モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:有名人

テンゲル


中文名:騰格爾
作曲家、歌手、俳優、プロデューサーなど。
1960年に内モンゴルのオルドス生まれ。1986年に「モンゴル人」を歌い、一気に有名人になりました。彼の歌は、草原や馬などモンゴル感が強くて、今まではたくさんの曲を作っても度々公開禁止、歌うのも禁止されたことがあります。



他郷こそが天国なのか?(他郷就是天堂【口馬】)
タンガアルー[騰格爾]
インディペンデントレーベル
2006-05-01



ウーダム


中文名:烏達木
歌手、モデル、タレント
1999年生まれ、2011年に《中国達人秀》(China Got Talent)で両親を失ったウーダム君が《梦中的?吉》(夢の中の母ちゃん)を歌い、一晩で有名人入りを果たしました。ぜひ、映像をみて下さい。感動的です。今は音楽活動をしながらカナダに留学中です。



楊海英


本名オーノス・チョクト、モンゴルの数少ない文化人類学者です。
日本で内モンゴルの歴史やモンゴル文化に関する書籍をたくさん出されている方です。NHKなどでも度々紹介されます。内モンゴルの歴史なら楊海英さんを超える人はまずいないです。



チ・ボラグ


中文名:宝力高
馬頭琴演奏家、人間国宝、作曲家。
1944年満州国興安南省ホルチン左翼中旗(現:通遼市)生まれ。チボラグと言えば馬頭琴、馬頭琴と言えばチボラグではないでしょうか。ボラグさんについては紹介しなくてもみんなご存じかと思います。今だに毎年、日本にきて公演を行うほど大師匠です。



モンゴル/チ・ボラグの馬頭琴
チ・ボラグ
キングレコード
2008-07-09


蒼国来栄吉


本名: エンクトフシ
1984年生まれ。内モンゴル自治区赤峰市出身、荒汐部屋所属。恐らく、日本で一番有名な内モンゴル出身のモンゴル人です。

#おまけ


IMG_1792
スーホ
内モンゴルのアルシャー出身、赤坂のモンゴル料理スーホダイニングバーの店長です。世界2週を果たしたつわものです。昨年テレビで何回も紹介されましたね。料理よりもスーホさんの辛口コメントが大人気です。w

まとめ

内モンゴルの有名人、あくまでも日本で有名または有名になった人たちの紹介です。その他にもたくさんいるかと思いますが、全部は紹介しきれません。そして、ランキング形式ではないの、内モンゴルにこんな人がいるんだな、内モンゴル行ってみたいな程度でOKです。

内モンゴルのこともっと知りたければこの本↓↓↓がオススメです。

内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01


image
毎度、編集長のタケシです。
椎名誠さん直筆のサインを頂きました。本当に嬉しい。

10数年前に、私は来日して初めて読んだ本が椎名誠さんの「草の海」なんです。
まだ日本語学校の時でしたので、日本語の勉強に役立つと友人の川越有希子さんにすすめられて読んだ経緯があります。

恐らく、モンゴルに関わりがある人はみんな知っていると思いますが、川越有希子さんは「旅の指さし会話帳16モンゴル」の著者でもあります。



では、本題に入ります。
この度ご縁があって椎名誠さんが発行する「ずんがずんが 1―椎名誠自走式マガジン 特集:こんなものいらない!」にモンゴルではこれはいらないでしょう?と思われるような情報を提供提供させて頂きました。たいへん恐縮ですが、本の記事の中に私の名前まで出してくださって本当に光栄です。
 
2017-02-23-18-31-40


この本ずばりいうと面白い。日本全国47都道府県の不要ブツを紹介しています。そして世界いろんな国のこれは要らないというものが取り上げられています。
その中にモンゴル、エジプト、イタリア、フランス・・・などの国が紹介されています。

この本を読みながら、ぜひあなたの周りのこんなものいらない!と思われるブツを考えてみてください。きっとなにかあるはずです。

こちらの本です、絶賛発売中!!! 


2017-01-15-10-00-00
毎度、編集長のタケシです。
年明け早々、八代亜紀さんのサインが届きました。
わざわざ送って下さった関係者の方に心より感謝致します。

八代亜紀、モンゴルの大草原で「舟唄」熱唱! “亜紀ちゃん”コールで大盛り上がり

八代亜紀さんがモンゴルの「13世紀村」の大草原コンサートで歌った「JAMAAS 真実はふたつ」の映像はちょう綺麗でした。テレビで見た人もいるかと思いますが、歌っている最中に羊の鳴き声も聞こえてモンゴルらしくめちゃ感動しました。ちょっと前まで、YouTubeでその時の番組の映像ありましたが、既に削除されたようです。


八代亜紀 Newシングル「JAMAAS(ジャマース) 真実はふたつ」、2016/10/19発売!

