モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

タグ:モンゴル国

demo_2018_02_26
2018年2月26日、東京の小学館ビル前で、在日モンゴル人(内モンゴルとモンゴル国)100名前後による抗議街宣伝が行われ、新聞・テレビ・モンゴル国内のニュースでも取り上げられました。
515
今年2月15日に発行・発売された「月刊コロコロコミック」No.479 3月号に収録されたマンガ「やりすぎ!!!イタズラくん」(吉野あすみ)に、チンギス・ハンの肖像画に男性の生殖器を描き、更に「モンゴル国の皇帝チンチン」と書いているシーンが、チンギス・ハンを崇敬するすべてのモンゴル人を著しく侮辱するというもので、同誌の自社回収を主に求めるものでした。

抗議街宣に先立ち、23日の時点で小学館は駐日モンゴル大使館に謝罪したものの、内容はあくまで次回から注意するという内容にとどまるものでした。そのため抗議街宣伝では主に、
・雑誌の自主回収
・チンギス・ハンの肖像画への落書きコンテストの中止
・作者の吉野あすみ氏本人の謝罪
(小学館の謝罪文の名義は取締役コミック局担当と編集長のみだった)

が要求されました。
syougakukan
幸い、デモの終了後、小学館は落描きコンテストの中止を発表しています。

また、大手紀伊国屋書店は全店舗からのコロコロコミック3月号の自主回収を行い、都内のジュンク堂書店をはじめとする書店からも、続々と自主回収が実現しています。
6-2
国内のネットユーザーの間では、小学館はすでにモンゴルに謝罪しているのになぜデモを行ったのかと疑問視する声も多く観られましたが、上の背景を知ればある程度はご納得いただけるのではないでしょうか。

また、抗議街宣を行った主催者の発表では、小学館に抗議文を提出できなかった旨がありましたが、それは単純に、事前の出版社とのアポイントがなかっただけの話ではなかったのかと思います。今はモンゴルの皆様にも、冷静な対応が求められるかと勝手ながら心配しております。
Yoshinoasumi_shikishi
ともかく一番の問題は、作者である女性マンガ家の吉野あすみ(30)さんが、いまだにtwitterのアカウントに鍵をかけたまま、一切の弁明も謝罪も行っていないことです。

出版社である小学館とコロコロの編集長が謝罪し、
イタズラ描きコンテストの中止も決定し、
大手書店がコロコロの自主回収をすすめ、
それでもなお、
作者の吉野あすみさん本人の謝罪も弁明もなく、
twitterアカウントに鍵をかけたまま逃亡し続けるのであれば、
日本とモンゴルの友好関係を故意に悪化させる「確信犯」と見なされても、擁護のしようがありません。

「国際問題」の「確信犯」が「逃げ続けた」ままでは、
吉野あすみさんの作品の連載継続もコミック化も増刷も、
様々なリスクを背負うことになりかねません。


私は一人の読者として、吉野さんにそうなってほしくないのです。

編集長を通して、
・作者もチンギス・ハンやモンゴルを侮辱したり悲しませたりするのが目的ではなかった。
・編集者との打ち合わせて作品を発表したが、配慮が足りなかったと作者も感じている。
こうした旨を文書で発表すれば、一連の日本とモンゴルの間の「国際問題」は解決します。
連載の打ち切りを行う必要もなく、コミック化においても必要最低限の編集で済むでしょう。


小学館の編集長と吉野あすみさんはよくよく話し合われ、
できるだけ早く方針を決定することをお勧めします。
「イタズラくん」は、産みの親である吉野あすみさんの助けを、きっと待っています。


参照:
コロコロコミック大炎上、在日モンゴル人による抗議デモ
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.26)
http://mongol.blog.jp/2018/02/26/51973138

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.25)
http://mongol.blog.jp/2018/02/25/51972993

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.24)
http://mongol.blog.jp/2018/02/24/51972862

