モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:遊牧

image
毎度、編集長のタケシです。
島村一平さん編集の「大学生が見た素顔のモンゴル」の献本が届きました!!心より感謝です。

たいへん恐縮です。というのは島村一平さんは文化人類学者で、モンゴル研究学者でもあります。長年モンゴルのシャーマニズムを研究し、それに関する論文などもたくさん出されいる方です。

シャーマニズムという名の感染病――グローバル化が進むモンゴルで起きている異変から
島村一平 / 文化人類学


シャーマニズムに興味ある方にはぜひ読んで欲しい一冊は↓↓↓これです。
増殖するシャーマン―モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ [単行本]

image

では、本題に入ります。

「大学生が見た素顔のモンゴル」はリアルに日本人大学生がモンゴルに留学してそこで見た、経験した、感じたことを書いたものになっています。正式にはモンゴルの文化や社会を勉強した学生たちの卒業論文でもあるそうです。

羊の毛色を見分けたり、馬を自由に乗りこなしたりできるようになって帰ってきたなどの話、面白さ満点です。内容もそうなんですが、卒論を書籍にするって発想はいいですね。逆に、モンゴルの大学でも導入して欲しい。

大学生が見た素顔のモンゴル [単行本] 

目次
はじめに                        島村一平
第1部 素顔の遊牧民
第1章 モンゴル遊牧民の子育て             平野あんず
第2章 タイガと草原に生きる遊牧民
     −フブスグル県のダルハド遊牧民との生活体験から    西口佳那
第3章 モンゴル遊牧民の馬の個体認識をめぐって
     −毛色を中心に                  吉村友里

第2部 街の素顔
第1章 モンゴル人のヘルール(口喧嘩)の技法      安藤晴美
第2章 幽霊譚から読み解く現代モンゴル社会       北田昂大
 第3章 モンゴルの学校には「いじめ」がない?      柴田友登

第3部 「伝統文化」の相貌
第1章「伝統」という概念のゆらぎ
     −モンゴル舞踊をめぐる「伝統」観の世代間格差      今井冴香
第2章 演じ分けられた民族音楽
     ―モンゴル国における2種類のカザフ民族音楽の創造    八木風輝

第4部 日本とモンゴルの接点をみつめる
第1章 比較してみた日本とモンゴルの歴史教科書
―元寇・ノモンハン事件・第二次世界大戦        樗木佳奈
第2章 柔道・レスリングは、モンゴル相撲の一部なのか?
−ウランバートルのモンゴル相撲道場の事例から       平山開士

あとがき                         島村一平








▲二年前の夏、モンゴル乗馬の映像です。

毎度、編集長のタケシです。
私が企画したモンゴル乗馬&遊牧生活体験の「旅」、開催まで残り1カ月となりました。とにかくモンゴル乗馬が楽しみです。そして今回新しく参加されるみんなに会えるのも楽しみです。
普通、日本で乗馬に必要な道具と言ったらいっぱいあります。
  • 鞍(くら)
  • 鞭(むち)
  • 乗馬用ヘルメット
  • ブーツ(レッグチャップス)
  • キュロット
  • 手袋



でも、モンゴル乗馬に必要なのはこれだけです。馬だけ?
horse-1423746_1280
冗談抜きで、昔はよく裸馬乗っていました。
朝草原に行って馬を探し出して、見つけたらそのまま裸で乗って帰る。

いつも、乗馬いく時に隊員のみんなからどんなものを用意した方がいいか。服装はどうしたらいいかと聞かれます。なので簡単に説明しておきたいと思っています。

mongolia-692655_1280
馬乗れに慣れてない方は、帽子、バッグ、カメラ、スマホなど持たない方よいです。馬が走り出すと間違いなくスマホや財布を無くします。帽子が風で吹き飛ばされたり、バッグから鍵などの音があったら馬が驚いて走ったりするからだめです。

服装は男女ともにジンーズがベストです。
準備不足でスカートや短パンでいく人もたまにみますが、乗馬に向いてないというより、かなり苦労します。まず、乗馬するだけで次の日に歩けなくなるくらお尻が痛くなるからね。w





毎度、編集長のタケシです。
宮脇淳子先生の話、今日も衝撃的な話でいっぱいです。モンゴル軍はあとで勲章を貰うためになん人殺したかを報告する為に右耳を切ってたとか。そして、モンゴル軍の作戦の一つ包囲作戦だったとか。

実はこれら今でもモンゴルの生活上よく使われています。
僕が子供の時に経験してたからよく分かります。

遊牧民は家畜に自分の家畜だという印をつけるために耳に小さい穴(ハート型、月型、丸型)をあけたりします。
生まれてすぐあける人もいるけど、生まれてから数ヶ月経ったあと一揆にあける人もいる。この場合、ちゃんとラマなどに日取りをきめてやります。そして最後に耳の数と羊の数が合っているか数えます。ようは漏れがないかチェックしています。それにしても昔は人間の耳をやってたのか、モンゴル帝国恐るべし。w

包囲作戦もやりました。冬に近所のみんなで馬を乗って犬を連れて狩に出かけていました。小学の時でした。みんな東、南、西、北の外から内への方向に集まり狩をします。この場合は基本銃を使いません、犬が頼りの相棒です。銃だと流れ弾に誰か当たる可能性があります。銃は基本一人や二人で狩に行く時に使います。

一昔は狼の皮かなり高値で売れていましたが、最近の事情はあまり知らないです。


この動画で紹介された本The Tartar Khan's Englishman.を検索したらありました。しかし、僕は横文字苦手なので読めないわ。



 
モンゴルでの体験を忘れないうちにどんどん書き残したい。これらは私にとって本当に貴重な体験です。そのうち本になるかもよ。w


 

ブログネタ
情熱星空ツアーズ に参加中!
rie04_0034

rie04_0035

rie04_0036

rie04_0037

rie04_0038

rie04_0039

rie04_0040

rie04_0041

rie04_0042

rie04_0043

rie04_0044

rie04_0045

rie04_0046

rie04_0047

rie04_0048

rie04_0049

rie04_0050

rie04_0051

rie04_0052

rie04_0053

rie04_0054

rie04_0055

rie04_0056

rie04_0057

rie04_0058

rie04_0059

rie04_0060

rie04_0061

rie04_0062

rie04_0063


最初から読む


さてさてモンゴル旅日記、まだ二日目の昼ですww
旅行ってそんなもんよね!しかもモンゴルですもの、余すことなく伝えたいと勢いが余ってます。
牛なのですが、昔から牛が大好きなんですよ。
小さい頃に今の実家の場所に引っ越したのですが、まわりが牛舎だらけだったんで(乳牛)
毎日牛を見に行く6歳児0中学生だったので、牛がいるのが普通だったと言うか。
そしてそのまま農業高校に行ってしまったしで牛生活にどっぷりです。
むしろ大人になって牛成分がだいぶ薄くなってしまったのでまとめて摂ったカンジです。
寝だめ的な。
モンゴルの景色がジブリだったとは予想外でしたが
リアルジブリに遭遇できて良かったです。
やばかったです。
一見の価値あり!!!!




寄稿者
Rie Cheetah
デザイナー、イラストレーター、ブロガー歴15年。

公式サイト

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
rie_03_0044

rie_03_0045

rie_03_0046

rie_03_0047

rie_03_0048

rie_03_0049

rie_03_0050

rie_03_0051

続きを読む

↑このページのトップヘ