モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:文化大革命

草はら
【写真】ミンガド・ボラグ著「草はらに葬られた『日本特務』―日本人による『内モンゴル工作』とモンゴル人による『対日協力』の光と影」(関西学院大学出版会)の表紙

 中国の内モンゴル自治区から日本に来たモンゴル人と話したことがある。モンゴルが北と南に分かれた原因は何だと思うか、私が尋ねたところ、「日本がモンゴルに中途半端にかかわったからですよ」と言われた。

 ミンガド・ボラグ著「草はらに葬られた『日本特務』―日本人による『内モンゴル工作』とモンゴル人による『対日協力』の光と影」(関西学院大学出版会)を読んで、あらためて、その人が話した意味がわかった。

 著者は内モンゴル出身のモンゴル人。本書は、著者の子どものころの体験を基に、著者の家族や関係者に聞き書きしたことをまとめたものである。主に1930年代から60年代、満洲事変から中国の文化大革命のころにかけて、内モンゴルのモンゴル人が、日本人、中国人(漢人)、ロシア人などの間でもみくちゃにされ、肉体的、精神的に大きな打撃をこうむった歴史を振り返っている。

 「日本特務」とは、旧日本軍の特務機関で、現地の情勢を探るとともに、日本の立ち位置を現地の人々に広報する特別の任務を持っていた。モンゴル人も多数参加しており、文化大革命のときは、「日本帝国の走狗」「日本刀をぶら下げたやつら」として、真っ先につるし上げられた。

 本書には、謎に包まれた羊飼いの老人バートルが紹介されている。バートルは、日本語を学び、関東軍の諜報員として、今でいえば高級車に当たる自転車を乗り回す羽振りの良い生活を送っていたが、地雷に触れて片手を失ってからは、反日家に転向し、お陰で文化大革命の荒波からは逃れることができた。その後、過去を隠しながら羊飼いとなり、晩年は飲んだくれの人生を歩みながら「日本がもう一度助けてくれる」ことを妄想する…。

 聞き書きなので、ノンフィクションだ。しかし、私には、まるで映画の一場面のように思えてくる。そんな波乱万丈のモンゴル人が何人も登場する。

 著者は、自らの体験も語っている。モンゴルのことを知りたいという日本人からの電話に出たときのことだ。「私は内モンゴルから来た…」と自己紹介が終わらないうち、向こうから「内モンゴル人ということは、つまり中国人だね。なら会わなくて結構」と言われ、一瞬凍りついたという。

 私は、似たような逆のケースを聞いたことがある。モンゴル国(外モンゴル)から日本に来たモンゴル人留学生は、日本人から「モンゴル人ですか。それなら中国語はわかりますね」と言われたという。日本人の中には、モンゴルと中国の区別がつかない人が多い。

 日本は、日清戦争や日露戦争に勝ち、大陸進出を開始した。そのころ、内モンゴルでは、古来からの遊牧民(モンゴル人)と無断入植の中国人(漢人)の対立が目立ち始めていた。モンゴル人は、日本に協力することで日本語を覚え、教育の機会を得た。特に特務機関による軍事教育を受けたモンゴル人は、強力な武装組織になった。しかし、日本が米国との戦争に負けたことにより、急速にしぼんでしまう。それどころか、文化大革命では、モンゴル人の「対日協力者」は狙い撃ちにされ、多数が殺されてしまう。

 モンゴルが南北に分断されたのは、もちろん、日本のせいではない。米国、英国、ソ連の3国が、第二次世界大戦が終了した後の利害を調整したヤルタ協定(1945年2月)の結果だと思う。

 しかし、この本は、日本や日本人を批判する記述がある一方、行間には、日本に向けた切実な願望もにじんでいる。チベットやウイグルで起きているような問題は、内モンゴルにもある。日本は、旧宗主国の責任として、内モンゴルのモンゴル人の権利や伝統文化を守るために、もっと国際責任を果たしてほしい―と訴えているように私は感じた。

▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。
草はらに葬られた記憶「日本特務」
ミンガド・ボラグ
関西学院大学出版会
2019-10-10


