モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:民族

 YouTubeでモンゴルの音楽を聴いているとき、馬頭琴奏者のジグジットドルジさんが「Ehiin setgel shig」(エヒーン・セトゲル・シル)という作品を演奏している映像を見つけた。日本語に置き換えると「母の心のように」という作品。シャラブが作曲した。とても穏やかで優しい音色に聴き入ってしまった。
 シャラブは2019年7月に亡くなっている。映像は、その1年前に収録された。馬頭琴を愛するモンゴル人留学生によると、楽譜には「妻に捧げる」と書いてあるそうで「闘病中に奥さんやお母さんを思いながら作曲したようです」と解説してくれた。
 YouTubeには、ピアノ伴奏の映像とオーケストラと共演するものと二つあるが、オーケストラ版をお聴きください。



 映像では、演奏開始前、ジグジットドルジさんの緊張しているような表情がうかがえる。シャラブといえばモンゴルを代表するような作曲家だ。闘病中の偉大な作曲家を思いながら、気合を込めているようにも見える。
 ジグジットドルシさんが演奏するものでは、私は「Bi chamd hairtai」(ビー・チャムド・ハエルタェ)もよく聴く。英語では「I love you」という作品。ジャンツンノロブという、シャラブと並ぶ大作曲家による映画音楽で、題名の通りロマンチックな甘い香りのするメロディーだ。

 
この映像では、ピアノに続いてジグジットドルジさんが登場する。背景の馬頭琴奏者の中に、オヤンガさんという信州大学留学生のお母さんの姿もあり、その意味でも、私にとっては身近な映像になっている。
 私は、昨年10月、訪モした際、ジグジットドルジさんにお会いした。モンゴル人の友人を介してお会いしただけだが、そのとき、サイン入りの音楽CDを2枚いただいた。私は、お礼に、仙台名産、白松が最中のミニようかんセットを差し上げた。これでは、釣り合いが取れないかもしれない。ほんの気持ちだけです。
 馬頭琴というと、民俗音楽に結び付けられがちだが、クラシック音楽にも、どんどん進出していってほしい。モンゴルらしいクラシック音楽ができるのではないか。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

私はよくYouTubeでモンゴルの音楽を聴く。最初のころ、繰り返し聴いたのは「taliin mongol ail」(タリーン・モンゴル・アイル)という作品だ。日本語に置き換えると「大草原のモンゴル人」といったところか。この音楽を聴いていると、モンゴルの風景、人々の生活を思い浮かべることができ、心が落ち着いた。
 この作品は、ariunaa(アリウナ)という女性が歌って大ヒットしたという。モンゴルを知る友人の日本人は、アリウナについて「モンゴルの美空ひばり」と言う。曲目は違うが、私は、アリウナが、ナマで歌うのを2回聴いたことがある。
 1回目は2011年8月、ウランバートルで開かれた結婚披露宴のときだ。アリウナが歌い始めると、みんな席を立って、彼女の周りに集まり、踊り出す人もいて、大いに盛り上がった。私は、アリウナが国民的な大歌手であることを実感した。
 2回目は、2018年9月、新モンゴル日馬富士学校の創立記念パーティーのときだった。アリウナが歌い出すと、創設者・理事長の日馬富士さんらも舞台に上がり、一緒に歌って盛り上がった。
 アリウナの「タリーン・モンゴル・アイル」をお聴きください。



この作品は、中国でも人気なようだ。Tsetsegmaa(ツェツェグマ)という、たぶんブリヤート・モンゴル人だと思うが、女性歌手の作品がYouTubeで見ることができる。



中国版は、ナレーションは中国語だが、歌はモンゴル語だ。画面のタイトルは「草原蒙古人家」。ほかにも漢字の説明が出るので、日本人にはなじみやすいと思う。
 アリウナが歌う映像は、現代のモンゴルをイメージしたもののように私には思える。一方、ツェツェグマが歌う中国版は、古き良き時代のモンゴルを表現したもののようであり、牧歌的な雰囲気に満ちている。
 私の独断と偏見では、中国は、だまし合い、ののしり合いの社会のイメージだ。そんなギスギスした社会で生きる人々にとって、大草原の遊牧生活は、癒しの世界なのではないか―。そんなことが想像できる映像になっていると思う。
 もっとも、タイトルの「草原蒙古人家」について、モンゴル人留学生は「間違いです」と指摘する。モンゴル語で「アイル」は、家庭または家族の意味だという。家は、あくまで「ゲル」であり、「アイル」と区別している。「ゲル」のことを中国では「パオ」と呼ぶが、何でも漢字で書けばいいということではないようだ。
 「タリーン・モンゴル・アイル」には、馬頭琴のオーケストラ版もある。



ウランバートルの国立ドラマ劇場を本拠地にする歌舞団が演奏している。歌なし馬頭琴だけの、ゆったりとした、しかし迫力ある演奏が楽しめる。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

IMG_9562

開催日時
2019年11月23日(土) 19:00〜

開催場所
荒川区南千住1-15-4

料金
ワンドリンク付き3000円

草原の四季 馬頭琴と古箏で綴るモンゴル民謡
ライ・ハスロー/タラー
ALM RECORDS
2006-07-07






26220089_2069063720046258_1093401505553812395_n

毎度、編集長のタケシです。
「アサル国際馬頭琴アンサンブル5周年記念公演」のお知らせです。

開催は静岡県、東京都、茨城県など3ヶ所あるので、興味ある方はぜひ行ってみて下さい。なお、今回のチャリティーコンサートの収益をモンゴルのこどもたちに寄付するとのことです。

日時 
2018年5月18日(土) 18:30 開演 

会場
島田市民総合施設プラザおおるり

入場料金
全席自由1,500円(税込)詳細はこちら


日時 
2018年5月19日(土) 19:00 開演 

会場
東京都サントリーホールブルーローズ

入場料金
自由4,000 詳細はこちら


日時 
20180年5月20日(日)19:00開演

会場
つくば市立ノバホール(大ホール)

入場料金
前売券2,500円/当日券3,000円 ※中学生以下1,000円(全席自由)詳細はこちら

馬頭琴奏者NAGISA

毎度、編集長のタケシです。
世界各地で公演を行うほど実力派モリンホールチ(馬頭琴演奏者)馬頭琴NAGISAさんが、モンゴル国文化功労賞授賞記念として、Nagisa Salon Concert 2018 「モンゴルの風コンサート 」を開催します。

開催日時
2018年2月26日(月)  18:30〜開演

開催場所
サン・ミケーレ
東京都港区浜松町1-17-10 汐留検診クリニック5階
TEL: 03-3432-4300


料金
8,000円(お食事・ドリンク付き)

出演
馬頭琴NAGISA
ピアノ竹内俊平

特別出演
ホーミーOrgilbold Batbold
モンゴル近代サーカス劇場“エンジェルス” 監督、モンゴルサーカス芸術連合協会副理事長、モンゴル文化功労アーチスト

主催
NAGISA後援会

協賛
アトミJAPANサランセンター



【お問合せ】
オフィスABE
TEL :070-5572-4337
Mail: morinhuur129@gmail.com

馬頭琴奏者NAGISA's Official Blog
ちょうど今、モンゴルの正月ツァガンサルでもあるので、ぜひスケジュールを調整して行ってみて下さい。

↑このページのトップヘ