モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:新モンゴル小中高

バイカルの本
【写真 曠丱ぅル桜美林大教授の新著の表紙

 桜美林大学でモンゴルの歴史・文化を教える都馬バイカル教授の新著「スウェーデン宣教師が写した失われたモンゴル」(桜美林大学出版会)が出た。昔のモンゴルの貴重な写真を多数紹介しており、とても興味深い。
 
 写真は、スウェーデン人宣教師のJ・エリクソン(1890―1987年)がモンゴルに滞在していた1913―1938年と1947―1948年に撮影した。彼は、チャハル地域(現在の中国内モンゴル自治区シリンゴル盟とウランチャブ市)で宣教活動していたので、写真は、ほとんど内モンゴルで撮影されたものだが、一部ガンダン寺など現在のウランバートルで撮影されたものもある。これらの写真は、スウェーデンのウプサラ大学図書館に所蔵されており、同大のS・ローゼン教授の手で整理されてきた。
 
 著者は、2018年、ローゼン教授の協力で、1384枚の写真をスキャンし、研究に着手。このうち530枚を抜粋し、「今は無きモンゴル一端」「遊牧生活・家畜」「男女の服装と女性の頭飾り」「徳王と草原の人々」「仏教信仰の実相」「宣教師たちの足跡」の6部構成で編集し、出版した。
 
 最初に紹介されているのは、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつしている写真。著者は「現在の内モンゴルでは完全に消えてしまった」と解説している。
 
 私は2010年1月、ウランバートルで結納式に同席したことがある。式では最初に、新郎と新婦の父親が、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつした。そこはマンションの一室で、両者とも椅子に座っていた。大草原の太陽の下で、またはゲルの中で、このような習慣は今も続いているのだろうか。

だん茶
【写真◆杆之礎磧屬世鹵磧廚鮑佞遊牧民。右手に、小さなうすのような容器があり、これですりつぶしてから湯をそそぐ(66ページ)
 
66ページでは、レンガのような硬い「だん茶」を斧で砕いている写真を紹介している。小さいうすのような容器で、すりつぶしている写真もある。現代では、袋入りのお茶がスーパーなどで売られているので、こんな光景は見られないのではないか。

ゲルの中で食事
【写真】ゲルの中で食事。昔のモンゴルは、日本と同じように、椅子は使わず座卓だ(67ページ)

 ゲルの中での食事の写真もある(67ページ)。椅子に座るのではなく、座卓の前であぐらをかき、茶わんと箸を使って食べている。昔の日本の食事風景に似ている。私は、新モンゴル小中高の年配の教員が、昔の教室を再現した授業を見たことがある。そこでも座卓のような机を使っており、椅子はなかった。
 
 生々しい写真もある。何もない荒野に遺体が横たわっているだけの風葬の写真だ。現代では、土葬か火葬なので、とても貴重な写真だと思う。

 昔の人々が、どのような服装をしていたのかを示す写真は数多い。特に女性の頭飾りなど装飾品を紹介している。乳しぼり、牛ふん拾い、移動の様子など遊牧関係の写真も多い。

 モンゴル国では、ウランバートルなど都市に定住する人が多く、昔ながらの遊牧生活は急速に失われつつある。「ウランバートルはモンゴルではない」と言われたりするほどだ。南モンゴル(内モンゴル)でも遊牧民の定住化は進んでいる。それだけに、昔の写真は、「なつかしい」というだけでなく、記録としての意味は大きい。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

卒論発表会
【写真】ウランバートルのナランバヤル元校長(中央画面)とオンラインで対話する日本に留学した新モンゴル小中高の卒業生たち=2021年3月29日、東京都江戸川区のタワーホール船堀

 日本の大学や大学院に留学したモンゴルの若者たちが、どんな卒業論文を書いたかを発表し合う勉強会が、3月29日、東京であった。ウランバートルにいる恩師や先輩たち、日本にいてもコロナ禍で出席できない人たちとオンラインで結び、質疑応答も交えて、熱心にやり取りした。

 勉強会を開いたのは、新モンゴル小中高の卒業生たち。毎年3月末、日本の大学を卒業した人たちが集まり、卒業論文を発表してきた。発表会は、卒業式に合わせて来日した校長、父母、日本各地から集まった後輩留学生、支援する日本人ら100人規模の盛大な催しだった。