朝青龍も激おこぷんぷん丸「先祖バカにするお前ら‼️品格がない日本人‼️」
モンゴル情報クローズアップ(2018.02.22)
http://mongol.blog.jp/2018/02/22/51972733

吉野あすみtwitter
https://twitter.com/yoshinoAsumi

在日モンゴル人ら、小学館前で抗議デモ 「漫画で神様侮辱」
産経新聞(2018.02.26)
http://www.sankei.com/affairs/news/180226/afr1802260026-n1.html

2018年2月23日、小学館と「コロコロコミック」の編集長は、同誌に収録された「やりすぎ!!!イタズラくん」(吉野あすみ)のマンガに、チンギス・ハンを著しく侮辱していると解釈された内容が含まれていることに抗議した駐日モンゴル国大使館に対して、謝罪文を提出しました。
nihongo
eigo
謝罪文の内容は、「貴国(モンゴル国 筆者駐)国民ならびにチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたこと、深くお詫び申し上げます。」とあり、モンゴル国に限らず内モンゴル自治区のモンゴル人や、周辺諸国のチンギス・ハンを敬愛するモンゴル系をはじめとする諸民族にまで幅広く謝罪したと解釈でき、その点は一定の評価ができます。
しかし、「今後はかかる事態を招かぬよう、貴国の歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です。」とあります。
ここが大きな問題です。

問題1 雑誌の回収をはじめとする具体的な対策が書かれていない。
515
チンギス・ハンは全てのモンゴルにとって、歴史上の偉人である以上に、民族の象徴であり、崇敬と信仰の対象です。台北の国立故宮博物院に収蔵されている肖像画の額に、「チンチン」と男性の生殖器を描き、さらに男性の生殖器が本体と描いた表現は、完全な侮辱行為です。

そして、「キミも足利義満&チンギス・ハンの落書きに挑戦だ!!」と、一般読者にチンギス・ハンの肖像画を印刷したハガキ頁をつけ、読者である日本の子どもたちにいたずら書きを募集しています。更に肖像画についても、「顔も体も描きこみスペースありまくり。」という煽り文句まではいっています。
508
509
510
締め切りが3月14日、発表がコロコロコミック5月号(4月14日ごろ販売)で懸賞当選者を発表する旨も書かれています。
そのため、
・全国書店からのすみやかな自主回収
・コンテストの中止の告知
・コミック化に際しての問題箇所の適切編集
・次号における同作品内での謝罪文の掲載
の約束と実行が、それぞれ最低限不可欠です。


2.作者本人が謝罪も弁明もなく逃亡している
yoshinoasumi
インターネット上で朝青龍さんをはじめとするモンゴル人の皆様からの抗議が起こった直後から現在もなお、作者の吉野あすみ氏は、自身のTwitterアカウントに鍵をかけて一切の説明責任を放棄し逃亡しています。
IMG_20180224_015632
そればかりか、「色んな意味でリスキーなネタに挑戦」と、作品発表前にすでに問題があることを作者自身が自覚した上で原稿を提出していたことが分かります。
これでは、いくら小学館取締役第二コミック局担当の佐上靖之さん、コロコロコミック編集部編集長の和田誠さんがいくらモンゴルに謝罪しようが、肝心の読者の子どもたちに示しがつきません。

たとえ作者本人にチンギス・ハンやモンゴルを侮辱する意図がなかったにせよ、表現に配慮が欠けていたことを吉野あすみ氏本人が弁明しない限り、モンゴル人は納得しないでしょう。

吉野あすみさんは、モンゴルへの誠実な弁明を通して、日本の少年マンガ家としての誇りとプライドを、子どもたちに示して下さい。

また、2月27日(月)には、都内在住のモンゴル国と内モンゴルのモンゴル人有志を中心に、抗議デモを行うことが決定しました。
なぜなら謝罪文の内容には一定の誠意こそ感じられるものの、上記の具体性に著しく欠けているからです。


