モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:呼和浩特

IMG_2512
毎度、編集長のタケシです。
一ヶ月ぶりの記事です。一昨日内モンゴルから帰ってきました。

今回の内モンゴルでの旅の出来事を複数回にわけて、写真たっぷりで紹介して行きたいと思います。当サイトの写真や映像をテレビ局、新聞社もよく使ってくれるので必要な方は事前に連絡下さい。

チョトハサン・ゲドス(血腸)

IMG_2473
いきなりですが、日本ではまず見ないだろうと思います。モンゴル人にとって羊は財産です。羊の肉を食べ、毛を売り、食べ終わった肉の骨も売ります。内臓も血も無駄なく美味しいご馳走の一つです。

チョトハサン・ゲドス言わば羊の血のソーセージです。作り方は簡単です。
新鮮な腸をきれいに洗って、血と小麦粉と塩、長ネギを切って混ぜます。そして腸に入れ茹でたり焼いたりして食べます。

内臓系が苦手な人でも焼いたときは食べやすいかと思います。

ホニン・トロガイ(羊の頭)

IMG_2475
ホニン・トロガイは見たの通り羊の頭です。頭だけではなく足も一緒に。
頭は作りが複雑のためまず毛を短く切ったあとに焼いて、その後何回も洗ってから茹でます。
味付けは基本塩のみです。

チャナサン・マハ(煮た肉)

IMG_2476
チャナサン・マハは日本のモンゴル レストラン行けばすぐ食べれます。ようは、骨付き肉を塩で煮て作ります。

カターサン・フールサン・マハ(干した肉の炒め)

IMG_2477
同じ肉でも、時間をかけて干した肉のため噛みごたえがあって本当にうまいです。炒めというより肉汁が染み込むゆっくり茹でて出来上がります。季節的には春の時のご馳走です。

ゲドス・トトル(内臓)

IMG_2499
内臓を茹で、味付けはもちろん塩のみです。

今回は内モンゴルの料理編について短く書きました。
内モンゴルのことをもっと知り合い方は次には下記の2冊がおすすめです。

内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01




cdbf6c81800a19d8387a937f35fa828ba61e464a
毎度、編集長のタケシです。
そろそろ夏休み、これから中国・内モンゴルへ行かれる方は用注意!

中国・内モンゴルではTwitte、Facebook、Youtubeはもちろん、LINEも使えません。旅行中に事件や事故が起きることもあるし、日本の家族や会社と急に連絡取りあう必要もあるかと思います。そんな時に、一週間ほど行ってくるのにわざわざ使えるかどうか分からないVPNを契約する必要はないです。

FullSizeRender

だけど、これはiOSユーザ専用の裏技です。
iMessageを使います。iMessageとは、iPhoneやiPad、iPod touch、そしてMac同士で送受信ができるメールです。

国内だろうと海外だろうと送受信が無料なのです。

やり方は簡単です、フライトモード状態でWIFI環境で日本のiPhoneユーザに普通にショートメール送ればOKです。安否確認から旅の写真など送れます。

iPhoneユーザはこれを使わないと損です。
iPhone以外のスマホに似たよう便利なツールあればコメントで教えてください。





内モンゴルを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
ボルジギン ブレンサイン
明石書店
2015-08-01


2017-01-04-12-18-00
毎度、編集長のタケシです。
年末の内モンゴル出張、先日書いた春秋航空の突然飛行中止以外は中々意義のある日々を過ごしてきました。

