モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:大相撲

大相撲の横綱の白鵬関が日本国籍の取得申請中であることと、それが引退後に親方となることを目的とてしたことがメディアで報じられ、様々な意見が各方面から発信されています。
images-70

白鵬関の帰化申請を良く思わない意見には、白鵬関が春場所の千秋楽の土俵下で三本締めを行ったことへの批判にからめたものが多いです。

こちらについては、あくまで国技としての相撲の儀礼上の順番の問題として、日本相撲協会が対処を検討中です。

しかしながら、何かにつけて白鵬関について「横綱としての品格が」や、挙げ句に「日本の品格が」と口擊する人達には、少し冷静に考えて欲しいと思います。

白鵬関は平成最後の春場所の千秋楽を終え、天皇賜杯の授与の後に、平成からの御代替わり(みよがわり)にあたり大相撲の興隆を観客と心を一つに祈願するため、三本締めを行っています。

儀礼上の順序の違いはその後に識ったことであり、観客の皆様もほとんどが喜んで三本締めに手を合わせています。
images-54

白鵬関がどれほど天皇賜杯の授与の大切さを理解しているかは、明治神宮の公式Webの記事でも紹介されている、柔道の山下泰裕さんとの対談からも良く分かります。
http://www.meijijingu.or.jp/shiseikan/yamato/099.html

白鵬関に対して「横綱の品格が」と口擊される人達には、ご自身の言説や態度に「日本人としての品格が」どれほどあるのか、今一度、自分自身を見直すことをおすすめします。
G20161116013733880_view

また、白鵬関にとって国籍をモンゴルから日本に変更することは、考えに考えての決断です。
ブフ(モンゴル相撲)の英雄を父にもつ白鵬関が日本人女性と結婚した当時、モンゴル国内でも白鵬関はモンゴル人ではなく日本人になるのではないかという心配の声が数多くあがりました。なぜなら、モンゴル人の愛国心や民族の誇りは、大変に強いものがあるからです。
白鵬関もまた、決して経済的な理由などで気軽に日本国籍の取得を申請したわけでないことは、はっきりしています。
images-125

モンゴル人としての民族の誇り。
日本の国技を次世代へと継承していく責任。
そして、これからのモンゴル人力士たちの育成という志。
これら全てを護り背負うための選択肢としての日本国籍取得申請。
並々ならぬ不退転の決意であると私は考えます。

日本国籍の取得については、膨大な書類手続きを必要とする一方で、日本という国に対する愛や忠誠を一切必要としない手軽さの両方が現実問題として存在します。
あくまで経済的な利便性だけで日本国籍の取得を行う立場からは、日本が多重国籍を認可するべきだという制度変更の主張までおこります。
テニスの大坂なおみ選手がグランドスラムで優勝したときも、優勝会見でテニスの質問ではなく国籍の制度の質問をして大坂選手を困惑させた新聞記者がいたことも、記憶に新しいでしょう。

自身の民族の誇りを忘れず日本の文化伝統を大切にしその継承の責任を背負う、日本国籍の取得。
白鵬関がこうした日本の新たな時代の「鑑」となることを、私は祈願いたします。

平成31年4月22日
みずばしょう


日馬富士関が貴乃岩関に対してケガを負わせ、責任を取って角界を引退した中で、なぜか日本のネット上では、愛国保守系の言論人やユーザーが白鵬関をバッシングしています。

yawata
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授の八幡和郎さんは「アゴラ」で複数回記事を発表し、「モンゴル人力士がともかく嫌いという国粋主義者のネトウヨ」という言葉を用いています。

ネトウヨとは、インターネットを媒体として右翼の発言〜日本への愛国心に基づく情報発信〜を行う人たちへの蔑称です。狭義には、現政権の支持し、中国・韓国・北朝鮮による日本をおとしめる行為をストレートに批判するユーザーが、「ネトウヨ」とみなされます。
一方で、攻撃的な感情が極度に先鋭化しカルト化することを自制するための言葉として「ネトウヨにならないように」などの言説で限定的に用いることもあります。ここでは、そうした趣旨のもとで話をすすめます。

message_takanohana
結論から言うと、

角界に根強くある暴力の隠蔽体質を改善すべく努力する貴乃花親方
VS
「日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」と発言した白鵬関