チンギスハーンを侮辱した行為に対する抗議デモのご案内
https://www.facebook.com/mongol.jp/posts/1601101683259466
1、時間:2月26日(月曜日) 集12:30 デモ実施 13:00〜15:00
2、場所: 小学館 ビル前(東京都千代田区一ツ橋2丁目3番1号)
3、最寄駅:神保町 駅 A8出口
4、連絡人: gandush:090-6516-9788(Dushi Ganndushi)


モンゴルは日本の友国です。
東日本大震災の際、モンゴルの皆様は全員が一致団結して日本に国際救助隊・救援物資・寄附金をご提供くださいました。両親のいない施設での生活を余儀なくされる孤児の皆様も、自分が手にするわずかな貯金を「日本のために」と日本大使館に届けてくださり、日本の被災者を激励する無数の手描きの絵をプレゼントくださいました。モンゴルは国と国、あるいは民族と民族との利害関係をはるかに超越した、「友好国」以上の「友国」なのです。ここで言うモンゴルは、モンゴル国をはじめとする、全てのモンゴルを意味しています。
000336592
同月22日には、日本に訪問されたダムディン・ツォグトバータル・モンゴル国外務大臣と日本政府が会談。日モ経済連携協定(EPA)の着実な実施や、北朝鮮問題の緊密な連携の継続で一致しました。また、内モンゴル自治区のモンゴル人の皆様も、留学に、ビジネスに、様々な分野で日本で活躍し、日本人の内モンゴルでのビジネス・文化・教育など様々な分野で協力し合っています。
korokoro
小学館の「コロコロコミック」といえば、藤子・F・不二雄さんの不朽の名作「ドラえもん」が創刊号から連載された、日本の少年マンガ雑誌の金字塔の一つです。
「ドラえもん」は、特に東アジアや東南アジア諸国をはじめとする世界各国に現在も人気を博している、日本を代表する少年マンガです。

モンゴルに対しても、日モ関係に対しても、コロコロコミックに対しても、出版社と作者の両方が本当に誠意ある態度を示して下さらないと困ります。

2月27日の抗議デモと小学館・作者の対応に、注目です。

2018年2月24日
みずばしょう

参考:
朝青龍も激おこぷんぷん丸「先祖バカにするお前ら‼️品格がない日本人‼️」
モンゴル情報クローズアップ(2018/02/22)
http://mongol.blog.jp/2018/02/22/51972733

コロコロ漫画にモンゴル大使館が抗議文 チンギス・ハンの顔に落書き...「非礼な行為」「非常に残念」
Jcast(2018/02/23)
https://www.j-cast.com/2018/02/23321978.html


「漫画でチンギス・ハンを侮辱」モンゴル政府が抗議 小学館が謝罪 元朝青龍も怒り
産経ニュース(2018/02/23)
http://www.sankei.com/entertainments/news/180223/ent1802230016-n1.html

日馬富士関が貴乃岩関に対してケガを負わせ、責任を取って角界を引退した中で、なぜか日本のネット上では、愛国保守系の言論人やユーザーが白鵬関をバッシングしています。

yawata
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授の八幡和郎さんは「アゴラ」で複数回記事を発表し、「モンゴル人力士がともかく嫌いという国粋主義者のネトウヨ」という言葉を用いています。

ネトウヨとは、インターネットを媒体として右翼の発言〜日本への愛国心に基づく情報発信〜を行う人たちへの蔑称です。狭義には、現政権の支持し、中国・韓国・北朝鮮による日本をおとしめる行為をストレートに批判するユーザーが、「ネトウヨ」とみなされます。
一方で、攻撃的な感情が極度に先鋭化しカルト化することを自制するための言葉として「ネトウヨにならないように」などの言説で限定的に用いることもあります。ここでは、そうした趣旨のもとで話をすすめます。

message_takanohana
結論から言うと、

角界に根強くある暴力の隠蔽体質を改善すべく努力する貴乃花親方
VS
「日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」と発言した白鵬関