モンゴル文字の本

毎度、編集長のタケシです。
毎年、恒例の記事です。モンゴルなう!経由で買われた本のトップ5を紹介します。




墓標なき草原――内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録



著者楊海英氏が18年間にわたって研究、調査して書き上げた中国の文化大革命によってモンゴル人の大量虐殺された事実を書かれています。
上、下二冊も上位にランクインしました。





ゼロから話せるモンゴル語



本書は「覚えるフレーズ」「ダイアローグで学んでみよう」「文法編」「ヴィジュアル・モンゴル語」の4つのパートからなって、簡単な表現や受け答えを覚えながらモンゴル語の基本的な体系も理解できるようになっています。

ゼロから話せるモンゴル語
温品 廉三
三修社
2006-04-01


地球の歩き方 モンゴル 2017~2018



この本に関しては特に説明は不要ですよね?当サイトモンゴルなう!もおすすめサイトに紹介されています。




遊牧民から見た世界史



著者はモンゴル史研究の第一人者の杉山正明氏です。
主に中国の歴代王朝と遊牧民の関わりを解説していて、今までの西洋や中華思想で書かれ歴史本と違って遊牧民の視点から書かれてて非常におすすめ。



旅の指さし会話帳16モンゴル



こちらも得に説明は不要かと思います。地球の歩き方と比べて分かりやすい、可愛いイラストがたくさんあるので初めてのモンゴル・内モンゴル行く方は絶対持っていると便利です。
著者の有希子さんとは古い友だちで、昔ツアーのパンフレットの絵も描いてもらったことがあります。




※なかなか厳しいことを書いています。

前に、モンゴルというか旧社会主義の負の面について書きました。

The Economist記事:「嘘つきな共産主義者」(Lying commies)
http://mongol.blog.jp/2016/03/21/51880403

その続編として、梅棹忠夫先生の『文明の生態史観』を読んで、なぜ「遊牧民の草原の地では奪い合いが起こるのか?」について書きたいと思います。

ちなみにこの本はひらがなが多く平易な日本語で書かれていますが、意図してやっているそうです。

文明の生態史観 (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論社
1998-01-18



39ad7d18ea67f15ed7e38e3ef8b7165a (1)
↑『文明の生態史観』(中公文庫) p.213図より

文明の生態史観
↑よりわかりやすく表記した図 (出典:ここ

実は、これはモンゴル人からも言われることで、モンゴル人同士でも騙される、奪われるということはよく聞きます。

そもそも、このネタのきっかけは、日本留学・就業経験のあるモンゴル人と食事をしたときの話です。「なんでモンゴルでは奪うことがよく行われるのか?」という話題が挙がりました。そこにいたモンゴル人は30歳手前ぐらいの若い人なのですが、「我々の小さい時(1990年前半頃)は、とにかくモノがなかった。目の前にあるものが、明日にはすぐに無くなることがよくあった。だから、欲しいものはすぐに持っておかないといけないという意識がある。」とのことです。

さらに「食事でも、たくさんたべておかないといけないという意識はあったりする。だから、一回の食べる量は多い。」という話もありました(さすがに、これは個人差があるかと思いますが)。(ちなみに余談ですが、話の流れでなぜモンゴルにはいかつい刺青を入れた若者が多いのか?というと、韓流ドラマが流行る前の2000年ぐらいまでは、ベネズエラなどの南米のドラマがよく放映されていて、それをみて育ったから、だそうです。)

そして、「なぜモンゴル、というか草原の地では奪うことが頻繁に行われるのか?」の答えは「明日、何が起こるかわからない、いま目の前にあるものが明日には無くなっているかもしれない、という厳しい環境であるため、いま目の前にあるものは手に入れておかねばならないという考えがあり、それが時として破壊的行為として行われることがありうる」からではないか?と思われます。

モンゴルから中東にかけた遊牧民地域である、乾燥地帯のことを以下のように記述しています。
「乾燥地帯のまんなかからあらわれてくる人間の集団は、どうしてあれほどはげしい破壊力をしめすことができるのだろうか。わたくしは、わたしの研究者としての経歴を、遊牧民の生態というテーマではじめたのだけれど、いまだにその原因について的確なことをいうことはできない。とにかく、むかしから、なんべんでも、ものすごくむちゃくちゃな連中が、この乾燥した地帯のなかからでてきて、文明の世界を荒らしのようににきぬけていった。そのあと、文明はしばしばいやすことのむつかしい打撃をうける。

