モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ロシア

39182368_1486682314766854_6784323382914580480_n

【いつもたずねる場所】

1945年8月15日、終戦。

時はくだって2018年の8月9日、わたしはモンゴル・ウランバートルの北のかた、ダンバダルジャー日本人墓地跡公園を訪れていた。


宿としたトップツアーズゲストハウスを出て、ツーリストアベニューで東へと向かうタクシーを路上でつかまえ、約30分。

旅行ガイドにはタクシーの高額請求や市場でのスリなど物騒な情報がのっているが、そんなに危ないこともない。

片道8,000トゥグリク(約400円)の往復と、現地で1時間待ってもらうようお願いして、前金10,000トゥグリク、後払いで10,000トゥグリク、計20,000トゥグリク(約1,000円)で運転手さんを手配しておもむく。

いい交渉だ。


第二次世界大戦がおわった当時、ソビエト連邦による「シベリア抑留」で、おおくの日本人戦争捕虜が、極寒の地でつらく長い収容所生活と強制労働にしたがった。

そのころ、ソ連の傘下にあって共産主義国だったモンゴルにも日本人捕虜の割り当てがあり、彼らは各地に派遣され、都市整備に働いた。

そして、帰国の日を見ずに亡くなった人のうち800人あまりのひとびとがラマ寺のダンバダルジャー寺院近くの丘に葬られた。


いつからか、モンゴルに来ると必ずここを訪れる。

わたしは、チンギスハーンの世界征服史を本で読んだり、歴史シミュレーションゲームを通じてモンゴルに馴染んできた。

そんなわたしが、いまを生きるモンゴル人に親しみを覚えるきっかけになったのが、この日本人墓地だった。

いまウランバートルにたたずむ古い建物のなかには、日本人捕虜が建てたものがいまだにあるという。

そしてなにより、首都の中心であるスフバートル広場は、日本人捕虜が築いた。

当時のモンゴル人たちは、虜囚という立場を超えて素晴らしい仕事をする日本人に対して敬意をいだき、親しく交わるようになったという。


1990年、ソ連の共産主義が崩壊し、モンゴルも経済の混乱をきたした。

そのとき、日本はいち早く経済援助を行った。
モンゴルはこれを恩に感じたとして、特に親日国として知られている。

けれども、モンゴルのひとたちの日本への親しみは、かの国に抑留された日本人の働きによって芽吹いていたのではないだろうか。


いまは、桜の苗木を植樹して、墓地をうつくしい公園にしようとしている。

モンゴルのような厳しい自然で桜が育つかはわからないが、心意気をしめしてくれているのがとても嬉しいではないか。


わたしは、ここを訪れるたび、モンゴルのひとたちに感謝するのだ。


モンゴル旅行体験談

寄稿 大道 卓矢 



毎度、編集長のタケシです。
久々にモンゴルネタたっぷりの、ロシア映画が日本で上映します。
「フューリアス 双剣の戦士」

英題:FURIOUS
日本公開:2018年2月3日
(ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田)
上映時間:1時間58分

フューリアス は、ロシアに伝わる「バトゥのリャザン襲撃の物語」を原作にした超大作です。バトゥが15万人の帝国軍を連れ、リャザン公国を攻撃した時に、国を守ろうと必死に戦ったロシア兵士の物語です。

Цар_Батий_на_престолі
バトゥは、チンギスハーンの長男ジョチの次男です。

バトゥの西方遠征
1236年春2月、モンゴル帝国第2代皇帝オゴデイの命を受けてヨーロッパ遠征軍の総司令官となり、四狗の一人であるスブタイやチンギスの4男トルイの長男であるモンケ、そしてオゴデイの長男であるグユクらを副司令として出征した。(wikipedia)



個人的には、ネットフリックスの「マルクポーロ」がおすすめです。歴史と多少ずれる話もあったりしますが、やっぱり映像と音が楽しませてくれます。




毎度、編集長のタケシです。
MostAmazingTop10というチャンネルから「モンゴルに関する10の衝撃的な事実」という動画が公開されました。

英語ではありますが、写真でほぼ分かります。
解説する人の癖が強くて中々耳には入らん。w

気になるそのTOP10とは?ニ位は多分日本人でもショックを受けるかもしれません。
気を付けてください。

新書「スターリンとモンゴル」、この本を気になる方はぜひアマゾンで買ってね。


 

men-1266738_1280

毎度、編集長のタケシです。
冬になれば平均気温零下20度まで下がるモンゴルでは、人々何を着て、暮らしているか日本人には想像もできないでしょう。

近年、地球温暖化などの影響で世界各地で異常気象が起きています。モンゴルは今年例年よりさらに寒くなると言われています。−40度、-50度、もっといくかもしれない。

米国モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州では7月にして大雪
Winter Rudely Interrupts Summer in the Northern Rockies

インドでは、国内観測史上最高気温となる51℃を記録
Indian city hits 51 degrees, setting new heat record since 1950s


この冬、モンゴルのウランバールやロシアのモスクワへ仕事や観光で行かれる方は下記のコーディネートで完全装備してください。


1.耳が凍らないようにロシア帽子が一番おすすめ。




2.カシミヤのマフラー、なるべく長い方を選んでください。
首周りはもちろん、余って部分は胸の空いているところにいれておく。隙間がある風が入って冷えるから。




3.3D立体感の手袋は、防水性・防寒生に優れています。



4.ユニクロなど買えるヒートテック、最近では薄くて且つ防寒機能があって文句なし。



5.ヒートテックの上更にカシミヤのセーター、日本では暑いと思いますが、モンゴルではこのくらいないとだめ。



6.インナーダウンベストは必需品です、熱いときに脱ぎ、寒いときに着る。言わば、温度調整用。


2016新作 DANTON ダントン インナーダウンベスト レディース JD-8749 ダウンジャケット
2016新作 DANTON ダントン インナーダウンベスト レディース JD-8749 ダウンジャケット
 
7.上着は、言うまでもない、ダウンジャケットでしょう



8.パンツは、軽くて肌触りの良い裏フリースの暖かいウォームイージーパンツがおすすめ。



9.靴下は、丈が長めの保温性に優れた物を選びましょう。



10.靴は、防寒だけじゃくて防水もしてて、脱ぎ履きが楽な物がおすすめ。






まとめ
とにかく、防寒・防水・吸湿性が高い且つ、着たり脱いだりするときの楽さで選べばよいでしょう。

image
↑ザイサンの丘のシンボル。ソ連兵士の像。

毎度、編集長のタケシです。
ウランバートル市内観光で、おすすめスポットとしてガンダン寺以外に有名なのはザイサンの丘です。

タダの丘かと思うかもしれませんが、実は歴史的背景があって作られています。1939年の「ノモンハン事件」でモンゴルを支援したソ連兵を記念して1971年に建てられたものなんです。一番下から頂上までは600段があります。動画のご覧頂くと分かるように息を切らして、まともに話ができなかったです。(笑)



↑社会主義時代ってみんなこういう感じだもんね。

ノモンハン事件(ノモンハンじけん)とは、1939年(昭和14年)5月から同年9月にかけて、満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した紛争のこと。 1930年代に日本(大日本帝国)とソビエト連邦間で断続的に発生した日ソ国境紛争(満蒙国境紛争)のひとつ。
ノモンハン事件 - Wikipediaより
 

↑このページのトップヘ