という、
あたかも貴乃花親方と白鵬関が対立関係にあるかのような報道を受けて、貴乃花親方を支持し白鵬関をバッシングするという展開になっています。

白鵬関へのバッシングの内容は実に様々ですが、主なものは以下の通りです。
que-13177055398
・肘うち(かち上げ)や張り手などの乱暴な相撲を行っている
 (変化とあわせて横綱相撲の議論はあるが、反則行為ではない。)

harumafuji_1
・現場にいたのに日馬富士関を止めなかった
(警察と相撲協会の両方の事情聴取に協力しています。その関係上、本人から報道などの第三者に直接事情説明できない状況にあります。)

monoii
・行司の審判に物言いをつけた
(後に厳重注意されたものの、白鵬関に悪意はなく、来場者も不快な表情をしていない。)

20171128-OHT1I50012-L
・万歳三唱を勝手に行った
(前人未到の40回優勝を白鵬関と共に祝え、来場者は皆大喜びで万歳している。)

hakuhouasahi
・「貴乃花親方が巡業部長なら行きたくない」という趣旨の発言
(「行きたくない」とは言っていないことが後に報じられる。)

DQKVVGgVoAAN26a
・巡業中に和服ではなく"MONGOLIAN TEAM"のジャージを着ていた
(入浴後なので問題はない。ジャージはモンゴル相撲協会から善意で贈られたもの。)

・根拠がない「関係者情報」と「憶測」
(根拠がない以上、話題にする価値はまったくない)

こうして並べてみると分かりますが、愛国保守かどうかに関係なく、単なる白鵬バッシングの報道を、そのまま鵜呑みにした反応でしかありません。

そもそも、事件発覚直後のネットの反応は、モンゴル人力士差別につながるものでは決してありませんでした。
mig
むしろ、2007年の時津風部屋力士暴行死事件以降も変わっていない角界の暴力への隠蔽体質を問題視した内容が主流でした。

モンゴル国でも、初期の報道内容が
、事件の真偽すら不明なほど少なかったことが問題になりましたが、日本人がモンゴル人を差別しているという内容とは異なるものでした。

にも関わらず、

貴乃花親方が相撲協会の事情聴取に一切応じないことが批判的に報道され

日馬富士関の引退表明後は、一転して白鵬関バッシングの報道がおこり

貴乃花親方を支持する
愛国保守系の言論人やユーザーが、白鵬関のバッシングを加熱した

という展開になっています。

hakuhou
しかし、白鵬関は大相撲九州場所の千秋楽の後、
真実を話して膿(うみ)を出し切り、日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」
と発言。警察捜査への全面協力による角界改善の意思表明をしています。この点で、貴乃花親方とは対立関係にありません。

また、白鵬関は日本の国技としての相撲を誰よりも大切にしており、角界の不祥事が続いた影響で優勝時に天皇賜杯が授与されなかったことに涙し、今上陛下より激励の手紙を受けたこともあるほどです。

224565069_624
貴乃花親方もまた、今回の事件を受けて、
「日本国体を担う相撲道の精神、相撲道の精神とは、角道と言います。角(くら)べる道と書きます。私どもが相撲協会教習所に入りますと、陛下が書かれた角道の精華という訓があります。これを見て、いちばん最初に学びます。この角道の精華に嘘つくことなく、本気で向き合って担っていける大相撲を。」
と、角道を歩む貴乃花部屋の親方として改めて決意を話されています。

takahaku
貴乃花親方も白鵬関も、日本の国技である相撲に全身全霊で取り組まれており、同じ道を同じ方向に歩んでいます。

それを、
貴乃花親方を支持するから白鵬関をバッシングする
白鵬関を支持するから貴乃花親方をバッシングする
ネトウヨは貴乃花親方を支持して白鵬関をバッシングする
このようなネット世論を形成して、誰が傷つき、そして、誰が笑うでしょうか?

