モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モンゴル関連本

3

夏っぽく、草原と天空のイメージのあるモンゴル関連の作品を紹介させて頂きます。

「天空の草原のナンサ」です。

top

この本は、映画同様”黄色い犬のどうくつ”という物語を下敷きにしています。


物語中心かと思いきや、本では本編の合間のモンゴルの文化についての説明が豊富でした。


ためになるモンゴル文化が多く記載されているので、そちらを中心に紹介させて頂きます。

2

多くなってしまいましたが、引用します・・・

ゲルの玄関は今も昔も変わらずに南を向いている。

だから、モンゴルの日常用語では、「左」と「東」、「右」と「西」は同じ言葉なのだ。
-------------------------------------------------------------------------------
遊牧民は現在、民主主義の下で居住の自由を手に入れた。そのかわり、政府はもはや遊牧民に対して特別な支援をしていない。


遊牧民は、牧草地の使用料を支払わなければならなくなった。
-------------------------------------------------------------------------------
民主化以後、国有企業が次々と民営化されていった。

国のいたるところで貧富の差が広がっていった。
教員や公務員、医者なども、何も持たない状態で市場経済に直面したのである。
-------------------------------------------------------------------------------
モンゴルの学校制度はほとんど、ロシアの学校制度をまねて作られた。
ただし、地方の遊牧民の子供には特別な規定が幾つかあった。
〜〜(略)
授業料は無料だったが、寮に入れるにはお金が必要だった。
多くの場合、寮費の一部は家畜や肉、その他の収穫物で代納することができた。
-------------------------------------------------------------------------------
捨て犬はオオカミよりもたちが悪い。犬は野生化すると、とても危険になる。
しかも近頃では多くの人が町に出るときに犬を連れていけず、捨てるので、どんどん増えている。
-------------------------------------------------------------------------------
乾燥が激しく水に乏しい大陸の気候では、塩にも特別な意味がある。
塩を摂ると、人間が体内に蓄えられる水分が増えるのだ。
-------------------------------------------------------------------------------
モンゴルのブーツの秘密はつま先に隠されている。まず、つま先が反り返っているので、歩き方が自然とおだやかになる。また平らな底で植物を踏みにじってしまう心配もない。このように身につけるものからも、人間が自然に対していかに敬意の念をもっているかが見て取れる。
〜〜(略)
靴には左右の区別がない。これは馬に乗るときに便利である。普通は、馬のわき腹にあたる部分がこすれて早く擦り切れてしまうが、左右を履き替えれば靴が長持ちするのだ。

top
自分は本で読みましたが、この作品の魅力は、何よりも雄大な草原(ステップ)とそこで生活する遊牧民の姿と言えます。

そのため、映画(DVD)でご覧になった方がおすすめ!?かもしれません。

夏に自然の溢れる癒される作品だと思いますので、是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか!?


3

top

小説「チンギスの陵墓」は、「マギの聖骨」や「ユダの覚醒」などで有名なジェームズロリンズの歴史的事実に基づいたフィクションの小説です。


シグマフォースシリーズとして人気があり、ファンの方も多い作品です。


歴史上、世界最大の帝国を作ったモンゴル帝国のチンギスハンの遺体はもとより、陵墓も見つかっていません。
現在、ヘンティー山脈周辺は外国人はもちろん、自国の人でも立ち入れない「立ち入り禁止区域」となっています。

チンギスの陵墓は、このロマンと科学などのフィクションを混ぜ合わせたアクションアドベンチャーになっています。


ネタばれになるのであまり詳しいことは記載できませんが、上巻は前半ではマカオや九龍半島の描写が多く、後半になるとチンギスハンの墓だけでなく、他の歴史事実とも話しが絡まり面白くなってきます。

下巻で主にモンゴル周辺を舞台として進んでいきます。


舞台が適度な長さで展開されるので、飽きずにテンポよく読めます。

ただ、多少現実離れしているので、あくまでフィクションとして楽しむと良いかなと思いました。

2

「歴史的事実」として記載されている情報の中から、モンゴル関連の箇所を一部抜粋します。


ちょっと多くなってしまいましたが、引用・・・

チンギスは先進的な考えの持ち主でもあった。

彼の帝国は初めて国際的な郵便制度を確立し、外交特権という概念を取り入れ、政治の場に女性を登用した。

だが、それよりも重要なのは、モンゴルがそれまでに類を見ないほど宗教に対して寛容だったことだ。
------------------------------------------------------------------------
隠されている財宝の規模といったら、エジプトのツタンカーメンですら足もとにも及ばないだろう。