という、
あたかも貴乃花親方と白鵬関が対立関係にあるかのような報道を受けて、貴乃花親方を支持し白鵬関をバッシングするという展開になっています。

白鵬関へのバッシングの内容は実に様々ですが、主なものは以下の通りです。
que-13177055398
・肘うち(かち上げ)や張り手などの乱暴な相撲を行っている
 (変化とあわせて横綱相撲の議論はあるが、反則行為ではない。)

harumafuji_1
・現場にいたのに日馬富士関を止めなかった
(警察と相撲協会の両方の事情聴取に協力しています。その関係上、本人から報道などの第三者に直接事情説明できない状況にあります。)

monoii
・行司の審判に物言いをつけた
(後に厳重注意されたものの、白鵬関に悪意はなく、来場者も不快な表情をしていない。)

20171128-OHT1I50012-L
・万歳三唱を勝手に行った
(前人未到の40回優勝を白鵬関と共に祝え、来場者は皆大喜びで万歳している。)

hakuhouasahi
・「貴乃花親方が巡業部長なら行きたくない」という趣旨の発言
(「行きたくない」とは言っていないことが後に報じられる。)

DQKVVGgVoAAN26a
・巡業中に和服ではなく"MONGOLIAN TEAM"のジャージを着ていた
(入浴後なので問題はない。ジャージはモンゴル相撲協会から善意で贈られたもの。)

・根拠がない「関係者情報」と「憶測」
(根拠がない以上、話題にする価値はまったくない)

こうして並べてみると分かりますが、愛国保守かどうかに関係なく、単なる白鵬バッシングの報道を、そのまま鵜呑みにした反応でしかありません。

そもそも、事件発覚直後のネットの反応は、モンゴル人力士差別につながるものでは決してありませんでした。
mig
むしろ、2007年の時津風部屋力士暴行死事件以降も変わっていない角界の暴力への隠蔽体質を問題視した内容が主流でした。

モンゴル国でも、初期の報道内容が
、事件の真偽すら不明なほど少なかったことが問題になりましたが、日本人がモンゴル人を差別しているという内容とは異なるものでした。

にも関わらず、

貴乃花親方が相撲協会の事情聴取に一切応じないことが批判的に報道され

日馬富士関の引退表明後は、一転して白鵬関バッシングの報道がおこり

貴乃花親方を支持する
愛国保守系の言論人やユーザーが、白鵬関のバッシングを加熱した

という展開になっています。

hakuhou
しかし、白鵬関は大相撲九州場所の千秋楽の後、
真実を話して膿(うみ)を出し切り、日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」
と発言。警察捜査への全面協力による角界改善の意思表明をしています。この点で、貴乃花親方とは対立関係にありません。

また、白鵬関は日本の国技としての相撲を誰よりも大切にしており、角界の不祥事が続いた影響で優勝時に天皇賜杯が授与されなかったことに涙し、今上陛下より激励の手紙を受けたこともあるほどです。

224565069_624
貴乃花親方もまた、今回の事件を受けて、
「日本国体を担う相撲道の精神、相撲道の精神とは、角道と言います。角(くら)べる道と書きます。私どもが相撲協会教習所に入りますと、陛下が書かれた角道の精華という訓があります。これを見て、いちばん最初に学びます。この角道の精華に嘘つくことなく、本気で向き合って担っていける大相撲を。」
と、角道を歩む貴乃花部屋の親方として改めて決意を話されています。

takahaku
貴乃花親方も白鵬関も、日本の国技である相撲に全身全霊で取り組まれており、同じ道を同じ方向に歩んでいます。

それを、
貴乃花親方を支持するから白鵬関をバッシングする
白鵬関を支持するから貴乃花親方をバッシングする
ネトウヨは貴乃花親方を支持して白鵬関をバッシングする
このようなネット世論を形成して、誰が傷つき、そして、誰が笑うでしょうか?

普段から「偏向報道」や「報道しない自由」に敏感なはずのネットユーザーの皆様には、是非とも考えていただきたいと思います。

参照Web:
白鵬の相撲が評価されないのは常陸山の亡霊がゆえ
八幡 和郎
アゴラ(2017/12/01)
http://agora-web.jp/archives/2029808.html

国技意識の高い白鵬と、親方として最低の貴乃花
八幡 和郎
アゴラ(2017/12/05)
http://agora-web.jp/archives/2029867.html


貴乃花親方「叩かれようが、さげすまれようが力士を育てていく」 打ち上げで明言
サンスポ(2017.11.27)
http://www.sanspo.com/sports/news/20171127/sum17112716030009-n3.html

日馬富士、引退会見全文 貴ノ岩に「礼儀と礼節を忘れずにちゃんとした生き方をして」
スポーツ報知(2017/11/29)
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20171129-OHT1T50164.html

「真実話し、膿出し切る」 千秋楽で白鵬が謝罪
日本経済新聞(2017/11/26)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23918630W7A121C1CC1000/

nodayoshihiko
2016年6月22日、日本の元内閣総理大臣の野田佳彦が、民進党(旧 民主党)の選挙演説で、モンゴルの英雄である横綱の白鵬関を罵倒し、日本国内でも問題になっています。

