モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:銀行

2019/2/25

クラウドクレジット株式会社

消費者や零細企業向け融資によりモンゴルの経済成長に貢献する
「モンゴル金融事業者支援ファンド」シリーズを2月25日より販売開始
多くのモンゴル国民に金融サービスを提供し金融アクセスの向上を実現

 クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」とします】は、2月25日より「モンゴル金融事業者支援ファンド」シリーズの販売を開始いたします。本ファンドは「モンゴル中小企業支援プロジェクト」に続く、日本初のモンゴルにおけるクラウドファンディング事業展開の第2弾となります。

クラウドクレジット株式会社

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902253490-O1-Hl13O2Zx 】
AA社スタッフの集合写真

成長ポテンシャルの高さが注目される国「モンゴル」
 モンゴルは、民主化運動が起こったおよそ四半世紀前の 1990 年から経済の開放政策が取られるようになりました。2000 年代に入り、石炭や銅、ウラン、金といった豊富な地下資源の開発が大規模に行われて以降、順調に経済が成長しています。2018 年 10 月 4 日に発表された世界銀行の報告書によると個人消費の堅調な増加と今後の経済成長のポテンシャルを見越した民間投資が好調なことから、2019 年には成長率が 6.6%とさらに加速すると予測されています。国民の生活水準も近年は向上し、預金・貸付といった基本的な金融サービスの需要も拡大しております。

革新的な手法や新技術を通じてモンゴルの金融アクセスの向上を実現
 本ファンドシリーズは、革新的な手法や技術を通じてモンゴルの金融包摂(すべての人々が、経済活動のチャンスを捉えるため、また経済的に不安定な状況を軽減するために必要とされる金融サービスにアクセスでき、またそれを利用できる状況)を実現することをミッションとしている AA 社向けの貸付として活用されます。AA 社は、2011 年に設立され、零細企業・中小企業ローン、消費者ローン、クレジットカード等の金融サービスを展開しています。2019 年にはスマートフォンアプリケーションの導入を目指しており、消費者貸付の審査を自動化することで即時にサービスを提供できる仕組みを整えるほか、都市部から離れた消費者にもサービス利用を促す計画です。AA 社は、利用者からの信頼も厚く、顧客基盤および貸付残高を積み上げているほか、黒字化を早々に実現するなど順調に事業拡大を進めており、2019 年 2 月にはモンゴル証券取引所に上場を果たしました。当社からの AA 社向けの貸付により、さらなるサービス拡充およびモンゴル国民の金融アクセス向上を加速させてまいります。

モンゴルにおける信用市場の創造に貢献
 AA 社の金融サービスにアクセスすることで、様々な恩恵をモンゴル国民は受けることができるようになります。例えば、メーカーは融資によって得られた設備投資などにより、生産、販売経路等の拡大により事業拡大を実現することができます。スタートアップ企業も彼らが持つアイデアや技術を生かせる機会を増やすことができるでしょう。本ファンドは、日本の個人投資家のみなさまの資産形成の一助となるだけでなく、モンゴル国民の生活向上や経済発展を促し、モンゴルの信用市場の創造に貢献いたします。


商品概要等詳細は添付のPDFをご確認ください

モンゴルの仮想通貨取引所のAIS-X(運営:National Investment Exchange LLC)は、2019年3月に取引所の運営を開始することを発表しました。

AIS-Xはファウンダーの滝川と近藤が、将来の仮想通貨・ブロックチェーン活用の広がりと、モンゴルの経済成長に目を向け、モンゴルでの豊富な人脈を生かしスタートしました。

AIS-Xは仮想通貨取引のサービスだけでなく、顧客の利便性を追求し、総合金融サービスを実現するために現地の金融機関と業務提携した取引所です。AIS-Xと提携した金融機関は以下の3社となります。
モンゴルの仮想通貨取引所 AIS-X
AISプロジェクトと業務提携事業体の相関図

1社目はNational Investment Bank of Mongolia(以下、NI BANKと表記)です。NI BANKは、2014年Mongolian Bankers Associationから「Fastest growing customer service in Mongolia」を、2015年にはGlobal Banking and Financial Reviewから「Fastest growing corporate bank in Mongolia」を受賞しています。NI BANKとの提携により、AIS-Xの顧客は世界中から法定通貨で入出金することが可能になり、金利の高い定期預金(USD, EUR, MNT, CNY, JPY)などの運用の選択肢が提供されます。また、NI BANKのデビットカードを発行可能とすることで、より出金時の利便性向上を図っています。

