モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:大学

記念写真に納まるツェツェグジャルガル校長(前列中央)と柳澤学長
記念写真に納まるツェツェグジャルガル校長(前列中央)と柳澤学長(前列左から2人目)ら

岡山理科大学(岡山市北区理大町)は、モンゴルの首都・ウランバートルにある小中高一貫の「ナラン外国語学校」と教育・研究交流協定を締結することとなり、2019年10月17日、来日したゴンボ・ツェツェグジャルガル校長らと柳澤康信学長らが打ち合わせを行いました。協定は年内に締結され、教職員や学生・生徒の交流が本格的にスタートする見通しです。

一行は校長のほか同校のサンジ・デムベレルアドバイザー、北川雅弘・加計学園モンゴル支局長ら。岡山キャンパスで双方が協定書案の内容を確認しました。一行はA1号館にあるコンピューター実習室、化学実験室、音楽室・ピアノレッスン室などを見て回り、音楽の授業を見学。留学生入試についての説明を受けました。

岡山理科大学を初めて訪れたツェツェグジャルガル校長は「施設が充実していて、素晴らしい大学という印象です」と感想を述べ、「まずは教員の交流を進めていきたい」と強い期待感を表明しました。

ナラン外国語学校は2004年に設立され、生徒数約490人。教育内容はモンゴル語、英語、日本語、理科、地理、図形、体育などで、日本語は小学1年から教えています。

協定が締結されれば、モンゴルでは科学アカデミー古生物学地質学研究所(2013年)、国立教育大学(2017年)、生命科学大学(2018年)に続いて4件目となります。こうした交流の拠点として2019年9月、ウランバートルに「岡山理科大学モンゴル・サテライトオフィス」を開設しています。


【岡山理科大学について】
http://www.ous.ac.jp/
1964年、西日本初の理学部単科大学として応用数学科、化学科の2学科で開学。 2018年には愛媛県今治市に第2キャンパスを設け、西日本の私学で初の獣医学部を開設。7学部21学科1コースとなりました。「好奇心全開、探究心無限大」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
岡山理科大学 入試広報部
TEL:086-256-8412(内線1226)

u=3712146295,489816164&fm=214&gp=0

毎度、編集長のタケシです。
たいへんありがたいことに当サイトの編集メンバーが増えました。ウランバール・ブリヤード・カルムイクに留学されれいる3名です。非常に興味深い、そしてディープな情報を現地から配信して下さって本当に感謝です。

メンバーの詳細情報はこちら

e61190ef76c6a7effd74c459fdfaaf51f3de667a

では、本題に入ります。
「日本モンゴル学会2017 年度秋季大会案内」のお知らせです。

開催日時
2017 年 11 月 18 日(土) 午前 9 時 30 分〜午後 5 時 50 分

開催場所
滋賀県立大学 A2 棟 2 階 A2-202 大講義室

内容:

第1部 研究発表

1.中村絵里(東京大学大学院博士課程)、北村友人(東京大学大学院)
「ウランバートル市ゲル地区における小学生保護者のネットワークに関する考察」
(9:40-10:00)
2.廣田千恵子(千葉大学大学院博士後期課程)
「モンゴル国カザフ人社会におけるフェルト敷物「サルマック」の使用法とその特徴」
(10:00-10:20)
3.ハスゴワ(哈斯高娃)(神戸大学大学院博士後期課程)
「清代及び中華民国期におけるオルドス地域のキリスト教宣教師たち― 引き起こされ
たトラブルとその解決方法」
(10:20-10:40)
4.内田孝(滋賀県立大学)
「滋賀県立大学図書情報センターが所蔵するモンゴル関連資料の紹介―松文庫と陳
文庫を中心に―」
(10:40-11:00)
(松文庫等の見学:11:05-11:35)

第2部 講演

1.Christopher P. Atwood.(ペンシルヴェニア大学教授)
“Chinggis Khan and His Sons in Yuan Dynasty History Writing”
(13:00-13:30)
2.ボヤンデルゲル(内モンゴル大学教授)
《“鲜卑”、“室韦”、“尼鲁温”音义新释——兼论蒙古族族源》(「”鮮卑”、”室韋”、”尼魯
温”の原意をめぐる新しい解釈― モンゴルの起源論を兼ねて」)
(13:30-14:00)
3.ザヤーバータル(モンゴル国立大学教授、モンゴル研究協議会事務局長)
Монгол судлал: дэмжих бодлого, үйл ажиллагаа(モンゴル研究:支援策と活動)
(14:00-14:30)
(休憩;14:30-14:45)
1432426156482443324

