モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:旅行

IMG_4970
【よい体験のアンカーをつくる】

モンゴル・ウランバートル の中心部にスフバートルというおおきな広場があり、日々ひとで賑わっている。

都会のど真ん中、国会議事堂の前で、おおらかにも結婚式のセレモニーなんかがしばしばある。


帰国の間際、広場で流しの絵描きが売り込んできて、一枚買った。

皮に描いた4,000円との言い値を、おもてのヘコミなどを指して、20ドルに負けてもらう。


成功してしあわせな人びとが言うには
「モノより経験にお金をかける」
のだそうな。

もっともな話しだけれども、さらに言えば
「経験を思いだすモノにお金をかける」

と、なおよい。


NLPという心理技術に「アンカーリング」という方法がある。

何か特定の記憶を錨(いかり:アンカー)として潜在意識にインプットすることを指す。

たとえば過去に楽しかった、成功した、幸せだった記憶を五感すべてでありありとイメージし直しながら、体のどこか、たとえば右手の小指をギュウギュウと握りしめて繰り返し、刺激を与え続ける。

それを繰り返すと、やがては右手の小指をひと握りするだけでよいイメージが蘇り、失敗や困難、緊張などのストレスを解きほぐせるようになる。


また、あまり意識しないでも、多くの人が旅から得るアンカーが、そのとき聴いていた音楽。

「この音楽を聴くと、あのときの旅のあそこの場面が蘇るんだよねぇ」というやつだ。


そして、先に伝えたとおり、アンカーは意識的につくることができる。

わたしはこの8月「地球探検隊」に同乗して、エルセンタサルハイの沙漠と草原の交わるところで、素敵な乗馬三昧の旅をした。

だから、スフバートル広場の絵描きさんには
「ゴビ(沙漠)をモチーフにした絵が欲しい」
とオーダーし、帰国後もモンゴルのイメージに合うように額装した。

まったくそのとおり、旅の風景にはなっていないかもしれないけれども、よい体験のアンカーになっていると思う。


そして、こういうモノは、たとえばスマホの写真よりもよいアンカーになる。

実は、ただ身近にあるだけで、目に入らなくても常々、モノはわたしたちの無意識に影響を及ぼしているのだ。


みなさんもよい旅をした折りには、たまに眺めたり遊んだりできる、想いで深いものを持ち帰るといいだろう。

人生の励ましになる。

モンゴル旅行体験談

寄稿 大道 卓矢 

モンゴル (世界のともだち)
清水 哲朗
偕成社
2014-01-22

モンゴル ゲストハウス

【静かなひと時】

夏のモンゴルは高緯度というのと大陸の奥深くにあって、夜の10時ごろまで明るい。

いま、現地は8時半を回ろうとしているが、街には昼の残光が立ちこめている。

わたしの滞在しているゴールデンゴビ(金の沙漠の意)というゲストハウスは、いわゆる団地の一角に位置していて、ひろくとった中庭に公園がある。

今日は土曜日だから、団地の子たちなのだろう、日がな歓声をあげながら遊びまわっている。

いまもそんな歓声が聞こえるが、不思議なことに、子供たちの言葉が日本語に聞こえる。

38403353_1468148556620230_2878560680338784256_n

わたしは窓外にそれらを聞きながら、1日の整理をし、夕食を食べる。

今日は中央デパートでみつけた、プラムとチーズ。

もともと1日1食か、軽い昼食をいれて2食なので、これくらいでちょうどいい。

そういえば、狩猟民族にはじまる肉食を主としているひとびとは、肉と果物をよく組みあわせて食べる。

いまでこそ馴染んだけれど、鴨のイチジクソースなんて、かつては聞いただけで驚きだった。

けれどもすこし薄暗い自然光のなかで、静かに食べていると、なんだか中世のひとにでもなったような気がして、気持ちが落ちついてくる。

モンゴル旅行体験談


FullSizeRender

毎度、編集長のタケシです。
一昨日、内モンゴルから戻って来ました。

先ほど、↑↑↑友人からLINEが届きました。
当サイト“モンゴルなう”が、あの有名な旅行ガイドブック《地球のの歩き方 2017〜18 モンゴル》に掲載されてたとのこと。突然発見したわけだから驚きました。たいへん光栄に思っています。

IMG_4713
IMG_4714

今年は、事業展開で内モンゴルに3カ月滞在してた為、サイトの更新が全然できてません。反省しています。今後は、より充実した内容をみなさんにお届けできるよう頑張ります。

みなさんのご意見やご要望も募集しています。お気軽にコメントやメッセージをお願いします。


モンゴル留学・モンゴル旅行する時の必需品に関して

詳細は↓↓こちらの記事をご覧ください。
http://mongol.blog.jp/2018/10/12/51986526 






image
毎度、編集長のタケシです。

以前、モンゴル行かれる前に私が相談に乗った野田さんからありがとうの手紙が届きました。
正直、私がなにを言ったか、そして役に立ったか全く分からないです。(笑)でも、こういう励みになる言葉を頂いて本当に嬉しいです。

そして、野田さんが写真展を開くそうです。
23032367_1530368183710431_5486724951599920498_n

【野田裕子写真展】
ロシア、そしてモンゴルへ、導かれた3000キロの旅 。

開催期間
2017年12月2日(土)〜5日(火)

開催時間
10:00〜18:00(4日のみ20時まで)

開催場所
多目的スペース mimosa / 大阪府八尾市本町1−6−19


大阪府八尾市なので、私が行けませんが大阪、京都、奈良の方はぜひ行って下さい。

モンゴルだからになりますが、【野田裕子写真展】行ってから、先日紹介したモンゴル映画『シャルガ・ダーガ 〜仔馬と僕〜』を鑑賞するというデートコースはいかがでしょうか?!あ、残念。日にちがずれています。

↑このページのトップヘ