モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:伝統


涙を流す駱駝、感動の瞬間をぜひ見てください。

毎度、編集長のタケシです。
人間社会に育児を放棄する人がいるの同じく、羊や牛、駱駝など動物にも育児放棄することがよくあります。または本来の自分が生んだもの以外は自分の子として受け入れません。乳あげないのです。

モンゴルでは、こういう時によくホーミーを歌ってあげたり、独特の歌を歌ってあげます。私はホーミーできないが歌はよく歌っていました。育児放棄以外にも、出産したものあまりミルクが出ない時にも歌います。

子どもの時はなぜ歌を歌うと羊や山羊がじっとしてくれるかは分からなかったが、とにかくこうすればよくなるという事が知ってた。

ホーミーに関しては、日本のテレビ番組でも科学的に検証したところモーツアルトの「F分の1ゆらぎ」と同じような波形があると結果が出ています。ようは、動物が癒やされる超音波であるためおとなしくなったり、お乳の出がよくなったりするわけです。

らくだの涙 [DVD]
ドキュメンタリー映画
クロックワークス
2005-06-24


結婚願望がない女性のみなさんもホーミーを聞いていると母性が刺激され、結婚したくなるかもしれませんね。(検証してみたい)
 


Tengger Cavalry公式チャンネルの映像



毎度、編集長のタケシです。
ニューヨークを拠点に活躍しているモンゴリアン・フォーク・メタルのTengger CavalryのMVがめちゃクールです。Tengger Cavalryはガンガンベイガル(南モンゴル人)によって2009年に結成されたバンドです。ヘヴィメタルにモンゴルのホーミーという歌唱法や馬頭琴を取り入れるのは本当に斬新で神聖な感じがします。

Tengger Cavalryの公式サイト



これを見て思ったのはやっぱり自分の「原点」というのはいつの時代でも、どこに行って、「原点」を忘れなければそこに「秘密」兵器があるということです。
僕は「原点」という言葉をよく使います;それはたまたまではないです。今いろんな人と関わって、いろんなプロジェクトをやっています。そこに、モンゴルという「原点」があったからこそ、その繋がりがあるわけです。
 

清泉女子大学(東京都品川区)は5月21日(土)に、馬頭琴奏者の後藤晋一氏とヤトガ奏者の中西史子氏を招請し、「馬頭琴&ヤトガコンサート〜モンゴル音楽の現代史とともに〜」を開催。モンゴルの伝統的楽器である「馬頭琴」「ヤドガ」の説明や、1960年代以降のモンゴル音楽史の解説とともに、ソロ演奏や合奏を披露。また、モンゴル国に伝わる馬頭琴誕生伝説『フフー・ナムジル』の弾き語りも予定している。聴講無料、事前申し込み不要。


「馬頭琴」も「ヤトガ」も、いずれもモンゴルの伝統的な楽器である。
 なかでも馬頭琴は、教科書に載っていた『スーホの白い馬』で知っている人も多いだろうが、実際に演奏を聴いたことのある方は少ないのではないだろうか。

 清泉女子大学では、5月21日(土)13:10から、日本で両楽器の演奏活動を精力的に行っている後藤晋一氏(馬頭琴奏者)と中西史子氏(ヤトガ奏者)を招請し、「馬頭琴&ヤトガ コンサート〜モンゴル音楽の現代史とともに〜」を開催する。概要は下記の通り。

※聴講無料・申し込み不要です。貴重なライブを体験できる機会ですので、ご興味のある方はぜひ、ご来場ください。

◆馬頭琴&ヤトガコンサート〜モンゴル音楽の現代史とともに〜
【日 時】 5月21日(土)13:10〜
【場 所】
 清泉女子大学2号館240教室(東京都品川区東五反田3-16-21)
 ・JR、都営地下鉄浅草線、東急池上線 五反田駅から徒歩約10分
【講 師】
・馬頭琴奏者 後藤晋一氏
 北海道出身。2004年より馬頭琴を始める。2008〜2010年、モンゴル国文化芸術大学民族楽器学科に留学。帰国後は札幌を中心に演奏活動を展開。
・ヤトガ奏者 中西史子氏
 奈良県出身。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)地域文化学科東アジア地域文化専攻卒。2008〜2010年、在モンゴル日本大使館に勤務。在任中にヤトガと出会い、帰国後は関西や東京を中心に演奏活動を展開。
【内 容】
 各楽器の説明とともに、1960年代以降のモンゴル音楽史の概説を講演。また、ソロ演奏や合奏を行い、モンゴル国に伝わる馬頭琴誕生伝説『フフー・ナムジル』の弾き語りも予定している。
【対象】 学生、教職員、一般

※(参考)清泉女子大学 Facebook

▼本件に関する問い合わせ先
 清泉女子大学 日本語日本文学科研究室
 TEL: 03-3447-5551(代)
 http://www.seisen-u.ac.jp
 



毎度、編集長のタケシです。
先日モンゴルの友人が教えてくれた動画をシェアします。

CRAZY HORSEという曲で、曲名の通り馬が大草原を走っているイメージです。興奮します。馬頭琴演奏はモンゴル人のEnkhjargal Dandarvaanchigさんです。ギターと二胡ともう一つの楽器名はなんというのでしょうか?とにかく最高のコラボです。ヤバイです。

あまりUPしてませんが、↓
タケシのYouTubeチャンネルぜひ登録してね! 




ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!
2015-12-22-18-47-39

2015-12-22-18-47-45

IKH TATLAGAモンゴル伝統音楽公演


公演日時
2016年3月13日(日)

公演会場
東京・六本木 サントリーホール(小)

モンゴルの民族音楽
馬頭琴、ホーミー、琴、ツォール、モンゴル舞踊などが披露されます。

現代モンゴル読本
佐々木 健悦
社会評論社
2015-11-30


↑このページのトップヘ