中国、インド、ペルシア、ロシアなどを征服して手に入れたおびただしい数の戦利品がモンゴルに運びこまれたが、いまだに見つかっていない。
------------------------------------------------------------------------
ソヴィエト連邦の影響下にあった数十年間は、チンギスの名を口にすることさえも禁じられていた。

ヘンティー山脈に通じる道をソ連軍の戦車がふさいでいたため、偉大なるハンの生誕地を訪れたりあがめたりすることすらできなかった。
------------------------------------------------------------------------
ハヤブサの飼育の歴史は、チンギスハンの時代までさかのぼります。
戦士たちはハヤブサを使ってキツネ狩りをしていました。
時にはオオカミも狩りの対象だったらしいですよ。人間を狩ることもありました。
事実、チンギスの専属ボディガードはハヤブサ使いだったんです。
------------------------------------------------------------------------
陵墓の所在地ではないかとして本書に登場するブルカン・カルドゥンは、2015
年にユネスコの世界文化遺産に登録されている。


小説の冒頭やあとがきを見て、著者は「フン族のアッティラがローマを滅ぼす寸前まで行きながら、法王レオ10世との面会で直前になってとりやめた。その理由」など、歴史的事実としてありながら語られてこなかった、ほころびの部分に魅力を感じているのではないかと感じました。



「チンギスの陵墓」は、チンギスハンの墓というロマンを絡めた小説となっていて、モンゴル好きな方も歴史ロマン好きな方にもおすすめの1冊だと感じました。


top

「シャーマンの世界」は、シャーマンとは何か!?に始まり、現代とシャーマニズムに渡るまで様々なシャーマンについての内容が記載されている本です。


2

豊富な写真や挿し絵などで楽しく読めるので、小難しくなく、わかりやすい解説書になっています。

シャーマン的観念は非常に微妙なものであり理解に際しては、翻訳が誤解を生むとのことで一概には説明出来ませんが、この本では、歴史や宗教との関連、シャーマンの種類など、様々な角度からシャーマンの側面が記載されています。


シャーマンを簡単に説明すると、シャーマンは医師であり、祭司であり、ソーシャルワーカーであり、霊能者でもあるとのことです。


自らのコントロールの元に、魂を異界にとばし、普通の人々には見えにくい霊と交渉することで、この世の様々な問題を解決する人々のことを言います。

3

本の中には、「スターウォーズは古いシャーマン的テーマの現代版と言え、シャーマン的戦いを非常によく反映している。」などのシャーマンの側面の記述もあり、楽しく読めます。

特にしっくりきたのは、「シャーマンの力とは何か」の項目の「場所の力」という記述でした。

シャーマンは天を崇拝することから、自然環境が豊かな場所が必要とされています。

力が集まると言われるアリゾナ砂漠やネイティブアメリカンが考える「神が立ち止まった場所」に立ち、健康と祝福を得よう。という月も星も風も神とともにあるという観念に通ずるとも感じました。

4


モンゴル、シベリアのシャーマンはもちろん、エスキモーのシャーマンやアマゾンシャーマニズムとの違いなどについても書かれています。


シャーマンという言葉は、キリスト教がそれほど狂信的でない時代に、ロシア正教の祭司によって持ち込まれ、シャーマンを神ではなく悪魔に仕える宗教者と見たそうです。


モンゴルやシベリアは古くからシャーマンが力を持つ地域で、シャーマニズムと言うとき、厳密にはシベリアとモンゴルの宗教を指すと言えるそうです。




この本は、単にモンゴルに興味のある人はもちろん、伝統や土地、霊と魂、宇宙などとの関連性も書かれているので、スピリチュアルに興味のある方にもおすすめです。


「シャーマンの世界」は、シャーマンについて幅広く取り扱いながら、浅過ぎず、初めて「シャーマン」という言葉を聞く人にも、詳しい人にも楽しめる1冊だと感じました。



↑このページのトップヘ