モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:団体

モンゴル村1

毎度、編集長のタケシです。

日本に来てもう15年です。
言い換えれば遊牧民生活を離れてもう15年です。

そんな私が最近よく思うようになったこと:日本とモンゴルの両国に貢献できる事をしたい。

高齢化と少子化によって、地方はどんどん寂れていくのみてもったいないなぁと思っています。日本中いろいろ旅をして来ました。そして地方の自然と田舎の人の良さに魅力を感じました。私ができる事、私にしかできない事を考えたら「モンゴル村」を作る事にたどり着きました。

日本は海、森、山などの自然に恵まれている国です。こんなところでモンゴルの移動式住居ゲルを設置すればもう贅沢です。


来客はモンゴルの文化を体験するだけじゃなく、ネットや本だけでは伝わらない、風の音、空の色、鳥の鳴き声など五感を使って思い切り地方の自然を楽しめると思います。ターゲットは日本人、そしいて若者向けです。もちろん温泉のある場所に作れたら今話題のインバウンドだって可能です。
まだ企画の最中で、土地を提供して下さる地方自治体を探しています。もちろん私のこの思いを賛同して下さる投資家また共同開発に取り込みたいという方いたら大歓迎です。



今考えているの関東地方のみですが、
その他の地方でもプロデュースすることは可能です。


土地提供、または共同開発に取り込みたい自治体、個人の方
ぜひモンゴル商事までお問い合わせ下さい。


モンゴル村で地方活性化に貢献しましょう! 


参考までに!非常に成功している事例です。

鷹島モンゴル村
www.mongol-mura.com/

モンゴリアビレッジ テンゲル
www.tenger.jp/

 

ブログネタ
ごく普通の日記 に参加中!
モンゴルの風

毎度、編集長のタケシです。
特定非営利活動法人ニンジン が主催する、モンゴルの障がい児を支援するための七夕チャリティコンサート「モンゴルの風」今年も開催されます。
横笛リンベ、ホーミー、馬頭琴などの演奏があるそうです。

開催日時
2014年7月5日(土) 18:30〜20:50
 
開催会場 
ルーテル市ヶ谷センター(市ヶ谷駅より徒歩) 新宿区市谷砂土原町1-1

主催
特定非営利活動法人ニンジン
http://www.ninjin-npo.org/

モンゴルの障がいをお持ちの子供たちを支援している皆さんに大変感謝します。


 

まもろう

毎度、編集長のモリンホールです。

山の高いところにすんでいるユキヒョウ、40年前には、
世界でたった千頭を数えるまでに減ってしまったとも言われています。
今日は皆さんにモンゴルのユキヒョウを守ろうと立ち上げたとある団体を紹介します。

Q 「まもろう」ってどういう団体なんですか?
「まもろうPROJECT ユキヒョウ」は、
モンゴルに生息するユキヒョウを絶滅から守るプロジェクト。
研究者、クリエーター、動物園、現地の保全団体がひとつになって保全活動を行っております。

公式サイト http://yukihyo.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/yukihyo2013



Q「まもろう」を始めたきっかげを教えてください。
ユキヒョウをはじめ絶滅危惧種の繁殖研究をおこなう双子の姉
「木下こづえ」と、コピーライターの双子の妹「木下さとみ」、
二人のそれぞれの専門性を活かして何か新しい保全プロジェクトができないかと思い、
この活動を始めました。

Q当ブログの読者も応援したいという人いると思いますが、どうすればいいですか?
現在、クラウドファンディングの「CAMPFIRE」で支援者を募集しています。
CAMPFIREは、期限内に目標金額に達しなければ支援金を受け取れない仕組みとなっております。
7/28(土)までに目標金額の100万円を達成できるよう、
何卒お力添えをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

↑このページのトップヘ