モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:不動産

ブログネタ
金融情報あれこれ に参加中!
2014-08-15-13-11-34
モンゴルでも有名なEREL GROUPを訪問、
オフィスが米国のITベンチャー並みにお洒落でした。

2014-08-13-14-44-17
モンゴルでツースを着ている人はうちら以外にあまりみなかった。
2014-08-15-13-20-49
弊社モンゴル商事のパートナーARIG BANKを訪問、
モンゴルの金融、法律に関していろいろききました。

2014-08-13-12-33-52


毎度、編集長のタケシです。
私がモンゴル行って戻ってきたらなんと、中国の習主席、ロシアのプーチン首相、日本の野田前首相など次々とモンゴルを訪問することになってます。
なぜ、この時期なのか?偶々なのでしょうか?

モンゴル視察のご報告、前回はモンゴルでのハプニング、失敗談を書いたら以外とバカうけ、アクセスが急上昇しました。

海外、特にモンゴルなど発展途上国でビジネスをして成功するか、
一番の鍵は「なにをやるか」ではない。「誰とやるか」が重要だと思います。


どんないいビジネスモデルであっても、どんなに面白いビジネスアイディアあっても、結局人です。ようは人脈です。信頼できるパートナー、スタッフ、プロフェッショナルな人材が不可欠です。
今回は久々にモンゴルに戻って、その原点を再認識しました。


弊社は日本企業のモンゴル法人設立、モンゴル投資、モンゴルの不動産探し、人材確保などさまざまニーズに合わせてサービスを提供しております。
最近では、モンゴル投資関連の案件も増えてきました。

モンゴルの銀行、日本から口座を開設できるようになりました。
なお、私事ですが来年モンゴルで旅行会社を作ることになりました。そしてモンゴルの銀行からも依頼を受けて、モンゴル銀行の口座開設などの日本の窓口としてサービスを提供することになりました。
手数料はもちろんいりません、預金はモンゴルの通貨トゥグルグ、もしくは米ドルのみです。
米ドルで年金利6%前後、モンゴル通貨だと13%前後ということでした。

モンゴルで投資ようにアパートを持ちたい、または動産ファンドやエクイティ投資などを考えている方いたらいつでも連絡ください。

民主党の野田佳彦前首相が、9月2〜5日にモンゴルを訪問するそうなので、
モンゴルにどんなおみやげを持っていくのかきになります。
まさか、おみやげなしで拉致問題はないでしょうね?!

モンゴル潮流 世界規模の資源を求めて
南部 弾正
幻冬舎ルネッサンス
2008-08-05



2014-08-11-19-42-26
↑↑↑元横綱朝青龍の銀行本部です。
2014-08-12-18-37-12
↑↑↑元大相撲力士旭鷲山が経営しているホテルです。
2014-08-11-19-37-45
↑↑↑元横綱朝青龍のサーカス場です。
2014-08-11-22-12-17
↑↑↑元遊牧民私です。(笑)

毎度、編集長のタケシです。
本題に入る前に写真について簡単に紹介します。

朝青龍の銀行NIBank及びサーカス場はウランバートルの国立デパートから歩いて数分のところです。ロケーション抜群です。モンゴル行く機会あったらぜひ行ってみてください。
旭鷲山が経営しているホテルは相場より若干高いと聞きました。

では、モンゴル視察のご報告として今日は皆さんモンゴル行った時のハプニングなどを書きます。

短く言えば、タクシにぽったくりされ、ナイトクラブでぽったくりされ、訪問した会社に無断でアポキャンセルされた。

随分酷い目に合ったと言えるでしょう。
でも楽しかった。これが今のモンゴルだから。

私は毎日ホテルからブルースカイホテルまでタクシに乗っていってますが、大体2500-3000トゥグルグ(モンゴルの通過)で行けます。ある日若いカップルが運転している車に乗ったら1万トゥグルグと言われてびっくりしました。通常の4倍です。恐らく私の服装で現地人ではないと確信してたでしょう。すごい強烈な口調で喧嘩売ってくるようでしたので僕はそのまま1万トゥグルグ渡して降りました。
ポイント1 モンゴルでタクシに乗るときは絶対事前にいくら聞いてから乗りましょう。たまたまこの日油断したらこうなりました。


また、別の日の夜に私と友達を合わせて計6人でナイトクラブに行きました。クラブと行っても酒を飲みながらダンスをするところです。最初に入ってVIP席を用意して欲しいと言ったら、そのまま2Fに上がりましたが、わけがあって1Fに行くことになりました。そしたら1Fは席がなかったためまた2Fに上がり先ほど案内したVIP席に戻りました。
しかし、やっぱりやめることにして帰るとしたらVIP席の料金を払いなさいと言われ、結局一口も食べず、飲まずというか注文もしてないの、入って出る時に30万トゥグルグ払わされた。

僕はこれは仕方ない、無法地だらから分かるが一緒に行った日本のお客さんは納得しなかった。別の友達はナイトクラブでポケットに入れてたiPhoneを無くしたと言ってました。
ポイント2 ナイトクラブ行くときは財布など貴重なものは持って行かない、トラブルが起きたら例え相手が悪いと思っても一歩を譲ること。彼らと争っても時間と能力の無駄です。


最後の日に3時のアポを取った会社を訪問したら会う予定の人がいないのはもちろん、代理人もいなかった。スタッフに聞いたら会議に参加しに行きましたとのことです。
結局、この日はうちらも諦めて、草原の旅に出かけました。

