モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:日本モンゴル

3月11日夜
【写真 2011年3月11日夜、停電のためロウソクの明かりの下で夕食をとるモンゴル人受験生ら。余震が続き、不安は消えなかった。この後、近くの西多賀小学校の避難所へ行く


 2011年3月の東日本大震災から10年がたった。わが家の隣に空き家となった両親宅があり、当時はモンゴル人20人が合宿していた。日本の大学を受験するため来日した新モンゴル高校の卒業生、指導役の先輩留学生、付き添いの教員らだ。受験生たちは、4月からの新生活に備えるため、3月1日から約3週間の日程で、毎年、仙台で合宿していた。

 大地震のとき、受験生たちは、仙台市の八木山動物公園にいた。東北大を見学し、動物公園を見て、近くの谷口和也・東北大准教授宅で夕食をごちそうになる予定だった。想定外の事態でパーティーは中止となり、受験生らは、谷口先生の妻あゆみさん手作りの料理を持って、仙台・西多賀の合宿所に戻った。

 合宿所は、電気とガスは止まったが、水道は使えた。合宿所の暖房は、古い反射式の石油ストーブ1台のみ。みんな毛布や布団にくるまり、ローソクの明かりの下、夕食となった。余震が続き、不安だった。しかし、谷口さん手作りのひき肉ジャガイモ入りパン、チーズケーキ、チョコレートケーキなどのごちそうを食べ、一息ついた。

 夕食後、20人は、近くの西多賀小学校の体育館に設けられた避難所に行った。その夜、ウランバートルのガルバドラッハ新モンゴル高校長から電話があった。モンゴルでは、津波が、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)海岸に押し寄せる自衛隊撮影の生々しい映像が衛星放送とケーブルテレビを通じて各家庭に流れ、大きなニュースになっていた。

 ガルバドラッハ校長は「そちらは、テレビが見れますか。私は、NHKをずっと見てます。もし津波が迫っているのがわかったら、知らせるから、すぐに逃げてください」と言った。私は一瞬、ん何?と思ったけれど、「おう、それはありがたい」と返事した。

 午前零時すぎ、東京のモンゴル大使館から電話があった。モンゴル人たちは近くの小学校に避難していて無事だと伝える。全員の名前を知りたいというので、折り返し調べて返事すると伝えた。その後、こちらから電話したが、つながらない。午前4時ごろだったか、やっと20人全員の名前を伝えることができた。

 3月12日午前6時、私は西多賀小学校に行った。受験生らは、炊き出しのワカメ入りご飯を食べ、水洗トイレに使う水をプールから運ぶ手伝いをした後、合宿所に戻った。

 受験生らは、3月12日夜も西多賀小学校の避難所で夜を明かした。合宿所と避難所の往復のとき、彼らは布団、毛布、懐中電灯、石油ストーブ、ラジオなどを手分けして持ち、パッ、パッと運んでしまう。手際の良さは遊牧民の伝統を思わせた。

 3月13日午後、20人は山形県村山市に移動した。村山市国際クラブの皆さんとの2泊3日の交流会が予定されていた。しかし、翌日、受験生らは、JR山形駅前からバスで新潟経由で成田空港へ向かった。モンゴル政府は、自国民を帰国させるためのバス、飛行機を手配しており、仙台と山形の場合は、山形駅前に集合するように言われた。

3月12日朝
【写真◆2011年3月12日朝、避難所から合宿所に戻り、津波の惨状を伝える河北新報を見て沈黙が続く。紙面ではマグニチュード(M)8・8となっているが、その後、気象庁は「M9」と訂正した

 
 3月12日朝の写真に写っている左端の男性は、新モンゴル日馬富士学校で地理を教えるバトドルジさんだ。彼は当時、新モンゴル高校の教員で、大阪教育大に1年半の予定で研修留学中だった。たまたま教え子たちの様子を見に仙台に来て、大震災に遭遇した。

 左から2人目のエンフバートルさんは、3月7日に弘前大合格を決めたばかりだった。彼は弘前大を卒業後、モンゴル外務省の職員になった。

 バトドルジさんは、教え子たちと一緒に山形からバスで成田空港に移動し、帰国する彼らを見送った後、大阪に戻った。「東日本大震災は、私にとっても生まれて初めての忘れられない経験でした。授業ではよく生徒たちに話します」と彼は言う。

