モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:金利

誰もがモンゴル投資で得るモノについて語るけど、
モンゴル投資で失うモノも沢山あるのに語る人はみたことがありません。 

昨日Twitterでモンゴル投資、モンゴルの都市化についてつぶやいたら反響が大きかったのそれのマトメです。なにこともメリットもあるながらデメリットもあると私が常に考えています。

 (1)人口わずか280万人しかいないモンゴル、今は世界から注目されています。目当ては金、銀、レアアースを始め資源だ。言わばモンゴルは強者からみて美味しい獲物だ。しかし、本当にそんなに美味しいのか? 

 (2)美味しいのは一部だけです。正直モンゴルはバブル状態になりつつあります。しかし、モンゴル在住の人は誰もがそう思ってないだろう。なぜなら彼にはバブルという経験がないからです。私は内モンゴルのバブルをこの目でみて経験した人だからそう言えます。

(3)モンゴル証券取引の総額が日本の一社TOYOTAの時価総額よりも少ないです。私的にはモンゴル株をゆっくりと大きく育ていくことを期待していました。しかし、日本人の個人投資家にあの小さい市場を壊されたのだ。

 (4)日本人がモンゴル株を釣り上げして、さらに日本人がそれを買ったとたん株が暴落するということになった。なぜそうなったのか?これは新興国であればどこにでも起きる可能性がことなんだ。情けないのは日本人が日本人を釣るってこと。 

 (5)モンゴル投資では日本から一番多いのは不動産関係でしょう。私の知り合いの社長らもモンゴルで大活躍しております。ウランバートルはますます都市化されて、ゲルを離れる人が多くなっています。 

 (6)遊牧文化から一気に都市化が進んだら今まで経験したことがない、問題も沢山起きるでしょう。真っ先に環境問題、そして治安、そして若者たちの就職などなど。 

(7)別にモンゴルの都市化を反対するわけではありません。ようは慎重にやれということです。ルール作りが大事です。転売を禁止し、税収などをきちんと管理する。全てデータベースにし、一元管理が必要です。内モンゴルのオルドスのようなゴースタウンのようにならないよう監視が必要。

 今日はここまでにします。
モンゴル投資、モンゴル経済についてTwitterで最新情報を発信しております。
取材なども受けておりますので、気軽いご連絡ください。
 

@モンゴルです。

最近雨が多いですが、晴れているときは25℃前後ととても過ごしやすいモンゴルです。

さて北海道のローカル経済雑誌「財界さっぽろ」にモンゴル関係の記事で

少しだけ掲載されたのでご紹介。。。第二弾。


1年ほど前からパートナー企業とマンション開発を手掛けてきたが、

5月に会社を設立し本格始動。

TOYOHIRA〜豊平

と日本名をつけた50〜60戸程度のマンションの建設サポートをし

1戸400万円前後で販売している。

1棟目は売り出して3か月で完売

現在建設中の2棟目にも問い合わせが入り始めています。

ウランバートルの人口の半分以上70万人がゲルに住んでいる

彼らがすべてターゲットになります。

なおかつ社会貢献にもなる。

______________

などとえらそうなことを言っています。

ビジネスは利益も大事ですが、それだけでは何か物足りないと思います。

社会に必要とされる企業でなければ長続きはしません。


弊社も決算をし利益が出た時には

日本人墓地への植樹。

孤児院への寄付、などを考えています。


今後とも

Speed, Simple, Safety, Clean

を常に考えながら仕事にまい進します。


I Love Mongolia!!!

・モンゴルでの不動産購入(日本人初)
・モンゴルでの不動産開発
・モンゴルでの銀行口座開設(モンゴル法人初)
・鉱山機械リース
のことについては下記URLまで
http://www.masakillc.com/


写真つき全文はブログにてご覧になれます
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23562733.html

