モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:内モンゴル

ミスターモンゴル
まいど、編集長のタケシです。

幻のオリンピック、無事終わりましたね。

本当は無事と言えるか別ですが、とりえず終わったので良かったです。しかし、天気は熱い。例年よりも熱いのではないかと思います。

話題のclubhouseで、初の対談を行います。


【対談】旅行作家野田裕子 x ミスターモンゴル「モンゴル旅行体験談」


対談相手は旅行作家野田裕子さん。

開催日時
8月11(水曜日)21:00〜

参加費
無料

clubhouseでの検索キーワードは「ミスターモンゴル」。

今回は私がインタビューする側になるのでうまく、いいボールを投げられるかか心配です。

内容としては、モンゴルに行った経緯・体験・感じたことなどを聞き出しながらなんか名言ぽいってところを引き出したいなと思っています。

恐らく、モンゴルに興味ある人が聞いてくれると思うので、その人たちになんか役に立つような対談にしたいと思っています。

そして、この企画はシリーズ化します。

今後もモンゴルに旅行や仕事で行った人たちを誘って、いろいろ聴こうと思っています。

そして、私のルームに参加、対談したいという方いたらぜひTwitterかclubhouseでメッセージ下さい。





mongol コロナ

まいど、編集長のタケシです。

ブログの更新を怠ってすみませんでした。
別にネタがないのではなく、たんに別のモノに集中していたからです。今になってモンゴルの伝統音楽を習ったり、ギターを初めたり、いろいろお稽古をしています。

コロナは収まるところか、増える一方ですね。
モンゴルは2回目のワクチン接種を完了している人が人口の60%以上にも関わらず、毎日千人以上の感染が出て、毎日数人がなくなっています。

モンゴルはコロナ感染状況を非常に分かりやすく表示しています。
モンゴルに家族がいる、または渡航予定の方はやっぱり感染どうなっているか知りたいよね。サイトはいろいろありますが、おすすめは下記の二つのサイトです。

Mongolian COVID-19 Coronavirus Tracker


モンゴル コロナ

公式サイト https://covid19mongolia.mn/en/

英語版があるのでモンゴル語を分からない人でも安心です。
各県ごとの詳細人数を統計しているので自分の住んでいる地域がどうなっているか確認できます。

毎日更新しています。


モンゴル保健省

ダウンロード

公式サイト https://covid19.mohs.mn/p/cat/post/57/

表示はモンゴル語のみですが、こっちの方がもっと分かりやすいかと思います。
コロナだけではなく、妊婦や小児などの感染情報、そして糖尿病・ガン・心臓血管などの死因まで公開しています。

今日はここまでです。
猛暑が続いていますので、コロナも熱中症にも注意してください。


yurt-486866_1920

モンゴルなう!モンゴル情報のサイトマップ


読者がより見やすくするためにサイトマップを作りました。
他にも、ご要望などございましたら連絡を頂けると嬉しいです。

モンゴル情報カテゴリー一覧



当サイトに関して



おすすめな本のご紹介 

mongol bichig
モンゴル歴史を知る


内モンゴルを知る


モンゴル語・モンゴル文字


バイカルの本
【写真 曠丱ぅル桜美林大教授の新著の表紙

 桜美林大学でモンゴルの歴史・文化を教える都馬バイカル教授の新著「スウェーデン宣教師が写した失われたモンゴル」(桜美林大学出版会)が出た。昔のモンゴルの貴重な写真を多数紹介しており、とても興味深い。
 
 写真は、スウェーデン人宣教師のJ・エリクソン(1890―1987年)がモンゴルに滞在していた1913―1938年と1947―1948年に撮影した。彼は、チャハル地域(現在の中国内モンゴル自治区シリンゴル盟とウランチャブ市)で宣教活動していたので、写真は、ほとんど内モンゴルで撮影されたものだが、一部ガンダン寺など現在のウランバートルで撮影されたものもある。これらの写真は、スウェーデンのウプサラ大学図書館に所蔵されており、同大のS・ローゼン教授の手で整理されてきた。
 
 著者は、2018年、ローゼン教授の協力で、1384枚の写真をスキャンし、研究に着手。このうち530枚を抜粋し、「今は無きモンゴル一端」「遊牧生活・家畜」「男女の服装と女性の頭飾り」「徳王と草原の人々」「仏教信仰の実相」「宣教師たちの足跡」の6部構成で編集し、出版した。
 
