モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:留学生

名古屋大
【写真】左からガルバドラッハさん、3女のスウリさん、夫のオトゴンプレブさん=2019年9月23日、名古屋大学中央図書館前

 ウランバートルで、新モンゴル学園の理事長と日馬富士学校の校長を務めるJ・ガルバドラッハ(愛称ガラ)さんは、今春、名古屋大学大学院の教育発達科学研究科博士課程に入学した。3女のスウリさんと夫のオトゴンプレブさんも博士課程で学んでおり、親子3人そろって名大の博士課程だ。
 ガラさんは、山形大で教育学の修士号を取得した後、東北大の博士課程に移り、カリキュラム論を専攻して4年間在籍したが、博士号取得までは至らなかった。東北大に在籍していた2000年、モンゴル初の3年制の高校「新モンゴル高」を創設した。年に何回か、モンゴルと仙台を往復する生活を続けたが、学校を軌道に乗せることに没頭していたため、博士論文を完成することはできなかった。
 新モンゴル高は、その後、中学校と小学校を併設し、モンゴルでは一般的な小中高一貫教育の学校になった。
 ガラさんは、さらに2014年、新モンゴル工科大と日本式の新モンゴル高専(工業高等専門学校)を創設した。2016年には、日本の幼稚園と保育園をモデルにした新モンゴル子ども園もつくった。2018年には、元横綱・日馬富士(本名D・ビャンバスレン)さんが出資して理事長を務める新モンゴル日馬富士学校を創設し校長を務めている。
 ガラさんは、2016年、モンゴル国立教育大の博士号を取得している。しかし「日本の大学の博士号を取りたい」と考え、名古屋大入学となった。本業の新モンゴル学園は、長女のトゴスさんが専務理事に就任しており、学校経営の負担がいくらか減ったことが背景にある。ちょうど名古屋大には、3女のスウリさんが大学院教育発達科学研究科の修士課程から在籍しており、来日したとき、通いやすいこともあった。
 スウリさんは、新モンゴル高の一期生で、横浜国大教育学部を卒業して帰国、母校の日本語教員をしていたが、2016年4月、名大の修士課程に入学し、今春、博士課程に移った。夫のオトゴンプレブさんは工学研究科博士課程でコンピューターのセキュリティー関係を専攻している。
 名古屋大は、2006年、モンゴル国立大法学部に日本法教育研究センターを開設しており、日本語による日本法教育を行うとともに、モンゴルでの研究拠点にしている。
 名古屋大はまた、モンゴル国立教育大との交流にも力を入れており、発達科学の分野で共同研究も行っている。
 ガラさんは、名古屋大では教育経営の分野で研究を行う。今年9月には、北海道の宗谷地区の小中学校で現地調査を行った。名大は1992年から宗谷地区で地域教育経営の事例研究を続けている。ガラさんは、今後、モンゴルで教育経営の事例研究などを重ね、自らの学校創設の経験も踏まえた博士論文を仕上げるという。





▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


friend-2727307_1280
毎度、編集長のタケシです。
日本政府奨学金により、モンゴルからの留学生募集です。

詳しい条件:
モンゴル国籍を有する者。
1983年4月2日以降に出生した者。
その他もいろいろあります。詳しくは在モンゴル日本大使館


II. 教員研修留学生奨学金概要

 合格者は、2018年10月から2020年3月の期間中に、指定された日本の大学で教員研修留学生として研修に参加する。また、奨学金支給期間の延長は認められない。期間中は毎月143,000円が支給される。


III. 日本留学相談コーナーの設置
 日時:1月23日〜26日 (13:00〜17:00 )
 会場:モンゴル日本センター1階ロビー


IV. 願書受付
 日時:1月22日〜26日(13:00〜17:00)
 会場:モンゴル日本センター1階ロビー


照会先:在モンゴル日本大使館 広報・文化班
電話番号: 320-777

ブフクラブの会長であるバー・ボルドーさん及び「ムングンさんを救う会」からのお知らせです。

ムングンさんへの救済金を募る、チャリティパーティー開催のご案内

開催日時: 2011年7月9日(土) 14:00 〜 16:00、 13:30 〜 受付
開催場所: 内モンゴル居酒屋 青空  電話:03-6300-9189
     http://mongol-aozora.com/index.html
アクセス: 京王新線 幡ヶ谷駅より徒歩2分
    http://mongol-aozora.com/access/index.html
参加料金: 4,000円 (うち 寄付金2,000円、 パーティ飲食代2,000円)
*お酒の差し入れを大歓迎します。チャリティーなので、提供できる飲食には限りがありますので、
店主のご好意で特別に許可をいただいております。よろしくお願いします。