遊牧民はその破壊力の主流であり、そのお手本を提供したけれど、破壊力をふるうのは遊牧民とはかぎらない。そののち、乾燥地帯をめぐる文明社会そのもののなかからも、猛烈な暴力が発生するにいたる。北方では、匈奴、モンゴル、ツングース、南方ではイスラーム社会そのものが、暴力の源泉のひとつになる。」(p.124)

ところで、梅棹忠夫先生をご存知でしょうか。モンゴル研究の上で、外せない民俗学者です。

 pic01

梅棹忠夫先生

uemsaotadao_w400
↑イケメン・・・(出所:ここ

モンゴル語解説:

Үмэсао Тадао
https://www.internom.mn/%D0%B7%D0%BE%D1%85%D0%B8%D0%BE%D0%BB%D1%87/%D2%AF%D0%BC%D1%8D%D1%81%D0%B0%D0%BE-%D1%82%D0%B0%D0%B4%D0%B0%D0%BE/
Үмэсао Тадао
/1920-2010/ 
Японы нэрт угсаатан зүйч, экологич, байгалийн ухааны доктор. 
Япон улс дахь соёлын хүн судлалын үндэс суурийг тавьсан судлаачдын нэг. Осакагийн угсаатны зүйн музейн захирал, Киотогийн Их Сургуулийн профессор. Түүний 1957 онд бичсэн "Соёл иргэншлийн түүхийг экологийн үүднээс авч үзэх нь" хэмээх ном нь соёл иргэншил, хүн төрөлхтөний түүхийн судалгаанд цоо шинэ хандлага, ажиглалтыг оруулж ирснээрээ томоохон байр суурь эзэлдэг. Зохиогч залуудаа монгол хэл сурч, Өвөр Монголд нүүдэлчдийн соёл, антропологийн судалгаа хийж байжээ. Түүний соёл иргэншил, түүхийн судалгаанд монгол нүүдэлчин ахуй, тэдний амьдралын хэв маяг томоохон байр суурийг эзэлдэг. Үмэсао Тадаогийн эрдэм шинжилгээний судалгаа, тэмдэглэл, олон нийтэд зориулсан бүтээлийг 1993 онд нийт 22 боть болгон эмхэтгэн хэвлэжээ.

梅棹先生のすごいところは、70年以上前に内モンゴルに日本軍の研究員として入り、現地でモンゴル語をマスターして馬に乗りながらフィールドワークを実践し、かなり詳細に当時の内モンゴルの生活様式を記録し、敗戦の混乱期にその記録を持ち帰るのに成功し、それを発表したところにあります。その内容は、『回想のモンゴル』に記載されています。

回想のモンゴル (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
2011-08-23


さらに、アフガニスタンにいるモンゴル系の少数民族を世に広めた学者でもあります。


 
実際、モンゴル国立大学には、アフガニスタンからの留学生がいます。なんでも、政府が他国のモンゴル民族を保護する目的でそうしているらしいです。

アフガニスタンなどのイスラム世界では、現代になっても、 モンゴル人のことを恐れ、忌み嫌われているとのことです。理由は、チンギスハーン時代の略奪、殺戮ことを忘れていないからだ、とのことです。特にアフガニスタンではモンゴル民族(モゴール族)の迫害はひどいらしく、それゆえに留学生を受け入れていると聞きました。

あと、実際に前述した日本留学経験のあるモンゴル人から聞いたのですが、イラン・イラクあたりの地域では 小さい子供が泣いた時に、泣きやませるために「モンゴル軍が来て殺されるぞ」と子供をあやすらしいです。いまの時代でもそんなことが行われているのに驚きますが、それだけチンギスハーン帝国が広大で、暴力による支配というイメージがまだ根強いことを明示している話だと思います。(もちろん、チンギスハーンの歴史的評価は改善されてきている、という話もあります。)

Jenghiz Khan well cut
↑ベルギー出身のJenghiz Khanというグループの"WELL CUT"というアルバムのジャケット。1971年の作品。ジャケットの絵が、えぐい・・・。いまこんなアルバム出したら、問題になりそうですが、当時は東西で分かれていて、西側の音楽を聞くことは容易でなかったからできたのかも。

