モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:民主党


image

毎度、編集のタケシです。
モンゴル大統領選、バトトルガ氏が勝ちましたね。本当におめでとう!!今朝は速報でTwitterで流しちゃったのですが、改めブログに転載します。

モンゴル総選挙、有権者投票率は以下の通り:
21 aimag(地方)の参加率は58.35%、ウランバートル市の投票率は62.85%に達したのこと。したがって、モンゴルの有権者投票率は60.41パーセントであり、再投票が行われないことを意味する。

民主党Kh.Battulgaの候補者がレースをリードしている。Kh.Battulga、民主党の候補者は50.63パーセント(608,552票)を獲得し、モンゴルの人民党の候補者であるM.Enkhboldが41.16%(494,696票)を獲得した。

明日は午前10時頃に海外に住むモンゴル国民の投票用紙がモンゴルに到着し、午後12時頃に完成予定だ。一方、約98,200人の有権者が空白の投票用紙を投じた。

出典 GOGOニュースより


2017-07-07-20-41-13
毎度、編集のタケシです。
モンゴル大統領選、史上初の決選投票が始まりました。

本日、TBSラジオから取材の依頼がありました。内容等ははっかり言えませんが、モンゴル大統領選挙に関するいろいろ質問と私の意見など…


モンゴル通信によると、本日の12時点で全国投票率は18.83%ということです。
一部の有権者はSNSなどを使い白票を投じようと呼びかけいます。正直、白票はやめた方がいいです。時間と資源の無駄です。

今回の大統領選の最大の課題と言えば経済です。中国とロシアを依頼しぎた結果、両国の不景気で一気に資源価格が落ち、物価上昇、不景気になったわけです。

2017-07-07-20-46-30
候補者エンフボルド氏にしろ、バトトルガ氏にしろ色々と噂が多い。

人民党のエンフボルド氏は以前政府高官のあっせんで600億トゥグルグの資金作りの話がSNSで炎上されています。彼の政権政策は簡単に言うと外国からの投資、外国資本をさらに呼び込み、有効活用するとのことです。マジか。これ以上中国資本が入り、中国化されたら困ります。

2017-07-07-20-02-09
僕は、民主党のバトトルガ氏を応援しています!

彼は、資源開発への政府の関与の強化すべき、そしてモンゴルで作って、外国で売るという輸出国を目指すと言っています。バトトルガ氏のスローガン「モンゴルは勝つ」、朝青龍など多くの著名人が彼を応援しています。しかし、彼にも悪い噂オフショア口座があると批判が起きています。いわゆる「パナマ文書」の件です。

果たして、次の大統領は誰になるのか?

パナマ文書とモンゴルについて






毎度、編集長のタケシです。
モンゴルの大統領選挙、開票結果候補者3人とも過半数を獲得できず、これにより7月9日に決選投票を行うことになったようです。

朝青龍など著名人が支援しているバトトルガ氏が得票率でトップを獲得、それそれの得票率が下記の通りです。

民主党
バトトルガ氏51.7万票(38.1%)
中国批判派

モンゴル人民党
エンフボルド氏 約41.1万票(30・3%)

モンゴル人民革命党
ガンバータル氏 約40.9万票(30・2%)



モンゴル大統領選、7月9日に決選投票 最多得票は野党候補
https://jp.reuters.com/article/mongolia-elections-idJPKBN19I0DH

モンゴル大統領選、決選投票へ 最大野党候補がトップ
http://www.sankei.com/world/news/170627/wor1706270013-n1.html





毎度、編集長のタケシです。
モンゴル総選挙は人民党が勝ちました。そもそも投票前から今回は人民党の勝利と言われ来ました。なので、驚くことはありません。

日本経済新聞 2016/6/30 10:35
モンゴル総選挙、最大野党が圧勝 新政権人事に着手へ 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H1W_Q6A630C1EAF000/

モンゴル経済の悪化は内外からも非常に不満が多い。物価上昇に、モンゴル通貨安、そして汚職。だから政権交代は必然だと言っても過言ではない。

果たして、人民党が本当に国民視点からの政権運営ができるのか?今後も注目して行きたいです。なお、モンゴル総選挙に関して本日取材依頼あったので、ここまでにしておきます。



















as2
写真提供:news.mn

@毎度、編集長の
モリンホールです。 

モンゴル現地のニュースから最新情報が入りました。

朝青龍がつにモンゴル民主党に入党したようです。

ソースはこちら

では、彼が将来大臣になり、そして大統領になれる日が来るのでしょうか?
私の分析では彼の性格、人柄で言えば「なれる可能性が十分ある」。


しかし、ネックなのはこの人

旭鷲山です。彼が2009年から大統領特別補佐官を務めている。
 
土俵の上でも土俵の外でも、永遠に戦うお二人がどんなモンゴルを見せるくれるのか?楽しみです

↑このページのトップヘ