モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:宮脇淳子

61g7EVWMfIL

毎度、編集長のタケシです。
モンゴル関係の新しい本、「モンゴル力士はなぜ嫌われるのか──日本人のためのモンゴル学」が12月25日より発売される予定です。著者はモンゴル業界で有名な宮脇淳子先生です。



△宮脇淳子さんのコメントはかなり辛口で面白いです。
当ブログでも何回も紹介してありますが、Youtubeチャンネルくらら「世界史のはじまり モンゴルを学ぼう」のシリーズ動画を一通り見ると良いでしょう。めちゃ勉強になります。


新書と言っても出版社からのコメントには 「本書は『朝青龍はなぜ強いのか』(二〇〇八年、ワック刊)を改訂・改題した新装版です。」 と書いてあります。『朝青龍はなぜ強いのか』は朝青龍が大活躍していた時に発売されてて、ほとんど人知っているかと思います。中古だと数十円で買えますけどね。



朝青龍の時代が終わった(引退した)ということがあってこの本はあまり売れなかった背景があります。

日馬富士の暴行事件でモンゴル力士が再び注目されているから、ある意味便乗商法ということですなぁ。



mongol bichig

毎度、編集長のタケシです。
「日本モンゴル文学会 2017年 秋季研究発表会」のお知らせです。

開催日時
2017年12月16日(土)13:30~17:10

開催場所
東京外国語大学本郷サテライト5階

開催内容

13:30 開会挨拶

13:40   研究発表の部

13:40   Судлаач Д.Цэдэвийн “Монгол яруу найргийн уламжлал шинэчлэл” (1974) бүтээл дэх шүлгийн тухай үзэл баримтлал

(D.ツェデブ著『モンゴル韻文の伝統と刷新』(1974年)における詩についての教義)

ゴンボスレン・ガルバヤルさん

(Gambosuren GALBAYAR, Гомбосүрэн ГАЛБАЯР)
(東京外国語大学世界言語社会教育センター特任教授)

14:10  「馬頭琴」物語と「スーホの白い馬」の派生と伝播

  −『スーホの白い馬』刊行50年に際して−

内田 孝さん(Takashi UCHIDA)

(大阪大学 日本語日本文化教育センター 非常勤講師)

14:40 (休憩)

15:00  モンゴルの三行詩と日本の俳句のいくつかの特徴

ゴンボスレン・ガルバヤルさん

岡田和行さん(Kazuyuki OKADA)
(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)

15:30   モンゴル系言語のキリスト教翻訳について

荒井幸康さん(Yukiyasu ARAI)

(亜細亜大学他兼任講師)

16:00   自由討議

モンゴル文学翻訳の課題と挑戦
発題:芝山豊さん(Yutaka SHIBAYAMA)

(清泉女学院大学学長)

16:40 モンゴル文学第3号について

17:00   閉会挨拶

(日本モンゴル文学会より)


参加費無料、モンゴルに興味ある方是非お越し下さい。


出典 チャンネルくらら

毎度、編集長のタケシです。
今日はチャンネルくらら配信の宮脇淳子先生の話をシェアします。

オスマン帝国とは、1299年から1922年までの約600年間、アナトリア、バルカン両半島を中心として栄えたイスラーム国です。国名の由来は、建国者の一族がトルコ人のオスマン族だったからです。トルコ人はもともとはモンゴル高原から中央アジアに遊牧し、長い歳月をかけ更にイスラムの国西へ移動したわけなので、オスマン家はモンゴル軍出身じゃないかと話は歴史的な背景から見ればその可能性は十分あると思います。
 



毎度、編集長のタケシです。
宮脇淳子先生の話、今日も衝撃的な話でいっぱいです。モンゴル軍はあとで勲章を貰うためになん人殺したかを報告する為に右耳を切ってたとか。そして、モンゴル軍の作戦の一つ包囲作戦だったとか。

実はこれら今でもモンゴルの生活上よく使われています。
僕が子供の時に経験してたからよく分かります。

遊牧民は家畜に自分の家畜だという印をつけるために耳に小さい穴(ハート型、月型、丸型)をあけたりします。
生まれてすぐあける人もいるけど、生まれてから数ヶ月経ったあと一揆にあける人もいる。この場合、ちゃんとラマなどに日取りをきめてやります。そして最後に耳の数と羊の数が合っているか数えます。ようは漏れがないかチェックしています。それにしても昔は人間の耳をやってたのか、モンゴル帝国恐るべし。w

包囲作戦もやりました。冬に近所のみんなで馬を乗って犬を連れて狩に出かけていました。小学の時でした。みんな東、南、西、北の外から内への方向に集まり狩をします。この場合は基本銃を使いません、犬が頼りの相棒です。銃だと流れ弾に誰か当たる可能性があります。銃は基本一人や二人で狩に行く時に使います。

一昔は狼の皮かなり高値で売れていましたが、最近の事情はあまり知らないです。


この動画で紹介された本The Tartar Khan's Englishman.を検索したらありました。しかし、僕は横文字苦手なので読めないわ。



 
モンゴルでの体験を忘れないうちにどんどん書き残したい。これらは私にとって本当に貴重な体験です。そのうち本になるかもよ。w


 

チャイナドレス
知ってた?チャイナドレスはモンゴルの衣装が起源だって。

毎度、編集長のタケシです。

満蒙とは何?
第二次大戦前,中国の満州と内蒙古を指していった語。
(デジタル大辞泉の解説より)
そう言っても今一分からん。

モンゴル通の宮脇淳子先生の話をぜひきいてみてください。
分かりやすい。この動画では今の内モンゴルの境界線は実は日本人が作ったそうです。昔どこかで聞いた話でしたが、これは本当の話なんですね。内モンゴル人はもっと日本人に感謝しないとね。





↑このページのトップヘ