では、厳しい乾燥地帯であるモンゴルという地理的背景があるために、「モンゴルでは奪うことは正当化されるのか?」 というと、そうではないと思います。一応、民主化して20年以上は経ちますし、近代的な法制度を取り入れて、ロシア・中国だけない様々な国と外交関係を持っています。昔の遊牧民族時代とは全く変わってるのは事実だと思います。

しかし、どうしてもモンゴル現地で活動をしていると「なぜモンゴル人にモノを貸すとなくなるのか」「モンゴル人に金は絶対に貸してはならないのはなぜか」という悩ましい事態に直面することがよくあります。何かものを貸してしまうと返却されれない確率は非常に高い、というか返ってくることはほぼありえない、と考えたほうがいいです。貸すということはあげるつもりで考えないといけない、これはモンゴルにいる誰もが口をそろえて言います。韓国に留学した日本人から、ルームメートのモンゴル人にお金を貸したら返ってくることはなかった、という話も聞きました。

なので、モンゴルで貸金業(ローンビジネス)をする際、担保条件は日本よりもかなり厳しく設定されています。

この話をみるとなぜ約束はなかなか守られないか?。 なぜものはなくなるのか?などが、地理的な要因もあるということが見えてくるかもしれません。もしかすると、これはモンゴルだけでなく、カザフスタン、ウズベキスタンなどの他の乾燥地域でも言えるかもしれない、ということも見えてきます。

やはり、内陸国で生きていくというのは、こんなにも大変なのでしょうか。

実際に、ウランバートルで車修理の仕事をしている社長さんが、「俺の仕事は監視カメラをひたすら見ることだ」と言っていました。たしかに、社長室にはおびただしい量のカメラのディスプレイが設置してありました。なぜかというと、修理現場に盗みにくるモンゴル人が多々いるだけでなく、修理に出された車のトランクの中に隠れて、就業後にものを盗みに来る輩もいる、とのことで常に監視をしてないといけない、とのことでした。

・・・・とこれまで散々書いてきたのですが、一方で、こんな指標があります。

World Bank(世界銀行)の"DOING BUSINESS Measuring Business Regulations"を見ると、東アジア・太平洋地域ではけっして悪く無い評価を得ています。
49
 (出所:http://www.doingbusiness.org/rankings)

結論としては、モンゴルだけでなくカザフスタンなどの中央アジアの草原の地では、素朴な遊牧民がいるかとおもいきや、草原後ならではの考え方があるということを意識しなければなりません。

その上で、さらに旧社会主義という要素(Lying commiesで前述)が加わるため、この地でビジネスをする、国際援助活動をするというのは、難しい側面があります。

今回はここまで。



ブログネタ
今日の出来事 に参加中!
2015-06-09-17-30-37

毎度、編集長のタケシです。
モンゴル民族文化基金「 第10回チャリティーコンサート」のお知らせです。

開演日時
2015/08/08(土)18:00 開場/ 18:30 開演

開演会場
滝野川会館大ホール

料金:一律3,000円(全席自由)

本コンサートの収益の全てを、当基金が実施している教育支援に充てるとの事。
 

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
2015-03-13-00-02-56

山羊の乳搾りです。私が中学生までは親の手伝いでよくやってました。


2015-03-13-00-03-48

アーロールを握って干しています。チーズの一種です。

2015-03-13-00-04-00

牛の乳搾りです。慣れてないと暴れたり、斬ったりするので要注意!

2015-03-12-23-52-38

背中にあるのは牛の糞や子山羊が生まれたときに入れる道具です。

2015-03-13-00-04-20

お嫁に行く日は髪を二つに分けてセットする。

2015-03-12-23-52-53

新郎側は新婦を馬で向かえに来る。新婦さんの顔を隠しているのですが、新郎の家について行事が終わってから初めてみんなにみせる。

2015-03-13-00-04-41

鞍のメンテナンスは男の仕事。

時代とともに失ったものがある。というよりも失ったものが多い。
古いアルバムを巡るとその変化がよく分かる。しかし、最近の若者は写真をみてもなんなのか、なんしているのか分からない子も少なくありません。悲しい。

しかし、悪いのは時代ではありません、我々自身でです。
いかに、伝統を守りつつ、発展して行く事は永遠の課題でもあります。



 

↑このページのトップヘ