 以上は、私が見たり聞いたりしたことのごく一部です。東日本大震災のとき、日本にいたモンゴル人や支援する日本人がどう行動したかについて、詳しくは、拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」の第3章「閖上の海」を見ていただきたい。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道
橋本 委久子
藤原書店
2018-09-25


u=3712146295,489816164&fm=214&gp=0

毎度、編集長のタケシです。
たいへんありがたいことに当サイトの編集メンバーが増えました。ウランバール・ブリヤード・カルムイクに留学されれいる3名です。非常に興味深い、そしてディープな情報を現地から配信して下さって本当に感謝です。

メンバーの詳細情報はこちら

e61190ef76c6a7effd74c459fdfaaf51f3de667a

では、本題に入ります。
「日本モンゴル学会2017 年度秋季大会案内」のお知らせです。

開催日時
2017 年 11 月 18 日(土) 午前 9 時 30 分〜午後 5 時 50 分

開催場所
滋賀県立大学 A2 棟 2 階 A2-202 大講義室

内容:

第1部 研究発表

1.中村絵里(東京大学大学院博士課程)、北村友人(東京大学大学院)
「ウランバートル市ゲル地区における小学生保護者のネットワークに関する考察」
(9:40-10:00)
2.廣田千恵子(千葉大学大学院博士後期課程)
「モンゴル国カザフ人社会におけるフェルト敷物「サルマック」の使用法とその特徴」
(10:00-10:20)
3.ハスゴワ(哈斯高娃)(神戸大学大学院博士後期課程)
「清代及び中華民国期におけるオルドス地域のキリスト教宣教師たち― 引き起こされ
たトラブルとその解決方法」
(10:20-10:40)
4.内田孝(滋賀県立大学)
「滋賀県立大学図書情報センターが所蔵するモンゴル関連資料の紹介―松文庫と陳
文庫を中心に―」
(10:40-11:00)
(松文庫等の見学:11:05-11:35)

第2部 講演

1.Christopher P. Atwood.(ペンシルヴェニア大学教授)
“Chinggis Khan and His Sons in Yuan Dynasty History Writing”
(13:00-13:30)
2.ボヤンデルゲル(内モンゴル大学教授)
《“鲜卑”、“室韦”、“尼鲁温”音义新释——兼论蒙古族族源》(「”鮮卑”、”室韋”、”尼魯
温”の原意をめぐる新しい解釈― モンゴルの起源論を兼ねて」)
(13:30-14:00)
3.ザヤーバータル(モンゴル国立大学教授、モンゴル研究協議会事務局長)
Монгол судлал: дэмжих бодлого, үйл ажиллагаа(モンゴル研究:支援策と活動)
(14:00-14:30)
(休憩;14:30-14:45)
1432426156482443324

第3部 「現代モンゴル仏教の実践の諸相」セッション

趣旨説明(島村一平:滋賀県立大学) (14:45-14:50)
1.Rustam SABIROV(モスクワ大学)
“Varieties of Buddhism in Contemporary Mongolia”
(14:50-15:05)
2.島村一平 (滋賀県立大学)
「呪術化した社会主義:モンゴルにおける社会主義期の転生ラマ信仰の事例から」
(15:05-15:20)
3.趙芙蓉(国立民族学博物館外来研究員)
「内モンゴルにおけるモンゴル仏教の再生の現状と転生ラマの存在」
(15:20-15:35)
4.Jadamba Lkhagvademchig(モンゴル国立大学専任講師)
「双頭のモンゴル仏教:現代モンゴル仏教の主導権をめぐるジェプツンダンバ 9 世と
ガンダン寺院管長のポリティクス」
(15:35-15:50)
討論 (15:50-16:10)
(休憩;16:10-16:25)

第4部 研究発表

1.正司 哲朗(奈良大学)、千田嘉博(奈良大学)、臼杵勲(札幌学院大学)、L.イシツェ
レン(モンゴル科学アカデミー歴史・考古学研究所)、CH.アマルトゥヴシン(モンゴ
ル科学アカデミー歴史・考古学研究所)、G.エレグゼン、青木麻佑花(奈良大学)
「モンゴル国における 18 世紀の寺院都市ズーン・フレーのデジタルアーカイブと構造
解明」
(16:25-16:45)
2.Legden Tserenchunt (インディアナ大学上級講師)
“Past, Present and Future of Teaching Mongolian Language at Indiana University and in the
USA”
(16:45-17:05)
3.小林秀高(拓殖大学北海道短期大学)
「モンゴル国における政治制度と大統領の権力」
(17:05-17:25)
4.チョルモンゲレル(大谷大学真宗総合研究所特別研究員、中央民族大学大学院博士
課程)
「カルムイク木版本『金光明経』の新研究─二種の木版本の関係・刊行時期について
―」
(17:25-17:45)
閉会の辞(副会長) (17:45-17:50)