第3部 「現代モンゴル仏教の実践の諸相」セッション

趣旨説明(島村一平:滋賀県立大学) (14:45-14:50)
1.Rustam SABIROV(モスクワ大学)
“Varieties of Buddhism in Contemporary Mongolia”
(14:50-15:05)
2.島村一平 (滋賀県立大学)
「呪術化した社会主義:モンゴルにおける社会主義期の転生ラマ信仰の事例から」
(15:05-15:20)
3.趙芙蓉(国立民族学博物館外来研究員)
「内モンゴルにおけるモンゴル仏教の再生の現状と転生ラマの存在」
(15:20-15:35)
4.Jadamba Lkhagvademchig(モンゴル国立大学専任講師)
「双頭のモンゴル仏教:現代モンゴル仏教の主導権をめぐるジェプツンダンバ 9 世と
ガンダン寺院管長のポリティクス」
(15:35-15:50)
討論 (15:50-16:10)
(休憩;16:10-16:25)

第4部 研究発表

1.正司 哲朗(奈良大学)、千田嘉博(奈良大学)、臼杵勲(札幌学院大学)、L.イシツェ
レン(モンゴル科学アカデミー歴史・考古学研究所)、CH.アマルトゥヴシン(モンゴ
ル科学アカデミー歴史・考古学研究所)、G.エレグゼン、青木麻佑花(奈良大学)
「モンゴル国における 18 世紀の寺院都市ズーン・フレーのデジタルアーカイブと構造
解明」
(16:25-16:45)
2.Legden Tserenchunt (インディアナ大学上級講師)
“Past, Present and Future of Teaching Mongolian Language at Indiana University and in the
USA”
(16:45-17:05)
3.小林秀高(拓殖大学北海道短期大学)
「モンゴル国における政治制度と大統領の権力」
(17:05-17:25)
4.チョルモンゲレル(大谷大学真宗総合研究所特別研究員、中央民族大学大学院博士
課程)
「カルムイク木版本『金光明経』の新研究─二種の木版本の関係・刊行時期について
―」
(17:25-17:45)
閉会の辞(副会長) (17:45-17:50)


日本モンゴル学会事務局
〒183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1 東京外国語大学青木雅浩研究室気付
Tel.042-330-5297 / E-mail:monglstd@yahoo.co.jp

もっと詳しい情報はこちらPDF


アジャ・リンポチェ回想録 モンゴル人チベット仏教指導者による中国支配下四十八年の記録
アジャ・ロサン・トゥプテン(アジャ・リンポチェ八世)
集広舎
2017-10-14

image

毎度、編集長のタケシです。
日本モンゴル文学会・北海学園大学人文学会共催国際シンポジウム「近代モンゴル文学における日本」開催のお知らせです。


開催日程
2017年6月24(土) 13:00-18:00

開催場所
北海学園大学7号館5階D50番教室


プログラム・研究発表

開会挨拶 テレングト・アイトル(北海学園大学)

外国の学校教育におけるモンゴル文学についての考察
 ―ロシアと日本の学校テキストをめぐって―
    満全/ドロンテンゲル(内モンゴル師範大学)

伝統における「こころ」とサイチンガの「こころ」について
    策・朝魯門/ツェ・チョルモン(内モンゴル師範大学)

D.センゲーの作品に表象された日本人の兵隊について
  Б.Мөнхбаяр/B.ムンフバヤル(モンゴル科学アカデミー言語文学研究所)

現代のインジャンナシ研究と日本 額尔敦哈达/エルデニハダ(内モンゴル大学) 

民国期に伝承された民謡について
 額爾敦格日楽/エルデニゲレル(内モンゴル師範大学)

質疑応答とパネルディスカッション

閉会挨拶 芝山豊(清泉女学院大学)

(公式チラシより転載)

お問い合わせなどは下記のページへ。

image
▲出典 名古屋大学博物館

毎度、編集長のタケシです。
第22回名古屋大学博物館特別展「モンゴル大百科」開催のお知らせです。入場無料ということなので興味ある方はぜひ行ってみてください。

展示期間
2016年4月19日(火)〜8月27日(土) 