 最初に紹介されているのは、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつしている写真。著者は「現在の内モンゴルでは完全に消えてしまった」と解説している。
 
 私は2010年1月、ウランバートルで結納式に同席したことがある。式では最初に、新郎と新婦の父親が、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつした。そこはマンションの一室で、両者とも椅子に座っていた。大草原の太陽の下で、またはゲルの中で、このような習慣は今も続いているのだろうか。

だん茶
【写真◆杆之礎磧屬世鹵磧廚鮑佞遊牧民。右手に、小さなうすのような容器があり、これですりつぶしてから湯をそそぐ(66ページ)
 
66ページでは、レンガのような硬い「だん茶」を斧で砕いている写真を紹介している。小さいうすのような容器で、すりつぶしている写真もある。現代では、袋入りのお茶がスーパーなどで売られているので、こんな光景は見られないのではないか。

ゲルの中で食事
【写真】ゲルの中で食事。昔のモンゴルは、日本と同じように、椅子は使わず座卓だ(67ページ)

 ゲルの中での食事の写真もある(67ページ)。椅子に座るのではなく、座卓の前であぐらをかき、茶わんと箸を使って食べている。昔の日本の食事風景に似ている。私は、新モンゴル小中高の年配の教員が、昔の教室を再現した授業を見たことがある。そこでも座卓のような机を使っており、椅子はなかった。
 
 生々しい写真もある。何もない荒野に遺体が横たわっているだけの風葬の写真だ。現代では、土葬か火葬なので、とても貴重な写真だと思う。

 昔の人々が、どのような服装をしていたのかを示す写真は数多い。特に女性の頭飾りなど装飾品を紹介している。乳しぼり、牛ふん拾い、移動の様子など遊牧関係の写真も多い。

 モンゴル国では、ウランバートルなど都市に定住する人が多く、昔ながらの遊牧生活は急速に失われつつある。「ウランバートルはモンゴルではない」と言われたりするほどだ。南モンゴル(内モンゴル)でも遊牧民の定住化は進んでいる。それだけに、昔の写真は、「なつかしい」というだけでなく、記録としての意味は大きい。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

bank

まいど、編集長のタケシです。

先日、モンゴルの歴史家と言語学者とたちといろいろ話をしました。
その話のポイントをみなさんにシェアさせて頂きます。

なお、当サイトでは15年前から運営してきました。
そのため「南モンゴル」を「内モンゴル」と表記してたのですが、これからは正式に「南モンゴル」と書くようにします。


南モンゴルと内モンゴルの違いとは?


モンゴルのキリル文字の歴史はたったの80年。
しかし、その影響が大きい。

例えば:
南モンゴルはモンゴル語でӨвөр Монголと言う!
今となってӨмнөд Монголという人もいる。そもそもӨвөрという文字はӨмнөの意味がある。

では、なぜ
ӨвөрではなくӨмнөというのか?

かんたんに言うと、他言語で書かれた資料や論文をモンゴルのキリル文字に翻訳したからだと言われている。

英語の場合、
Өвөр МонголはSouth Mongoliaになる。
そして、
South直訳するとӨмнөдになる。

翻訳の翻訳になったわけだ。


日本語でモンゴルを蒙古と表記しないように友人の学者が動いて、努力した結果ほぼ浸透したようだ。
心より感謝。

南モンゴルを中国の公式文書やパスポートでは英語でInnner Mongoliaと表記している。そのため、モンゴルを外モンゴルという人が出てきた。


南モンゴル、正式に英語表記ではSouth Mongoliaになる。モンゴルはMongoliaでいいのだ。内モンゴル、外モンゴルという言い方をなるべくしないようにと、最近の傾向である。内、外というのは政治的な洗脳、戦略の謳い文句である。

15162436399485670

まとめると

・日本語
南モンゴル(内モンゴルは禁止)

・英語
South Mongolia(Innner Mongoliaは禁止)

・モンゴル語
Өвөр Монгол(Өмнөд Монголは禁止)

とくに、情報発信する人、新聞やテレビなどメディアの方は表記を注意してください。

↑このページのトップヘ