モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:金利

モンゴル不動産上昇要因の5回目、最終回です。

理由1(理想的な人口ピラミッド)はこちらから↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23448324.html

理由2(国が建設を推進)はこちらから↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23455123.html

理由3(需要が供給を上回れば値段は上がる)↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23459036.html

理由4(日本とモンゴルの不動産の違い)↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23464149.html

今回は日本にいながらモンゴルの不動産を買う方法

その運営方法を少しお知らせいたします。


日本人にとって、値段も非常に魅力的なものになります。

不動産投資家であれば、レバレッジをきかせ不動産を増やすことを考えます。

しかし、モンゴルの不動産は高級物件は別として、

一番需要のあるマンションは日本で1棟のアパートを買う場合と比較すると

その経費程度で買えてしまいます。

値段は
33,000US$〜50,000US$

となっております。

ロケーションについて、

ウランバートル中心部ではありませんが

の市内西側の有名交差点の角地に位置しており、

病院、スーパー、銀行、レストラン、学校とすべて徒歩5分以内のロケーションです。

中心部から4.7km

ウランバートル駅から2.3km

空港まで10km

の市内西側の有名交差点の角地に位置しており、

契約や申し込みはすべて日本にいながら手続きを進めることができる仕組みを考えています。

最終的な登記の時のみ、モンゴルに来ていただくことになります。


現場も現在順調に2013年の春完成を目指して進んでいます。



まだ地下構造を施工中ですが、10月には13階までの躯体が完成する予定となっています。


ブログ、ウエブサイトでも現場の施工写真を随時アップしていきます。


写真つき全文はブログにて↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23486552.html

先日お客様とモンゴル、ウランバートル市内の新築アパートのモデルルームめぐりをしました。

ウランバートルの新築不動産の現在の平均単価は
$1300/m2です。

昨年は
$1000/m2でした。

現在も上昇中です。

私の想像以上です。

上昇率は20%にもなっています。

国の経済が17%伸びましたので、突出した数字ではないかもしれません。


さて、お客様は不動産業界のプロ中のプロの方です。

新築物件の品質を見て感心されていました。

デベロッパーは上場もしている有名企業ですが

市内では平均より高めの$1700/m2の値段です。

しかし品質が良いです。

計画は400戸

そのすでに95%が完売しているようです。

まだ全く完成していないのにもかかわらず。。。

完成は来年以降になります。

広さは最低180m2以上です。

日本人にとっては超ビックですが、こちらでは「まあ普通」でしょうか。

ということでお値段は$300,000〜ということになりますね。

日本円で。。。。。

全文はブログにてご覧になれます↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23419652.html


おっさん達よ、Be Ambitious!

I Love Mongolia!!!

モンゴルはこの二日間冷たい雨が降っています。

しかし、経済と建設ラッシュは相変わらず熱いままです!


「モンゴル不動産はオフショア投資」

まずこの数字はどんなデータでしょうか?

・8年→3.4倍
・5年→1.9倍
・1年→23%

これはモンゴルの首都、ウランバートルでの新築のアパートの値段の上昇率です。

ではなぜこれほどの上昇率を見せるのか、私は考えました。

キーポイントは、「人口、政策、需要、経済発展」

日本人投資家から見た場合は「税金」にフォーカスしてみました。

モンゴルの不動産が上昇している理由を挙げてみます。

1、人口ピラミッド



・日本は逆三角形
・中国は中肉体型
・モンゴルは理想的な三角形をしています。

 実際に街にいても若者の多さを感じます。

 特に女性の活躍が目立ちます。

 女性のファッションや髪型がこの2年で急速に変わってきたように感じます。
 
 朝方までナイトクラブが若者と外国人で溢れています。

 最近は私の周りでも出産ラッシュが続き人口も順調に増えていることを実感します。

 若い人の住宅の購買意欲も同様で

・結婚後の新居の需要
・地方からウランバートルに来る学生や若者の賃貸需要
・築30年以上のソ連制のアパートからの買い替え需要
 などがあります。


不動産上昇の理由その2、その3は明日以降に続けましょう



おっさん達よ、Be Ambitious!

I Love Mongolia!!


グラフなどがついている全文はブログにてご覧になれます。
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23448324.html

モンゴルの銀行口座開設について問い合わせが増えています。

以前は旅行でモンゴルを訪れ、そのまま銀行に行っても

パスポートを持っているだけで口座を持つことはできました。

しかし、現在はこの行為自体禁止されています。

マネーロンダリングについて銀行のチェックが厳しくなっています。

日本や他の国からの送金についても着金まで3営業日かかります。

これはモンゴルに限らず香港やシンガポールでも同じことです。

「外国人が外国で主要な目的がなく口座を開設する」

ということが制限されています。

ですのでマネーロンダリングが目的の方は口座は開設できませんし、アドバイスもできかねます。

銀行側としても

・しっかり職に就いている

・身元がはっきりしている

・資金がある

ということについて事前審査があります。

これ以上のことを現在は要求していませんが、今後厳しくなる可能性は十分に考えられます。

・職に就いていない

・身元がはっきりしない

・資金がない

人は外国に口座を持つことができないのは一目瞭然です。

銀行はこのような人とは取引はできないことはご理解いただけると思います。

大抵の方は開設できますのでご安心を^^

2,3必要な書類があります。

それをメールで送信していただけるとこちらであとは弊社で代行いたします。


事前審査に通過した場合は、、、、


詳しくはブログにてご覧になれます↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23368121.html

@モンゴル

とても天気が良いウランバートルです。

友人の紹介でモンゴルにて金融会社を立ち上げている日本人の方とお会いしました。
日本や先進国にはあるが、モンゴルではまだ整備されていない法律も多いです。
リスクがある。逆に自由度が高い=チャンスとも言えます。
いずれにしても、どんどん日本人投資家が増えている実感があります。


さて、弊社と提携するモンゴルデベロッパーが共同開発するマンション

「TOYOHIRA Studio 2」
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23274510.html

の地鎮祭がありました。

日の良い日を選んで関係者を集めて行われました。

RIMG0635


モンゴルではチベット仏教スタイルで進められます。

日本と違うところは、お清めに「ウオッカ」や「牛乳」が使われるところです。

プロジェクトは最初が肝心!

しっかり無事完成するように祈りました。

私もモンゴルの地鎮祭への参加は3回目なのでだんだん要領がわかってきました。

今後とも。。。。


全文はブログにてご覧になれます。
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23324527.html



おっさん達よ、大志を抱け!

I Love Mongolia!!

↑このページのトップヘ