3月11日夜
【写真 2011年3月11日夜、停電のためロウソクの明かりの下で夕食をとるモンゴル人受験生ら。余震が続き、不安は消えなかった。この後、近くの西多賀小学校の避難所へ行く


 2011年3月の東日本大震災から10年がたった。わが家の隣に空き家となった両親宅があり、当時はモンゴル人20人が合宿していた。日本の大学を受験するため来日した新モンゴル高校の卒業生、指導役の先輩留学生、付き添いの教員らだ。受験生たちは、4月からの新生活に備えるため、3月1日から約3週間の日程で、毎年、仙台で合宿していた。

 大地震のとき、受験生たちは、仙台市の八木山動物公園にいた。東北大を見学し、動物公園を見て、近くの谷口和也・東北大准教授宅で夕食をごちそうになる予定だった。想定外の事態でパーティーは中止となり、受験生らは、谷口先生の妻あゆみさん手作りの料理を持って、仙台・西多賀の合宿所に戻った。

 合宿所は、電気とガスは止まったが、水道は使えた。合宿所の暖房は、古い反射式の石油ストーブ1台のみ。みんな毛布や布団にくるまり、ローソクの明かりの下、夕食となった。余震が続き、不安だった。しかし、谷口さん手作りのひき肉ジャガイモ入りパン、チーズケーキ、チョコレートケーキなどのごちそうを食べ、一息ついた。

 夕食後、20人は、近くの西多賀小学校の体育館に設けられた避難所に行った。その夜、ウランバートルのガルバドラッハ新モンゴル高校長から電話があった。モンゴルでは、津波が、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)海岸に押し寄せる自衛隊撮影の生々しい映像が衛星放送とケーブルテレビを通じて各家庭に流れ、大きなニュースになっていた。

 ガルバドラッハ校長は「そちらは、テレビが見れますか。私は、NHKをずっと見てます。もし津波が迫っているのがわかったら、知らせるから、すぐに逃げてください」と言った。私は一瞬、ん何?と思ったけれど、「おう、それはありがたい」と返事した。

 午前零時すぎ、東京のモンゴル大使館から電話があった。モンゴル人たちは近くの小学校に避難していて無事だと伝える。全員の名前を知りたいというので、折り返し調べて返事すると伝えた。その後、こちらから電話したが、つながらない。午前4時ごろだったか、やっと20人全員の名前を伝えることができた。

 3月12日午前6時、私は西多賀小学校に行った。受験生らは、炊き出しのワカメ入りご飯を食べ、水洗トイレに使う水をプールから運ぶ手伝いをした後、合宿所に戻った。

 受験生らは、3月12日夜も西多賀小学校の避難所で夜を明かした。合宿所と避難所の往復のとき、彼らは布団、毛布、懐中電灯、石油ストーブ、ラジオなどを手分けして持ち、パッ、パッと運んでしまう。手際の良さは遊牧民の伝統を思わせた。

 3月13日午後、20人は山形県村山市に移動した。村山市国際クラブの皆さんとの2泊3日の交流会が予定されていた。しかし、翌日、受験生らは、JR山形駅前からバスで新潟経由で成田空港へ向かった。モンゴル政府は、自国民を帰国させるためのバス、飛行機を手配しており、仙台と山形の場合は、山形駅前に集合するように言われた。

3月12日朝
【写真◆2011年3月12日朝、避難所から合宿所に戻り、津波の惨状を伝える河北新報を見て沈黙が続く。紙面ではマグニチュード(M)8・8となっているが、その後、気象庁は「M9」と訂正した

 
 3月12日朝の写真に写っている左端の男性は、新モンゴル日馬富士学校で地理を教えるバトドルジさんだ。彼は当時、新モンゴル高校の教員で、大阪教育大に1年半の予定で研修留学中だった。たまたま教え子たちの様子を見に仙台に来て、大震災に遭遇した。

 左から2人目のエンフバートルさんは、3月7日に弘前大合格を決めたばかりだった。彼は弘前大を卒業後、モンゴル外務省の職員になった。

 バトドルジさんは、教え子たちと一緒に山形からバスで成田空港に移動し、帰国する彼らを見送った後、大阪に戻った。「東日本大震災は、私にとっても生まれて初めての忘れられない経験でした。授業ではよく生徒たちに話します」と彼は言う。

 以上は、私が見たり聞いたりしたことのごく一部です。東日本大震災のとき、日本にいたモンゴル人や支援する日本人がどう行動したかについて、詳しくは、拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」の第3章「閖上の海」を見ていただきたい。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道
橋本 委久子
藤原書店
2018-09-25