モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:内モンゴル

yurt-486866_1920

モンゴルなう!モンゴル情報のサイトマップ


読者がより見やすくするためにサイトマップを作りました。
他にも、ご要望などございましたら連絡を頂けると嬉しいです。

モンゴル情報カテゴリー一覧



当サイトに関して



おすすめな本のご紹介 

mongol bichig
モンゴル歴史を知る


内モンゴルを知る


モンゴル語・モンゴル文字


バイカルの本
【写真 曠丱ぅル桜美林大教授の新著の表紙

 桜美林大学でモンゴルの歴史・文化を教える都馬バイカル教授の新著「スウェーデン宣教師が写した失われたモンゴル」(桜美林大学出版会)が出た。昔のモンゴルの貴重な写真を多数紹介しており、とても興味深い。
 
 写真は、スウェーデン人宣教師のJ・エリクソン(1890―1987年)がモンゴルに滞在していた1913―1938年と1947―1948年に撮影した。彼は、チャハル地域(現在の中国内モンゴル自治区シリンゴル盟とウランチャブ市)で宣教活動していたので、写真は、ほとんど内モンゴルで撮影されたものだが、一部ガンダン寺など現在のウランバートルで撮影されたものもある。これらの写真は、スウェーデンのウプサラ大学図書館に所蔵されており、同大のS・ローゼン教授の手で整理されてきた。
 
 著者は、2018年、ローゼン教授の協力で、1384枚の写真をスキャンし、研究に着手。このうち530枚を抜粋し、「今は無きモンゴル一端」「遊牧生活・家畜」「男女の服装と女性の頭飾り」「徳王と草原の人々」「仏教信仰の実相」「宣教師たちの足跡」の6部構成で編集し、出版した。
 
 最初に紹介されているのは、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつしている写真。著者は「現在の内モンゴルでは完全に消えてしまった」と解説している。
 
 私は2010年1月、ウランバートルで結納式に同席したことがある。式では最初に、新郎と新婦の父親が、嗅ぎたばこを交換しながら、あいさつした。そこはマンションの一室で、両者とも椅子に座っていた。大草原の太陽の下で、またはゲルの中で、このような習慣は今も続いているのだろうか。

だん茶
【写真◆杆之礎磧屬世鹵磧廚鮑佞遊牧民。右手に、小さなうすのような容器があり、これですりつぶしてから湯をそそぐ(66ページ)
 
66ページでは、レンガのような硬い「だん茶」を斧で砕いている写真を紹介している。小さいうすのような容器で、すりつぶしている写真もある。現代では、袋入りのお茶がスーパーなどで売られているので、こんな光景は見られないのではないか。

ゲルの中で食事
【写真】ゲルの中で食事。昔のモンゴルは、日本と同じように、椅子は使わず座卓だ(67ページ)

 ゲルの中での食事の写真もある(67ページ)。椅子に座るのではなく、座卓の前であぐらをかき、茶わんと箸を使って食べている。昔の日本の食事風景に似ている。私は、新モンゴル小中高の年配の教員が、昔の教室を再現した授業を見たことがある。そこでも座卓のような机を使っており、椅子はなかった。
 
 生々しい写真もある。何もない荒野に遺体が横たわっているだけの風葬の写真だ。現代では、土葬か火葬なので、とても貴重な写真だと思う。

 昔の人々が、どのような服装をしていたのかを示す写真は数多い。特に女性の頭飾りなど装飾品を紹介している。乳しぼり、牛ふん拾い、移動の様子など遊牧関係の写真も多い。

 モンゴル国では、ウランバートルなど都市に定住する人が多く、昔ながらの遊牧生活は急速に失われつつある。「ウランバートルはモンゴルではない」と言われたりするほどだ。南モンゴル(内モンゴル)でも遊牧民の定住化は進んでいる。それだけに、昔の写真は、「なつかしい」というだけでなく、記録としての意味は大きい。

▽森修 もり・しゅう

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。

bank

まいど、編集長のタケシです。

先日、モンゴルの歴史家と言語学者とたちといろいろ話をしました。
その話のポイントをみなさんにシェアさせて頂きます。

なお、当サイトでは15年前から運営してきました。
そのため「南モンゴル」を「内モンゴル」と表記してたのですが、これからは正式に「南モンゴル」と書くようにします。


南モンゴルと内モンゴルの違いとは?


