モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:進出

2017-12-28-23-42-39
△内モンゴル/フフホト空港

毎度、編集長のタケシです。
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

2週間ぶりのブログの更新です。1年ぶりに内モンゴルに行って来ました。今回は主にオルドス市の市場調査です。ちょっと日本の居酒屋でもやろうかな的な感じで、現地の消費力及び日本レストランの調査、日本から帰ったエリート経営者たちの会談など。

2018-01-02-21-12-18
△オルドスにある上島珈琲
なぜか、上島珈琲がありました。聞いてみたら台湾から入ったチェーン店だそうです。モンゴル文字で上島珈琲と書いたのは良かったもの、ウエシマコーヒーではなくシャンドウコーヒーと中国語の発音で書いてあります。馬鹿じゃないのか。内モンゴルではこういう間違い星の数より多いです。残念です。

2018-01-03-08-59-00
△NMTV
モンゴル語放送の内モンゴルテレビ、天気予報です。やっぱり日本の方が分かりやすい。

2018-01-06-16-21-14
△雪で足止めになりました。
窓からみて感じたこと:この国の貧富の差は一言で表現するのは無理。

2018-01-09-10-16-31
△人間信号、北朝鮮を想像しちゃった。

2018-01-07-14-36-09
△中国の新幹線「和諧号」に乗りました。
オルドス⇔フフホト間、わずか二時間で可能に。しかし、オルドス駅から市内までは車で30分はかかる。料金は81元。

2018-01-07-12-14-04
△ホームは日本と比べモノにはならない。

2018-01-07-12-31-47
△新幹線の中はこんな感じ、昔に比べては全然快適になりました。

2018-01-09-10-19-36
△赤い電子看板に注目、商業広告と共産党のプロパガンダがローテーションで表示されるようになっている。

2018-01-09-12-09-52
△フフホト→北京 フライトに乗る前にバスに乗るって最悪の気分…



毎度、編集のタケシです。
この度弊社モンゴル商事がコーポレートロゴを変更しました。

新企業ブランドロゴ
log-1
見たの通りレッドライオンです。
ライオンはクライアントに対して信頼と安心を約束し、赤は情熱をもってビジネスに取り込むという意味合いです。そして、なんよりシンプルです。グローバルでビジネスを展開すること意識して漢字を無くし、世界のどこからでも、世界のどんな民族でも読めるようローマ字のみ採用しました。

組み込み用

w-1

旧企業ブランドロゴ
mongol_shoji_logo_05 
従来のロゴはいかに商社というイメージを強調してたものの、新ロゴは品のあるコンサルタントをイメージして作りました。

まだまだ変化、成長の途中ですが、これからも応援よろしくお願いします。

街道をゆく 5 モンゴル紀行 (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞出版
2008-09-05


株式会社スイーツデザインラボ(本社:東京都渋谷区、取締役社長:吉山耕治)が展開中のパンケーキ専門店『Butter(バター)』は、2017年4月1日(土)モンゴル国(通称モンゴル)の大草原に新店をオープンいたします。『Butter』としては、初の海外出店!またモンゴルへの出店を記念し、モンゴル店限定の巨大パンケーキタワーを発売いたします。

モンゴル草原

なぜ、モンゴルなのか。

私たち『Butter』は、パンケーキ専門店として、2011年大阪江坂に1号店をオープンしました。

その後、大阪・神戸・東京・横浜と店舗数を増やし現在は国内に11店舗を展開していますが、昨年行われた忘年会での社長の一声で海外出店が決定。

海外のどこに出店するのか、という非常に重要な事項をなんと社員のダーツで決めることになりました。  

モンゴルパンケーキ1

そんな社運をかけた海外出店の地を決めたのは、弊社デザイナー20代女性。

彼女が見事ダーツで射止めた場所こそ、モンゴルだったのです。

早速実地調査を行ったところ、他店含めモンゴルにはまだパンケーキ屋の出店実績がなく、パンケーキ専門店『Butter』としてのプライドをかけ、正式にモンゴルへの出店が決定いたしました。

モンゴルパンケーキ2

モンゴル店限定『巨大パンケーキタワー』を販売いたします。 

モンゴルパンケーキ13

<商品概要>

パンケーキもフルーツもたっぷり!
Butterで人気のバターパンケーキを1,000枚重ねにしました。 

ごろごろフルーツとバニラアイス、ピンクのラズベリーバターをトッピング。 

メイプルソースをたっぷりかけて召し上がれ♪ 

価格:220,000MNT(約10,000円) 

販売店舗:Butterモンゴル大草原店



■『Butter(バター)』 とは

『Butter(バター)』は全国から選りすぐられた高級発酵バターをはじめ、生クリームや小麦粉など、北海道産の原料を使用したパンケーキ専門店。人気の“スフレパンケーキ”をはじめ、定番の“バターミルクパンケーキ”、“窯出しフレンチパンケーキ”、“全粒粉や野菜”を練り込んだパンケーキなど、食感や味わいの違う新しいパンケーキをご提供してまいります。

<SHOPS>
■Butter江坂 ■Butter茶屋町 ■ButterあべのHoop ■Butter神戸ハーバーランド■Butterららぽーと甲子園 ■Butterイオンモール伊丹 ■Butter横浜ベイクォーター ■Butter多摩南大沢 ■Butterららぽーと横浜 ■Butterららぽーと豊洲 ■BUTTER & DEL’IMMO滋賀竜王 ■Butterモンゴル大草原

<ホームページ>


4月1日は、エイプリルフールです。モンゴル出店は行いませんので、ご了承ください。 

モンゴル店限定の巨大パンケーキタワーはありませんが、バターパンケーキ10枚重ねのパンケーキタワー(税抜2,500円)は本当に発売しています!Butter国内店舗にてお愉しみくださいね。


モンゴルパンケーキ14

ブログネタ
夢追い人になる に参加中!
6614448359_60f2ab8b73_z (1)
Photo by Dave Rook

毎度、編集長のタケシです。

本日2015年3月25日
会社設立5周年を迎えました。

何も無いところから
ひとつずつ積み木を積み重ねるように
無我夢中で歩んできた5年だったと思います。

余談です、企業生存率として設立1年で60%が倒産
もしくは解散し、5年で85%が、10年では94%がそうなるそうです。

振り返ると

本当に沢山の人とのご縁と出会いがあり
多勢の方々に支えられた5年間でした。

関わって頂いた皆様のお顔を思い出すと
胸がいっぱいになります。

まだまだ発展途上のわたくしですが
これからも何卒宜しくお願い申し上げます。


モンゴル商事株式会社

kougyou

@毎度、編集長のモリンホールです。 

安倍首相の対モンゴルの「戦略的パートナーシップ」が加速しています。

今度、ジェトロでモンゴル・ウランバートルにおいて、
日本の商品とサービスなどを紹介するイベント
「ジャパン・ビジネス・フェア」を開催するそうです。。

日時 
2013年5月3日(金曜)15時00分〜18時00分 
2013年5月4日(土曜)9時00分〜16時00分 

場所 
モンゴル商工会議所

主催 
ジェトロ、モンゴル商工会議所(MNCCI) 

対象 
モンゴルとのビジネス交流に関心のある日本企業・機関・団体

参加費 
無料 

詳しくはこちら

↑このページのトップヘ