです。日本より高い気がします。


今日はここまでにします。

次回は、中国滞在、内モンゴル滞在するには最低限の必要なスマホ アプリを紹介したいと思います。その他にも質問などありましたらコメントを残してください。



ブログネタ
お肉お魚メイン料理 に参加中!
2015-07-11-19-10-39

毎度、編集長のタケシです。
先日のモンゴル料理オルドスに続けて、今度は福岡のモンゴル料理店のお知らせです。

ンゴル料理屋が増えるのは嬉しい。まだ水面下の話ではありますが、実はモンゴル村を作る案をすすめています。場所はもちろん東京からアクセスがいいところです。詳細は今後ある程度話が固まれば紹介したいと思っています。

モンゴルしゃぶしゃぶアンナ
福岡市南区高宮2-1-28グランピア高宮1F
TEL092-521-8558
営業時間17時023時
定休日月曜日

モンゴルしゃぶしゃぶアンナ 
http://r.gnavi.co.jp/j6cbptcs0000/

モンゴルのごはん (絵本 世界の食事)
銀城 康子
農山漁村文化協会
2009-02



↑このページのトップヘ