モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:留学

library-1697314_1920
毎度、編集長のタケシです。
今回はフィリピン留学・フィリピン旅行する時の必需品を紹介したいと思っています。モンゴル行く方も夏・秋であれば一緒です。なお、冬にモンゴル行くはこちらを参考して下さい。


IMG_6184

フィリピンは年間を通じて暖かく、年平均気温は26〜27℃ということなので、熱いのは良いのですが、やっぱり虫や蚊が多くて、虫だけに無視できないよね。だから、虫が近づかないようにスプレーやミストが必要です。そして、万が一虫に刺されても痒み止めに塗る薬もあると便利です。留学じゃなくても、1週間以上滞在するならやっぱり風邪薬と消化によい胃薬も用意した方がよいです。



IMG_6182

カメラ

旅行や留学した時にやっぱり思い切ってたくさん写真撮りたいよね。
最近では、スマホだけ十分いい写真が撮れます。もしも、経済的に余裕があればできればGoProなんどのアクションカメラや一眼レフを持っていくべきです。私の場合、YouTubeでVlogをあげるために、上の写真LUMIX FZ300 今回新しく買いました。4kの動画が撮れて、さらに外付けのマイクも可能でちょうリーズナブルな価格です。カメラ初心者にはこれちょうお勧めです。

三脚

写真撮るだけなら三脚なくても大丈夫です。
しかし、綺麗な映像を撮りたいのならカメラに三脚は必須だと思っています。私が何回か映像を撮ってて、大事なところでぶれたり、使い物にならなかったり苦い経験があります。最近の三脚は軽くてお洒落です。心配するほどの荷物にはならないと思います。


その他

上記以外には、ガイドブック、電源プラグ変換アダプター、筆記用具、現地の気候に合わせて服装、ランニングウェア、サングラス、水着、日焼け止め;留学なら参考書、電子辞典;女性の場合、生理用品、洗顔料、メイク落とし、帽子など必要でしょう。

まとめ

タイトルは「フィリピン留学・フィリピン旅行する時の必需品」にしてありますが、結局、東南アジアならどこに行っても一緒です。モンゴルも夏は虫や蚊が多くて、乗馬する時は本当にうっとうしくなります。
今回は、薬・カメラ・三脚をメインに話しましたが、現地行ってなにをどうしたいのかと想像して、逆算して用意するべきでしょう。

ご参考までに読んで頂けたら嬉しいです。

極冬のモンゴル旅行に必要品

sea-2720593_1280

毎度、編集長のタケシです。
今日の記事は本当に必要としている人以外は読む必要ありません。

その必要だと思うのは日本在住のモンゴル国籍または中国国籍の人のみです。最近英語の勉強で留学先として割と安くて、マンツーマンレッスンが受けれるとしてセブ島が人気急上昇中です。

実は私も来月から2カ月間セブ島に短期留学することになりました。
正しい日本語だとここでしましたを使うべきかな?12月に戻って来た時はなんとモンゴル語・日本語・中国語・英語が話せるクァドリンガルになるわけです。

何歳になっても新しいことにチャレンジするとワクワクして、生きている感じがします。 



フィリピン留学の魅力

私は、留学先としてセブ島を選んだのはちゃんと理由があります。

1)日本との時差が1時間だけ。
留学とは言え収入がないと困りますよね。日本の株式市場が始まるのはちょうどセブの8時なので、授業が始まる前に毎日1時間だけトレードをしたり、日本と仕事のやりとりとかできます。

2)週末は社会活動ができること。
私は日中マンツーマンレッスン5時間、さらにグループレッスン2時間のコースを選びました。フリータイムにダンスやヨガもできます。土日には現地の文化体験やボランティアなど社会活動ができます。


では、本題に入ります。
フィリピン留学ビザ、30日間滞在ならモンゴル国籍の人はビザ要りません。
中国国籍は1週間以上滞在するだけでビザが必要です。

モンゴル国籍、中国国籍の非移民ビザ(30日以上〜3ヶ月未満)申請書類

以下の説明は会社員の場合です。学生や無職の人は他のサイトを参考して下さい。

大使館行く前に準備すること
.僖好檗璽筏擇喙命燭あるページのコピー
∈瀘吋ード及びコピー
D鳴及び残高証明書(英文) → ゆうちょ銀行がおすすめです。5分で作ってくれます。他銀行はどこも1週間以上が必要です。
ぞ斂声命2枚(パスポートサイズ)
ゥ侫リピンの語学学校の入学通知書
Ρ復航空券(Eチケット)
Ш濘証明書(英文)