モンゴルに戻ってきました。

インチョン空港で9時間待ちました。

モンゴル着1:00AM、、、少し疲れました。


でもモンゴルビジネスに休んでいるヒマはありません。

本日も○○○ダイの代理店と契約を交わし、

支払いを済ませてきましたよ。


18日からはいよいよ日本の投資家11人がモンゴルに上陸します。

北は北海道から南は九州宮崎までの

海外投資に積極的な人たちが来ます。

楽しみです。

でも資料がまだできていません。。。



雑誌に掲載されました。

といっても単独ではなく、「モンゴルが熱い!」という記事に少しだけですが。。。

北海道のローカル経済雑誌「財界さっぽろ」です。



「首都ウランバートルで1億円の1戸建て住宅を売り出したら、すぐに制約しました」

そう話すのは旭川市に本社を置く建設会社「旭栄工務」の社長。

「1億円の家がローンではなく側近で売れます。富裕層が育ってきているのを実感します」

昨年の実質経済成長率は17%強とカタールに続いて世界2位。

人口は270万人と少ないが、急速な発展を遂げていることは疑いようがない。



私はこの活気あふれるモンゴルでビジネスができることを心から楽しんでいます。

つづきと画像はブログにてご覧になれます↓http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23553168.html

I Love Mongolia!


・モンゴルでの不動産購入(日本人初)
・モンゴルでの不動産開発
・モンゴルでの銀行口座開設(モンゴル法人初)
のことについては下記URLまで
http://www.masakillc.com/

.皀鵐乾襤韓国ビジネストリップはこちらからです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23523467.html

驚異のリターンはこちらからです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23532926.html


韓国ビジネストリップの最終回

見た目も、スタイルも良い
雨に濡れている姿もちょっとセクシーで
腰から下半身にかけて一番重要なのですが、これもまたしっかりしていて、
歳も若く
ためしに乗ってみる、イイネ!
現オーナーと話すもこれも誠実そうでしっかり可愛がっていた様子が伺えて
ワンオーナーということも高ポイントの”もの”は

実はこれなのです↓


これをどのようにモンゴルで使用するかはご存じのとおりです。

しかし、これはまだ始まりです。

料理で言えば材料を仕入れただけです。

これから、加工し、味付けして

相手好みの味にしなければなりません。


しかし、このビジネスはとてもシンプルでわかりやすい。

弊社の本業ともとても関連の高いビジネスなので間接的に経験があります。

ここも大きなポイントですね。


「好きか、得意か、儲かるか、社会的意義があるか、雇用を生むか、将来性があるか」

すべてに合致するのこのビジネス。

まずは自分でやってみましょう。

そして、一定期間問題なく動けば。。。。


つづきはブログにてご覧になれます↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23546974.html


リスクも忘れずに検証し、なるべく避けられるものは

避けておきましょう。


・モンゴルでの不動産購入(日本人初)
・モンゴルでの不動産開発
・モンゴルでの銀行口座開設(モンゴル法人初)
のことについては下記URLまで
http://www.masakillc.com/

驚異のリターンを生み出すもの


.皀鵐乾襤韓国ビジネストリップはこちらからです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23523467.html


さて、韓国のソウルインチョン空港につくと外は大雨です。

こちらにも梅雨のようなものがあるらしく、この時期は雨が2週間ほど続くのだそうです。

空港で迎えの車に乗り込み

交渉〜契約の前に

今回お目当ての“もの”の品定めをしなければなりません。

100円200円のものではないのでじっくり、しかも納得するものを見つけるまで帰らない覚悟です。

まずは空港から南へ250km雨の高速を飛ばし、

傘を差しながら例の“もの”を視察。。。

ん〜見た目も、スタイルもいい。

雨に濡れている姿もちょっとセクシーだ。

腰から下半身にかけて一番重要なのですが、これもまたしっかりしている。

歳も若い。

ためしに乗ってみる、イイネ!

現オーナーと話すもこれも誠実そうでしっかり可愛がっていた様子が伺えた。

ワンオーナーということも高ポイントだ。

次にまた100km大雨の高速を走る。

やはりこちらが求めているレベルの“もの”は一か所にあるのではなく、

韓国中に散らばっているらしい。

こんな形で2日間でほぼ韓国中を駆け回った。

相手の都合に合わせ常に予定は変更され、

その場所についてもなかなか会うことができず、待ちぼうけということもあった。

こちらの求めている“若くて上もの”はなかなか見つからなかった。

仮に見つかっても、こちらにも予算がある。

なかなか思う通りにはいかない。。。。



続きはブログにてご覧になれます
http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker/23532926.html

↑このページのトップヘ