モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:不動産

9月10日モンゴル到着です。
モンゴルすごいです。
言葉で伝え切れません。
なぜなら、私はこんなに経済発展を現在進行形でしている国に来たことがないからです。
体験したことがないからです。

空港到着後、4名の出迎えを受けました。
あるインフラプロジェクトに参画して、合弁で事業をしないかと。
そのうち一人は、日本の三大財閥の一つのグループ会社の現地Executive Directorでした。
ほかにも名刺には、4つの会社の名前が入っていました。

Springs Hotel到着後、休む間もなくレストランでディナーミーティング。
モンゴルで○社独占の事業に参画、○○○メンバーになったため、
今後の戦略を聞きました。
新たにスイスの○○クラブもメンバーに加わったために、
彼らのマネジメント能力と、社長の情報収集能力で来春の○○○を視野にスケジュールをたてています。
RIMG0792vix
 
そのほかにも、ある世界のトップメーカーのモンゴル独占販売権の獲得を目指すことなど。
次から次へと案件が飛び出してきます。
しかし、体も時間も足りません。
日本ではまずお目にかかれないビッグチャンスが、目の前をどんどんと通り過ぎていく感じです。

私が泊まっているホテルもアジア人は、ほとんど宿泊していないようです。
すれ違うのは白人ばかり。
本当に白人ばかり。
旅行者もいますが、大抵はスーツやシャツを着たビジネスマン風。
 
モンゴルの市場はとても小さく札幌道央圏の人口、いかに早く市場を抑えるか、半年が勝負。
開国をした明治維新のときも先回りしたものがその後多大な権益を得てきたように、
国の夜明けとはそのようなものかもしれない、まさに歴史の転換点にいるのを感じます。
 
モンゴル到着後、あまりにも東京と夜の気温差があり寒く感じます。
ウランバートルにはまだ、暖房はきていません。
9月15日からだそうです。
ホテルの部屋も寒いです。
ブランケットを重ねて昨夜は寝ました。

でも、、、モンゴルは、、、とても熱いです。

ブログはこちらから→http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_newyorker

前回は皆さんに内モンゴルのオルドスについて、どれほど裕福なのか
街にある高級車をピックアップしながら紹介しました

GDPが香港を超越〜中国一裕福な街オルドス (車事情)
 
投資額50億元も超えていると言われているオルドスの康巴什は、
今では内外に“鬼城”(ゴーストタウン)でも有名です。
中国不動産バブルの傑作と言ってもかごんではないでしょう。

 
ordos1

康巴什にはオフィスビル、行政センター、博物館、映画館以外に
気軽いに運動ができるジムなどの既設が揃えています。
その他に低所得者人向けにマンション、高所得者向けに荘などもあります。
 
続きを読む

3
MES TOP20指数とは、モンゴル証券取引所に上場する384社のうち
時価総額の大きい銘柄20社を選び、指数にしたものです。


モンゴル証券取引所 http://www.mse.mn/en/index.php 


↑このページのトップヘ