モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:視察

177
↑不動産視察、モンゴルNO1クオリティー住宅街ジャパンタウンに向かっている途中。(2014年)


毎度、編集長のタケシです。
モンゴルのエルデネバト首相が来日、目的はもちろんモンゴルにもっと投資して欲しいという心が強いようです。これについては、後日記事を公開したいと思います。


会社四季報オンラインより、注目すべき記事が上がっています。

オウチーノ債権回収に懸念、どうなる「モンゴル夢のマイホーム」 
会社四季報オンライン 

オウチーノ(6084)という上場会社は知らなかったが、その子会社のスペースマゼラン社がモンゴルの建設業者スタンダード・プロパティ・グループのアパートメントを買ってたらしい。それが問題になっています。

191
 
↑不動産視察、ゲル地区の現状。電気以外のインフラは無し。


スタンダード・プロパティと言えばちょうど2年前の夏に僕がモンゴル不動産視察した会社です。経営陣には知り合いがいます。この記事で上がっている物件は、ゲル地区にある低所得者向けのものです。なので、基本1部屋50平方メートル以下のもので、ウランバール市が積極的に行っている低金利で借りれる物件です。ちなみに、スタンダード・プロパティは不動産以外に銀行も持っています。

「引き渡し日に物件完成せず」、だから「スペースマゼラン側が解除オプションを申し出」となっていますが、原因はそこだけではないと思います。オウチーノは、今年の3月末までモンゴルの物件の説明会を開いてた。公式サイトにまだ情報が残っています。

<2015年、オウチーノで最も売れた投資案件>
モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト

2016/2/21 15:00〜
2016/3/5  15:00〜
2016/3/13 15:00〜
2016/3/20 10:00〜
2016/3/27 14:00〜

https://www.o-uccino.jp/global/seminar/2539/


普通なら完成する前に完売しているはずだが、そんなに甘くなかったということでしょうね。いくら200万〜300万で買えると言え、値上がりの予兆がないと投資家は買わないです。現地のモンゴル人はわざわざ日本人からアパートを買わない。それは高いのと、信用の問題です。
 
私が思うには、オウチーノが契約解除する理由は、モンゴル経済そのもの問題じゃないかなぁと思います。



2014-08-11-19-42-26
↑↑↑元横綱朝青龍の銀行本部です。
2014-08-12-18-37-12
↑↑↑元大相撲力士旭鷲山が経営しているホテルです。
2014-08-11-19-37-45
↑↑↑元横綱朝青龍のサーカス場です。
2014-08-11-22-12-17
↑↑↑元遊牧民私です。(笑)

毎度、編集長のタケシです。
本題に入る前に写真について簡単に紹介します。

朝青龍の銀行NIBank及びサーカス場はウランバートルの国立デパートから歩いて数分のところです。ロケーション抜群です。モンゴル行く機会あったらぜひ行ってみてください。
旭鷲山が経営しているホテルは相場より若干高いと聞きました。

では、モンゴル視察のご報告として今日は皆さんモンゴル行った時のハプニングなどを書きます。

短く言えば、タクシにぽったくりされ、ナイトクラブでぽったくりされ、訪問した会社に無断でアポキャンセルされた。

随分酷い目に合ったと言えるでしょう。
でも楽しかった。これが今のモンゴルだから。

私は毎日ホテルからブルースカイホテルまでタクシに乗っていってますが、大体2500-3000トゥグルグ(モンゴルの通過)で行けます。ある日若いカップルが運転している車に乗ったら1万トゥグルグと言われてびっくりしました。通常の4倍です。恐らく私の服装で現地人ではないと確信してたでしょう。すごい強烈な口調で喧嘩売ってくるようでしたので僕はそのまま1万トゥグルグ渡して降りました。
ポイント1 モンゴルでタクシに乗るときは絶対事前にいくら聞いてから乗りましょう。たまたまこの日油断したらこうなりました。


また、別の日の夜に私と友達を合わせて計6人でナイトクラブに行きました。クラブと行っても酒を飲みながらダンスをするところです。最初に入ってVIP席を用意して欲しいと言ったら、そのまま2Fに上がりましたが、わけがあって1Fに行くことになりました。そしたら1Fは席がなかったためまた2Fに上がり先ほど案内したVIP席に戻りました。
しかし、やっぱりやめることにして帰るとしたらVIP席の料金を払いなさいと言われ、結局一口も食べず、飲まずというか注文もしてないの、入って出る時に30万トゥグルグ払わされた。

僕はこれは仕方ない、無法地だらから分かるが一緒に行った日本のお客さんは納得しなかった。別の友達はナイトクラブでポケットに入れてたiPhoneを無くしたと言ってました。
ポイント2 ナイトクラブ行くときは財布など貴重なものは持って行かない、トラブルが起きたら例え相手が悪いと思っても一歩を譲ること。彼らと争っても時間と能力の無駄です。


最後の日に3時のアポを取った会社を訪問したら会う予定の人がいないのはもちろん、代理人もいなかった。スタッフに聞いたら会議に参加しに行きましたとのことです。
結局、この日はうちらも諦めて、草原の旅に出かけました。

さすが、モンゴル。

これらは僕が理解してても日本人には理解にくに話であります。
もう21世紀始まって15年なろうとしています。さすがに、これはないだろうと思うことが未だに続いています。

思い返せば、モンゴル滞在1週間非常に有意義な時間でした。
新しいことも、学びことも沢山ありました。

なんよりも現地の優しい友達との時間が楽しかった。
みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。


ブログネタ
中国経済 に参加中!
モンゴルの写真
Mongolia by David Berkowitz

毎度、編集長のタケシです。

海外進出の第一歩はまず、”現地視察”と言っても過言ではありません。
メディアでいくらビジネスチャンスがあると言われても実際に行って、見て、現地の「ヒト・モノ・カネ」を自身で体験してみないとその情報が正しいかどうか、可能性と課題を見つけ出すのは困難でしょう。

通常だとスタッフや現地の提携している企業に全てを手配してもらっていますがが、この度私自身が日本の企業を案内することになりました。

視察のテーマとしてはモンゴルの金融・不動産・建設・人々の生活・街で売れているモノ、売れそうなモノ等を徹底的に調査して来ます。

メディア関係者からの欲しい材料などがあったら8月1日までにご連絡ください。

なお、弊社では常時モンゴル視察、調査、進出などトータルサポートしております。
あなたのモンゴルでの可能性をわたしたちが一緒に実現させます。

ご連絡お待ちしております〜〜〜。
 

↑このページのトップヘ