モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:内モンゴル

バイカルの本
【写真 曠丱ぅル桜美林大教授の新著の表紙

 桜美林大学でモンゴルの歴史・文化を教える都馬バイカル教授の新著「スウェーデン宣教師が写した失われたモンゴル」(桜美林大学出版会)が出た。昔のモンゴルの貴重な写真を多数紹介しており、とても興味深い。
 
 写真は、スウェーデン人宣教師のJ・エリクソン(1890―1987年)がモンゴルに滞在していた1913―1938年と1947―1948年に撮影した。彼は、チャハル地域(現在の中国内モンゴル自治区シリンゴル盟とウランチャブ市)で宣教活動していたので、写真は、ほとんど内モンゴルで撮影されたものだが、一部ガンダン寺など現在のウランバートルで撮影されたものもある。これらの写真は、スウェーデンのウプサラ大学図書館に所蔵されており、同大のS・ローゼン教授の手で整理されてきた。
 
 著者は、2018年、ローゼン教授の協力で、1384枚の写真をスキャンし、研究に着手。このうち530枚を抜粋し、「今は無きモンゴル一端」「遊牧生活・家畜」「男女の服装と女性の頭飾り」「徳王と草原の人々」「仏教信仰の実相」「宣教師たちの足跡」の6部構成で編集し、出版した。
 
 最初に紹介されているのは、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつしている写真。著者は「現在の内モンゴルでは完全に消えてしまった」と解説している。
 
 私は2010年1月、ウランバートルで結納式に同席したことがある。式では最初に、新郎と新婦の父親が、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつした。そこはマンションの一室で、両者とも椅子に座っていた。大草原の太陽の下で、またはゲルの中で、このような習慣は今も続いているのだろうか。

だん茶
【写真◆杆之礎磧屬世鹵磧廚鮑佞遊牧民。右手に、小さなうすのような容器があり、これですりつぶしてから湯をそそぐ(66ページ)
 
66ページでは、レンガのような硬い「だん茶」を斧で砕いている写真を紹介している。小さいうすのような容器で、すりつぶしている写真もある。現代では、袋入りのお茶がスーパーなどで売られているので、こんな光景は見られないのではないか。

ゲルの中で食事
【写真】ゲルの中で食事。昔のモンゴルは、日本と同じように、椅子は使わず座卓だ(67ページ)

 ゲルの中での食事の写真もある(67ページ)。椅子に座るのではなく、座卓の前であぐらをかき、茶わんと箸を使って食べている。昔の日本の食事風景に似ている。私は、新モンゴル小中高の年配の教員が、昔の教室を再現した授業を見たことがある。そこでも座卓のような机を使っており、椅子はなかった。
 
 生々しい写真もある。何もない荒野に遺体が横たわっているだけの風葬の写真だ。現代では、土葬か火葬なので、とても貴重な写真だと思う。

 昔の人々が、どのような服装をしていたのかを示す写真は数多い。特に女性の頭飾りなど装飾品を紹介している。乳しぼり、牛ふん拾い、移動の様子など遊牧関係の写真も多い。

 モンゴル国では、ウランバートルなど都市に定住する人が多く、昔ながらの遊牧生活は急速に失われつつある。「ウランバートルはモンゴルではない」と言われたりするほどだ。南モンゴル(内モンゴル)でも遊牧民の定住化は進んでいる。それだけに、昔の写真は、「なつかしい」というだけでなく、記録としての意味は大きい。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

bank

まいど、編集長のタケシです。

先日、モンゴルの歴史家と言語学者とたちといろいろ話をしました。
その話のポイントをみなさんにシェアさせて頂きます。

なお、当サイトでは15年前から運営してきました。
そのため「南モンゴル」を「内モンゴル」と表記してたのですが、これからは正式に「南モンゴル」と書くようにします。


南モンゴルと内モンゴルの違いとは?


モンゴルのキリル文字の歴史はたったの80年。
しかし、その影響が大きい。

例えば:
南モンゴルはモンゴル語でӨвөр Монголと言う!
今となってӨмнөд Монголという人もいる。そもそもӨвөрという文字はӨмнөの意味がある。

では、なぜ
ӨвөрではなくӨмнөというのか?