2社目はNational Securitiesです。National SecuritiesはIPO主幹事になることができるフルライセンスを有する証券会社です。National Securitiesとの提携により、AIS-Xの顧客は世界中の有価証券を売買することが可能になります。将来的には、直接AIS-Xの取引所トークンを使った有価証券の売買サービスが予定されています。

3社目はExpress Finance Service(以下、EFSと表記)です。EFSは、融資業務を行う機関です。EFSとの提携により、AIS-Xの顧客は仮想通貨を担保にして、仮想通貨や法定通貨の融資を受けることが可能となります。融資を利用することにより、資金が必要な局面で保有する仮想通貨を売却する必要がなくなり、売却時の税金リスクから解放されるようになります。

また、AIS-Xではユーザの行動特性をAIで解析し、ユーザの個性に応じた投資アドバイスを行うAIコンシェルジュ機能を提供します。これにより、投資が苦手な初心者層を取り込むことができるのがAISの強みです。



AIS-Xでは「AIS」という取引所トークンを発行しています。総合金融サービスの他に、2種類のマイニング(ダブルマイニング)事業を展開し、それらの収益の一部をAISトークン保有者に分配する仕組みとなっています。


1つ目は仮想通貨マイニングです。モンゴルは電気代が世界の中でも安く、かつ寒冷な気候であるために仮想通貨マイニングに適しています。AIS-Xでは、Baikal社のマイニングマシンを独自カスタマイズすることにより、最大効率のマイニングを実現します。

また、2つ目として、AIS-Xでは仮想通貨取引所としては世界初となる資源(鉱山)マイニングを行います。モンゴルは地下資源が豊富で、金や銀、モリブデンのような産業に欠かせない希少金属が埋蔵されています。AIS-Xでは、国内最大手のSHARYN GOL JSCと提携の交渉しており、資源マイニングプロジェクトに直接投資をする形で関わっていきます。


<AIS-Xの業務提携先一覧>

・NI Bank        : https://www.nibank.mn/

・National Securities  : http://www.nationalsecurities.mn/

・Express Finance Service: http://m.exchange.mn/

・SHARYN GOL JSC     : http://sharyngol.mn/





<AISトークン購入に関して>

購入価格       :0.04USD(PRESALE STAGE1) - 0.2USD(PRESALE STAGE10)

最終トークンセール価格:0.3USD


より詳細な情報については、以下URLを参照のこと

・AIS公式サイト: https://ais-x.io/


また、参加すると9.99AISトークンをプレゼント、紹介するとその人数に応じて最大10,000ドルがもらえるエアドロップキャンペーンも実施中!!

・AIS Airdropキャンペーン: https://airdrop.ais-x.io/



以下のAISの公式SNSとなる。

・公式Telegram:https://t.me/aisofficial





<海外記事メディア>


event-1597531_1920

〜モンゴルの政治経済状況、投資環境とビジネスチャンス〜

モンゴル政府は、持続可能な開発政策において2030年までに国民1人あたりのGDPを17500ドルにするとしています。ちなみに現在の国民1人あたりのGDPは3800ドルです。一方モンゴルの人口は2030年までに現在より20%近く増え350万人になると予測されています。従って、GDPは現在の100億ドルから2030年までに6倍である600億ドルまで増加することになります。
これは世界に例を見ないような急成長となるため、これだけの経済成長が本当に可能であるのか?成長するとするとどんな分野が有望なのか?また、日本との関係において特に日本の投資家がメリットを受ける分野はどんな分野であるのか取り上げてみたいと思います。
本カンファランスではモンゴル政府関係者、ビジネスリーダー、国際開発金融機関などをお招きし、モンゴルの政治・経済の現状、投資環境、ビジネスチャンスなどについて議論します。なお、カンファランスと並行してビジネス交流会も同じ会場にて行います。また夕刻からは懇親会も開催します。カンファランスと合わせて御参加いただきたくよろしくお願いいたします。

開催日時
11月19日(金)午前9時より午後6時まで:カンファランス
      午後6時より:懇親会

インベストモンゴリア東京参加申込方法
参加ご希望の方はこちらより自動登録をお願いします。 
※ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関する目的のみに利用し、他の目的には一切使用しません。 2017 年のインベストモンゴリア東京(2017 年 11 月 24 日開催)の詳細な資料についてはこちらをご覧くだ さい。

