IMG_0725

【写真 曠丱筌鵐曠鵐乾觚の大ゴビ特別自然保護区の近くで家畜に水を飲ませる遊牧民の男の子

IMG_0726

【写真◆枡段娘然保護区にあるシャルフスの避難小屋付近から見た風景。何もないような大平原動物が躍動する世界だ。保護区の外では遊牧民も生活している

IMG_0727

【写真】バヤンホンゴル県の大ゴビ特別自然保護区を示す看板。車止めや柵などはな

 

 

 ゴビ砂漠のクマ「マザーライ」の調査は、ゴビアルタイ県とバヤンホンゴル県にまたがる大ゴビ特別自然保護区(A地区)の避難小屋に4泊して終わった。

ウランバートルに戻るため、シャルフス山ろくの小屋を出発し、2時間ぐらい車を走らせると、保護区であることを示す看板が立っていた。車止めや柵などはない。その気になれば、勝手に出入りできそうだ。しかし、保護区に立ち入るには許可が必要だ道なき道を進むため、現地の事情に詳しい管理事務所の職員に案内してもらわなければ危険だからだ

 保護区の外に出ると、間もなくラクダの群れに出会った。冬毛を刈り取ったばかりのようで、ラクダ色というよりは、グレーとピンクの混じったような色をしていた。モンゴル語でラクダは、家畜の場合は「テーメー」、野生のものは「ハブトガイ」と区別している。裸にされたラクダは家畜の方だ。

 さらに車を走らせると、ヒツジとヤギの群れに出会った。丘の上の方から群れが現れ、道をふさぐように横断し、やがて動きが止まった。何をしているのかと思い、車を降りて近づいてみると、10歳ぐらいの男の子が二人、家畜に水を飲ませていた。深さ2メートルもないぐらいの井戸があり、男の子は、棒の先に細長い袋状の容器を付けた道具で水をくみ上げる。重労働に見える。しかし元気だ。家畜の群れは、水を飲むと、また丘の上に戻って行った。

 井戸からさらに車を走らせると、ゲルを撤去したような跡が現れた。円形の石積みの囲いがあり、足跡がいっぱい付いていた。遊牧民は季節ごとに移動するが、放浪の旅をするわけでなく、季節ごとにゲルを組み立てる場所は決まっているという。ここは冬季で、先ほどの家畜の群れが戻って行った方向にゲルてる場所があるのかもしれない。

 東京・光が丘公園で開かれるハワリンバヤル(春祭り)は今年、「モンゴルの宝物マザーライ」をテーマにしている。チラシには「守ろうモンゴルにしかいない動物たち」と書いてある。マザーライは確かに貴重な動物だ。守らなければならない。しかし、モンゴルの宝物は、ほかにもあるのではないか

 野生のラクダ・ハブトガイだって宝物だと思う。家畜のラクダ・テーメーは珍しくはない。世界中の動物園にラクダはいる。しかし、ハブトガイを飼育している動物園はあるのだろうか。ハブトガイはテーメーが野生化したのではない。もともとの野生種だと言われる。犬と狼の違いに似ているのかもしれないしかし、モンゴル人でも、ハブトガイを知らない人は結構いる。ハブトガイについて、もっと理解を深めたい。

 昨年11月、NHKBS「ワイルドライフ」はスフバートル県のマヌルネコを特集した。この野生ネコは、昨年4月の総合テレビ「ターウィンが来た」でも取り上げられた猫は珍しくはないが、野生となると話は別なのではないか

 モンゴルには大型猫ユキヒョウ(イルベス)もいる。NHKは2015年8月、ホブド県のユキヒョウを特集していた。ユキヒョウやマヌルネコを取り上げるなら、マザーライやハブトガイも取材してほしい。

 私は、ハリネズミ「ザラー」に興味があり、ウランバートルのペットショップで売られているのを見たこともある。ガンダン寺の参道にある土産物店でザラーの毛皮が売られている。モンゴルでは厄除けとしてゲルの入口に飾ったりするそうだわが家では、ガラス容器に入れ、本棚に飾っている。ザラーの毛皮を土産物として販売することについては議論があるかもしれない。それを一つ置いて、野生のザラーについて、もっと知りたい

植物も珍しいものある。マザーライが生息するゴビには、トーロイという木ある。トーロイもモンゴルの宝物ではないのかもちろん私が知らない宝物もあると思う。

(マザーライについて詳しくは拙著「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」第5章「ゴビ砂漠のクマ」をご覧ください)

 

▽森修 もり・しゅう


1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。


モンゴル大草原800年 (福音館の単行本)
イチンノロブ・ガンバートル
福音館書店
2018-07-04