かんたんに言うと、他言語で書かれた資料や論文をモンゴルのキリル文字に翻訳したからだと言われている。

英語の場合、
Өвөр МонголはSouth Mongoliaになる。
そして、
South直訳するとӨмнөдになる。

翻訳の翻訳になったわけだ。


日本語でモンゴルを蒙古と表記しないように友人の学者が動いて、努力した結果ほぼ浸透したようだ。
心より感謝。

南モンゴルを中国の公式文書やパスポートでは英語でInnner Mongoliaと表記している。そのため、モンゴルを外モンゴルという人が出てきた。


南モンゴル、正式に英語表記ではSouth Mongoliaになる。モンゴルはMongoliaでいいのだ。内モンゴル、外モンゴルという言い方をなるべくしないようにと、最近の傾向である。内、外というのは政治的な洗脳、戦略の謳い文句である。

15162436399485670

まとめると

・日本語
南モンゴル(内モンゴルは禁止)

・英語
South Mongolia(Innner Mongoliaは禁止)

・モンゴル語
Өвөр Монгол(Өмнөд Монголは禁止)

とくに、情報発信する人、新聞やテレビなどメディアの方は表記を注意してください。

148670130_10159337514172652_6277579179947042384_n
まいど、編集長のタケシです。

今日はモンゴルの大晦日、ビトゥーンです。
そして、明日はモンゴルのモンゴルの正月、ツァガーンサルです。

ツァガーンサル、直訳すると白い月です。
モンゴル人にとって「白」は純白、聖なるという深い意味があります。

今年は、モンゴルと内モンゴルのツァガーンサルが同じ日になっているので非常におめでたいです。

というのも、毎年モンゴルと内モンゴルのツァガーンサルが1ヵ月ほどずれるので、同時に盛り上がるのは嬉しいです。

モンゴルも、内モンゴルも同じ旧暦で正月を迎えるのですが、なぜ違ってくるの?と思う人多いと思います。

かんたんに言うと、モンゴルはチベットの旧暦、内モンゴルは中国の旧暦になるので計算が違ってきます。

確かに、同じ日になるのは4年に一度だけです。

今日はビトゥーンなので家族みんな集まって、ボーズを作って食べます。
他にも、たくさん美味しいモノ作ります。
ボーズを食べたあと、暗くなったら外で、清潔な場所を探してご先祖様に食べ物などをお届けるために火を燃やして送ります。

夜には、正月の飾りボーブやお菓子を綺麗に作り上げます。

ビトゥーンの夜は、羊や馬の小屋を含めて各部屋にランタンを置いて、一晩中明るする必要があります。

ということで、改めてあけましておめでとうございます。

福島のオディ

【写真1】福島市の「リングイスト語学スクール」事務所で取材に応じるオドバヤルさん

 福島市で「リングイスト語学スクール」を主宰するモンゴル人のオドバヤル(愛称オディ)さんは、福島市民となって間もなく満10年。仙台で東日本大震災を経験しながら福島大に入学し、大学院も含めて6年間学んだ。学生時代に英会話教室を起業し、通訳業もこなす。日本人の伊藤美穂さんと結婚し「伊藤オディ」を名乗り、昨年12月からは、福島県国際交流協会で週5日、国際交流員として勤務している。

 オドバヤルさんは、ウランバートルの新モンゴル高校(現在は小中高一貫教育学校)を卒業して2011年2月、私費留学を目指して来日、福島大経済経営学類に合格した。その後、4月からの新生活に備えるため、仙台で3月1日から3週間の予定で合宿に入った。合宿には、受験生仲間と引率教員、先輩留学生ら20人が参加していた。 

 3月11日、仙台市の八木山動物公園にいたとき、東日本大震災に遭遇した。オドバヤルさんは、モンゴルを離れるとき、日本に行ったら〆吹雪の中を歩いてみたい△いしいラーメンを食べたいC録未鯊慮海靴燭ぁ修覆匹塙佑┐討い拭モンゴルは地震が少ない。まさに“待望”の地震だった。彼は「ああ地震だ、地震」と喜んだ。しかし、それはとんでもない体験となった。彼は後日、「私は間違ったことをしてしまいました」と合宿を支援していた筆者に反省の弁を語った。