 しかし、昨年はコロナ禍で中止となった。今年は、同校の創設者で新モンゴル学園理事長と日馬富士学校の校長を務めるガルバドラッハ(愛称ガラー)さんと親交のある日本のロータリークラブ会員有志による奨学金団体「ガラーフェローシップ(GFA)」が協力し、オンライン形式で、GFAの総会も兼ねて復活した。

 卒論発表は、昨年の卒業生も含めて13人が行った。ほかにガラー理事長や先輩の元留学生、GFAを受給している留学生も、日ごろの研究内容を披露した。

 昨年、東京の医薬品開発会社に就職したオチルダリさんは、東大の新領域創成科学研究科の修士論文「微小管阻害薬暴露後のがん微小環境が肺扁平上皮がんの悪性度に与える影響」を発表した。

 今春、群馬大理工学部を卒業したオユンジャルガルさんは「積層式高調波型磁気歯車の減速・動トルクの検証」と題して発表した。彼女は4月から同大の修士課程で勉強を続ける。「将来は人型ロボットに関係した仕事に就ければ」と話している。

 オンラインは、グーグルのミート機能を使って行われた。一部ズームも使った。名古屋、熊本など遠隔地の留学生はオンラインで卒論を発表した。コロナ禍で出席の呼びかけを見合わせた後輩留学生のために、会場の様子はフェイスブックを使ってライブ配信した。

 ガラー理事長は現在、名古屋大学の博士課程に在籍している。この日の勉強会では、「私は58歳の学生です」と前置きしながら、「モンゴルにおける公立学校の経営改善」をテーマに、研究対象として8校を選び、いろいろ調査していることを説明した。
 
 新モンゴル小中高では、日本の大学に私費留学を目指して渡日した卒業生が、受験が山を越した3月、仙台や愛知県岩倉市などに集まり、一緒に寝泊まりして、4月からの新生活に備える「世界一合宿」を行ってきた。昨年はコロナ禍で中止されたが、今年は、寝泊まりしないオンライン形式の「合宿」として復活した。
 
 同校は、日本留学希望者を、ただ片っ端から送り込むことは、していない。入学前の合宿も卒論発表会も、アフタケアをしっかり行うことが狙いだ。

 これまで、日本政府が奨学金を支給する国費留学は、4月はじめの渡日になるので、彼らをどうケアするかが課題だった。しかし、今年はオンライン合宿なので、私費組と国費組が初めて一緒に「合宿」となった。問題は一つクリアしたことになる。



▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

中国人とモンゴル人 (産経NF文庫)
楊 海英
潮書房光人新社
2021-02-25


やまがた
【写真説明】金子社長罎肇リドさん茵▲魯鵐イバヤルさん=山形市松栄のエム・エ
ス・アイ本社

山形市で企業システムの構築や運用支援などを手掛ける「エム・エス・アイ」(金子昌弘社長、資本金2000万円)で、日本の大学を卒業した2人のモンゴル人が働いている。同社は、金子社長が兼務する系列会社「IHC」が、優秀なモンゴルの人材を発掘し、日本企業に紹介する有料の職業紹介事業にも力を入れており、来春までに、さらに2人のモンゴル人を雇用する予定だ。

同社に勤務しているのは、2018年春に立命館大国際関係学部を卒業したハンガイバヤルさんと、今年春に山形大人文社会科学部を卒業したガリドさん。2人ともウランバートル市の日本式学校「新モンゴル小中高」を卒業しており、高校生のころから日本語を学んでいた。ハンガイバヤルさんは、大学での授業はすべて英語だったという。ガリドさんも、山形大と提携するフィリピンの大学に留学した経験があり、英語が得意の国際派だ。

エム・エス・アイ社は、以前から中国人や台湾人を採用しており、金子社長は「日本に留学した外国人は優秀だ」と評価していた。モンゴルについては、北京やウランバートルなどに行政書士事務所を構える知人から「モンゴル人もいいよ」との話を聞いており、関心はあったという。

新モンゴル小中高を創設し、現在は新モンゴル学園の理事長と日馬富士学校の校長を務めるJ・ガルバドラッハさんは、山形大と東北大に留学した際、家族6人で6年間、山形市民だった。金子社長は、このことを知るにつれ、モンゴルへの関心は深まっていった。

