2017-01-07-22-42-01

毎度、編集長のタケシです。2017年度初の記事です。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末、名古屋発フフホトのLCC春秋航空に乗りました。
結果、最悪でした。 

私は、名古屋⇔フフホト間の座席指定+食事の往復チケットを買っていたため、合計で3万円くらいでした。正常であれば、東京から名古屋まで新幹線代往復で2万円、トータルで5万円程度でフフホト行って来る予定でした。

LCC乗るのは初めてでしたので最初からちゃんと時間通りに飛ぶか心配でした。行く時は時間通り飛び、途中で石家荘で入国手続きをして、無事フフホトに着きました。LCCって以外に行けるねと喜んでましたが、それが早かったようです。

image
日本へ戻る日にフフホトの空港に着いたら、石家荘行きの飛行機がスモッグの影響で着陸できないため、フライトがキャンセルされたと言われました。受付のところに7〜8人が「明日から仕事だ、休めない」と半分喧嘩している状態でした。次の便は三日後で、しかも空席がないとのことでした。そう、一番心配してた事件が起きました。

春秋航空からは、中止した分返金されるが、それ以外の補償や費用一切負担しないとのことでした。
image

仕方なく、次の日にフフホト→北京→東京行きのフライトで帰って来ました。

LCCに乗った分、結果的に時間もお金も余計にかかってしまいました。お金の余裕がなくても、時間の余裕がある方はLCCに乗っても良いですが、そうではない方にはやっぱりLCCなんかおすすめしません。