モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:映画

2017-08-17-19-36-33
2017-08-17-19-36-37
2017-08-17-19-36-51
2017-08-17-19-36-46
2017-08-17-19-36-42
2017-08-17-19-37-30

毎度、編集のタケシです。
中国は東洋のハリウッドを目指して全国規模でたくさんの人が映画制作をやっています。
その背景は政府からの助成金などいろいろ支援があるからです。

実は、今年2月に北京でドラマ《忽必烈》(日本語:「フビライ・ハン」)のリメイク版が制作発表されまして、内モンゴル、北京などをロケ地に収録され、今年10月で完成させるそうです。

私の判断では、公開は年内か来年の旧正月の当たりではないかなと思います。

主要キャストの紹介

ディレクター:黄健中

チンギスハーン:バーサンジャブ(内モンゴル)
ソルコクタニ・ベキ(トルイの妻):Gan Chimeg(モンゴル)
フビライ・ハーン:ソリヤ(内モンゴル)
フビライ・ハーンの少年時代:バヤンブラド(内モンゴル)
チャブイ:罗文博
アリクブケ:诺敏达莱

ご覧の通り、トルイの妻を演じるのはモンゴル国の女優Gan Chimeg、それ以外は内モンゴル出身の俳優及び中国人になります。
なんより気になるのは内容です、あまり歴史の事実と離れてないことを期待します。

ご参考に、キャストは今回の登場人物と全く別ですが、家系図などは下記のサイトをご覧になれば分かりやすいかと思います。


モンゴル愛好者必見、Netflixの「マルコ・ポーロ」おすすめ!


ソース元: http://mp.weixin.qq.com/s/QJP7qK2JiwhboIfEWFBOmw

フビライ・ハーンの霊言 (OR books)
大川 隆法
幸福の科学出版
2014-05-09


3

夏っぽく、草原と天空のイメージのあるモンゴル関連の作品を紹介させて頂きます。

「天空の草原のナンサ」です。

top

この本は、映画同様”黄色い犬のどうくつ”という物語を下敷きにしています。


物語中心かと思いきや、本では本編の合間のモンゴルの文化についての説明が豊富でした。


ためになるモンゴル文化が多く記載されているので、そちらを中心に紹介させて頂きます。

2

多くなってしまいましたが、引用します・・・

ゲルの玄関は今も昔も変わらずに南を向いている。

だから、モンゴルの日常用語では、「左」と「東」、「右」と「西」は同じ言葉なのだ。
-------------------------------------------------------------------------------
遊牧民は現在、民主主義の下で居住の自由を手に入れた。そのかわり、政府はもはや遊牧民に対して特別な支援をしていない。


遊牧民は、牧草地の使用料を支払わなければならなくなった。
-------------------------------------------------------------------------------
民主化以後、国有企業が次々と民営化されていった。

国のいたるところで貧富の差が広がっていった。
教員や公務員、医者なども、何も持たない状態で市場経済に直面したのである。
-------------------------------------------------------------------------------
モンゴルの学校制度はほとんど、ロシアの学校制度をまねて作られた。
ただし、地方の遊牧民の子供には特別な規定が幾つかあった。
〜〜(略)
授業料は無料だったが、寮に入れるにはお金が必要だった。
多くの場合、寮費の一部は家畜や肉、その他の収穫物で代納することができた。
-------------------------------------------------------------------------------
捨て犬はオオカミよりもたちが悪い。犬は野生化すると、とても危険になる。
しかも近頃では多くの人が町に出るときに犬を連れていけず、捨てるので、どんどん増えている。
-------------------------------------------------------------------------------
乾燥が激しく水に乏しい大陸の気候では、塩にも特別な意味がある。
塩を摂ると、人間が体内に蓄えられる水分が増えるのだ。
-------------------------------------------------------------------------------
モンゴルのブーツの秘密はつま先に隠されている。まず、つま先が反り返っているので、歩き方が自然とおだやかになる。また平らな底で植物を踏みにじってしまう心配もない。このように身につけるものからも、人間が自然に対していかに敬意の念をもっているかが見て取れる。
〜〜(略)
靴には左右の区別がない。これは馬に乗るときに便利である。普通は、馬のわき腹にあたる部分がこすれて早く擦り切れてしまうが、左右を履き替えれば靴が長持ちするのだ。

top
自分は本で読みましたが、この作品の魅力は、何よりも雄大な草原(ステップ)とそこで生活する遊牧民の姿と言えます。

そのため、映画(DVD)でご覧になった方がおすすめ!?かもしれません。

夏に自然の溢れる癒される作品だと思いますので、是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか!?


3

top

映画「モンゴル」は、チンギス・ハーンの半生を壮大なスケールで描いた歴史大作です。


ところどころに映る風景(草原と馬)や山脈などが、モンゴルの美しさを感じられる映画でした。テムジンとボルテが馬で逃げる草原のシーンは疾走感があります。



浅野忠信さんが主演のため、ジャケットを見ると日本映画のように感じてしまいますが、カザフスタン、ロシア、ドイツ、モンゴルの4か国による合作映画です。



脚本・監督は、「コーカサスの虜」「ベアーズ・キス」のセルゲイ・ボドロフ氏で、出演者も日本人は浅野さんのみとなります。


チンギスハンの人生の物語性を期待している人には、物足りなく感じることがあるかもしれませんが、馬頭琴が奏でる世界観と西夏王国(タングート)の寺院に幽閉されていた10年があったというチンギスハンの歴史の目立たない部分などがクローズアップされています。


冒頭のシーンにも出てきますが、監督は1192年西夏王国(タングート)に幽閉されていた10年間を中心に描きたかったそうです。


評価や感想では淡々と進んで物足りないという意見も見られますが、この幽閉された10年間をメインに扱っているからかもしれません。

2


また、メイキングを見ると、新疆ウイグルに西夏(タングート)タウンを建設して撮影した壮大さがみえてきます。


ロシア、ドイツ、カザフスタン、モンゴル、アメリカ、フランス、オランダ、オーストラリア、中国、韓国、香港と世界各地からスタッフが集まって制作された映画だそうです。


西夏王国(タングート)と言えば、「砂に消えた王国」と言われることもあるチベット系タングート族の国家で、1038年李元昊により建国されました。


1227年にチンギスハンによって滅ぼされますが、現在の内モンゴルに位置し、河西回廊、敦煌までを支配していた謎が多いながらも文化的に繁栄していた王国です。


井上靖著で、映画化もされた「敦煌」にも登場します。



この映画「敦煌」を子供の頃に見て、壮大さや秘境に感動したのを覚えています。

こういった記憶や観てきたもの、知識がある人とない人では、同じ映画や同じシーンを観ていても映画の評価が変わってくるのだろうなぁ〜と感じました。



チンギスハンとしてのイメージにしてはどうしても線が細く、やさしすぎる感じがしますが、映画は監督のセンスや撮り方によって世界観が違うもので良いと思うので、これはこれで世界観の表現されている作品と言えるのではないかと感じました。



どう見るかで捉え方も変わってくる映画と言えるのではないでしょうか。




↑このページのトップヘ