「スポーツ報知」によれば、野田は安倍晋三内閣総理大臣と内閣を批判するのに、「白鵬の相撲に似ている」として、以下のように語りました。

hakuhoh
「安倍政治は白鵬の相撲に似ている!」
「立ち合いが汚い!」
「左手で張ったと思ったら右ヒジを顔面に入れる。左手がアベノミクス、右ヒジが安保法の強行採決なんですよ、みなさん!」
「で、眼窩底(がんかてい)骨折させられる。顔面は鍛えられないんです!」
「王道を外れた邪道、覇道、外道の政治を倒そうじゃありませんか!」


白鵬関は幕内優勝37回という、大相撲でも前人未到の記録を有する横綱です。そして、朝青龍関とともにモンゴル国とすべてのモンゴルの英雄です。白鵬関の相撲における「勝利」と「横綱相撲」と「変化」については議論も賛否も色々あり、白鵬関自身も語ることがあります。しかし、それらはすべて、日本の国技としての相撲の話だけで語られるべきことです。政治の話や、選挙の話で語るようなものではありません。

enzetsu
民進党の野田元総理のこの暴言に対して、日本国内のネット上では、下記のような批判が起こっています。

・名誉毀損だよね
・政権を投げ出した奴が一体何を言ってるんだろう?
・白鵬可哀想
・名前変えてもこの政党って品格の欠片もないよね
・野田さん、ヘイトスピーチは止めて下さい。
・モンゴル人である白鵬をディスるとか民族差別になるんじゃないのか?
・それとも中韓以外のヘイトはOKっていうのか?


東日本大震災(2011年)の発生時、世界最速で編成されたモンゴル国の国際救助隊の派遣を著しく待たせたり、核のゴミをモンゴル国に捨てる計画があるという怪文書を経済産業省から流出させたのが、野田佳彦の所属する民主党(現 民進党)政権の時代です。今回の参議院議員選挙における野田元総理によるモンゴルの白鵬関へのヘイトスピーチとあわせて考えると、これは単なる偶然なのでしょうか?

モンゴル人の皆様は、野田元総理と民進党に、「白鵬関を侮辱するな」「大相撲と政治を一緒にするな」「モンゴルを侮辱するな」と、しっかり抗議して良いと思います。

野田佳彦
http://www.nodayoshi.gr.jp/
https://twitter.com/NODAYOSHI55

2016年6月23日
みずばしょう

参考記事:
民進党・野田前首相、応援演説で呼び掛け「安倍政治は白鵬の相撲」
スポーツ報知 6月22日(水)15時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000078-sph-soci

hakuhouzeki2
白鵬関へのバッシング報道が止まりません。
なぜバッシング報道がこれほど大規模かつ長期間続くのでしょうか?

白鵬関は2015年3月22日の春場所で、大相撲において前人未到の34度目の優勝を果たしました。
しかし、その前人未到の偉業を祝福する声がかき消えるほど、テレビや新聞では連日のように、バッシング報道が展開されています。

・横綱は「張り手」や「変化」を使うべきではない。
・審判への不平を口に出してはいけない。

この二点だけなら、当事者間で話し合い、そこに賛否複数の意見が出て、1日で済む話のはずです。
しかしマスメディアは、繰り返し下記のような言説を展開します。

・モンゴル人力士ばかりが活躍しているが、日本の大相撲は強ければいいというものではない。
・モンゴル人力士には大相撲や日本の品格がわからない。


このように、モンゴルと日本が相容れない関係にあるかのように演出し、モンゴルの白鵬関を日本の敵であるかのように、世論誘導しています。

こうした報道は今に始まった話ではなく、朝青龍関が横綱となり圧倒的な強さを見せていた時にまで遡ります。
朝青龍関も2007年、モンゴル国で怪我の治療中、大使館からの再三の依頼を受けてモンゴルの孤児を支援するチャリティーのサッカーイベントに痛みをおして出場たところ、日本国内で「朝青龍は仮病を使ってサッカーに興じた」と徹底的なバッシング報道をされています。

また、大相撲界に激震が走った八百長疑惑問題でも、モンゴル人力士が集中的に槍玉に挙げられ、多くのモンゴル人力士が身の潔白を証明する機会すら与えられずに「解雇」させられました。
(ただ一人、内モンゴルの蒼国来関は2年間という残酷すぎるほど長すぎる解雇期間の中でも戦い抜き、幕内力士として再び土俵にその雄姿を見せてくださっています。)

