モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:白鵬

モンゴルのクレルスフ大統領
まいど、編集長のタケシです。
モンゴルの大統領選、つに結果が出ました。
クレルスフ元首相が圧勝しました。おめでとうございます。
198295204_154824806628371_6846588980106342341_n
(写真提供:ГАДААД ХҮЧИН ЗҮЙЛ)

しかし、選挙って面白いものなんだね。
選挙前、Facebook、Twitter、クラブハウスなどをみるとその大半がエンフバト氏の支持を表明しているアイコンにしていた。
てっきりこの人が当選するだろうなと思っていましたが、結果は違いました。

モンゴルは民族衣装を着て投票へ行く!


モンゴルの投票風景をみると分かるかと思いますが、若者から年寄りまでみんな伝統的に民族衣装デールを着て、投票場に行っています。
E3aCZVfWUAE5DI2

E3b-6ZsXEAIEH3t









モンゴルはソ連時代から選挙があった!


実は、デールを着て投票するのはソビエト時代からありました。

民主化国家になってから服装はあまり気にしなかったが、近年になって自分のデールで行く人が増えています。これは伝統文化に対する重んじる人の現れだと思います。
E3ZxxH4VIAAad_F
「国家選挙」と題されたこの絵は、1952 年に国家賞を受賞した人民芸術家である U.Yadamsuren によって描かれました。

モンゴルの選挙、恐竜でも投票する権利がある!


E3b8Oj-VkAY113n
日本と違って若い人は積極的に選挙に関する自分の意見を言ったり、政治にかかわっています。
そして、恐竜でも投票できる権利があります。(笑)

モンゴル大統領選、与党の前首相が勝利宣言
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM09F420Z00C21A6000000/

モンゴル大統領選、投票始まる 資源の外資活用が論点
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM082DP0Y1A600C2000000/

モンゴルで大統領選 与党の前首相優勢か
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060900905&g=int


白鵬の脳内理論 9年密着のトレーナーが明かす「超一流の流儀」
大庭 大業
ベースボール・マガジン社
2021-03-06


照ノ富士

まいど、編集長のタケシです。

両横綱欠席の今場所、注目してた貴景勝と照ノ富士の取り込み、私が完全に勘違いして照ノ富士優勝したと思ったら、2回目の取り込みで照ノ富士が破れ、優勝に至らなかったです。

完全に、希望として照ノ富士が優勝して欲しかったぁ。







相撲 2020年 09 月号 [別冊付録:秋場所本物新番付]
ベースボール・マガジン社
2020-09-03



FullSizeRender

まいど、編集長のタケシです。

我が大横綱朝青龍、Twitterで結婚したことを報告しました。

時系列を見ると分かりますが、
実は昨日別の人がモンゴル語でツイトし、それを発見した私が日本語でリツイートしたら、その2時間後に朝青龍が正式に発表しました。

FullSizeRender



FullSizeRender







かなり面白い展開になりました。
それは別として、本当におめでとうございます!

久々に本当に嬉しいニュースで良かったです。
あっという間に、Twitterのトレンドにランクインしました。
FullSizeRender


ネットで、他の人の反応は?!ちょっとみてみましょう。





















大相撲の横綱の白鵬関が日本国籍の取得申請中であることと、それが引退後に親方となることを目的とてしたことがメディアで報じられ、様々な意見が各方面から発信されています。
images-70

白鵬関の帰化申請を良く思わない意見には、白鵬関が春場所の千秋楽の土俵下で三本締めを行ったことへの批判にからめたものが多いです。

こちらについては、あくまで国技としての相撲の儀礼上の順番の問題として、日本相撲協会が対処を検討中です。

しかしながら、何かにつけて白鵬関について「横綱としての品格が」や、挙げ句に「日本の品格が」と口擊する人達には、少し冷静に考えて欲しいと思います。

白鵬関は平成最後の春場所の千秋楽を終え、天皇賜杯の授与の後に、平成からの御代替わり(みよがわり)にあたり大相撲の興隆を観客と心を一つに祈願するため、三本締めを行っています。

儀礼上の順序の違いはその後に識ったことであり、観客の皆様もほとんどが喜んで三本締めに手を合わせています。
images-54

白鵬関がどれほど天皇賜杯の授与の大切さを理解しているかは、明治神宮の公式Webの記事でも紹介されている、柔道の山下泰裕さんとの対談からも良く分かります。
http://www.meijijingu.or.jp/shiseikan/yamato/099.html

白鵬関に対して「横綱の品格が」と口擊される人達には、ご自身の言説や態度に「日本人としての品格が」どれほどあるのか、今一度、自分自身を見直すことをおすすめします。
G20161116013733880_view

また、白鵬関にとって国籍をモンゴルから日本に変更することは、考えに考えての決断です。
ブフ(モンゴル相撲)の英雄を父にもつ白鵬関が日本人女性と結婚した当時、モンゴル国内でも白鵬関はモンゴル人ではなく日本人になるのではないかという心配の声が数多くあがりました。なぜなら、モンゴル人の愛国心や民族の誇りは、大変に強いものがあるからです。
白鵬関もまた、決して経済的な理由などで気軽に日本国籍の取得を申請したわけでないことは、はっきりしています。
images-125

モンゴル人としての民族の誇り。
日本の国技を次世代へと継承していく責任。
そして、これからのモンゴル人力士たちの育成という志。
これら全てを護り背負うための選択肢としての日本国籍取得申請。
並々ならぬ不退転の決意であると私は考えます。

日本国籍の取得については、膨大な書類手続きを必要とする一方で、日本という国に対する愛や忠誠を一切必要としない手軽さの両方が現実問題として存在します。
あくまで経済的な利便性だけで日本国籍の取得を行う立場からは、日本が多重国籍を認可するべきだという制度変更の主張までおこります。
テニスの大坂なおみ選手がグランドスラムで優勝したときも、優勝会見でテニスの質問ではなく国籍の制度の質問をして大坂選手を困惑させた新聞記者がいたことも、記憶に新しいでしょう。

自身の民族の誇りを忘れず日本の文化伝統を大切にしその継承の責任を背負う、日本国籍の取得。
白鵬関がこうした日本の新たな時代の「鑑」となることを、私は祈願いたします。

平成31年4月22日
みずばしょう


D4ZN3HDU4AIzL9L





白鵬伝
朝田 武藏
文藝春秋
2018-01-25


↑このページのトップヘ