今回私が内モンゴル行った主な目的は、数年前円高の時の友人と一緒にオープンしたレストランの資金の回収でした。そして、フフホトで事業をやっている複数の友人のオフィスに見学し、現地事情、ビジネスチャンスを探ってきました。
2017-01-04-12-36-21
日本に比べて事業をやるのにはチャンスが多い一方、現地のスタイル、やり方には合わせなければ成功するにはかなり難しいでしょう。それなりの人脈と賄賂を払う勇気がないと日本でサラリーマンやった方がまだ安心だと思います。
2017-01-04-12-24-18
16年前に、私はたった2万4千円で来日して、そうの後バイトで貯めた金で投資をし、これまで二回も破産したことがあります。今では、いろんな人と話すとすぐにこれはいける、これはダメという商売の魂が動いてきます。
2017-01-04-12-16-29
フフホトに最近モンゴル物産を中心に販売する商業施設ができました。その名はモンゴル語ではモンゴル・ホト、直訳すると「モンゴル城」です。
2017-01-04-12-27-52

リサーチがてら行きました。
外から見たら立派な商業施設に見えましたが、中入るとガラガラでした。今のところ3F・4Fになん店舗か入ってて、それ以外はまだテナント募集したり、工事中だったりしています。

一番重要なのは1Fの入り口だったり、人が見てすぐ入りたくなるように仕組みが出来てない感じでした。ちなみに、この商業施設のテナントを運営しているのは日本に留学して、帰った複数の人が共同運営しているようです。モンゴル人が共同運営するのはかなり珍しく、これからブームになるのではと言われいます。
2017-01-04-12-24-41
共同運営は最初から法人として登記し、分配などをはっかりしておかないと後から損しても、儲けてももめ事になるのは間違いないです。
モンゴル人がモンゴルのためになにかやるのは素晴らしいことです。漢人と違って、自然食品だったり、無農薬のものであれば高くても売れる時代になっているので、そういうの増えればいいと思います。

僕は日本が大好きなので、永遠に日本で遊牧やっていく覚悟ができています。
 

2017-01-07-22-42-01

毎度、編集長のタケシです。2017年度初の記事です。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末、名古屋発フフホトのLCC春秋航空に乗りました。
結果、最悪でした。 

私は、名古屋⇔フフホト間の座席指定+食事の往復チケットを買っていたため、合計で3万円くらいでした。正常であれば、東京から名古屋まで新幹線代往復で2万円、トータルで5万円程度でフフホト行って来る予定でした。

LCC乗るのは初めてでしたので最初からちゃんと時間通りに飛ぶか心配でした。行く時は時間通り飛び、途中で石家荘で入国手続きをして、無事フフホトに着きました。LCCって以外に行けるねと喜んでましたが、それが早かったようです。

image
日本へ戻る日にフフホトの空港に着いたら、石家荘行きの飛行機がスモッグの影響で着陸できないため、フライトがキャンセルされたと言われました。受付のところに7〜8人が「明日から仕事だ、休めない」と半分喧嘩している状態でした。次の便は三日後で、しかも空席がないとのことでした。そう、一番心配してた事件が起きました。

春秋航空からは、中止した分返金されるが、それ以外の補償や費用一切負担しないとのことでした。
image

仕方なく、次の日にフフホト→北京→東京行きのフライトで帰って来ました。

LCCに乗った分、結果的に時間もお金も余計にかかってしまいました。お金の余裕がなくても、時間の余裕がある方はLCCに乗っても良いですが、そうではない方にはやっぱりLCCなんかおすすめしません。

2016-12-20-21-04-18
2016-12-20-21-05-33
2016-12-20-21-04-39
2016-12-20-21-05-44
2016-12-20-21-05-49

毎度、編集長のタケシです。
久々にモンゴル関連のアプリをチェックしてみました。内モンゴルテレビ衛星放送のアプリがありました。販売元がCCTVとなっているので、漢人が運営していると思われます。

誰が作ったのかどうでもいいのですが、大事なのは中身です。
落としてみたのですが、カテゴリ的には音楽・スポーツ・文化・流行などいろいろありました。しかし、内容が古臭いし、映像も綺麗と言えない状態です。暇つぶしにいいかもしれないが、僕のその時間あれば変わりに読書すると思います。

私が知らないアプリ、ニュースなどあったらぜひコメントなど残してくださいね。

アップルストアでMongolで検索↓↓↓↓↓


image
 

 

↑このページのトップヘ