当日の詳細なプログラム(予定)などはこちらPDFをご覧ください。
本カンファランスに関するお問い合わせ先

株式会社フロンティアジャパンインベストモンゴリア事務局 
E-Mail: conference@frontier.mn

VISA mongolia

【モンゴルで、海外プリペイドカードがめちゃくちゃ便利だった件3/3】

前2回、海外専用プリペイドカード
「NEO MONEY」
が便利だという話をした。

具体的なメリット、そして考えうるデメリットを挙げてみよう。


◾️メリット


1、現金両替の手間が不要

チャージ金額をATMで即出金できる。


2、多量の紙幣を持ち歩かなくてすむ

VISAのクレジットカードの代わりとして使えるため(一部店舗で例外あり)現金管理の手間が大幅に減り、支払い時間も短縮できる。

以上はクレジットカードやキャッシュカードと同様の機能だが、以下は特徴的だと思う。


3、為替レートが有利

通貨によっては、日本国内の大手外貨両替ショップよりなんと最大43%もお得!
(インドネシア・ルピア)


4、あらかじめ予算を決めて、使いすぎを防げる

クレジットカードと違ってリアルタイムでショッピング決済ができるので、帰国した翌月に思わぬ高額請求!なんてことを防げる。

使いみちを限ってキャッシュカードと使い分けられる。


5、支払いや出金額がメールですぐわかる
(しかも日本円換算)

取引きして30秒もすれば、利用結果がメールで届き、チャージ金額の残高もわかる。

利用内容まではわからないが、現金の入ったお財布のように、日本円の生活感を維持したまま使える。

スマホのGmailアプリと組み合わせ、わたしにはこの機能がめちゃくちゃ役立った。


6、帰国後もふだんの生活で使える
(VISAのみ、銀聯は不可)

この投稿のタイトルを「海外"専用"プリペイドカードが…」としなかったのは、このためだ。

1日100万円、年間1,500万円のチャージ・利用可能額を考えると、へたに上限額の小さなVISAカードを持つより便利かもしれない。

もちろん、次の旅行にも繰り越して利用できる。


◾️デメリット

1、チャージ金額を使い切ると、支払いができなくなる

ただし、ネットがつながれば、インターネットバンキングで日本の銀行口座からチャージが可能。

また委任状があれば、日本在住者が現金チャージできる。
海外留学するお子さんに、親御さんが仕送りするにも便利。


2、カード一枚の破損、盗難や紛失によるリスクが大きい

わたしの場合、少額の現地通貨と組み合わせてすぐ使える財布にいれておいた。

そしてクレジットカードや高額紙幣、外貨などの予備金を、セキュリティポーチやバックパックなどにいれてリスク分散していた。


3、VISAの支払いに使えない場所がある

たとえば、わたしのよく使うホステル『Golden Gobi』はヨーロッパ人が多く集まるが、支払いはモンゴルトゥグリクの現金払いしか受け付けていない。(2018年8月現在)

また国内外問わず、VISAカードの使える場所でも「NEO MONEY」は使えない、ということがたまにあった。


ただし、世界はヨーロッパを中心に、今後はむしろ「現金払いお断り」という場所が増えていく。

スウェーデンでは、日ごろ食べるパンでさえ、現金では買えないお店があるという。

ちなみに中国では、スマホのQRコードを見せ、アリペイ払いで物乞いする
「キャッシュレスホームレス」
まであらわれているとか(^^;;


わたしは今回「NEO MONEY」をおススメした。

もちろんいろいろなブランドがあるが、海外プリペイドカードは1枚用意しておくと、よりストレスフリーに旅を楽しめるだろう。

モンゴル旅行体験談

sky-2628441_960_720

毎度、編集長のタケシです。

私が投資家になった原点は遊牧です。
全く関連しないじゃないかと思われる人もいるかもしれませんが、遊牧民ってただた家畜を草原にばらまいて生きているわけじゃないからね。いい種を残しつつ、羊の群れを増やして行く、これは株式投資と同じ原理です。

そして、遊牧民のもう一つの特徴は自由です。株は経済的自由を満たしてくれる最短の道です。とは言って、みんながみんな遊牧民になれるわけでもない。太陽の光や空をみて羊の群れの方向や距離を考えなくてはならない。投資家もそうでしょう、同じ銘柄を持っても短期か長期保有するか判断力が試されます。


株をやって分かった事:株投資はモンゴル人にとって羊を飼うのと一緒!

↑このページのトップヘ