開催目的: 癌を患った内モンゴル人留学生ムングンさんは、6月7日に一回目の手術を行いましたが、
癌細胞が体内に広がったため、現在化学治療を受けており、9月に再手術することになっています。
彼女は留学生なので、膨大な治療代が工面できず、経済的にも精神的にたいへん困っています。したがって、
わたしたち在日モンゴル人と他の支援者の皆様のご支援が必要です。
ムングンさんのために少しでも募金できれば幸いです。救済金募金のご案内を配信後、大きな反響を呼び、
大勢の方から救済金を振り込んだというお知らせをいただいています。
誠にありがとうございました。

なおモンゴル民族文化基金はすでに10万円を寄付することを決めています。

チャリティー・パーティーを開催することは、ムングンさんのための救済金を募るだけではなく、
在日モンゴル人およびほかの方々の親睦を図り、情報を共有する機会でもあります。
また在日中国出身のモンゴル人の助け合いの精神と強い結束力を世界に示す重要な意味合いも持っています。

皆様にはふるってご参加のほどよろしくお願いします。

50−60席しかありませんので、ご参加の方はご一報いただければ幸いです。
                                     
                                     
                            平成23年6月30日
                            ムングンさんを救う会一同

お問い合わせ:
バー・ボルドー  090-6483−6425 E-mail: tomikawark@yahoo.co.jp
ガンドゥシ     090-6516−9788 E-mail: bduxi@hotmail.co.jp


ムングンさんについて前回こちらで紹介してあります。
内モンゴル人留学生ムングンさんを救う募金活動のご案内



地震や原発など今だに続いてて、今年は本当に大変な一年になりそうです。

東北地方太平洋沖地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

このブログで以前も白血病の支援募金の声かけまして、沢山のご支援を頂きました。
今日はあるモンゴル人留学生をご支援して頂く募金のご案内をさせて頂きます。

なお、下記はバー・ボルドーオフィシャル・ブログから転載したものです



ムングンさんは、内モンゴル出身の女性で、現在広島大学大学院博士課程で
モンゴル現代史について研究中です。今年5月に卵巣癌と診断され、6月7日に
一回目の手術が成功し、いまも入院中です。癌細胞が体内に広がり、
肝臓などの内臓から3リットルの水分が抽出されましたが、幸い手術後の経過は良好だそうです。
 
今後三ヶ月間化学療法などを続け、9月に二回目の手術を受けることになっています。
そして病状次第では、何回か手術が必要になると考えられています
 
現在彼女は、国民健康保険と市から支給される若干の治療費に頼っていますが、
今後膨大の治療費がかかることは必至です。留学生である彼女の経済状況と保険から見て、
彼女一人で治療費を捻出できることは到底不可能であり、場合によっては治療を
あきらめなければならない厳しい状況に置かれています。ですので、ムングンさんは経済的にも
精神的にも非常に困っているとのことです。彼女の家族として、京都の大学に通う一人娘が休みを取って、
看病していますが、看病と通学はなかなか両立できない状況でもあります。
ムングンさんの救済活動について、静岡大学楊海英教授(第14回司馬遼太郎賞受賞者)
から呼びかけていただきましたが、それを受けて、モンゴル民族文化基金は、
直ちに「ムングンさんを救う会」を立ち上げて、彼女のために少しでも多く募金をしてあげたいと
考えております。難病と闘う、内モンゴル人留学生を救うために、
  
皆様の心温まるご支援・ご協力をお願い申し上げます。
ムングンさんからのメッセージ:「なんとお礼を申し上げていいかわかりません。
みなさんのご援助とご協力を心から感謝しております。本当にありがとうございます」。

ムングンさんへの救済金の振込先:
事務局連絡先: 
〒134−0083 東京都江戸川中葛西3−11−8シティハイツ405
                       電話:03−5878−0070 Fax:03−5878−0071
           研究室電話:054-238-4501
                          (楊海英) 090-6483−6425
                          (ボルドー) 090-6516−9788(ガンドゥシ)


振り込み先: 東京中央郵便局振替口座
 
口座番号: 00120‐0‐169282   
口座名義: モンゴル民族文化基金

**お振込みの際は、備考欄にかならず「ムングンさんへの救済金」と明記し、ご住所、
ご氏名をご記入ください。よろしくお願いします。

呼び掛け人
楊海英     (静岡大学教授、第14回司馬遼太郎賞受賞者)
ハイラ     (京都外国語大学英米学科留学生、ムングンさんの娘)
ガンドゥシ   (モンゴル民族文化基金理事長) 
バー・ボルドー (東京外国語大学大学院非常勤講師)



以上、皆様の心温まるご支援・ご協力をお願い申し上げます。

以前ブログに紹介したアメリカに留学しているモンゴル人の
Urangoo Baatarkhuyag(18才)さんが白血病の支援募金
記事の続きです。


今アメリカのTVで支援募金の声をかけています。

詳細はこちらのサイトで確認してください。
KSL.COM




Friends hope website can help save Utah student

Video Courtesy of KSL.com





 

↑このページのトップヘ