普段から「偏向報道」や「報道しない自由」に敏感なはずのネットユーザーの皆様には、是非とも考えていただきたいと思います。

参照Web:
白鵬の相撲が評価されないのは常陸山の亡霊がゆえ
八幡 和郎
アゴラ(2017/12/01)
http://agora-web.jp/archives/2029808.html

国技意識の高い白鵬と、親方として最低の貴乃花
八幡 和郎
アゴラ(2017/12/05)
http://agora-web.jp/archives/2029867.html


貴乃花親方「叩かれようが、さげすまれようが力士を育てていく」 打ち上げで明言
サンスポ(2017.11.27)
http://www.sanspo.com/sports/news/20171127/sum17112716030009-n3.html

日馬富士、引退会見全文 貴ノ岩に「礼儀と礼節を忘れずにちゃんとした生き方をして」
スポーツ報知(2017/11/29)
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20171129-OHT1T50164.html

「真実話し、膿出し切る」 千秋楽で白鵬が謝罪
日本経済新聞(2017/11/26)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23918630W7A121C1CC1000/

hakuhouzeki2
白鵬関へのバッシング報道が止まりません。
なぜバッシング報道がこれほど大規模かつ長期間続くのでしょうか?

白鵬関は2015年3月22日の春場所で、大相撲において前人未到の34度目の優勝を果たしました。
しかし、その前人未到の偉業を祝福する声がかき消えるほど、テレビや新聞では連日のように、バッシング報道が展開されています。

・横綱は「張り手」や「変化」を使うべきではない。
・審判への不平を口に出してはいけない。

この二点だけなら、当事者間で話し合い、そこに賛否複数の意見が出て、1日で済む話のはずです。
しかしマスメディアは、繰り返し下記のような言説を展開します。

・モンゴル人力士ばかりが活躍しているが、日本の大相撲は強ければいいというものではない。
・モンゴル人力士には大相撲や日本の品格がわからない。


このように、モンゴルと日本が相容れない関係にあるかのように演出し、モンゴルの白鵬関を日本の敵であるかのように、世論誘導しています。

こうした報道は今に始まった話ではなく、朝青龍関が横綱となり圧倒的な強さを見せていた時にまで遡ります。
朝青龍関も2007年、モンゴル国で怪我の治療中、大使館からの再三の依頼を受けてモンゴルの孤児を支援するチャリティーのサッカーイベントに痛みをおして出場たところ、日本国内で「朝青龍は仮病を使ってサッカーに興じた」と徹底的なバッシング報道をされています。

また、大相撲界に激震が走った八百長疑惑問題でも、モンゴル人力士が集中的に槍玉に挙げられ、多くのモンゴル人力士が身の潔白を証明する機会すら与えられずに「解雇」させられました。
(ただ一人、内モンゴルの蒼国来関は2年間という残酷すぎるほど長すぎる解雇期間の中でも戦い抜き、幕内力士として再び土俵にその雄姿を見せてくださっています。)

「モンゴル人力士は嫌いだ」
「モンゴル人は嫌いだ」
「モンゴルは嫌いだ」


報道を通してこうした心ない話が重なり、さらに、

「モンゴル人も日本を嫌いになっている」

と、モンゴル国内の反日感情を報道するマスメディアまで現れたこともあります。

日本とモンゴルの友好関係に傷をつけたい。
日本とモンゴルの関係を悪化させたい。
そうした「偏向」 を、日本のマスメディアによる報道には明確に見ることができます。


つまり、白鵬関でもなければ日本人でもなく、「日本のマスメディアの偏向報道」こそが問題であり、その原因を考えることが肝心になります。


その原因を考える上で、ある「特定の国」の存在が出てきます。

日本のマスメディアは近年、ある「特定の国」の立場に偏向した報道姿勢が、問題視されています。
その偏向が顕著なところほど、日本国内でモンゴルをおとしめる報道を展開しています。