展示時間
10:00〜16:00

会場
名古屋大学博物館

なお、下記の日程では特別講演会があるので
行くなら事前にスケジュールを確認した方が無難です。

2016年4月30日(土)10:30 - 12:00
「恐竜時代のモンゴルの気候」

2016年6月11日(土) 13:00 - 14:30
「モンゴルの恐竜の姿勢と生態」

2016年7月9日(土)10:30 - 12:00
「モンゴルの環境汚染」

2016年8月6日(土) 10:30 - 12:00
 「太古の生物大進化」
 「モンゴルの地質と鉱床」

成田あるいは羽田の空港から北京に行き、そこでフフホト行きの国内線に乗換えます。
離陸してしばらくの間、窓の景色は雲だけです。
けれども30分くらいたちますと、眼下に峻険な山並みが延々と広がります。
この山並みが途切れると、今度は草原になります。

ulaganhada2
内モンゴルの東、オラーンハドゥの草原にて
大地も空も美しすぎる。。。 

よしっ、モンゴルだ!!

いつもそう感じます。
およそ50分間くらいの短いフライトで、フフホトの白塔空港に到着です。
市の中心へは、車で30分ほどです。

前回の拙文で2012年から翌年にかけての冬場に、フフホトに行ったことをお伝えしました。
この時、ユーラシア大陸には大寒波が到来していました。
私の滞在中、フフホトより東にある西ウジュムチンで、羊や馬などの家畜が大雪に埋もれてしまい、牧人が必死の救出作業に追われている、というニュースがあったほど激しい寒波でした。

hanchao
内モンゴル最北東にあるフルンボイルでマイナス46.1度を記録したことを伝えるニュース

私はもともと日本でウルグン先生にモリンホール(馬頭琴)を習っていました。
ウルグン先生経由で、内モンゴル大学芸術学院でモリンホールを教えておられるサチロンゴイ先生にも、留学について相談にのっていただいていました。
留学担当の先生との面談では、サチロンゴイ先生が同行してくださいました。
そのおかげですんなりと事は運び、入学にあたっての詳細は難なく知ることができました。

bakshi
右から2番目がウルグン先生、一番右がサチロンゴイ先生
現代モリンホール界を牽引する最強コンビ♪

さて、そのようにつつがなく目的を達成した私は、ホテルの暖かい部屋でキリっと冷えたミネラルウォーターでも飲もう、そう思いました。
そこでペットボトルを2本ほど購入してホテルへ帰りました。
ミネラルウォーターは常温でした。
冷蔵庫へ入れようか、いや待て、外がこれだけ寒いのだから、外へ置いておけばすぐに冷えるんじゃないかしら?
 
我ながらナイスアイディア♪
私は窓を開けて、2本とも置きました。
おそらく20分くらいで、理想的なキリっとした冷たさになるでしょう♪♪
 
20分経ちました。
窓を開けました。
そこにあったものは、ガッチガチに固まった、棍棒のような物体が2つ。
 
まさに鈍器。

これで人様をエイッ!とばかりに打ったら、たちまちにして打たれた者は屍と化す、そのようなものに変貌をとげていました。
かつてはミネラルウォーターであり、今や凶器となった物体は、部屋に置いても、数時間にわたって溶けることなく凶器のままでした。
あぁ、モンゴルでは寒いからといって、外を冷蔵庫がわりにしちゃいけないのね。
その日の夜、フフホトはマイナス27度になりました。

この年の6月1日、私は日本を離れフフホトに引っ越しました。

ger2 
私はここの9階に住んでいた(新華東街)

international_plaza2
フフホトにはこんな大きいファッションビルもあれば。。。
(ヒャンガンウムンジェール) 

ulaanchabbaruunjeel
こんな庶民的なところもあるのよ♪ (オラーンチャブバローンジェール)
赤いジャージの小学生、かわいい〜〜〜

前回の拙文の最後で、次は【後編】と書きました。
しかしながら、私、今回で終了するわけにはいかないことに、ふと気づいてしまいました。
 
ぜひとも皆さまにご紹介すべき、大事な、貴重な、まさに
内モンゴルのエルデン
(エルデンはモンゴル語で宝という意味)があったことを思い出してしまったのです。
しかもこのエルデンを知る人は、モンゴル人でも少ないのです。
これをお伝えせずして何を伝えるというのでしょう?!
 
そのようなわけで、今回は【中編】となりました。
読者諸氏におかれましては、節操のない執筆者である、もしくは、計画性がない、などとお考えになるにはおよびません。
ここはぜひとも柔軟性に富んでいる、とお受け止めいただければ幸いです。
次回はその超重要情報をお伝えします。
今度こそ【後編】です!!!

↑このページのトップヘ