モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:日本

2016-12-07-11-08-57

毎度、編集長のタケシです。
日本モンゴル文学会より秋季研究発表会のお知らせがあります。
確かに、近年毎年やってた気がします、興味ある方ぜひ行ってみて下さい。


《日本モンゴル文学会 秋季研究発表会のお知らせ》

開催日時
2016年12月10日(土)14:00-16:40

開催場所
千里公民館 第3会議室 (北大阪急行千里中央駅 北改札より2分)

発表内容
1) モンゴルの民話における「世界のはじまり」 山口 周子 (中村元東方研究所)
2) 戦後期ブリヤートにおける文学について ーその社会的側面からー 荒井 幸康 (北海道大学)
3) モンゴル語訳聖書とモンゴル文学の翻訳論的課題  芝山 豊 (清泉女学院大学)
4) ダシドルジーン・ナツァグドルジ生誕110周年記念国際学会参加報告 岡田 和行 (東京外国語大学)

お問合せ
 日本モンゴル文学会事務局 
Tel: 090-7583-6613(代) 
 E-Mail : samandabadra@gmail.com 

image

毎度、編集長のタケシです。
本日、0時よりモンゴル初の経済連携協定(EPA)、日本とモンゴルのEPAが発効しました。
日本が1番です。やっぱり一番じゃないとだめです。w

非常に嬉しいニュースです。これで日本とモンゴル間の経済活動がもっと増えればいいのですが、モンゴルの企業が日本に進出するというのは中々ハードルが高いです。資金力だったり、技術力だったり全然足りないからです。

逆に、日本の企業がモンゴルに進出して、技術提供や人材育成、
そしてサービスのマネジメントするいい時期ではないかなと思っています。

モンゴル進出ならモンゴル専門の総合コンサルティング
モンゴル商事にお任せください。

NHKニュースによると、モンゴルから輸入されるカシミヤ製品の関税が撤廃される;そして、日本から輸出される自動車関税が原則10年以内に撤廃されるとのことです。

日本モンゴルEPAにより期待できる経済効果とは?

輸入面でいうと、安価且つ安定的にで原材料を仕入れることができる。これが実質的に減税と同じ効果があり、消費の増加につながると言われています。

輸出面でいうと、生産と輸出が増えれば会社の資産が増えるので、会社の価値は増加する。それ企業の雇用や再投資につながると見ています。

しかし、一番の問題はやっぱりモンゴル側の法制度の整備問題です。党が変わる度に法律が変わる、これが外国人投資家みんながそろってNOを言ってます。

 



毎度、編集長のタケシです。
宮脇淳子先生の世界史のはじまり モンゴルを学ぼう!シリーズ動画が今日で最終回になるそうです。このシリーズ面白くて、モンゴルの歴史を習ういいきっかげになりました。

最近、ビジネスでいろんな方に会う度に最初の話はモンゴルや相撲に関する世間話で始まったりします。モンゴルにめちゃくちゃ詳しい人と話をする時についていくのも精一杯です。(汗)(←ハーンではありません。w)モンゴル人なのにもっとモンゴル歴史に詳しくならないと反省しています。

遊牧民の歴史って遠い昔のことではないんだよね。
図書館で集中で月に数冊は読みたいと思っています。

みんなご存知だと思いますが、この動画の話に出るウラジオストクというのは、1860年のアロー号戦争のどさくさにロシアが清朝から沿海州を奪い軍港を作り、ウラジオストクと名付けたんです。ウラジオストックの意味は「東を征服せよ」という意味らしいです。

↑このページのトップヘ