モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:ヨーロッパ

Сайн байна уу? God dag.

デンマークのコペンハーゲンに行った時、たまたま泊まったホテルの横のビルに、見慣れたシンボルマークを見ました。
IMG_20190814_183534138_HDR
調べると、何とモンゴル総領事(Consultate of Mongolia)でした。

このビルの一階部分にあるレストランを、モンゴル料理店と期待したのですが、残念ながら"Calfornia Kitchen"というお店でした。

あと、モンゴルのお寺っぽいモニュメント(チベット仏教的なもの)を、「クリスチャニア」というコペンハーゲンにある「自称」自治区で発見しました。色とりどりの布のことを「カター(хадаг/ハダグ)」といいます。
DSC00359
この「クリスチャニア」は独自の国旗まであって、Wikipediaによると「デンマークの首都コペンハーゲンにある、850人の住人と34ヘクタールの土地をもつ地区である。自治を自称する。1971年に軍の所有地に建国されて以来、たびたび論争の中心となってきた。」とのことです。ちなみに、警察が常駐していて、写真撮影禁止の区域があります・・・。



以下、さらに詳しい紹介があります。


以下は、その自治区「クリスチャニア」の様子で、黄色と赤の提灯があるエリアは、写真撮影が禁止です。DSC00358
DSC00354

ちなみに、デンマークではセブンイレブンがありますが、LGTBのカラーのロゴマークで、このあたり非常に意識高い感じでした。
DSC00337


コペンハーゲンはeスクーターがすごく盛んで、街のあちこちに、どこにでもあります。デンマークでは環境に配慮して、自動車を使わないような動きが強いです。

モンゴルでも、大気汚染対策でeスクーターを普及させることが検討できると思いますが、如何せん、マイナス30度・40度の世界でどうメンテナンスするか、など色々課題があるかと思われます。

DSC00175


DSC00226

今回はここまで。

Сайхан амраарай, God nat.

Cайн байна уу? Bună ziua.
今回は、ルーマニアのとある教会がモンゴルと関係があった、あとルーマニアの自然が結構モンゴルっぽい、というお話をします。
DSC09602
ルーマニアの中央部に位置するトランシルヴァニア地方のクルツァ(Carța)という小さな町に、クルツァ教会(Abația Carța/Kloster Kerz/)があります。
ルーマニア 2019-11-30 0.30.55
ルーマニアに移住してきたドイツ人が建設したプロテスタント教会です。

以下のサイトに詳しい日本語による解説があります。有り難いです。


しかし、この教会、かなり廃墟っぽい形になっています。何でも、1241年のモンゴル軍の侵攻、さらに1421年のトルコ・オスマン帝国軍に侵攻により、かなり破壊されてしまったらしいです。破壊された形がそのまま残されているようです。
DSC09609
DSC09615
DSC09616
しかしながら、クルツァ教会の中はそのまま残っており、オルガンもあります。現在でも地元の人が通う現役の教会となっています。
DSC09613
場所はルーマニアですが、ここに住む人たちの多くはドイツ語を話すトランスシルバニア民族の人たちです。「トランスシルバニア」というと、ブラム・ストーカーによるホラー小説の『吸血鬼ドラキュラ』を指す人が多いです(特に英語圏の方々)。日本だと、コナミ社のゲームの『悪魔城ドラキュラ』の方が有名ですね。
ドラキュラというと、筆者個人的には、ファミコンゲームの『悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん』を思い出します。



Wikipediaによると、「1241年から1242年にかけてのモンゴル人のヨーロッパ侵攻で、ハンガリー王国の大半が荒廃した。ザクセン人は最善を尽くして抵抗したものの、多くの定住地が破壊された。侵攻の結果、多くのトランシルヴァニア定住地が石造の城で強化され、この強調が町を経済的に発展させた。」と書いてあります。

778年も前の昔に、ここでモンゴル軍に抵抗した、というのが想像できません。

そのモンゴル軍やオスマン帝国の侵攻から守るため、城を築き上げて、次第に7つの要塞都市を形成して行きました。それから、トランスシルバニア人は自分たちのことを「7つの城の人(ジーベンビュルガー、Siebenburger)」と呼ぶようになりました。モンゴルがきっかけのようです。
Wappen1
↑七つの城を表したシンボルマーク(ワッペン)(出典:Wikipedia Siebenburger Sachsenより)

ルーマニアとドイツでトランスシルバニア人向けの新聞も発行されているようです(ドイツ語)。


ちなみに、トランスシルバニア地方、かなりのどかな原生の自然が残る地域です。モンゴルで馬に乗った時見た風景を思い出しました。
DSC09570
途中、羊の群れを見ました。羊の大群は、かなりモンゴルの風景っぽいです。
DSC09381
DSC09676
この地域で最も規模が大きいシビウ(ドイツ語名:ヘルマンシュタッド(Hermannstadt))という街があるのですが、雰囲気が漫画・アニメの『進撃の巨人』っぽい感じの街です。1241年ごろに馬に乗ってモンゴルからここまでやってきたのが信じられないと思えました。
DSC09528
シビウ駅の作りが、何となくウランバートル駅に似ていいます。やはり、旧社会主義国だった名残があるのかもしれません。
DSC09477
そのシビウで、何とモンゴル名物のチャツャルガン(Чацаргана)のジュースを発見しました!これはかなり興奮して、買ってしまいました。

味はというと・・・砂糖が一切入っていない生のチャツャルガンの味で、非常に渋いものでした(笑)。
DSC09550
さらに、ナショナルジオグラフィックでも特集があります。非常にのどかで牧歌的な地域ですが、若い人は豊かな場所であるドイツ、オランダ、フランス、ノルウェー などへ働きに出てしまい、高齢化が進み、家畜の数が急激が減ってきているようです。





あと、街中に普通に馬が走っていました。流石に、今のウランバートルで馬を見るのは、ナーダムの時だけですね。トランスシルバニアでは、馬車はまだ現役バリバリだそうです。
DSC09635

今回はここまで。

Баяарлалаа、Mulțumesc.



毎度、編集長のタケシです。
ASEM出席に各国の首脳がモンゴルに続々と入国されました。安倍首相は出発前に、南シナ海問題について「仲裁裁判所の結果を受けて、法の支配の下で平和的に解決していくことの重要性を訴えたい」と語りました。

ASEMとは?
アジア欧州会合(ASEM:Asia-Europe Meeting)とは、アジア−米州間、欧州−米州間に比べ、これまで政治・経済的な結びつきが薄かったアジア−欧州関係を強化することを目的として、シンガポールのゴー・チョクトン首相の提唱により始まった定期的なフォーラムです。1996年に発足してからこれまでに首脳会合(6回)のほか、経済、外務、財務、科学技術、環境分野などの閣僚会合、高級実務者会合(SOM:Senior Officials Meeting)等が開催されています。
出典 経済産業省WEBサイトより






世界を創った男 チンギス・ハン 1
堺屋 太一
日本経済新聞社出版局
2007-07-31



 

ブログネタ
★旅行★ に参加中!
1.帽子とマフラーは必須だよ。






2.保温、発熱インナー、ダウンは絶対必要!




3.部屋の外はダウンコートがおすすめだよ。






4.手袋もちゃんとしたやつじゃないとだめだよ。



5.見た目はちょっとあれなんですがダウンパンツはくと安心。



6.靴はやっぱりトレッキングシューズみたいなやつがおすすめ。




7.その他あると便利なものはこれ。







↑このページのトップヘ