日本モンゴル学会事務局
〒183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1 東京外国語大学青木雅浩研究室気付
Tel.042-330-5297 / E-mail:monglstd@yahoo.co.jp

もっと詳しい情報はこちらPDF


アジャ・リンポチェ回想録 モンゴル人チベット仏教指導者による中国支配下四十八年の記録
アジャ・ロサン・トゥプテン(アジャ・リンポチェ八世)
集広舎
2017-10-14

Hulagu_Baghdad_1258
▲バクダードを攻めるモンゴル帝国/wikipediaより引用

毎度、編集長のタケシです。
九州大学より非常に興味深い、公開シンポジウム開催のお知らせです。

『「元寇」とイスラーム:モンゴル帝国の拡大がもたらした社会変革と中東』
 
2017年度日本中東学会大会の開催地となる九州大学箱崎キャンパスでは、昨年、中央図書館の敷地内から新たなる元寇防塁が発見されました。日本に襲来し大きな社会変革をもたらしたモンゴル帝国勢力は、中東においても、社会へのダイナミックな影響をもたらしています。本シンポジウムでは、中東と日本が同時代に体験した社会変動の意味を、ユーラシア大陸規模の歴史の展開のなかで考えてみたいと思います。
 
舩田 善之(広島大学・モンゴル帝国史)
「モンゴルの征服と統治―遊牧国家から世界帝国への変貌?」
 
堀本 一繁(福岡市博物館・日本中世史)
「蒙古襲来と異国警固体制」
 
中町 信孝(甲南大学・マムルーク朝史)
「アラブが見た「モンゴル襲来」― アイン・ジャールートからISまで」
 
渡部 良子(東京大学・イルハン朝史)
「イランにおける「モンゴル襲来」― モンゴルによる統治の受容とイメージの変遷」

「第33回年次大会のご案内」より引用

開催日時
2017年5月13日(土)・14日(日)

開催会場
九州大学 箱崎キャンパス 文系地区共通講義棟

準正式プログラム

ブログネタ
中国について に参加中!
2015-10-23-21-08-10
2度目のモンゴルです。ここの人々の顔立ちは私たち日本人と似ていて、なんだかほっとします。エルベグドルジ大統領夫妻は、民族衣装で出迎えてくださいました。(転載元:安倍総理Facebookページより)


 
毎度、編集長のタケシです。
総理がいう通り、実は安倍総理がモンゴルを訪問するのは二度目です。
初モンゴルは2013年3月30日、詳しくはこちら

安倍総理が目にしたモンゴルの文化力!



安倍総理が、人口たった300万人のモンゴルをそこまで重視する理由はなんでしょうか?
今回はその重要なポイントだけを考えてみた:


ずばり言うと、中央アジア5カ国歴訪は拡大する中国を抑止することである。
そのなかで、モンゴルは北朝鮮との国交があるため、拉致問題を解決するための重要なパートナーでもある。

もう一つは、いうまでもなく「資源開発、インフラ整備」という経済協力である。
モンゴルは世界有数の資源国でありながらその開発は全然遅れている。理由は、鉱物資源を掘る機械と運送する鉄道などインフラ整備ができてない。今までは輸入も輸出も相手国が中国だった。
しかし、肝心の中国が不景気のためモンゴル経済はストップ状態、外貨準備高も不足の状態。「中国がくしゃみをするとモンゴルは風邪を引く」ことになっている。

その要因をやっと分かったモンゴル、近年から「脱チャイナー、脱ロシア」として第3の国として日本を選んだのだ。まさに、win-winの関係である。

個人的には今の日本とモンゴルの関係は非常によいと思います。
世界一の技術を持つ日本、そしての技術で世界一の資源を持つモンゴルを著しい発展へ導くでしょう。

参考
日・モンゴル首脳会談 経済関係強化で一致
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151022/k10010279061000.html

EPA早期発効を確認=鉄道・炭田開発で協力−日モンゴル首脳
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2015102200483

転載元 経済産業省 2015.07.01

6月29日、経済産業省は、東京において第7回日本・モンゴル官民合同協議会を開催しました。また、同日、宮沢大臣がモンゴル国のエルデネバト産業大臣と会談し、産業及び貿易投資促進のための協力覚書に署名しました。

詳細な内容はこちらPDF

http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150701002/20150701002.pdf

 

↑このページのトップヘ