「特定の国」は、モンゴル国に渡航した日本人やモンゴル人なら誰でも分かる話なのですが、モンゴル国内で日本のイメージダウンを目的とする行為に、非常に積極的です。

モンゴルと日本は友国として、固い絆で結ばれています。
ノモンハン事件(ハルハ河の戦い)を経た戦後のインフラ建設、1972年の国交樹立、1990年の民主化直後の支援、新興国として発展する中での本格的な経済協力の開始、さらには東日本大震災における多大なご支援。こうしたいくつもの歴史を通して、モンゴルと日本は友国としての関係を強固なものにしています。

一方で「特定の国」も、近年積極的にモンゴルに進出しています。
真っ当な内容の進出であれば問題ないのですが、日本料理店を経営したり日本をうたい模倣した商品を展開している状況には、日本人として愕然とさせられます。
モンゴルの皆様のほとんどは日本と「特定の国」の違いを理解くださっているので、間違えることは比較的少ないのが、せめてもの幸いです。
加えて残念ながら、違法な買春を目的としたモンゴルへの渡航、違法な売春を行うモンゴルでのカラオケバーの経営など、モンゴル国内で深刻な社会問題を起こしている国でもあります。

日本のマスメディアの偏向報道に話を戻しますと、

日本とモンゴルの友好関係とその強化については、報道が非常に小さく、単発なものになります。
日本で活躍するモンゴル人力士へのバッシングは、報道が大きく長いものになります。
「特定の国」については、「特定の国」にとって良いことは大きく長く、悪いことは短く報じます。

yakumituru02
「まことに不幸な優勝」「日本人が期待する横綱ではない」 「今の白鵬の態度は、確実に日本人を敵に回しつつある」
白鵬関をテレビや新聞や雑誌で徹底的にバッシングする急先鋒のやくみつる氏。モンゴル国でも有名な存在。
「特定の国」に対するコメントも特徴的なことで知られています。

「日本のマスメディアの偏向報道」という問題の本質と、その「影」。
白鵬関やモンゴル人力士へのバッシング報道が激化すればするほど、より広く日本とモンゴルに知られることになるでしょう。
一刻も早い問題の改善が求められています。


2015年3月25日
みずばしょう

※「特定の国」の国名は、現時点では伏せさせていただきます。

在モンゴル日本国大使館より一大事なお知らせです。
EBJM

----------
サマータイム制度の導入について

 3月9日のモンゴル政府閣議において、サマータイムの導入が決定されました。

これにより、今後、毎年の3月の最終金曜日の午前2時から9月の最終金曜日の0時まで、標準時を1時間進めることとなります。

miat
 本年のサマータイムについては、以下の通りとなりますところ、特に飛行機の搭乗時間につきお間違えのないようご留意下さい。


1. サマータイムの開始について

サマータイム開始日時:3月28日(土)午前2時

※ 3月28日(土)午前2時が午前3時となり、日本との時差1時間がなくなります。

 

2. サマータイムの終了について

サマータイム終了日時:9月26日(土)午前0時

※9月26日(土)午前0時を同25日午後11時とし,日本との時差が0時間から1時間へと戻ります。
----------
AJ201407230025M
エルベグドルジ大統領:
そんなわけで日本の皆さん!よろしく!

日本:
ウイッス!


こうしてモンゴルのサマータイムは突然に決定し、そして突然に施行されることになりました。

モンゴル国と日本はEPA(経済連携協定)を合意しあい、新しい国際空港も日本の円借款などによる物心両面の協力で、さらに強化されます。
モンゴル国はますます世界に向かって、天馬の翼を大きく広げます。
そのためのサマータイム導入であり、ひとたび決断したら行動が非常に早いのも、モンゴル国らしいと言えます。

まずは、モンゴル国のチンギス・ハーン空港からの飛行機の乗り遅れに、くれぐれも気をつけましょう。

みずばしょう
2015年3月13日

参照:

サマータイム制度の導入について(在モンゴル日本国大使館)
http://www.mn.emb-japan.go.jp/jp/annai/201503-summertime.html

日・モンゴル経済連携協定(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fta/j_mongolia/index.html

↑このページのトップヘ