「モンゴル人力士は嫌いだ」
「モンゴル人は嫌いだ」
「モンゴルは嫌いだ」


報道を通してこうした心ない話が重なり、さらに、

「モンゴル人も日本を嫌いになっている」

と、モンゴル国内の反日感情を報道するマスメディアまで現れたこともあります。

日本とモンゴルの友好関係に傷をつけたい。
日本とモンゴルの関係を悪化させたい。
そうした「偏向」 を、日本のマスメディアによる報道には明確に見ることができます。


つまり、白鵬関でもなければ日本人でもなく、「日本のマスメディアの偏向報道」こそが問題であり、その原因を考えることが肝心になります。


その原因を考える上で、ある「特定の国」の存在が出てきます。

日本のマスメディアは近年、ある「特定の国」の立場に偏向した報道姿勢が、問題視されています。
その偏向が顕著なところほど、日本国内でモンゴルをおとしめる報道を展開しています。


「特定の国」は、モンゴル国に渡航した日本人やモンゴル人なら誰でも分かる話なのですが、モンゴル国内で日本のイメージダウンを目的とする行為に、非常に積極的です。

モンゴルと日本は友国として、固い絆で結ばれています。
ノモンハン事件(ハルハ河の戦い)を経た戦後のインフラ建設、1972年の国交樹立、1990年の民主化直後の支援、新興国として発展する中での本格的な経済協力の開始、さらには東日本大震災における多大なご支援。こうしたいくつもの歴史を通して、モンゴルと日本は友国としての関係を強固なものにしています。

一方で「特定の国」も、近年積極的にモンゴルに進出しています。
真っ当な内容の進出であれば問題ないのですが、日本料理店を経営したり日本をうたい模倣した商品を展開している状況には、日本人として愕然とさせられます。
モンゴルの皆様のほとんどは日本と「特定の国」の違いを理解くださっているので、間違えることは比較的少ないのが、せめてもの幸いです。
加えて残念ながら、違法な買春を目的としたモンゴルへの渡航、違法な売春を行うモンゴルでのカラオケバーの経営など、モンゴル国内で深刻な社会問題を起こしている国でもあります。

日本のマスメディアの偏向報道に話を戻しますと、

日本とモンゴルの友好関係とその強化については、報道が非常に小さく、単発なものになります。
日本で活躍するモンゴル人力士へのバッシングは、報道が大きく長いものになります。
「特定の国」については、「特定の国」にとって良いことは大きく長く、悪いことは短く報じます。

yakumituru02
「まことに不幸な優勝」「日本人が期待する横綱ではない」 「今の白鵬の態度は、確実に日本人を敵に回しつつある」
白鵬関をテレビや新聞や雑誌で徹底的にバッシングする急先鋒のやくみつる氏。モンゴル国でも有名な存在。
「特定の国」に対するコメントも特徴的なことで知られています。

「日本のマスメディアの偏向報道」という問題の本質と、その「影」。
白鵬関やモンゴル人力士へのバッシング報道が激化すればするほど、より広く日本とモンゴルに知られることになるでしょう。
一刻も早い問題の改善が求められています。


2015年3月25日
みずばしょう

※「特定の国」の国名は、現時点では伏せさせていただきます。

716923113
日馬富士と白鵬、どちらが品格ある?!

716908964
大好きな旭天鵬関からサイン貰っちゃいました。

716909000
これは宝モノになります。

今日両国国技館で初日を迎えた大相撲初場所をちょっとみてきました。
と言っても国技館には入ってません。正門のところに行きました。

沢山が人が集まってのでみたらどうやらお相撲さんが出てきて
おじさんたちや子供がサインを貰ってました。
みんなサインを貰うプロで写真付きの雑誌にサインしてもらってました。

知らないおじさんにその雑誌どこで売っていますかと聞かれたら、
お前モンゴル人か、これあげるよと言われた。
みたら「大相撲一月場所」と雑誌で中に力士たちの名前と写真などを書いてあった。
ここはモンゴル??一瞬おじさんたちの仲間入りです。
すごい感動しました。東京の下町はやっぱり人情が溢れる。 
そして人生初の挑戦がスタートです。

力士たちは基本みんなサインをしてくれた、芸能人と全然違ってた。
注意しないといけないのは負けた力士からサインもらっていけないようです。

今日は15人の力士からサインをもらいました。
なんと大好き力士旭天鵬からもサイン貰っちゃいました。
白鵬、日馬富士からサイン貰うのは中々難しいようです。
残りの力士たちから今後ゆっくり時間かけてサイン貰いたいです。

大相撲、日本人力士もっと頑張って欲しい!!

↑このページのトップヘ