さすが、モンゴル。

これらは僕が理解してても日本人には理解にくに話であります。
もう21世紀始まって15年なろうとしています。さすがに、これはないだろうと思うことが未だに続いています。

思い返せば、モンゴル滞在1週間非常に有意義な時間でした。
新しいことも、学びことも沢山ありました。

なんよりも現地の優しい友達との時間が楽しかった。
みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。


ブログネタ
TPPの参加に賛成?反対? に参加中!
2014-08-13-15-35-05

2014-08-13-15-07-29

毎度、編集長のタケシです。久々のブログの更新となります。
モンゴル視察ツアーが無事終わり、一昨日戻ってきました。

日本はやっぱり暑いです。
モンゴルでは夜とか長袖じゃないと寒いくらいでした。

久々のモンゴルだったため、おかげさまで収穫もかなり大きいです。しかし、これらは現地の友達やパートナーなど沢山の方々の支援やお手伝いがあったからです。この場を借りて皆様に感謝の気持ちをお伝えします。

今回はたった3日で不動産、証券、銀行など合わせて9社を訪問して来ました。
ウランバートルは渋滞が酷くて、ちょっとした移動するにはかなり苦労しました。

モンゴルの不動産、日本に比べてまだまだ伸びる要素が十分あると感じました。
だが、オフィスやちょっと広めなマンションはかなり建てられて、需要より供給の方が多いではと思いました。

これからモンゴルで不動産投資をしたいという方に一つアドバイスをします。
買うなら今、買うなら50m2以下。
と言うのも、低所得者が住むゲル地区の開発がモンゴル政府も支援している、そして50m2以下のアパートだと国から年8%の住宅ローンがあるからです。


モンゴルの不動産に興味ある方いつでも連絡ください。
 
なお、常時モンゴル投資視察を行います。

次回は、モンゴル視察したときのいろいろトラブルなども含めて紹介したいと思っています。お楽しみに。



ブログネタ
米国経済 に参加中!
モンゴル国大統領よりご挨拶
2014-07-23-19-19-42

鏡開きの準備中。

2014-07-23-19-44-23

お料理は日本料理とモンゴル料理、洋食などありました。

2014-07-23-20-19-27

モンゴルの音楽が流れていますがお寿司を握ってもらいました。

2014-07-23-20-33-55

会場内で本物のゲルを設置してありました。しかもチンギスハーンが。

2014-07-23-20-40-02

毎度、編集長のタケシです。
先日、モンゴル政府主催のモンゴリアンナイトがホテルニューオータニで開催されました。

モンゴルのエルベグドルジ大統領、在日モンゴル大使館大使、モンゴル経済開発省副大臣、モンゴル最大の石炭会社のCEO及びモンゴル貿易開発銀行の頭取など沢山の方がいらっしゃいました。
大統領以外全員と名刺交換もできて大変貴重な経験でした。

モンゴルは2012年に外国資本を規制するように法律を作りましたがいろいろと問題が多くて結局2013年11月に「戦略的業種への外国投資管理法」が廃止さされました。今、モンゴルは官民協力して外国資本を呼びかけています。今回はそれのPRというか延長戦とも言えるでしょう。

なお、7月21日の日本とモンゴルの経済連携協定(EPA)を巡る交渉で、両政府が大筋で合意したそうです。

日・モンゴル経済連携協定に含まれる主な分野としは、投資、知的財産 、税関手続、物品一般ルール、衛生植物検疫措置、電子商取引・・・など。

そもそも、日・モンゴル経済連携協定(EPA)の意義とは?!

モンゴルは中露二大国に挟まれ、中国依存度が高い。だから第三の隣国とし日本を選んだ。
モンゴルは今後もエネルギー・鉱物資源開発を通じた中長期的な高成長が見込まれる。
日本が資金と技術を提供する。そして安くて、安定的にレアアースなど資源を供給してもらう。言わば「戦略的パートナーシップ」です。お互い助け合う精神です。

2014年はモンゴルにとって転換の年になるでしょう。
これから日本とモンゴルの「ヒト・モノ・カネ」の流れがさらによくなるでしょう。弊社モンゴル商事でも早速モンゴルの投資案件が増えて来ました。興味ある方ご連絡ください。モンゴルの証券会社やモンゴルの不動産会社などを無料で紹介しています。

モンゴル不動産投資・モンゴル投資の案件一覧

参照元 
日・モンゴル経済連携協定の概要 (PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000045894.pdf

鏡開きの様子を動画でご覧ください。

ブログネタ
アジア に参加中!
mongolia
Mongolia by David Berkowitz

 毎度、編集長のタケシです。
モンゴルフロンティア証券から「モンゴル不動産市場勉強会の案内」が届きました。
モンゴル のビジネスをやっている私もちろん参加しますが、他にも興味ある方ぜひお越しください。
フロンティア証券のCEOの井形さんに会うのは久々です。ちょう楽しみです。

開催日時 2014 年7月 24 日(木)19:00〜20:30 
開催場所 東京八重洲ホール地下2階ホール
 
言語:日英逐次通訳

詳しくはこちら

なお、私も来月お客さまと一緒にモンゴル経済視察に行ってきます。
申込は既に締め切っておりますが、興味ある方はぜひ次回の視察に一緒にいけたらと思っています。
常時参加者募集しています。まずはメールください。


↑このページのトップヘ