モンゴルのキリル文字の歴史はたったの80年。
しかし、その影響が大きい。

例えば:
南モンゴルはモンゴル語でӨвөр Монголと言う!
今となってӨмнөд Монголという人もいる。そもそもӨвөрという文字はӨмнөの意味がある。

では、なぜ
ӨвөрではなくӨмнөというのか?

かんたんに言うと、他言語で書かれた資料や論文をモンゴルのキリル文字に翻訳したからだと言われている。

英語の場合、
Өвөр МонголはSouth Mongoliaになる。
そして、
South直訳するとӨмнөдになる。

翻訳の翻訳になったわけだ。


日本語でモンゴルを蒙古と表記しないように友人の学者が動いて、努力した結果ほぼ浸透したようだ。
心より感謝。

南モンゴルを中国の公式文書やパスポートでは英語でInnner Mongoliaと表記している。そのため、モンゴルを外モンゴルという人が出てきた。


南モンゴル、正式に英語表記ではSouth Mongoliaになる。モンゴルはMongoliaでいいのだ。内モンゴル、外モンゴルという言い方をなるべくしないようにと、最近の傾向である。内、外というのは政治的な洗脳、戦略の謳い文句である。

15162436399485670

まとめると

・日本語
南モンゴル(内モンゴルは禁止)

・英語
South Mongolia(Innner Mongoliaは禁止)

・モンゴル語
Өвөр Монгол(Өмнөд Монголは禁止)

とくに、情報発信する人、新聞やテレビなどメディアの方は表記を注意してください。

148670130_10159337514172652_6277579179947042384_n
まいど、編集長のタケシです。

今日はモンゴルの大晦日、ビトゥーンです。
そして、明日はモンゴルのモンゴルの正月、ツァガーンサルです。

ツァガーンサル、直訳すると白い月です。
モンゴル人にとって「白」は純白、聖なるという深い意味があります。

今年は、モンゴルと内モンゴルのツァガーンサルが同じ日になっているので非常におめでたいです。

というのも、毎年モンゴルと内モンゴルのツァガーンサルが1ヵ月ほどずれるので、同時に盛り上がるのは嬉しいです。

モンゴルも、内モンゴルも同じ旧暦で正月を迎えるのですが、なぜ違ってくるの?と思う人多いと思います。

かんたんに言うと、モンゴルはチベットの旧暦、内モンゴルは中国の旧暦になるので計算が違ってきます。

確かに、同じ日になるのは4年に一度だけです。

今日はビトゥーンなので家族みんな集まって、ボーズを作って食べます。
他にも、たくさん美味しいモノ作ります。
ボーズを食べたあと、暗くなったら外で、清潔な場所を探してご先祖様に食べ物などをお届けるために火を燃やして送ります。