 突発事件により、仙台合宿は中止となり、オドバヤルさんらは、モンゴル政府が手配した飛行機で帰国した。福島大への入学はどうなる? 周囲の人からは反対された。「日本でなくアメリカに行くか」と言われたりもした。でも、オドバヤルさんは、福島大に入学した。「日本に留学すると決めたことを、こんなことで曲げたくはなかった」と彼は言う。

 東日本大震災後、福島大に入学する外国人は激減した。新モンゴル高校の場合、日本に留学する卒業生は多いが、福島大へは、オドバヤルさんに続く人は出ていない。

米山の大会
【写真2】2019年7月、ウランバートルで開かれた米山学友の世界大会で司会を務めるオド
バヤルさん

 オドバヤルさんは、高校生のころ、日本留学を目指して日本語を勉強したが、英語も得意科目だった。そこで福島大の修士課程を終える直前、英会話教室を起業した。現在は、英語のほか中国語、フランス語、モンゴル語などを教える語学学校として、留学生ら5人をアルバイト講師に雇うまでになっている。

 オドバヤルさんは通訳業もしている。福島市内で果物の皮むき機械を製造販売する「アストラ社」が米国、ドイツ、メキシコなどで展示会、商談会を開いたとき、同行して交渉を手伝ってきた。また、福島学院大学の非常勤講師として、週に一回、英会話の授業を受け持っている。

 2019年7月、ウランバートルで、ロータリークラブの米山奨学金を受給した人の集まり「米山学友」の世界大会が開かれたときは、司会者を務めた。モンゴル語、日本語、英語を駆使しながら大役を担った。オドバヤルさんは、福島大の修士課程のとき米山奨学金を受けた米山学友の一人であり、現在は、国際ロータリー第2530地区ローターアクトの代表を務めている。

 世界大会は、オドバヤルさんの恩師であるガルバドラッハ新モンゴル学園理事長が実行委員長を務めた。オドバヤルさんは、福島のロータリークラブ会員と一緒にガイド役として訪モした。事前に訪モ計画を知った恩師は「こっちに来るなら司会やってくれよ」と言って、司会役が決まった。

 オドバヤルさんが主宰する語学学校は、「福島ベース」というコワーキングのためのオフィスの中にある。昨年4月にオープンした新しいオフィスで、起業家を目指す若者たちのたまり場になっている。福島大生のときに起業を計画したオドバヤルさんは、この「福島ベース」のアドバイザーを務めている。

 多方面で活躍するオドバヤルさんに、これからの夢と計画を聞いた。「将来は、モンゴルに帰って政治家になり、外務大臣か教育大臣を目指す」という答えが返ってきた。また「政治の経験を積んだら、次は国連で働きたい」との夢も話した。

 遊牧文化の伝統を持つモンゴル人は、フットワークが軽い。夢は大きく、チャンスがあれば、どこへでも出ていく勢いがある。チンギスハーン、フビライハーンの遺伝子は、現代に生きていると私は思う。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。



新モンゴル日馬富士学校について(仙台市・森修)

教員目指して山形からモンゴルへ(仙台市・森修)

ごみ捨て場を公園に変えたゲル地区の住民(仙台市・森修)

モンゴルコロナ1
まいど、編集長のタケシです。
あらためて、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さっそく、本題に入りたいと思います。
1月11日、現時点のモンゴルのコロナウイルス感染最新情報を紹介します。

昨年、11月にモンゴルでも国内感染が発見してから、あっちこっちに感染が増えたものの、なんとか爆破的に広げることなく、モンゴル政府も国民も頑張っています。

モンゴルコロナ

モンゴル保健省が発表した感染報告によると、
昨日1月10日、14,216人にPCRテストが行われ、ウランバータールでは新たに13人がウイルス検出されました。

その他の地方、数日前から検出0人です。

そして、本日現在モンゴル国内感染者942人となりました。
明細は以下の通り:

感染者数 回復者数 治療中 死亡者数
1442        896         535  2

出典
ШУУД: Улаанбаатарт нэмж 13 хүнд коронавирус илэрч, нийт 1442 боллоо https://gogo.mn/r/77q6w 

ウランバートルのロックダウンは本日解除され、19の業種が通常営業、通常業務に戻りました。

詳細は下記の記事をご覧ください。


いち早くワクチンが普及して、世界に平和を訪れるように願います。


↑このページのトップヘ