モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:歴史

yurt-486866_1920

モンゴルなう!モンゴル情報のサイトマップ


読者がより見やすくするためにサイトマップを作りました。
他にも、ご要望などございましたら連絡を頂けると嬉しいです。

モンゴル情報カテゴリー一覧



当サイトに関して



おすすめな本のご紹介 

mongol bichig
モンゴル歴史を知る


内モンゴルを知る


モンゴル語・モンゴル文字


FullSizeRender

まいど、編集長のタケシです。
新書「草原の制覇 大モンゴルまで」(古松崇志 著)のご紹介です。




目次

いま、中国史をみつめなおすために――シリーズ 中国の歴史のねらい(執筆者一同)

はじめに

序 章 ユーラシア東方史と遊牧王朝
 一 中央ユーラシアの騎馬遊牧民
 二 遊牧と農耕が出会うユーラシア東方史

第一章 拓跋(タブガチ)とテュルク
 一 鮮卑拓跋部と北魏
 二 唐と突厥の興亡
 三 安史の乱の激動

第二章 契丹と沙陀
 一 契丹の建国
 二 沙陀の勃興
 三 沙陀系王朝と契丹

第三章 澶淵の盟と多国体制
 一 澶淵の盟への道
 二 タングト・西夏の台頭
 三 契丹情勢と北宋の西北経略

第四章 金(女真)の覇権
 一 女真の勃興
 二 金の覇権とユーラシア東方情勢
 三 金の変革と北方情勢

第五章 大モンゴルと中国
 一 大イェケモンゴル国ウルスの建国と拡大
 二 クビライと大元ウルス
 三 ユーラシアの東西交流と中国

おわりに

あとがき

図表出典一覧
主要参考文献
略年表
索 引

本の内容

南の中原に拠る農耕王朝と北の草原に拠る遊牧王朝。生業を異にする二つの王朝は、千年にわたり対峙し、たがいに覇権を争った。五胡十六国の戦乱から大元ウルスの統一まで、騎馬軍団が疾駆し隊商が行き交う、広大なユーラシア東方を舞台に展開する興亡史。伝統的な中華史観の枠組みを超え、多様な民族が往来する多元世界の歴史を描きだす。



モンゴル文字の本

毎度、編集長のタケシです。
毎年、恒例の記事です。モンゴルなう!経由で買われた本のトップ5を紹介します。




墓標なき草原――内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録



著者楊海英氏が18年間にわたって研究、調査して書き上げた中国の文化大革命によってモンゴル人の大量虐殺された事実を書かれています。
上、下二冊も上位にランクインしました。





ゼロから話せるモンゴル語



本書は「覚えるフレーズ」「ダイアローグで学んでみよう」「文法編」「ヴィジュアル・モンゴル語」の4つのパートからなって、簡単な表現や受け答えを覚えながらモンゴル語の基本的な体系も理解できるようになっています。

ゼロから話せるモンゴル語
温品 廉三
三修社
2006-04-01


地球の歩き方 モンゴル 2017~2018



この本に関しては特に説明は不要ですよね?当サイトモンゴルなう!もおすすめサイトに紹介されています。




遊牧民から見た世界史



著者はモンゴル史研究の第一人者の杉山正明氏です。
主に中国の歴代王朝と遊牧民の関わりを解説していて、今までの西洋や中華思想で書かれ歴史本と違って遊牧民の視点から書かれてて非常におすすめ。



旅の指さし会話帳16モンゴル



こちらも得に説明は不要かと思います。地球の歩き方と比べて分かりやすい、可愛いイラストがたくさんあるので初めてのモンゴル・内モンゴル行く方は絶対持っていると便利です。
著者の有希子さんとは古い友だちで、昔ツアーのパンフレットの絵も描いてもらったことがあります。






毎度、編集長のタケシです。
久しぶりに宮脇淳子先生がYoutubeで顔出したと思ったらなんと新書の発表でした。
相変わらず辛口で元気そうでした。

映像で「戦争は義務ではなく権利;軍人を出すことによって儲ける、分け取り合戦」であるという話。アメリカと中国の覇権争いをみれば結局今も変わってないなぁと痛感しました。

蒙古襲来


本書の内容紹介

<蒙古襲来>──海を渡ってやって来たのは本当にモンゴル人だったのか!?

一度目の文永の役(1274年)、ニ度目の弘安の役(1281年)で、日本に「蒙古」から大船団で襲来したとされる人々……
彼らを狒雜兇罵桂劼鬚垢詭餌"という、現代のわれわれがイメージする「モンゴル人」と同一と考えるのは間違いである。
史書『元史』『高麗史』には、当時の船員たちの名が記されている。そのほとんどは高麗人である。つまり元王朝=モンゴル人ではないのである。

「元寇を『蒙古襲来』なのだから爛皀鵐乾訖佑来た"と思い込んでいるのと、今の中国、ロシア、朝鮮の実像を正確に把握できないのとは根が同じような気がしています」(著者)

では、元朝はなぜ高麗人をよこしたのか。
「元寇」をフビライ、ひいては世界史的な目線で、元と高麗を舞台として読み解くと、強国モンゴルに取り入り、「元」の日本遠征に自ら名乗りをあげた当時の高麗と現代の朝鮮半島の姿は、いろいろな面でオーバーラップしてくる。
一方、日本は二度の「元寇」から何を学んだのか。対外的に反省しすぎると世界では犲紊"とみなされることを忘れていないだろうか。
本書では、蒙古、高麗、日本、それぞれにとっての「蒙古襲来」の意義と日本人の誤解を、当時の大陸をとりまく真実の歴史から検証する。
中央アジアの遊牧民を中心に、中国からロシアまで幅広く歴史研究をしてきた著者の真骨頂! 

<本書の構成>
第一章 日本人のモンゴル観
第二章 モンゴルとは
第三章 高麗とは
第四章 蒙古襲来前夜
第五章 大陸から見た元寇
終章 その後


△【偉人伝】チンギス・ハン前編!モンゴル帝国の英雄を中田がエクストリーム授業

毎度、編集長のタケシです。
本当に久しぶりです。去年は半年以上海外でのんびりしてたが、今年は本格的にビジネスを展開してて中々ブログを更新してなくてすまないと思っています。
毎日訪問して下さっている方には感謝しています。

中田敦彦の偉人伝というチャンネルにモンゴルの話が上がってきてたのでみてしまいました。中田敦彦って芸人だけど慶應義塾大学出身で芸人の中でもかなりの頭脳派です。

今回は動画の内容に触れるつもりはないです。
映像をみて非常に洗練されている部分を紹介したいと思っています。

  • 話がテンポがよく分かりやすい
  • リアクションが面白くて飽きない
  • 情報量が多いけど短くまとまっている
  • 受けやすいところを何回も繰り返して話す
  • ドラクエに例えるところが漫画王国日本らしい
サラリーマンでもこれだけ抑えればプレゼンが上手になるはずです。

2019年5月28追記
先ほど、後編がアップされたので追記しました。
ぜひ動画↓↓をご覧ください。

△【偉人伝】チンギス・ハン後編!モンゴル帝国成功の軌跡&後継者争いで壮絶な人間ドラマが!



おすすめ記事




↑このページのトップヘ