JAMAAS、それは人生の真理、逃れられない運命。
モンゴルの英雄・革命家であるドグミド・ソソルバラム氏の歌う「JAMAAS」に日本語詩をつけ、八代亜紀が新たな曲として蘇らせる!
原曲の「JAMAAS」が表現する「人生の真実・真理」「生まれてきた運命と避けることができない死」を一人の女性の生涯を描くことで見事に表現し、誕生した「JAMAAS 真実はふたつ」。
 
(引用元 columbia.jp アーティスト情報)

JAMAAS モンゴル語バージョンはこちら↓↓↓



そう、JAMAASはモンゴル国を代表する俳優・歌手・革命家で知られているドグミド・ソソルバラム氏の歌です。そのため、モンゴル人なら誰でも知っています。

2017-01-15-10-00-53
▲染色作家の藤井裕也さんとドグミド・ソソルバラムさん
2017-01-15-10-01-55
▲染色作家の藤井裕也さんと八代亜紀さん 

ちなみに、藤井裕也さんの作品はこちらで拝見できます。


JAMAAS(ジャマース) は既にカラオケでも歌えるようになっているので、頑張ってモンゴル語バージョンを覚えてください。そうすれば、会社の飲み会や合コンでも使えるのでは?(笑)

JAMAAS(ジャマース) 真実はふたつ (CD)
八代亜紀
日本コロムビア
2016-10-19

image

毎度、編集長のタケシです。
新年早々、幻冬舎メディアコンサルティング社からの営業の手紙が届きました。一年ちょっと前にも同社から本を出版しないかとの誘いを受けています。

突然、幻冬舎メディアコンサルティングさんから手紙。まさかの出版依頼?

たいへんありがたく感じますが、今の自分はまだ本を出版するくらいの能力もなければ、ノウハウもありません。

2008年から本格的にモンゴルをPRして、無料で情報を発信してきました。モンゴル人からはよく聞かれます:どうやって金を設けているのと。そもそも金を設けるたにやっているわけじゃないし、誰からも金もらってないです。ただただ好きでやってわけです。好きじゃなければここまで継続することができないはずです。

今まで何人かが、金儲けのためにモンゴルまるまるとか始めたものの、結局みんな消えています。それはそうでしょう、採算のとらないもので金儲けなんかできるわけがない。

今後、日本とモンゴルを融合した国際的なイベントとかやってみたいと思っています。


 

ブログネタ
話題のニュース に参加中!
image

毎度、編集長のタケシです。
かなり前のことですが、ある日突然、幻冬舎メディアコンサルティングさんから手紙が届来ました。今までも良くモンゴルに関する本が届いたり、モンゴル関係のイベントのチラシが届いたり、コンサートのチケットが届いたりしますが、今回の場合内容が全く違ってました。
読書が好きな人は幻冬舎と言ったらすぐ分かると思いますが、有名な出版社だったんです。

早速、内容を一言でいうと「企業出版」しませんかとの依頼でした。

企業出版とは?
「本」×「書店」が持つ情報発信力・信用力を「新しいメディア」と位置づけ、企業の伝えたいメッセージを、人々の心情に働きかける一冊の「ブランディング書籍」としてまとめ、全国の主要書店へ流通させていくことで、テレビ・新聞などの既存メディアよりも「強く」「深く」ターゲットに訴求していく。
幻冬舎メディアコンサルティングHP「企業出版とは?」より

ようは、本を出してもっと企業ブランディグするという手助けするわけです。手紙は手書きで、字がきれいでしたので感動しました。
私は、モンゴル文字も漢字も書くのが苦手です。
しかし、営業が上手いなと思ったのは手紙が届いた次の日に担当者から電話が来て、「手紙が届きましたでしょうか、ご検討いかがですか。」と。

いつかは本を出したいという夢はありますが、
全然そんなレベルではないので、丁寧にお断りをしました。

今さらですが、会うべきだったなと反省しています。
どういう話をするか、どうやって進めるか聞けば良かった。人生でチャンスって何回まわってくるか分かりません、その為にも常にアンテナを立て、いつでもなんでもチャレンジできるよう能力と心のゆとりを持たないといけませんと感じました。
あなたもそう思うことがありませんか?!


 

 

↑このページのトップヘ