大使館でやること
非移民査証審査書
➁ 同意書
➂ 申請費用:3900円

資料に問題がなければ受付してからその場で5日後に取りに来いと言われます。

フィリピン大使館の情報


フィリピン大使館公式サイト
ビザ申請時間
月曜日〜金曜日 9:00〜12:00

ビザ受取時間
月曜日〜金曜日 14:00〜15:00

住所 
〒106-0032東京都港区六本木5丁目15−5 

(地下鉄六本木駅、3番出口が一番近い)

モンゴル留学・モンゴル旅行する時の必需品に関して

詳細は↓↓こちらの記事をご覧ください。
http://mongol.blog.jp/2018/10/12/51986526 






friend-2727307_1280
毎度、編集長のタケシです。
日本政府奨学金により、モンゴルからの留学生募集です。

詳しい条件:
モンゴル国籍を有する者。
1983年4月2日以降に出生した者。
その他もいろいろあります。詳しくは在モンゴル日本大使館


II. 教員研修留学生奨学金概要

 合格者は、2018年10月から2020年3月の期間中に、指定された日本の大学で教員研修留学生として研修に参加する。また、奨学金支給期間の延長は認められない。期間中は毎月143,000円が支給される。


III. 日本留学相談コーナーの設置
 日時:1月23日〜26日 (13:00〜17:00 )
 会場:モンゴル日本センター1階ロビー


IV. 願書受付
 日時:1月22日〜26日(13:00〜17:00)
 会場:モンゴル日本センター1階ロビー


照会先:在モンゴル日本大使館 広報・文化班
電話番号: 320-777

image
毎度、編集長のタケシです。
島村一平さん編集の「大学生が見た素顔のモンゴル」の献本が届きました!!心より感謝です。

たいへん恐縮です。というのは島村一平さんは文化人類学者で、モンゴル研究学者でもあります。長年モンゴルのシャーマニズムを研究し、それに関する論文などもたくさん出されいる方です。

シャーマニズムという名の感染病――グローバル化が進むモンゴルで起きている異変から
島村一平 / 文化人類学


シャーマニズムに興味ある方にはぜひ読んで欲しい一冊は↓↓↓これです。
増殖するシャーマン―モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ [単行本]

image

では、本題に入ります。

「大学生が見た素顔のモンゴル」はリアルに日本人大学生がモンゴルに留学してそこで見た、経験した、感じたことを書いたものになっています。正式にはモンゴルの文化や社会を勉強した学生たちの卒業論文でもあるそうです。

羊の毛色を見分けたり、馬を自由に乗りこなしたりできるようになって帰ってきたなどの話、面白さ満点です。内容もそうなんですが、卒論を書籍にするって発想はいいですね。逆に、モンゴルの大学でも導入して欲しい。

大学生が見た素顔のモンゴル [単行本] 

目次
はじめに                        島村一平
第1部 素顔の遊牧民
第1章 モンゴル遊牧民の子育て             平野あんず
第2章 タイガと草原に生きる遊牧民
     −フブスグル県のダルハド遊牧民との生活体験から    西口佳那
第3章 モンゴル遊牧民の馬の個体認識をめぐって
     −毛色を中心に                  吉村友里

第2部 街の素顔
第1章 モンゴル人のヘルール(口喧嘩)の技法      安藤晴美
第2章 幽霊譚から読み解く現代モンゴル社会       北田昂大
 第3章 モンゴルの学校には「いじめ」がない?      柴田友登

第3部 「伝統文化」の相貌
第1章「伝統」という概念のゆらぎ
     −モンゴル舞踊をめぐる「伝統」観の世代間格差      今井冴香
第2章 演じ分けられた民族音楽
     ―モンゴル国における2種類のカザフ民族音楽の創造    八木風輝

第4部 日本とモンゴルの接点をみつめる
第1章 比較してみた日本とモンゴルの歴史教科書
―元寇・ノモンハン事件・第二次世界大戦        樗木佳奈
第2章 柔道・レスリングは、モンゴル相撲の一部なのか?
−ウランバートルのモンゴル相撲道場の事例から       平山開士

あとがき                         島村一平







↑このページのトップヘ