モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:金利

ブログネタ
朝礼ネタ一言集 に参加中!
image

毎度、編集長のタケシです。
先日、三人によるジョイント講演無事終わりました。
30名ほどご来場され、満室状態でした。
セミナーに来て下さった方本当にありがとうございました。

 
image

私は主にモンゴルの経済及びモンゴルの不動産の状況、そしてモンゴル投資の可能性についてお話をしました。モンゴルに興味ある方以外にも多いようで、講演のあとはいろんな質問をされて面白かったです。遊牧民って住所あるのでしょうか郵便物は届くのでしょうか、などなど。

今後、モンゴルの経済、投資だけではなく、モンゴルの生活や文化に関する話をさせて頂きたいところです。なぜならば、モンゴルは近くて遠い国であるからです。

モンゴル経済及び市場の最新動向(第二弾)


ブログネタ
初心者の株式投資 に参加中!
001
毎度、編集長のたけしです。
以前お話をしたモンゴル経済投資セミナー、
来月東京でも開催することになりました。

なお、講演は全部で三部に構成され、私が「モンゴル投資の可能性と課題」に
ついてお話をすることになっています。


第1部 「財産を国や政府から死守しよう」
講師   安井孝志

第2部 日給100万の世界! FXとは?
講師  鈴木雄大

第3部 「モンゴル経済及び市場の最新動向」
    〜モンゴル投資の可能性と課題
講師  桜井たけし

内容
モンゴル国概要
モンゴル経済の現状と今後の展望
モンゴル投資の課題とリスク
まとめ・番外編


開催日時
2015年5月30日(土)13:00~18:00

開催場所
東京都新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル5階

会費
3,000円 

参加申込はFacebookイベントページまたはメールでご連絡ください。

もっと詳しく知りたい方は上記のURLをクリックし、
3人の講師の内容をチェックしてみてください。

ロシア・モンゴルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務(発行:TCG出版) ((海外直接投資の実務シリーズ))
久野康成公認会計士事務所
出版文化社
2013-12-03


 

ブログネタ
金融情報あれこれ に参加中!
2014-08-15-13-11-34
モンゴルでも有名なEREL GROUPを訪問、
オフィスが米国のITベンチャー並みにお洒落でした。

2014-08-13-14-44-17
モンゴルでツースを着ている人はうちら以外にあまりみなかった。
2014-08-15-13-20-49
弊社モンゴル商事のパートナーARIG BANKを訪問、
モンゴルの金融、法律に関していろいろききました。

2014-08-13-12-33-52


毎度、編集長のタケシです。
私がモンゴル行って戻ってきたらなんと、中国の習主席、ロシアのプーチン首相、日本の野田前首相など次々とモンゴルを訪問することになってます。
なぜ、この時期なのか?偶々なのでしょうか?

モンゴル視察のご報告、前回はモンゴルでのハプニング、失敗談を書いたら以外とバカうけ、アクセスが急上昇しました。

海外、特にモンゴルなど発展途上国でビジネスをして成功するか、
一番の鍵は「なにをやるか」ではない。「誰とやるか」が重要だと思います。


どんないいビジネスモデルであっても、どんなに面白いビジネスアイディアあっても、結局人です。ようは人脈です。信頼できるパートナー、スタッフ、プロフェッショナルな人材が不可欠です。
今回は久々にモンゴルに戻って、その原点を再認識しました。


弊社は日本企業のモンゴル法人設立、モンゴル投資、モンゴルの不動産探し、人材確保などさまざまニーズに合わせてサービスを提供しております。
最近では、モンゴル投資関連の案件も増えてきました。

モンゴルの銀行、日本から口座を開設できるようになりました。
なお、私事ですが来年モンゴルで旅行会社を作ることになりました。そしてモンゴルの銀行からも依頼を受けて、モンゴル銀行の口座開設などの日本の窓口としてサービスを提供することになりました。
手数料はもちろんいりません、預金はモンゴルの通貨トゥグルグ、もしくは米ドルのみです。
米ドルで年金利6%前後、モンゴル通貨だと13%前後ということでした。

モンゴルで投資ようにアパートを持ちたい、または動産ファンドやエクイティ投資などを考えている方いたらいつでも連絡ください。

民主党の野田佳彦前首相が、9月2〜5日にモンゴルを訪問するそうなので、
モンゴルにどんなおみやげを持っていくのかきになります。
まさか、おみやげなしで拉致問題はないでしょうね?!

モンゴル潮流 世界規模の資源を求めて
南部 弾正
幻冬舎ルネッサンス
2008-08-05



↑このページのトップヘ