モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:翻訳

2016-12-07-11-08-57

毎度、編集長のタケシです。
日本モンゴル文学会より秋季研究発表会のお知らせがあります。
確かに、近年毎年やってた気がします、興味ある方ぜひ行ってみて下さい。


《日本モンゴル文学会 秋季研究発表会のお知らせ》

開催日時
2016年12月10日(土)14:00-16:40

開催場所
千里公民館 第3会議室 (北大阪急行千里中央駅 北改札より2分)

発表内容
1) モンゴルの民話における「世界のはじまり」 山口 周子 (中村元東方研究所)
2) 戦後期ブリヤートにおける文学について ーその社会的側面からー 荒井 幸康 (北海道大学)
3) モンゴル語訳聖書とモンゴル文学の翻訳論的課題  芝山 豊 (清泉女学院大学)
4) ダシドルジーン・ナツァグドルジ生誕110周年記念国際学会参加報告 岡田 和行 (東京外国語大学)

お問合せ
 日本モンゴル文学会事務局 
Tel: 090-7583-6613(代) 
 E-Mail : samandabadra@gmail.com 

2016-03-18-20-24-34
↑モンゴル文字(ウイグル文字、縦文字)のWEBは検索出来た!

2016-03-18-20-24-58
↑クリックしたら問題なくみれた!

2016-03-18-20-25-16
↑モンゴル文字の画像検索もOK!

2016-03-18-20-25-43
↑モンゴル文字の動画検索もOK!

2016-03-18-20-25-32
↑モンゴル文字の地図検索はNG!

2016-03-18-20-25-49
↑モンゴル文字のニュース検索もNG!

2016-03-18-20-45-22
↑試しにTwitterでモンゴル文字で検索したら自分を見つけた!!

 
毎度、編集長のタケシです。
Googleは伝統モンゴル文字に対応するか検索してみました。正しくは、Googleに対応するUNICODEでモンゴル文字のページを作れば全て対応するという事です。

現段階ではそもそものモンゴル文字で作られたWEBが少ないため検索ヒット数も少ないわけです。今後モンゴル文字を利用する人が増えればもっと面白いWEBを見つかるのではと思います。少なくても大学にいるモンゴル人は一人一人モンゴル文字のブログを開設して、情報を発信するというレベルまだ行かないとなぁ・・・
 
続モンゴル語基礎文法
フフバートル
インターブックス
1997-07-23


こんにちは、ひでです。
ついにこの日を待っておりました!
Googleで日本語(勿論英語からも可能ですが)→モンゴル語の翻訳が可能になったと聞き、私も翻訳に挑戦いたしました。(Internet Explorer 10 で試してみました)
まず、Googleの翻訳画面を開き、向かって左側に翻訳対象の文章(ここでは日本語)を入力します。その後、向かって右側の翻訳結果画面の上○で囲ったタブをクリックし、「モンゴル語」を選択します。
無題

そして、実行結果がこれです。
無題2

「こんにちは」から見事に「Сайн байна уу」とキリル文字で翻訳できました!
今回はIE10で試して見ましたが、スマートフォンからでも対応可能です。
次回バージョンアップする際は是非モンゴル文字で可能にしてくださいW
(寄稿者:ひで)

↑このページのトップヘ