金子社長は山形中央ロータリークラブの会員。ガルバドラッハさんは、山形北ロータリークラブ会員の紹介で米山奨学金を受給した経験があり、現在はモンゴルのフレーロータリークラブ会員として活動している。金子社長は、同じロータリアンとしてのつながりから、山形北ロータリークラブが、創立50周年の記念事業して、2018年2月、ガルバドラッハさんが経営する新モンゴル高専に、教育設備費として300万円を寄贈した際、テープカットの式典に同席している。

社員のガリドさんは、山形大3年のとき、エム・エス・アイ社の会社説明会に出席したところ、直ちに「内定」となり、金子社長は、フィリピン留学の奨学金も出してくれた。

ハンガイバヤルさんは、立命館大を卒業後、モンゴルに帰国し就職したが、日本への思いが募り、2018年秋にエム・エス・アイ社と連絡を取ったところ、金子社長から「面接に来なさい」と言われ、来日したら「内定」となり、ビザの関係で入社は2019年1月となった。
金子社長は「モンゴル人は、顔は日本人と同じで違和感がないし、日本語の能力は高い。大相撲で活躍している力士を見てもわかる通り、日本社会に溶け込んで、がんばる気持ちも強いと思う」と言う。

「ただし、ネックは、いつまで日本にいてくれるかです」と金子社長。モンゴルからの留学生は、大学卒業後は帰国し、祖国の発展に貢献しようとの意識が強い。奨学金の支給元は、「卒業したら帰国」を促す傾向にあり、ガルバドラッハさんも、これまで教え子たちに、そのように指導してきた。

しかし、金子社長は「日本式経営の基本は、企業は人なりの精神。入社して3年とか5年とかは先行投資です。せっかく一人前に育て上げ、さあこれからというときに帰国されてもねえ」と言う。単なる腰掛けでの入社は困る。

もっとも、金子社長は、帰国はダメとは言っていない。「企業家としての心構え、マネジメントの能力などは、大学で勉強するだけでなく、実際に社会に出て、現場で働いてこそ身に付くのではないか」と言い、「日本で経験を積み、モンゴルに帰国しても、何か日本とつながるようなビジネスを考えてくれたら、うれしい」と理解を示している。

ハンガイバヤルさんは、山形ローターアクトクラブの2020-2021年度の会長、ガリドさんは副会長を務めており、2人とも「仕事以外でも何か社会貢献できないか、みんなで考えています」と意欲的だ。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

IMG_0689
【写真説明】ナランバヤルさん茲肇坤薀殴譽襪気

ウランバートルの私立学校「新モンゴル小中高」の校長が2月1日付で交替した。ナランバヤル校長は、6月に予定される国会議員選挙に立候補するために辞職し、後任に「新モンゴル子ども園」の園主を務めるズラゲレルさんが就いた。

 ナランバヤルさんは、モンゴル・ナショナル労働党(人間党)からの出馬となる。同党は、人民党や民主党など既存政党に対抗する政党として設立され、若年層の支持者が多いとされる。

 ナランバヤルさんは、京都大と東京外語大に留学経験があり、日本にも幅広い人脈を持つ。モンゴル自然環境観光省に勤務していたとき、皇太子時代にモンゴルを訪問された天皇陛下の通訳を務めた。

 後任のズラゲレルさんは、モンゴル初の3年制の高校「新モンゴル高」の一期生。同校は、その後、中学校と小学校を併設し、小中高一貫教育の学校となった。

 ズラゲレルさんは、東京国際大と同大学院修士課程で計6年間学んだ。日本留学の経験から、千葉県船橋市の夏見台幼稚園・保育園をモデルにした「新モンゴル子ども園」を創設し、園主を務めている。

 また、モンゴルの大学で学ぶ人を対象にした無利子・貸付型の新しい奨学金「新モンゴル・マブチ基金」の事務局も担当している。

 ズラゲレルさんは、建築設計技師の夫との間に4人の子どもがいる。

 新モンゴル小中高は、新校長のほかにも、生徒指導部長、小学校の教頭、中学校の教頭が女性。高校の教頭は男性だが、幹部はほとんど女性だ。

 新モンゴル高を創設し、現在は新モンゴル学園の理事長と日馬富士学校の校長を務めるガルバドラッハさんは、長女トゴスさんを学園の専務理事に据え、経営の大部分を任せている。トゴスさんは、山形西高と東北大法学部を卒業、九州大の修士号を取得しており、4人の子どもを育てながら重責を担っている。

