モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:不動産

177
↑不動産視察、モンゴルNO1クオリティー住宅街ジャパンタウンに向かっている途中。(2014年)


毎度、編集長のタケシです。
モンゴルのエルデネバト首相が来日、目的はもちろんモンゴルにもっと投資して欲しいという心が強いようです。これについては、後日記事を公開したいと思います。


会社四季報オンラインより、注目すべき記事が上がっています。

オウチーノ債権回収に懸念、どうなる「モンゴル夢のマイホーム」 
会社四季報オンライン 

オウチーノ(6084)という上場会社は知らなかったが、その子会社のスペースマゼラン社がモンゴルの建設業者スタンダード・プロパティ・グループのアパートメントを買ってたらしい。それが問題になっています。

191
 
↑不動産視察、ゲル地区の現状。電気以外のインフラは無し。


スタンダード・プロパティと言えばちょうど2年前の夏に僕がモンゴル不動産視察した会社です。経営陣には知り合いがいます。この記事で上がっている物件は、ゲル地区にある低所得者向けのものです。なので、基本1部屋50平方メートル以下のもので、ウランバール市が積極的に行っている低金利で借りれる物件です。ちなみに、スタンダード・プロパティは不動産以外に銀行も持っています。

「引き渡し日に物件完成せず」、だから「スペースマゼラン側が解除オプションを申し出」となっていますが、原因はそこだけではないと思います。オウチーノは、今年の3月末までモンゴルの物件の説明会を開いてた。公式サイトにまだ情報が残っています。

<2015年、オウチーノで最も売れた投資案件>
モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト

2016/2/21 15:00〜
2016/3/5  15:00〜
2016/3/13 15:00〜
2016/3/20 10:00〜
2016/3/27 14:00〜

https://www.o-uccino.jp/global/seminar/2539/


普通なら完成する前に完売しているはずだが、そんなに甘くなかったということでしょうね。いくら200万〜300万で買えると言え、値上がりの予兆がないと投資家は買わないです。現地のモンゴル人はわざわざ日本人からアパートを買わない。それは高いのと、信用の問題です。
 
私が思うには、オウチーノが契約解除する理由は、モンゴル経済そのもの問題じゃないかなぁと思います。



image
毎度、編集長のタケシです。
今年はモンゴルで総選挙に、ASEM開催など様々な大型イベントがありました。だが、不景気に、この先がさらに不透明な感じもします。

ピンチなのか、チャンスなのか、判断基準は人によってそれぞれだと思います。モンゴルのフロンティア証券からモンゴル投資セミナーが開催されます。

開催日時
9月30日(金曜日) 18:00〜20:00セミナー 20:00〜懇親会

開催場所
東京都江東区豊洲2−2−18 豊洲シビックセンター8F第7-8セミナールーム

会費
セミナーは無料、懇親会は5000円/一人

スピーカー及びスピーチ内容
.侫蹈鵐謄ア証券CEO井形正晃
モンゴルの投資環境、政治・経済状況及び投資可能なプロジェクトについて

▲廛蹈侫Д掘次Ε任戰蹈奪廛瓮鵐伴辧淵ナダトロント市場上場)会長兼CEOジョン・リー
モンゴルの石炭業界及びエネルギー業界の現状及び当社の事業について(英語でのプレゼンテーションのみで通訳はありません) 

お申込みはこちら
conference@frontier.mn

ご参考に、最近のモンゴルに関するニュース

モンゴル総選挙、最大野党が圧勝 新政権人事に着手へ 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H1W_Q6A630C1EAF000/

モンゴル、経済危機で通貨急落 米ドルや人民元求める市民が闇市場に殺到
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5709.php

[FT]モンゴル経済苦境、財政赤字で支出大幅削減
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06526790W6A820C1000000/

2016-07-30-08-48-33
↑朝青龍の銀行NIBank
2016-07-30-08-49-22
毎度、編集長のタケシです。
先日、朝青龍の招待でジャックマーがモンゴルを訪問するとモンゴルのメディアが報道してたが、朝青龍はTwitterで否定しました。しかし、その記事の通りにジャックマーがモンゴルに行きました。

ジャックマーがモンゴルを訪問したのは2回目だそうです。彼がなんのためにモンゴル行ったのか、不明です。目的なしでモンゴル行くとは思わない。朝青龍とビッグビジネスをするにおいがします。


朝青龍がヒット株主であるNIBankが全面にバックアップして、モンゴルの若者向けにジャックマーがビジネスに関する講演をしました。彼の興味ある方は動画共有サイトから英語か中国語の話を探してみて下さい。
 
ジャックマーの話は、これまで台湾、香港、米国で公演した内容とほぼ同じです。これを私が皮肉に「换汤不换药」と言います。中華に例えると、材料を変えても味付けを変えない。

↑このページのトップヘ