夜には、正月の飾りボーブやお菓子を綺麗に作り上げます。

ビトゥーンの夜は、羊や馬の小屋を含めて各部屋にランタンを置いて、一晩中明るする必要があります。

ということで、改めてあけましておめでとうございます。

斡孛格(蒙古姓) 汉语姓
乞颜 齐、祁、陈、秦
纳古斯 那
肖 肖
克烈亦特 和、何
孛尔只斤 鲍、包、宝、博、奇、罗、波
汪古特 汪、王
弘吉喇特 洪
帖良古特 铁、车
兀良哈 乌、吴、于、魏
满楚古得 满
杜尔伯特 杜、司
和硕特 和
郭尔罗斯 郭、高、何
呼和淖如得 和
伊斯得 伊
夏日高勒 夏、黄、何
梅日根哈拉 梅
闫忽 闫 门
泰亦赤兀特 戴
胡勒目斯 胡
杜格庆 杜
海那赫 海、毕
周尔那 周
华努特 华
敖勒高努 敖、赵、王
白如徳 白
海勒图 海
赖哈图 赖、赵
李莫斯日 李
都如 杜 霍
亦日呼 伊
朱勒豁得 朱、周、康
乌济叶特 武、吴
乌珠穆沁 乌、武
巴尔虎 巴 胡
召蒙岱 赵
克什克腾 和、何
木斯臣 穆
宝勒格沁 暴
席热臣 席
包日罕特 包
台本 邰、伍
通事纳尔 佟
唐古特 唐、夏、项
夏那日 夏、项
朱理真 朱
忽思慧 忽、胡
泰亦什 师
呼和绍布 和、付
海拉苏 海、俞
萨都喇 萨
扎喇亦尔 赵、季
毛忽来 牟、何、李
蔑尔乞 穆
撒勒只兀特 蔡、马
塔塔尔 戴、谭、白、王
巴雅兀特 白、富
席勒特 邢
永谢布 云、荣、永
翁高 敖
瓜勒给亚 关
楚勒呼 褚、邱、陈
森吉 沈
察哈尔 常、张、白
努图格沁 欧
强科勒 乔
宫固如徳 孔、宫
锡勒朱徳 谢、邢
索很 宋
达日呼 戴
楚兀日出 常
朝鲁图 乔、晁、曹、石
斡恩真 温
速勒吉 孙
杭锦 康、韩
昂沁 安
宰桑 翟
亦鲁特 尹
扎兰努 张
哈日努特 韩、哈
莫勒图特 孟
布忽纳 全
巴鲁喇斯 胡
斡罗纳尔 多
那牙勤 关
土默特 万
土尔扈特 段
哈达努 冯
埃日 金
斡亦喇特 林、刘、张
朱嘎沁 钱
准噶尔 左、朱
温日格庆 高
达郎古 梁
俄格格 宁
呼勒都古 董、胡
都仍太本 满
努克楚 姚
尼格斯尔 伊
浩齐特 陈
杭席古 贾
哈荣古 罗
纪勒格勒 藤
呼热特 袁
陶日根席日 段、黄
阿都沁 马
兀和日沁 牛
陶高沁 郭
豁尼沁 杨、霍
哈日玛赤 谢
塔日阿沁 田
兀纳嘎沁 鞠
博斯沁 卜、戴
特木日沁 铁
陶格沁 齐
珠勒沁 邓
瑙木沁 弓、宫
扎格斯沁 于
萨日塔兀勒 越、岳
明安 千、钱
兀苏 徐
巴克西纳尔 师
沙毕纳尔 苗
席日努 黄、金
宝古 鹿
阿拉图 金
辉特 冷
嘎勒楚 霍
尼出古特 白、倪
兀亦桑 周、魏、吴
忙忽特 何、贺、马鄂、乌
布里亚特 甫、全
敖汉 白
亦赫君 孟
固兀日 白、顾
朱日其 康
俄勒特 胡、白
嘎察古特 李、甘
翁牛特 高、包、敖
喀喇沁 乌、韩
扎勒楚特 陶、秦
斡鲁徳 王、单
卧特日古斯 金
毕兀 狄
何勒楚 宦
格根托如勒 刘
宁嘎 王、宁
哈吉古特 柴
俄勒斯特 梅
嘎树努 赵
哈布哈沁 陈
失宝赤 宫、龚
希日木 岳、铁
囊嘉 王、南
塔布囊 乌、吴
阿巴嘎纳尔 安、岳
宝日努 吴
沙吉盖 潘
巴亦拉葛赤 边
敖陶格图 林、丁

↑このページのトップヘ