 新モンゴル高専(工業高等専門学校)の校長を務めるツェンドスレンさんは、新モンゴル高の2期生で信州大工学部卒。幼い3人の子どもを育てながら、昨年6月、校長に就任した。
 モンゴルは女性の社会進出が著しい。特に教員や医師は女性が多い。また女性の企業家も多く、日本と比べてロータリークラブの会員は女性が目立つ。

▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


日本語で化学
【写真】日本語で化学の授業を行うエルデネボロルさん=2019年10月2日、モンゴル国立科学技術大学の高専留学プログラム教室

 モンゴルでは、日本の大学に留学を希望する若者が多い。入試が難しいと言われるモンゴル国立の医科大に入学しても、途中でやめて、日本政府が奨学金を支給する国費留学で、日本の高専に入学したり、私費留学で日本の大学の工学部や農学部に入学する人は多い。
 JICA(国際協力機構)は、モンゴルで工学系高等教育支援事業(1000人のエンジニア)を行っている。その柱の一つに「高専留学プログラム」があり、国立科技大の教室を使って行われている予備教育プログラムを見せてもらった。
 化学の授業を見た。日本留学試験の問題を示し、短時間で回答できるようにする授業だった。凝固点降下、沸点上昇の計算、コロイド分類…。日本人でもなかなか理解できない専門用語を日本語とモンゴル語でたたきこむ。これらの知識は、もちろん、試験対策にとどまらず、日本に留学した後も役に立つ。
 講師のエルデネボロルさんは、新モンゴル高、千葉大工学部共生応用化学科、同大学院修士課程を卒業している。
 エルデネボロルさんと高校同期で、日本政府による国費留学で長野高専と東京電機大を卒業したエルデネジャルガルさんは、物理の授業を担当している。
 二人の話を聞いた。エルデネボロルさんによると、化学の知識ゼロの学生がいるという。「本人の能力というよりも(高卒までの)学校によって化学教育のレベルに差がある」ということのようだ。
 エルデネジャルガルさんも「本当は文系に進みたかったけれど、親に言われてエンジニアを目指しているとか、物理を学ぶ意欲に差がありすぎる」と言う。教員として、二人の悩みは尽きないようだ。
 しかし、それでも、科技大主催の日本語コンテストに優勝する学生もいるそうだ。ここは粘り強く、日本留学の夢をかなえさせるよう、がんばっていくしかない。
 モンゴルは9月が新学期、日本は4月だ。日本留学試験は6月と11月。日本に留学するとなると、2年生の途中になるので、このプログラムは「1年半」の制約がある。高専留学の予備教育プログラムに参加しているのは、1年生が38人、2年生が45人。科技大の学生ではないが、学生と同様の扱いで学んでいる。ほとんどの学生は、日本語を初めて学ぶという。
 日本の高専には3年生からの編入になる。「1年半の教育で、高専の3年間で学ぶ専門の日本語を覚えるのは、学生の負担が大きい」とエルデネジャルガルさんは言う。しかし、エルデネボロルさんは「1年半で、かなりの日本語能力が身につきます」と言う。
 このプログラムで日本に留学した学生の渡航費、授業料、生活費は、モンゴル政府の奨学金で賄われる。半面、モンゴルに帰国して5年間就労しないと、奨学金の返済義務が生じる。制約はある。しかし、日本留学に金銭面の不安はない。
 高専留学プログラムには、予備教育を経ずに留学する「ファストトラック」という制度もある。二人の教員の高校の後輩、ハンガイさんは、「日本語の能力がある」として、直接、鹿児島高専に留学し、都市環境デザイン学科で3年間学んで帰国、ウランバートルの建設会社で構造計算などの仕事に当たっている。
 高校の段階で日本語をしっかりと学ぶ意味は大きいのではないか。取材を進めると、新モンゴル高(新モンゴル小中高)の日本語教育は、モンゴル人自らが、JICAの施策を先取りしたもののように思えてくる。

▽森修 もり・しゅう
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。
チンギス・ハンとモンゴル帝国の歩み (フェニックスシリーズ)
ジャック・ウェザーフォード
パンローリング 株式会社
2019-10-12


↑このページのトップヘ